FC2ブログ

★ジャッジの世界…★

★誤解だけは解いておきたいルールの事…★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-36.html

こちらのエントリーには、ルールやジャッジの事などを書きましたが
絶対に現行ルールはおかしいと思っている方々には無意味だったのか?
なんて考える、今日この頃。

競技経験者が書けば、偉そうにって反応もあるのでしょうけど。
出来るかぎり正確な情報や、フィギュアスケートの理解を届ける為だと思ってガマンして読んでください。

メディアが流した映像で、作為的に作られたNET動画を根拠にスローや停止を駆使して見てはいけない部分を槍玉に挙げるのはナンセンスなのだと書いた。

そして、一部の選手の勝ち負けのターニングポイントになる判定をアレコレ言うのも非常にナンセンスですよね。
フィギュアスケートのルールは、全ての選手達を平等な条件で公平公正に裁くために有るべきであって
陰謀・買収・八百長・個人選手間・国家間などとリンクさせながら語る性質のものでもないはず。

ルールの部分は、長年、この世界に携わった専門家達が、あらゆる角度から議論を重ね
重要な理念や大切な部分は残し、改正すべき部分は改正し、より良い方向へ運用されていく性質のものだと思います。

★トップアスリートの言葉の重みとその姿勢…★浅田真央選手編…
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-date-20090110.html

上記エントリーは、浅田選手を例にあげていますが、全てのフィギュアスケートファンの方々に伝えたい事を書いています。

このスポーツが多くの人々から注目される事は、非常に良い事だと思います。
ですが…審判などの裏方の世界は知らない人が多すぎるから、多くの誤解や疑念が生まれるのでしょう。

フィギュアスケート界だけに限らず、スポーツ界は、その世界の関係者が大半を占め役割や立場は違えど、この世界をファンと共に支えています。

華やかな光が当たる選手やコーチ達と、あまり光は当たらずとも、この世界を支える関係者が、競技会などを支えているのです。
少しだけでも、関係者たちの活動を知れば、より理解も広がると思い、このエントリーを書いてみたいと思います。

**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**

毎回・毎回…競技会が進むにつれ、延々と続くジャッジング批判? 
とも取れるものを見続けてしまっているので再考察してみます。

個人的な見解は…
有名TOP選手達にルールの疑問や批判の矛先を向けたりするよりは…
ジャッジ達の顔が見えない相手だから?ってのも一因にあるとは思いますが、やはりルール部分の矛盾のようなものを感じるからなのでしょう。

それと…
メディアの不勉強の部分も影響が大きいだけに 多くの誤解を与えてるかと思います。

ルールに関しても試行錯誤や改善の余地はあるでしょうけども現在の決まりも十分に議論されてきたのでしょうから…
現行のルールに対して、選手及びコーチはそれに合わせて行く事を実践しているのですからファンの方々も、ルールに理解を示し、合わせていって欲しいんです。 

ジャッジ及びテクニカルの方々は…
ルールに従い公平公正にジャッジングする事に使命を帯びて忠実に従っているだけです。

何十年ものキャリアで下のクラスから上のクラスまで…
キャリアを積み上げながら国際ジャッジにまで上り詰めた人たちの目を批判する事はナンセンスでしょう。

一般の方の何十倍も見ているのですからね。
ほとんどのファンの方はTVで放送されるようなメジャー競技会やショーだけを見ているはず。

そして大事な事は、公平公正に、平等な目線で選手の演技をジャッジングしているという事。
特定の選手を応援の対象として見ているファンとは、この部分は根本的に違いますよね。

ルールに関しては、少しずつ変化しているように、より良くしていく過程の真っ最中ですが
やや行き過ぎた部分があるのでは?っていう部分の矛先がジャッジングに対して向けられるのだろうと推測します。

訪問してくださる方々の反応はあまりわかりませんが、ある一定の理解はして頂けてると思いますが…
よくわからないまま疑問や不満を募らせているんでしょうね。

さて、一般の人々にはほとんど知られていないジャッジの世界をのぞいてみましょうか。
私はジャッジ経験の無い、ただの元選手ですので、正確なジャッジの世界を語るほどの知識は持ち合わせていません。
ただ…多少はこの世界に、コーチやジャッジの友人達とも交流していますので、知っている範囲を書いてみようと思います。

選手として、裁かれている時代はジャッジに対しての印象は今とは違います。
別に批判的な印象などは持っていませんでしたが…

バッジテストや競技会で裁かれてるのですから…
なんとなく苦手な印象は持ち合わせているのはどんな選手も同じような感覚なのでしょう。

そのジャッジの大多数が元選手達で、長年スケートを見続けてるわけで…選手の成長をずっと見てきてるのですよね。

いつまでも担当した選手を覚えてますし、前回の講評と合わせて話されたりすると、ちゃんと覚えているんだぁ!
って感心するぐらい細かい事まで覚えてます。

ちなみに…
30年ぶりぐらいに再会したジャッジの先生でも、私の顔をまだ覚えてるだけでなく
選手時代のスケートの内容や、使っていた音楽、成績まで覚えてる人もいるのですから。

どのジャッジの方に当たるかで、テストに通ったり、落ちたりと…ジャッジ相性みたいなものを感じたり…
時により、甘いや辛いと感じることも ままありましたが、引退した後に、いろいろわかるもんなんですよね。

人を裁く責任感があるからこそ、真剣に見ているって証拠ですよね。
選手に直接伝えなくても、コーチを通して、講評や感想を聞かせてくれたり一生懸命取り組んでいる選手を陰ながら応援しているのがよく判ります。

そこまでする事が出来るのは、ひとえにスケート界への恩返しです。

自分達が育ったスケート界に恩返しの形で、ジャッジの世界に入る人…選手育成の世界に入る人…
別の道のようですが…どちらもスケート界に貢献しようとしているのです。

日本のジャッジの世界はボランティアに近い形での活動です。
海外でも同じようなものだと思いますが…

最低限の経費は出ますが、犠牲にしているものは大きいです。
ほとんどの方が、別の仕事を持ち、余暇の時間をスケート活動に当てているのです。

競技会のジャッジの他にもバッジテストにも借り出されますし…
ジャッジ以外にも大会運営の仕事で借り出され、地方連盟からの依頼を受けて遠征もします。

年に1~2度の、ジャッジセミナーを受け 上のクラスへ上がる為の勉強も欠かせません。
シーズン中は毎週・隔週、何かしらの活動をしていると思って下さい。

連盟の活動をする方々のほとんどが元選手か元学生選手、その他には選手保護者出身者などです。

ジャッジの世界は常に人材不足です。
拘束時間の長さ、日当とは思えないほどのわずかな謝礼。
仕事の内容は多岐にわたり、こき使われますし。

んな事を書いちゃったら、余計にジャッジのなり手が来なくなるか。
不純な動機じゃない希望者が増えればいいんだけどねぇ…(タマニイルラシイ)

どんなに大変でも、みんなスケートが好きだからやれるんですよね。
やりがいを感じられないと続けられない世界なのは確かですが、その情熱は選手と変わらない位だと思います。

ジャッジのクラスは…
P級→T級→B級→A級→N級→NR級

いずれ、テクニカルも同じようにクラス分けされるでしょう。
国際大会や国内ナショナル大会を裁けるようになる資格を持つまでには十数年もかかる世界です。

ジャッジや競技会を運営する関係者達の努力や自らを犠牲にしてまで
フィギュアスケート界を支える為に、ほとんどボランティア活動のような状況に身を置いているって事を、知ってください。

競技会を支える方々の多くは日本スケート連盟などに所属し、ジャッジ活動をするには、登録料を毎年払い
ジャッジセミナーを毎年受け、少なくとも、年間数度の試合をこなさなければならず活動を休止すると、ジャッジ級が降格されたりします。
休止していたジャッジは再申請した上で、登録料を払い、改めてセミナーを受け、活動を再開します。

試合などへの、最低限の交通費、宿泊費、謝礼金(1日数千円)は支払われたりしますが…
関係者同士・選手及びコーチの連絡に使う通信費など経費の多くは自腹です。

ISU本部のセミナーなどへの渡航費なども自腹のケースもあるようです。
ジャッジ活動などをしていて、お金が儲かるって事は絶対に無い。

国際大会へ派遣されるようなジャッジクラスでも、最低限の経費以外は自腹で、招待選手のような金銭が支払われる事も無い。

どうして、そこまでして活動をするのか???ってぐらい大変な活動です。
みんな、フィギュアスケートを心から好きだからです。。。

新採点システムでも旧採点システムでも、膨大な資料を頭に叩き込み新しいものや改正されたものを勉強し、公正公平に裁けるようにしているのです。
ISU テクニカル・ハンドブックISU コミュニケーションを、隅々まで読み、間違いの無いように、日々勉強しています。

テクニカルメンバーは、特に採点では重要な判断を求められる性質ゆえ、瞬時に正確な判断が出来る様にしています。
もちろん、ジャッジも同じです。

オンラインシステムやオフラインシステムで使う機器にも慣れていないと大変なのです。
見落とし、聞き落とし、入力ミスなどが、採点結果に影響するので、常に緊張感を強いられ、寒いリンクサイドで何時間もの業務は過酷です。


J1~J9:  ジャッジ
 R:   レフェリー
 CO:  カルキュレーティング・オペレータ
 RO:  ビデオ・リプレイ・オペレータ
 TC:  テクニカル・コントローラ
 TS:  テクニカル・スペシャリスト
 ATS:  アシスタント・テクニカル・スペシャリスト
 CAM:   ジャッジ・カメラ・オペレータ
 MUSIC:  音楽係
 MC:  リンク・アナウンサー
 EC:  イベント・コーディネータ/進行係

上記はリンクサイドで見かける方々です…
その他にも、選手係など大会運営を円滑に行うため重要な仕事を支えるスタッフがたくさん必要なのです。
国際大会など規模の大きい競技会は、相当数のボランティアも必要です。

大会関係者に入っていなくても、近くで競技会があれば出かけ、競技を観戦しながら、用紙片手にGOE判定の練習をしたり、活動に必要な情報交換をしています。

競技会だけでなく、バッジテストやフィギュアスケート普及活動などにも従事していますし、選手達をフォローする強化部など、連盟の業務は様々です。

選手達を影で支える強化部のメンバーには、時々TVなどにも映っていますよね。
ドロドロしたイメージを持ってらっしゃる方もいるかもしれませんが強化選手達のサポート体制を作り、側面から支えているのです。

ほとんどの連盟関係者は、普通に仕事を持ち、会社員であれば有休などを使い、会社の理解を得て、業務に携わっているのです。
スケート界を支える人々のほとんどが元選手経験者や、選手保護者などです。
フィギュアスケートに密接に接してきた方々が支えているのです。

競技会観戦をされる機会がありましたら、ぜひ、ジャッジ席側に陣取り、その大変な業務を横目で見ながら競技を楽しんで観戦してくださいね。

その中には、有名選手だった方も居るかも知れませんよ?

平松純子さんインタビュー01 | NPO法人 日本オリンピアンズ協会
http://www.oaj.jp/interview/04_hiramatsu/

氷舞 スピンのポジション
http://hyoumai.blog133.fc2.com/blog-entry-15.html


★Figure Skating Guideline★ エントリー 一覧 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-109.html

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
Blog応援してね♪ 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。
スポンサーサイト



FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2009年02月
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
01 ≪│2009/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳