スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★スケートが上手いって事とは何か?★

今回のテーマは…『フィギュアスケートが上手い!ってどんな事?』 を考察してみましょう。

『そんな事、簡単だよ!オリンピックや世界選手権で優勝した人に決まってる!』
『メジャー国際競技会で常に上位に食い込んで、安定した成績を収めているTOPスケーターだよ!』
『過去に遡って、歴史に名を刻んだ有名TOPスケーターだよ!』

様々な意見があると思います。 

中には、『誰も跳べないジャンプを何種類も跳んだ選手に決まってる!』
と、言うような、意見もあるかもしれません。

判断基準をどこに持ってくるかで、印象も変わるからルールによって判断基準を作っているスポーツなんですよね。
競技としての判断基準は、全てのバランスを考慮したルールを元に判断しているので、所謂、総合力の高さや完成度の高さが上位に入る印象になっているかと思います。

フィギュアスケートの競技は、体操競技のような種目別競技がありません。
ジャンプのみやスピンのみなど、個別の技術だけを競う競技が無い。
ジャンプNo1 スピンNo1 ステップNo1 など決められないんですよね。

ここで、コンペティション関係なく、スケートが上手いってどんな事? も、様々な判断基準を作れば可能ですが、スケート経験者が感じる上手さと、ファンの方々が見て感じる上手さには、多少違いがあるのかも知れません。

例えば、過去の名選手の技術は、現代の技術と比べたら、ジャンプなら1回転少ないし、スピンなどもバリエーションも少ない。
●●が出来たから、上手い。 って事では、正確な判断は出来ない。

高難度技術は進化してきたものですから、今と昔を比べる事はナンセンスなんです。
ジャンプに限っていえば、1回転時代も2回転時代も、その時代の最高技術をこなしていた選手は一流の評価を受けていた。
3回転や4回転ジャンプが跳べないから、劣っていた。 と、いう訳ではない。

1回転や2回転時代のジャンプメカニズムの進化があるから、今の3回転や4回転の土台になった。
高度な技術を支える、道具の進化もあったから可能になったんです。

ここまで書いて、閲覧者の方には気づかれているかと思いますが…
フィギュアスケートで変わらないものって何? なんです。。。 そう、スケーティング技術。

スケーティング技術の大半は100年前から、少しずつ小技などが増えてバリエーションも豊富になりましたが基本的なターンやステップ技術は、ほぼ不変の技術です。

誰も成しえなかった超高難度ジャンプを跳んだ&降りた選手は単純に凄い! と思います。
柔軟性が高く、非常に難しいポジションで高速に回転するスピン技術を見ても凄い! と思います。

でも、この技術は、さらに進化して、いつか普通の技術(成功者増)になる可能性がある。

100年前から不変の技術であるターンやステップは、単体では、基本的な技術ですが、集合体になる事によって、難易度が変わり、その組み合わせ次第では、物凄く難しくなります。

スケート経験者などがスケーティングを見て、『上手いなぁ!』と、感じる部分は、スケーティング技術で感じるんです。
高難度ジャンプや高難度スピンなどの技術を見たときは、『凄いなぁ!』って、感じることが多いかな。

では、『上手いなぁ!』と、感じる部分は、どこなのか? となると、エレメンツ毎に違います。
ジャンプやスピンならば、基礎点の高さではなく、GoE評価項目を多く獲得するような部分です。
スピンやステップではレベル評価がありますが、Lv4が上手い。って事ではなく、レベル要件を獲得しただけで、必ずしもLv4=上手い って訳じゃない。

Lv3やLv4は下手だと、簡単に取れる訳ではないですが、上手いから取れる。という訳でもないんです。
あくまで、レベルを上げる要件を獲得できた。という事です。
その要素のGoEが低く評価されていたケースならば、レベルは獲得したが、中身は良くなかった事になります。

TVの解説者やコーチ・現役選手などの、競技経験者が、特定のスケータの技術などについて、賞賛するケースがありますよね。
こういった事の大半は、ジャンプやスピンなどの単体の技術ではなく、主にスケーティングを中心とした、滑走技術を指して賞賛しているケースが多い。

ジャンプやスピンが凄くても、スケーティングが素晴らしくないレベルだったら、あまり褒める事が無いんです。
スケーティング技術の見極めは、凄く難しい。 どちらかといえば感じる部分。
TV映像などを通じて見ても、なかなか、明らかに感じる部分は少ない。

現代の新採点システムでも、旧採点システムでも、不変の技術への評価は最も重要視されていて、特に新採点システムの評価項目にはスケーティング技術を評価する部分はあらゆる項目に入っている。
具体的に数値化出来ない様な技術なので、経験するか、数多くのサンプル・数多くのレベルを見て、見極める能力が必要なんです。

高いスケーティング技術・能力に関しては、ジャンプやスピンなどの体力を必要とする技術に比べ、加齢による劣化は少ない。
30代、40代になったプロスケーターやコーチなどでも、スケーティング技術そのものは、非常に高いレベルを維持している。

スケーティング力はスケーターの全ての源です。

基礎能力の僅かな違いは、レベルが上がるにつれて、大きな差となって現れる。
この事が、新採点システムでの点数の差となって現れる事が多いんです。

世界選手権でも国内選手権でも、グループ毎のスケーティング全般を見れば、書いてある事が理解出来ると思います。
第1、第2グループと最終グループでは、まったく違うという事が。。。

旧採点時代は順位が主に注目されていたのに対し、新採点では競技会の順位だけでなく、そのスコアも比較されるので、世界TOPクラスとの点差で、力量差を過大に感じてしまう人が増えていると思います。
スポーツ性を上げた新採点システムは点数差が出来やすいシステムなんです。

例えば、100点の選手と200点の選手の得点を比べて2倍技量・力量差がある。と感じてしまうのは早計です。
そんな単純な構図で選手同士を比較しても意味がありません。

世界の中心で戦うTOPスケーター同士の力量差は、それほど大きくはありません。
でも、その力量差を見極めていく基準を作り、僅かな差でも、点数として蓄積していった結果、それなりの点数差として表れるだけなのです。
その評価の多くを占めるのがスケーティング能力の評価であり、なかなか見極めが難しい部分であるから、一般的に理解されにくい部分なのだと思います。

GoEの高さや、PCSの各項目で高い評価を受けるのは、その多くがスケーティング力の高さによる評価部分の比率が大きい。
その僅かの違いを感じ取る能力を養っていけば、スケーターの技術進化も見えてくると思います。


個人的な思いとしては、世界中の競技関係者達が高い評価をした選手達の評価を認めてもらえない選手がファンの方々の間で批判されたりする事に心を痛めています。

新採点システムも旧採点システムも、スケーティング技術が高かった選手の中から、さらに高度なエレメンツ実施能力と、高い滑走表現能力を擁した選手が高い評価を受けてきたのですから。

あまり、本音を吐露すると、大変な事になるので、この辺で。。。

【オマケ】
素晴らしいスケーティング力を魅せてくれる映像を…

Kurt Browning - Triptico
http://youtu.be/dPD2I5vD9F4



基本的なコンパルソリー動作やムーブ・ターン・ステップ動作をふんだんに取り入れながら、スケーティングとはこうなんだ!
という、技術を魅せてくれます。 もはや、ジャンプやスピンはスケーティング動作中の飾りでしかない。
しかし、その飾りでさえ、非常に良質な技術を魅せ、お手本とも言える質の高さです。

スケーティング動作の中で評価されるスケーティングスキルの高さ・その質の良さを理解してもらうには、非常に良い映像だと思います。

注目して欲しい部分がもうひとつ…それはトレース痕。
氷上に描かれるトレースが照明に映えますが、正確なスケーティング技術で行われた様々な動作は綺麗なカーブとターンなどを刻んでます。

スケート技術 Skating Skills 
体幹のバランス、膝の使い方、正確な足裁き 
リズム、パワー伝達、体幹を使った効率的な推進能力 
重心を効率的に使う、無理のない加速 
クリーンでコントロールの効いた滑走能力 
ディープエッジを使ったコントロールされたステップ 
パワー(エネルギー)・スピード・加速の多様性 
多様な方向・回転方向・フォア・バックのスケーティング 
片足スケーティングの習熟度や両足スケーティングの少なさ



最後まで、読んで頂きありがとうございました。 
  
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

下記リンク先…皆様のご協力をお願いします。

★リンク閉鎖の悲劇を繰り返さぬために…★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-201.html

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ  参考になったと思ったら押してね♪

Skater_Sakura Twitter
https://twitter.com/#!/Skater_Sakura

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
マナー等をお守り頂けないと管理者が判断した場合は
やむを得ず、しかるべき処置を講じる場合があります、予めご了承下さい。

ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。
スポンサーサイト

★ルール考察を考察する…★ 考察のアプローチとは?

フィギュアスケート競技を語るBlogやWebサイトは数多く存在し
様々な考察があり、多様な意見が存在する。

今回はフィギュアスケート競技のルールについて考察する事の有効性を考えてみます。

FS競技の誕生は、氷の上でいろんな技を披露し合い、どっちが凄い?って遊びをルールにしていった…
不公平感があれば、楽しくないので、ルールを公正化しようとするところから始まった。

まず、FS競技の競技ルールは、どの様な性質で取り決められ、どの様な形に変化したのか?
また、その競技性質的に、採点競技特有の評価、という形にはハッキリとした定義や基準を元にするものと
人の感じる感覚的なものを評価しようとする、曖昧というか、ゆらぎ的な性質の芸術性などの評価と
大きく分けて、二つの評価を審査している競技だという事があります。

私が感じた、フィギュアスケートのルールを考察しているケースの大半は
TOPスケーターなどが集まる競技会や、その選手達の競技結果・成績・判定などを元に考察するケースが多い。

拙Blogでも、様々な競技会や選手の成績に関してのアプローチから
ルールなどの説明等を行っていますが、基本的に選手側の立場だけから説明を行うと
正しく伝わる場合と、そうではない場合があると思い、ルール上の見地から説明を行う事が多い。

ルールの性質は常々、全ての選手のために策定されている。

一部のTOP選手の為だけに存在しているのではなく、ルールはこの競技に関わる全ての人間に適用されている。
その見地から説明する必要があると思っています。

ですので、特定の選手がルール上の不利益を受けた。とか…
逆に特定の選手が利益を得た。には、非常に違和感を感じます。

競技には順位が存在しますが、必ずしも勝つ事だけが全てじゃない
自己ベストを更新する事も大切ですよね。
出場メンバーを見れば、自分の実力がどのぐらいの位置にいるか?
は、本人もコーチもある程度の予想は立ちます。(FSファンの方もね)

TV報道も無い、有名スケーターも居ない、名もなき選手達(語弊がありますが)が集まる競技会で
競技結果や判定結果に対する論争は起こるでしょうか…

世の中で行われているFS競技会は世界中で行われていて、そのほとんどは
出場した関係者が中心で、普通のファンの方々はそれほど注目されていない。

注目されるのはTV放送があり、TOPスケーターが集まるメジャー競技会です。

様々な選手のファンが、その競技結果に対して
いろいろ思う事があるから、議論や論争になるんですよね。

私がここで問題提起したいのは、特定の選手への競技結果や判定のケースや
複数の選手の、比較による、競技結果や判定に対する考え方の問題です。


競技結果や判定結果が妥当なのか?妥当ではないのか?

を、選手側だけの視点だけで論じ、議論して、果たして正しい答えが見つかるのか?
ルール側の視点と両方を客観的に見た上で、公平に見なければ成り立たないのでは?

一人の選手の競技結果や判定結果を受けて、不当だった!不正が行われた!は、短絡的ですよね。

対選手比較の、方法論問題もあります。
競技ルールの考察や運用への考察を、選手側の論理だけで考察するのは危ういと思うのです。

応援している選手の判定がエラーを受けた。 その差で勝利を逃した。
凄く残念で、ついルールや審判のせいにしたくなる気持ちは凄くよくわかります。

でも特定の選手に対するルール部分の影響から入るのではなく、ルールそのものから客観的に入っていくべき。
特定選手の判定などの前提だと損得勘定議論にしかならないと思うのです。

FSに限らず、ルールというのは、その世界の中に関連する人々全てのために存在し公平に運用されるべきもの。
誰それを前提で考察するのは先に述べたように損得勘定的な思考に陥りやすい。
まず、客観的にニュートラルな状態で考察しなけりゃ、議論の意味が無くなる。
その方法では間違いを起こす元になる。と、思っています。

競技ルールというのは、個人・国などに有利になるように主張しあい変化してきた。
だけど、大前提であるべき公平性部分は絶対に曲げられない。根幹部分は変えられないんです。
与えられた競技ルールに対応して最高のパフォーマンスになるように対策する事が大切なんです。

人の姿形や性格は誰一人違うのと同じ様に単純な2極論的な思考では図れない、と、思ってます。
スケートのプログラムの評価だって採点だって、単純比較では図れない。
良いか悪いか、好むか好まざるか、損か得か…そんなもんじゃない。
ルールは万人に公平であるように考えられるはずで、2極論的な思考だと落とし穴にハマると考えてます。

採点競技系のスポーツ評価は多様な価値観など、様々な観点から複数の人間が採点に当たる。
広い視野や様々な演劇などの豊富な知識も必要。
更に、国際的なスポーツなので、様々な国ごと、地域ごとの文化的背景や地域性、人間性が存在する。
戦争などの歴史的背景も大きく影響しているとも感じる。
単純な2極論で片付けられるようなスポーツじゃないと思ってます。

FSのプログラムにはそれぞれの要素に難易度が存在し基礎点がある。
要素ごとに採点されるが、難易度とは別にGoE(実行されたグレード)の評価で-3~+3まで7段階ある。
質の高さに大中小・ミスにも大中小のグレードがある。
PG全体の評価でミスだけに注目するのは片手落ちですよね。

FS競技において一番、ファンの方々との印象と競技結果の違和感に関する内容では
【見た目上のノーミス】という言葉が、非常に厄介なんです。 

採点結果への不満の多くは、このコケないで滑りきった、見た目のノーミスなんです。
これに対して、高度な技術を実施した選手がいくつかのミスを犯したケースの比較。

見た目のノーミス滑走 vs 高難度PGだがミスのあった滑走

この順位結果や判定結果で大きく波紋を呼ぶ。

競技関係者はミスしている部分は見逃しませんから、ファンの方々はノーミスだったと思っていても
競技結果や採点結果を見た時に『ミスなど無かったように見えたし、解説者も賞賛していたのに何で?』から始まるのだと思います。

この厄介な【見た目のノーミス】は、選手自身やコーチなど関係者も、つい口にしちゃう。

『ノーミスで滑れて良かった』
と、言えば、ファンの方々はそうだと思う。
審判は細かいミスも見逃さず、キッチリ公平性を期す為にGoEなどで反映させてる。
ココがファンの方々が感じた印象との大きな溝になる。

個人的には、この何度も耳にした『ノーミスで滑れて良かった…』 系の発言に対して
『ノーミスって言うなよ…』  っと、画面にツッコミを入れそうになります。
(大きな誤解の元になる可能性があるから)


『転倒せずに、大きなミス無く滑る事が出来て良かった…』
なら、細かい所でミスが散見されていても誤解される事は無いはず。

さらに、厄介な事に拍車をかけるのがTV放送です。

TV放送では【見た目のノーミス】の滑走に関して、実況がすぐに言及し、解説者もそれに沿った説明になる。

ミスしているのか自分で判断出来ないのに
『成功しましたっ!』『ノーミスの演技ですっ!』と、先走る実況アナウンサーも居ますよね。

『いえ、この滑走は転倒こそ無いものの、いくつかミスが有ってノーミスとは言い難い…』

となれば、ネガティブ解説者のレッテルが貼られるし放送イメージも悪くなる。
そこで、結局、ノーミスで滑ったイメージが形成される。

【見た目ノーミス】の弊害は採点問題へと直結し【ノーミスイメージ】だけが一人歩きし始める。

転んでいなければ、ノーミスの演技だった。 では、ちょっと無理があるんです。

『ノーミスだった○○選手はsageられて~!コケた○○は(呼び捨て)ageられた~!』(怒)

みたいなパターンが続出する。 結局、解説者などが正確に伝えないと、一般の視聴者は正しく判断出来ない。
スポーツは勝敗が決まる訳ですから、極力、その勝敗を分けた原因や理由を説明する必要があるのですが
エンターテイメント性を追求するのか、競技の深い部分は、後回しされている事が多いのが原因だと思います。

TV局の必殺技報道や安易な対決姿勢演出など、凄く単純な手法で、多くの誤解など振りまいた事は、人気の普及には感謝しますが、残念な部分でもあります。
必殺技煽りより、全体の難易度へ言及して、ミスの重さを説明すれば、それほどノーミス誤解は広がらないはずなのにね。

見た目のノーミス至上主義のような風潮が支配すれば、無難な要素構成で
難易度を落として、ミスなく滑る事が優先されるようになる。
完成度追求もスポーツ性追及も、両方のバランスが取れているからおもしろいんです。


何かの事象に対して議論をする場合、その答えを出す必要がある為に、白か黒・損か得かのように
どちらかの意見が正しいのか? に、行き着かなければ解決していない。と、いった思考が
議論の場で支配するからだと思います。
白か黒だけではなく、グレーゾーンもあるんだと、曖昧さを受け入れる余裕がなくなっていくのかもしれません。

Blogなどの個人のフィギュアスケート競技に関する情報発信サイトの影響も大きいでしょう。
個人の選手側の立場からルールや判定結果への言及した内容が、自分の感じた印象と合致し共感する。

応援している選手も、他の選手にも敬意を払い
分け隔てなく応援する素晴らしいサイトが数多くあります。


勝因でも敗因でも、採点の部分は客観的な視点で分析し、全ての選手の健闘を讃えてる。

でもたまに、残念なサイトもあるんですよね。
過激なところは少ないでしょうが、少なからず、応援している選手の判定に憤慨し
ライバル選手や判定を下した審判を批判しながらBlogを更新しているところがあるんですよね。

中には選手に同情しているかのようなケースも…
スポーツなんですから、勝敗はつきものですし、負けたから可哀相とか
負けたのはルールのせいだ! というのは、応援しているアスリートに対して失礼な事だと感じます。


FS競技において、最も象徴的で採点競技ならではの評価はPCSでしょう。
PCSに対する審判の点数は差が出て当然でしょう。
特に国際感覚は国・地域で違う(文化・習慣など)
統一されたISUのセミナー研修ビデオを見ていても、楽曲の好み・背景など違いがある。

PE/CH/INなどは、評価が審判ごとに分かれるケースも結構多い。

過去の支配関係や戦争の影響など人類の歴史的影響や背景もある。
ルール上は審判の主観・価値観はある程度出す事も許容されている。(裁量権)
故に多人数で突出した数値(上下カット)を排除した平均値を採用して公平性を担保しようと決められているんですよね。

自分の感覚とは違う=おかしい では、短絡的だと感じます。

少なくとも、ルール制定側の人間の多くは、選手側の視点も審判側の視点も両方経験している。
さらに、常に公平性・客観性を求められる立場の教育を受け続けています。

ルールなどに対する思考も、選手側の立場から見るのか?
ルール制定側の立場から見るのか? 両方の視点を客観的に見るのか? 自身の感覚のみで見るのか?
その違いが最も大きい。 自己=標準という幻想もある。
自分の思考は本当に正しいのか?も疑う必要がある。(自戒を込めて)

FS界の過去の歴史上の出来事も踏まえ、反省すべき事は反省し
どの国であろうとも、公平だと感じてもらえるようにルールも少しずつ改正し
その改正理由の多くは、技術進化を促す性質のものが大半で
決して選手を罰するために策定されている訳ではなく、克服していけば成長に繋がるはずだ…
と、いうような信念の元に策定されている。

ルール改正の変遷は、時に選手に厳しくもあり、頑張って克服してきたケースではご褒美もある。
バランスを取っていく為に、部分的に厳しくなれば、他方は緩和というように、考えられている。

選手側だけの視点ではなく、FS界全体から観察する視点も持って欲しいのです。
過去の象徴的なルール改正部分は対応してくる選手が出てきたから進化してる。
ルールはFS界全体のレベルアップのために制定されている。という部分にも注目して欲しいのです。

★PCS再考察… 5コンポーネンツとは?★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-143.html

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
よろしければ、お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ  参考になったと思ったら押してね♪
ぽちっとな♪(*・・)σblogram投票ボタン Blog応援してね♪

★ Figure Skating Guideline ★ エントリー 一覧
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-109.html

Skater_Sakura  Twitter

https://twitter.com/#!/Skater_Sakura

2010年よりTwitter上でつぶやいたフィギュアスケート関連のツイート集をまとめています。
FSルールの説明や技術考察など、FS観戦に役立てば幸いです。

Skater_Sakura フィギュアスケート関連ツイートまとめ
http://togetter.com/mt/Skater_Sakura

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
マナー等をお守り頂けないと管理者が判断した場合は
やむを得ず、しかるべき処置を講じる場合があります、予めご了承下さい。

ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。 

★スケートママへ…贈る詩★

【再掲載】エントリーです。
今年は5月12日の日曜日が母の日ですね。

**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**

すべてのスケートママへ 贈る詩

海外のとあるスケートリンクのクラブから…
娘さんをリンクに通わせているスケートママに届いた詩をご紹介させて頂きますね。。。

この詩は2008年の母の日に贈られた詩です。

**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**

掲載許可も頂きましたので、すべてのスケートママ達に届けたいと思います。
私もママじゃないけど感動しちゃいました。。。

私も子供の頃…スケートを限界まで続けさせてくれた母に感謝です。

そして…
今…フィギュアスケートを頑張る子供達を支えるすべての父兄に贈ります。。。

閲覧して頂いた方々の中から、ひとり、ふたりとスケート界へ我が子を送り出してくれる人も増えるといいですね。

作者の女の子にも 素晴らしい詩をありがとう。

これからもフィギュアスケートを頑張って続けてね♪

この詩を贈られたママも嬉しかったでしょうね…
これからも娘さんのために一番のファンであり続けて下さい。

**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**

My Mother Doesn’t Skate

My mother doesn’t skate
But I do
So, she lives her life around the ice.
And watches me from the boards,
Waving and gesturing and making faces
That sometimes aren’t nice.

My mother doesn’t skate.
But I do
So she knows 10,000 routes to the rink.
And what time I need to get out of bed
So I can get there on time, without having to worry
Without having to think.

My mother doesn’t skate.
But I do
So she knows how to lace up a skate,
Copy my music and put crystals on my dress
So I can get to my competition, without having to worry
About ever being late.

My mother doesn’t skate
But I do
So she loves the sport that I do.
She is my No.1 fan, my No 2 coach,
My trainer, my cheerleader,
My shoulder to cry on too.

My mother doesn’t skate…
But she does everything else in my world.

Happy Mother’s Day to the most wonderful Mother in the world!



「ママはスケートをしないけど」

ママはスケートをしないけど、いつもリンクのそばにいる。
手を振ったりジェスチャーしたり、時々イヤな顔もするけど。

ママはスケートをしないけど、リンクへの道は1万通り知っている。
何時に起きればちゃんと着くか、私は心配しないで済む。

ママはスケートをしないけど、靴紐の結び方はよく知ってる。
音楽をコピーしたりドレスにクリスタルをつけたり、だからコンペティションに出るとき遅れる心配をしないでいられる。

ママはスケートをしないけど、私と同じくらいスケートが好き。
私の一番のファン、私の第二のコーチ、私のトレーナー、私のチアリーダー、そして泣いちゃった時にもたれかかれる肩。

ママはスケートをしないけど、私のことすべてを手伝ってくれる。

Happy Mother’s Day
世界中で一番ステキなママへ 。



最後まで、読んで頂きありがとうございました。
皆様のフィギュアスケートへの理解が広がれば幸いです。。。

★Figure Skating Guideline★ エントリー 一覧 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-109.html

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
Blog応援してね♪ 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。

NEXT≫
FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ★四方山話
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
12 ≪│2017/03│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。