FC2ブログ

★日本男子フィギュアスケーター サムライ達の系譜★

前エントリー ★激しく動くNobuoちゃん?★(ォィォィ)
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-124.html
 
執筆中に消えた後半部分を…(泣)
(こっちのほうが遥かに長かった)

随分前にUPした以下のエントリーで紹介しきれなかった
男子シングル 全日本チャンピオン達の映像を発見しましたので紹介します。

★王者&女王の系譜…日本人選手編★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-48.html

全日本フィギュアスケート選手権 - Wikipedia

全日本選手権の歴代3位までの選手名が並んでいます。

YouTube - Minoru Sano 1977 World Championships FS
http://www.youtube.com/watch?v=yZ5qaY92LSs



皆様に紹介済みですが…やはり、この選手だけは外せません。

新しいフィギュアスケートファンの方には【居酒屋解説】なんて言われていますが…
日本人選手が世界に通用する事を証明してみせた偉大なチャンピオン佐野稔選手です。

佐野稔 - Wikipedia

男子シングルでは佐藤信夫先生の10連覇に次ぐ歴代2位の5連覇

1977年、世界選手権(東京)3位となり、日本人初の銅メダルを獲得。
『ブダペストの心』で滑ったフリーの評価は1位でした。
当時、5種類のトリプルを跳ぶ選手として、世界トップクラスの評価を受けました。

当時の映像をみれば、日本スケート界の悲願達成の喜びが伝わってきます。

当時の日本男子は打倒 佐野稔に挑むサムライ達がいました。。。

佐野稔が5種類のトリプルジャンプなら…
『オレは6種類のトリプルで勝ってやるっ!』 サムライの名は松村充

日本スケート界 トリプルアクセルの壁に挑戦したサムライです。

★トリプルアクセルへの挑戦…★日本人選手のパイオニアって?
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-91.html

Axel 
フィギュアスケーターにとってのキング・オブ・ジャンプ

トリプルアクセルが注目を浴び、話題になった選手では伊藤みどり選手が有名ですが
当然の事ながら、初めてのトリプルアクセルジャンパーは男子選手なんですよね。

YouTube - Mitsuru Matsumura 1978 Worlds LP
http://www.youtube.com/watch?v=r6xE0ONJfa8&feature=related



松村充 - Wikipedia

1950年代後半~1980年代あたりまでは 第一人者の連覇の時代が続きました。
佐藤信夫 10連覇 小塚嗣彦 3連覇 樋口豊 3連覇 佐野稔 5連覇

絶対王者を破るためにトリプルアクセル完成を目指したのでしょう…

安定した5種類のトリプルを跳ぶ佐野稔 
かたや豪快なスーパーアクセルと称されるほど高さと飛距離が抜群のジャンプを跳ぶ松村充。

トリプルアクセル完成は勝つことだけではなくフィギュアスケーターとしての本能だったのでしょう。
ジャンパーの宿命、怪我に苦しんだと聞いています。

精悍な顔立ちの選手でしたから、絶大な人気がありました。

YouTube - Mitsuru Matsamura 松村充 (JPN) - 1979 World Figure Skating Championships, Men's Long Program
http://www.youtube.com/watch?v=ctx7Pwx71Uk&playnext_from=TL&videos=OyOCPRk6QPE




彼のトリプルアクセルのDNAは後に続く後進の選手達へ託されたのです。

YouTube - Fumio Igarashi 五十 嵐文男 (JPN) - 1979 World Figure Skating Championships, Men's Long Program
http://www.youtube.com/watch?v=Ip6Yd88K2mU&NR=1



もうひとりのサムライは…五十嵐文男

独創的な表現力、正確な技術を武器とし、虎視眈々と力を蓄えていった、王者です。

五十嵐文男 - Wikipedia

YouTube - Fumio Igarashi 1981 Exhibition
http://www.youtube.com/watch?v=EjYTci46tCA&feature=related



このエキシビションは、日本人選手の真面目な印象を一気に変えたのかも…
斬新なイメージや世界観は彼独特でしたね。
エンターテイメント性を多く取り入れ、数多くのファンの心をつかんだ選手でしょう。

上記3選手達が10年間、後進達の挑戦をことごとく返り討ちにしたサムライ達です。

このあと…私の少し上の先輩選手達が上位をうかがい始めていました。

染矢慎二 無良隆志 小川勝 各選手達

無良隆志選手は無良崇人選手の父ですね。
映像が見つからないのが残念です。

染矢慎二 無良隆志 両選手は強化選手時代によくいじられた先輩です。

YouTube - 1987 Worlds CF SP LP News Report Fluff (JPTV)
http://www.youtube.com/watch?v=-1cIIJVhiY0&playnext_from=TL&videos=Jr3JuEGnzFY



この時代には私と同世代選手達が多く…
映像の中には、伊藤みどり選手の他に
小川勝昇(改名)選手と加納誠選手の映像が収められています。

松村充のトリプルアクセルのDNAは…
加納誠選手と伊藤みどり選手に受け継がれたのです。

この時代…日本国中 伊藤みどり一色でしたから…
男子チャンピオンのふたりを覚えておられる方は少ないかもしれないですね。

世界選手権やオリンピックで男子シングルは2桁順位だったのですが
伊藤みどり選手と同様に、コンパルソリーの出遅れが大きく影響しています。

この時代では伊藤みどり報道一色という感じで、他の女子選手や男子選手は取り上げられる機会も少なく
ある意味、男子シングルの冬の時代と揶揄されていましたが…
世界選手権などの国際大会での入賞レベルへの到達への障害はコンパルソリーの成績だったようで
フリースケーティング技術レベルではトップクラスに肉薄していましたが
伊藤みどりへのメダルへの期待などが大きく取り上げられ、男子選手はメディア報道では不遇の時代だったのです。

YouTube - Makoto Kano (JPN) - 1987 NHK Trophy, Men's Long Program
http://www.youtube.com/watch?v=AcHrqic-xiQ



加納誠選手と私は、同じリンクで育った間柄…一番試合をした仲です。(通算20回ぐらい) 
年齢(3歳違い)は違いますが、スケート開始時期や所持級の取得ペースが
ジュニアに上がるまでは、ほぼ同じだった事で、毎回試合してましたね。

全国レベルの競技会に出場するようになってはじめてトップスケーター達の凄さを肌で感じ、互いに真剣になっていったように思います。

佐野稔・松村充・五十嵐文男・染矢慎二・無良隆志・・・
この時代の先輩スケーターを目指し、精進していった次の世代に
小川勝・加納誠・藤井辰哉・鍵山正和などの後の全日本チャンピオン達が続いたのです。

全日本チャンピオンへの道は世界への道です。。。

同じ時代にオリンピック出場を目指した、同世代選手のBlogです。
彼もまた、全日本チャンピオンに輝き、名を残したサムライです。

TATSUYA@PARADISO:自分にとってのオリンピック。 - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/ma4news8/archives/51343674.html

私達の時代は、コンパルソリー重視の時代から
徐々にフリースケーティング重視と、現代スケートに近づいていった変革期でした。

この時代のルール変化も対応が大変だったのです。

同じ時代に海外では…
ブライアン・オーサー アレクサンドル・ファデーエフ ブライアン・ボイタノ
ヴィクトール・ペトレンコ カート・ブラウニング エルビス・ストイコ アレクセイ・ウルマノフ
などの
'60年代生まれ世代から'70年代生まれ世代へと移り変わり…
トリプルアクセルからクワドへと技術競争が進んだのですね。

男子選手には、どこか競技に勝つことよりも、世界の誰も成功していない事を公式戦で決めてみせるって気概が感じられます。
スケート界にしっかりと、その名を記憶として残したいという気持ちがあるのですよね。


今、改めてみると、海外のトップスケーターは凄いメンバーですね。
スケートを断念する事なく続けていたら、このメンバーと同じリンクに立つ事が出来たかも知れない…
って、思うと少し淋しく感じます。。。

ライバル達の夢を託された日本代表選手達は日の丸を背負い世界の強豪選手に立ち向かったいったサムライ達なんです。。。

さらに時代は進み…90年代以降へ。。。

YouTube - Masakazu Kagiyama 1993 N*K Trophy LP
http://www.youtube.com/watch?v=TppdzqfcFGw&playnext_from=TL&videos=Eek6eVxTDus



鍵山正和 - Wikipedia

全日本選手権3連覇のチャンピオン
'92-'93シーズン世界選手権8位入賞 翌シーズン6位入賞

日本で最初のクワドジャンパーと紹介されています。

YouTube - Takeshi Honda 2002 Olympics LP
http://www.youtube.com/watch?v=jGLMAaLHvt4&feature=related



そして、日本男子選手が世界の頂点に一番近づいたサムライが登場します。

本田武史 - Wikipedia

2003年四大陸選手権のフリースケーティングでは、2種類3度の4回転を成功させた。
1つのプログラムで4回転を3度成功させたのは、現在でも本田を含め世界で4人だけである。
さらに、練習ではアクセルを除く5種類のジャンプで4回転を降りていたという。

宇宙人たちと戦った日本のサムライです。(笑)

タラレバは良くないですが、世界チャンピオンの称号を獲得していてもおかしくない選手です。
この時代の世界のライバルたちは本当に凄すぎた。。。

YouTube - Yamato Tamura 2004 4CC FS
http://www.youtube.com/watch?v=5zUZc8Mk8oM&feature=related



田村岳斗 - Wikipedia

現役選手を除けば、最も多くの女性ファンを獲得したかもしれないサムライ。

金髪モヒカンヘアで全日本チャンピオンを獲得した傾奇者?
岳斗の【宇宙戦艦ヤマト】など、ファンの心に残るプログラムや
1997年NHK杯のフリー演技直前 『岳斗結婚して!』エピソードなど…
岳斗伝説ココにありと、記憶に残るイケメンスケーターでしたね。

このエピソードは田村岳斗選手が緊張のあまり…
アイスダンスの選手であった河合彩選手に滑走前に『なんでもいいから声をかけてくれ』
と、頼んだ事がきっかけだったようです。

田村岳斗選手ファンの間では一瞬、『今の声…誰?誰?』と、なったみたいです。

現在は関大リンクで濱田美栄コーチの元、村元姉妹など将来有望選手達を指導しています。
競技会会場で一際ダンディーな姿の紳士が立っていたら田村岳斗君です。

本田武史君は…何故か周囲に溶け込んじゃってわかりにくいですね。。。

J SPORTS|ROAD TO VANCOUVER 田村岳斗 -華麗なる舞-
http://www.jsports.co.jp/tv/winter/figure_blog/

動画が見つからず、紹介できなかったチャンピオンもいますが
チャンピオンだけでなく、チャンピオンに挑んだスケーター達も立派なサムライ達です。。。

日本男子シングル現役世代達も世界と戦うサムライ達ですね。。。

高橋大輔選手は本田武史から…
小塚崇彦選手は小塚嗣彦・佐藤信夫から…
織田信成選手は織田信長から? (笑)



日本女子選手達の華麗な演技も素晴らしいですが
男子フィギュアスケーター達の魅力にも注目して下さいね。

昔の選手達のジャンプ…
Wrong edgeとか、ほとんど見受けられない事に気がつきましたか?


今のルール運用などの問題も、こういった昔の映像からでも
その必要性を感じ取れるかと思います。。。

元全日本チャンピオン達の映像には高難度ジャンプの挑戦だけでなく
高難度技術習得のための、技術の確立が形になっていく過程も垣間見れます。
簡単に書けば、
空中でのバックスクラッチスピン姿勢の空中構築&着氷技術…コレが進化の歴史!


★受け継がれていくDNA…日本FS界の歴史★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-89.html

上記エントリーは日本フィギュアスケート界 黎明期の選手を紹介しています。

コメント欄には、ご紹介しきれなかった選手達の映像や
投稿者さんオススメの素晴らしい映像をご紹介して下さればみなさんが楽しめますね。

参考にさせて頂いたWEBサイト様には感謝いたします。 

★Figure Skating Guideline★ エントリー 一覧 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-109.html

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
Blog応援してね♪ 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。
スポンサーサイト



FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2010年05月
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
04 ≪│2010/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳