FC2ブログ

★コンパルソリーと…あんな事いいな♪出来たらいいな???★

ちょっと過去に書いたのを引っ張り出してみます。。。
今夜はスケーティングレベルの話…

現代の選手はジャンプスピンなどの技術の進歩は物凄いんだけども…
基礎的な部分は昔の選手の方が優れていたんじゃ?
って思う事が多かったのですが…

この事はコンパルソリーが廃止されて、世界のトップレベルがコンパル未経験って選手が増えてきた頃から感じはじめてました。

これは現在の世界トップレベルの選手ではなくて…
今の子供達のスケーティングを見ていての観想ですけどね。

エッジワークを正しく使うということが疎かになってると
その内、wrong edgeなどを指摘されちゃったり、ステップ技術が伸びなかったり後々影響してくるのですね。

そういうのを見ていると…
コンパルソリーって大切だったんだ!って思うことが増えました。

競技的には見ていてもつまらないので廃止になったって事にはTV的にはしょうがないんだろうなぁって思ってましたけどね。

でも…本当に大切なんです。 競技に無くても練習出来ればしたほうが良い!です。

かなり地味~~~な練習なんですけどね。
単調な図形を延々とこなすだけなので、飽きるんですよね。
でもサボってるといつまで経っても上達しません。

これは私だけではなく…
コンパル経験者世代はみんな感じてたのではないかと思ってます。

そして…その意識がコーチやジャッジなど旧世代の人たちが
その重要性を認識しはじめ、ここ数年はコンパルソリーの練習を多く取り入れるようになってきているようです。

新バッジテストの普及で一気にコンパルソリー的な意識が広がりつつあるのは良い事だと思っています。
ただ…指導者もコンパルを知らない世代が多くなってるのですよね。

そういった取り組みが、近年のステップなどのレベル認定など具体的なガイドラインでステップの中身が、かなり進歩しつつありますね。

現在のステップの中にはコンパルソリーで取り入れられていた技術がつまった集合体です。

TV解説者が…『深いエッジワークで非常に難しい事をやっています…』って言われても
何のどこが難しいのかわかりにくいのですが…
ターンの組み合わせ方や、ワンフット滑走部分などで、難度が随分変わります。

世界のトップ選手達のステップ技術は凄いです。。。
エッ? 凄いって言葉だけで片付けるな?
ステップなどのエレメンツに関しては、また機会がありましたら。

**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**

ちょっとココからは大人対象の話。

コンパルソリーの復活というよりも…
コンパルソリーとダンスのセットパターンステップのようなものと
体力の必要な高度なジャンプ 高度なスピンを除いたエレメンツのテストのようなものがあれば、生涯スポーツとして有効ではないか?
って…ずっと考えていました。

例えば…大人用のフィギュアスケート競技は…

① コンパルソリー課題数種 又は独創的な新設コンパルソリー図形

② SPの代わりにセットパターンステップ等 数種の必須エレメンツ 
2~3分ぐらいのコンパルソリーダンスとシングル競技の中間的なもの 音楽があればなおよし。

③ 2~3分ぐらいのFS…
高度なジャンプ 高度なスピンを除いたフリースケーティング 
ジャンプスピン以外にも中高年でも出来る範囲のエレメンツとする感じ。

※ 高度なジャンプ(トリプル以上) 

アイスダンスのシングル版にある程度のエレメンツを入れた感じのイメージだと生涯出来るんじゃないかな?

クラスは基本的に年代別と所持級を勘案したクラス分け…

30代ブロンズ・40代シルバー・50代ゴールド・60代以上ダイアモンド?
まぁ んな感じで…(笑)

もちろん…大人からスケートを始めた人にもクラス分けを作れば、もっと裾野が広がりますよね。。。

この構想は 高齢化社会に向かう日本のスケート界の将来的には合っても良さそうだと思うんですけどね。
いかがでしょ?

フィギュアスケーターの引退…
↑の様なダンスとシングルの中間的な要素があれば…

頂点を極めてプロスケーターやインストラクターなどに転向した元選手…
転進出来なかった人でも このカテゴリーがあれば続けていけるのでは?

ダンスに転向するにもパートナーの問題もあって なかなか出来ないという人も競技やテストの形で存在していれば、引退後も競技生活を続けたり、復活組が増える効果があると考えます。

そして…引退した元TOPスケーターがこの競技会での世界選手権なんて観てみたいですよね?

幻の対決&夢の対決が実現する可能性大かも???です。。。

そして…競技やGalaが終わったら 観客と一緒に滑っちゃう企画?なんてあったら
選手と触れ合えるし…スケート練習を始めるきっかけにもなりやすい。
教えてもらえる事で、安心感もあるし…リピーターも増えることでしょう。。。エエと思わない?

需要があれば…競技やテストも開催できるし、連盟の慢性的な人材不足にも歯止めがかかる可能性がありますね。
体力の限界に挑むフィギュアスケート競技の他にも優雅にフィギュアスケートを楽しめる競技が合ってもいいと思います。

現実的には難しい部分も当然出てくるでしょうが、上にあがるほど少なくなっていく上級者よりも、裾野は広げやすいメリットも存在すると思うんですよね。

元選手の両親は大人フィギュアスケートの現役選手で…
子供達は現在の競技をやっている…
親子一緒に競技会を目指して練習してる姿なんて素敵ですよね。。。


ただ…コレには引退したOBなどが連盟にもっと登録していって、十分な協力が不可欠なんだと思うんですけどね。
自分達の競技を自分達で作る!って感じになったら…実現可能?

スケート振興…
こういった形でもみんながあったらいいな♪的な気持ちで突き動かせば変わるのかな???…

指導者になったインストラクターがこの競技で復活とかジャッジや有名選手のスケママが…自分もやってみたいっ!!!
って…娘の衣装を引っ張り出して着て参加してるって素敵ですよね…着れないか? (ぉぃ)

スケママって…
自分がスケート出来なかったから。子供にやらせるって人が多いからね…
って…こんなのあったらいいかも?な話でした。。。

妄想満開ですけど…

こんな競技会だったら観てみたいとか…
大人になってからでもフィギュアスケート競技をやってみたいという需要だって生まれるはず…

んな妄想話に参加して 話が膨らむのも楽しいのぢゃないかと…
もし良かったら妄想コメント寄せてくださいね。。。


★Figure Skating Guideline★ エントリー 一覧 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-109.html

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
Blog応援してね♪ 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。
スポンサーサイト



FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2009年01月
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
12 ≪│2009/01│≫ 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳