スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★フィギュアスケート コーチの世界★

今回のエントリーはフィギュアスケートにおけるコーチについての考察です。

みなさんがフィギュアスケートのコーチといえば誰を思い浮かべますか?
やはり、TVで放送されるようなメジャー競技会のリンクサイドやキスクラに選手と一緒に座るコーチを思い浮かべる方が多いでしょう。

ISU Figure Skating Biographies
http://www.isufs.org/bios/

ISUの登録選手 バイオグラフィには選手の情報がたくさん載っています。
ただ、情報の更新が遅く、コーチ名なども変更されぬまま…
というような変更されていない古い情報もあるので注意が必要です。

フィギュアスケート選手一覧 - Wikipedia

Wikipediaは比較的タイムリーに編集されていますが、古い選手や
それほど有名になっていない選手などの情報は乏しいのが難点ですね。

Coach=現コーチ Former coach=元コーチ  Choreographer=振付師

コーチとコリオグラファーを兼ねるコーチも存在します。
みなさんが競技会で見かけるコーチはコリオグラファーだったりもするのです。

選手達が師事するコーチには、現コーチを離れてコリオグラファー兼任のコーチに師事したり
現コーチの元に、コリオグラファーを呼び、振り付けを担当してもうなど、様々なケースがあります。

メジャーな競技会で見かけるコーチ達の世界と、一般的なコーチの世界とは違いがあります。
スケート界で一般的なコーチ像とはどんなものなのでしょう…

コーチ(インストラクター)とは…
一般的には、地域の所属リンクで専属インストラクターとして
スケート教室なども開催する事が出来るコーチと、リンクに出入りする専属ではないコーチと居ます。
夏季休業リンクで活動しているコーチなどは、通年営業リンクへ出張しているのが実態です。

コーチと一口に言っても、スケート教室の統括指導や選手の育成をしているプロコーチと
学生スケーターなどやリンク従業員などが補佐しているケースもあり
教室の生徒から見れば、コーチはコーチなのですが一般的にはプロインストラクターを生業にしている人を指します。

また、プロインストラクターも、日本フィギュアスケーティングインストラクター協会加盟のコーチと
協会に加盟せずに活動しているコーチといます。

日本フィギュアスケーティングインストラクター協会
http://www.jfsia.jp/

スケート教室にも、プロインストラクターが主宰する教室やリンク主催教室や
各都道府県単位のスケート連盟普及部が開催する教室とあり、それぞれ若干内容が違います。

スケート連盟普及部が行うスケート教室はプレーンスケートの教室で、後に、フィギュアスケートにもスピードスケートにも進めるように、あくまで、滑ることに主眼を置いた教室なのです。
もちろんフィギュアスケートの前段階を習得していく教室もありますが。

連盟主催の教室のコーチは連盟ジャッジなどが指導に当たる事も多く学生スケーター達はスケート活動費を稼ぐために教室を手伝う図式も見られます。

こういったケースでも、生徒から見れば、フィギュアスケートコーチなんですよね。
ジャッジの方々は試合だけジャッジをしている訳ではなく、バッジテストの開催や上記のようなスケート教室などで普及活動などもしているのです。

プロコーチ(インストラクター)やコリオグラファーをもう少し掘り下げていきましょう…

プロコーチというのには、先述のインストラクター協会に加盟しているコーチ
または、加盟せずに、それぞれ独自に活動しているコーチといます。

プロコーチには明確な基準や国家公認資格というものが無く
極論を言えば『私はプロコーチ』だと名乗り、実際に有償での指導活動をしていればプロコーチとも呼べます。
ですが、それでは問題もありますし、一般の方々には見分けがつきませんから
インストラクター協会加盟のコーチやプロコーチの多くは文部科学省で認める
公認スポーツ指導者・公認スケートコーチなどを取得しています。


ごく一部の例外的なケースを除いて、プロインストラクターは6級以上を取得しています。

スポーツ指導者 - 日体協
http://www.japan-sports.or.jp/coach/index.html

インストラクター協会も独自の有資格者の制度を用いています。
ほとんどのインストラクターは、全日本選手権など、国内メジャー競技会に
出場経験を持ち優秀な成績を上げている元選手ですけどね。

Category:フィギュアスケートコーチ - Wikipedia

インストラクター協会に加盟していなくとも、有名な元選手がコーチ業をされているケースもあります。
スケート界って狭いので、人間関係で協会からは距離を置くコーチもいるんですよね。

その他のケースでは、日本スケート連盟の強化部にコーチ資格を持つ元選手もいますね。

選手とコーチの関係は、一般的にはレッスン料が発生する先生と生徒の関係ですのでビジネス的なつながりです。
ただ、長年、コーチに師事していき、双方の共通の目標(オリンピックや全日本)へ突き進む師弟関係でもあります。

選手は連盟の所属選手…コーチは連盟とは一線を引くプロ指導者ですので
連盟とコーチ双方の間では、選手を取り合う訳ではありませんが、連盟強化指定選手ともなるコーチ側の意向だけが優先するような事がなくなってきます。

一般的なコーチはリンクに通ってくる(師弟関係を結んだ)生徒を指導して収入を得ています。
レッスン料は個人レッスンの場合1時間あたり¥3000~¥9000と
コーチの実績(現役時代の成績やコーチとしての実績)などや、また、地域によって相場が違います。

1時間あたりの単価は高いと感じるかもしれませんが、選手数も多く1選手あたりの実際のレッスン時間は
10分~30分程度と短い事が多く、自主練習主体になっているのが現状です。

無級~2級ぐらいまでの間は、グループレッスンなどで費用を抑えてくれるケースもあります。
また、競技会への帯同費用なども生徒側の負担ですので、スケート選手の保護者はそれなりの出費を覚悟しなければなりません。

所持級が上がってきて、大きな競技会(全国規模)などに出場するぐらいになってくると
一緒の競技会に出場する選手が減るので保護者負担の額は、あらゆる面で大きくなってくるのですね。

一般的なコーチの中には、指導希望者の生徒が多く、才能のある子どもだけを選別したり
アシスタントコーチを雇い、ある程度までの所持級まではアシスタントコーチに任せたり
全体の重要な部分だけを、個別に見ていくというような形をとるケースもあります。

幅広い選手層を抱えるコーチは、遠征帯同でリンクを留守にするようなケースではアシスタントや友人のコーチに生徒を預ける事なども有り、シーズン中のスケジュールは多忙です。
リーダー的なコーチを中心とした○○チームと呼ばれるような、集団指導体制を取る指導者も居ます。

ひとりで活動しているコーチはコリオグラファーも兼ねているケースが中心です。
近年では、振り付けを専門職とするコリオグラファーに依頼してプログラムを作ってもらい、選手の表現幅を広げる事も一般的になりました。

こういった場合、選手がコリオグラファーのリンクに通って、習得するケースや、来てもらうケースもありコリオグラファーを活動の中心に据えるコーチは全国各地を飛び回ることになります。

選手はジュニア・シニアに上がってくると、技術的な部分は習熟してくるので演技の幅を広げるような技術だけではない表現の部分を強化する事に主眼が変わっていきます。

その頃に、師弟関係を結んでいたコーチから、さらに大きな一歩を目指すためにコーチを変えるケースがあります。
さらに、強化指定選手になったり、企業などから金銭面でのスポンサードを受けるようになれば有名コーチや有名コリオグラファーからの指導を仰ぎたくなります。
それは、それまでのコーチの技量に問題があるからではなく、新たなスケーターとしての魅力を増す目的の移籍という性格が強いものです。

コリオグラファーへの師事は1シーズン単位で変更していくパターンもありますしプログラムを作ってもらう事だけで、競技には帯同をお願いしないケースもあります。

一定以上の技量を取得した選手が海外へのスケート留学なども一時的な性格のものもあれば海外に拠点を置くコーチに数年間師事するケースもあります。

みなさんがTVで見かける有名海外コーチは拠点を置かず、ずっと選手と共に行動するコーチと師事してくる選手を拠点リンクで集中的な指導をするコーチがいるのですね。

多くの選手を抱えない有名コーチは、基本的に年収分を少数の選手から稼ぐ訳ですから吃驚するような金額になるかと思われます。
選手側の個人負担額では到底足りない訳ですから、強化費用などやスポンサーからのお金が動くのでしょう。

日本の選手は連盟に所属しています。
通常のケースでは、選手は連盟所属 コーチは選手との当事者間の契約という図式。

ですが、連盟の強化費用やJOCの強化費用などが関わってくると選手個人のお金とは違ってきますのでケースによっては、選手・コーチ・連盟の三角関係のような図式になるのでしょう。
さらに、企業からのスポンサードされたお金も絡むと四角関係みたいになるのかもしれません。

こういった、それぞれの立場の違いがトップ選手のコーチの変更などに関する話題が目立つのです。
ですが、こういったのは、あまり一般的ではなく、トップアスリートの世界の話なんですね。

ひとりの師匠と呼べるコーチにずっと師事していく選手…
コーチは変えずに、コリオグラファーから、新しい魅力を得ようとする選手…
苦手な分野を克服するために技術指導分野や表現力強化分野が強いと評判のコーチに移籍する選手…
スケート留学をし、幅を広げ元コーチの元で選手人生をまっとうする選手…
豊富な指導チームを持つ、有名コーチに独占的に師事する選手…
複数の有名トップ選手を抱える有名コーチのスケジュールに合わせ選手がシェアしあうようなケース…

コーチの活動形態にも様々な形があります。
みなさんがよくTVでご覧になるコーチ像は、どちらかと言うと特殊なコーチ像の方が多いのです。

選手側も『一度は、憧れるようなコーチの教えを受けてみたい』というような願望もありますし、コーチ側も『一度は、あの選手の面倒を見てみたい』というケースもあります。

どちらも実力が高いところへいけば、惹かれ合ったり、取り合いみたいになったりしちゃうんですよね。
ニュース報道などで、話題をさらうケースもありますが、三角関係・四角関係など
それぞれの立場で、それぞれの事情がありますから、当事者間で解決するしかない話題です。

選手もコーチも人生を賭けてスケートに携わってます。。。
悔いの無いスケート人生を送るために、ケースはそれぞれですが一緒に歩む道なんですね。


選手もコーチも、世界的に有名なってしまえば、自分だけの夢ではなくなる…
様々な想いを胸に、競技という短い時間で自己最高の表現をする為に
長く苦しい時間を練習にあてているのです。


選手とコーチは親以上の長く濃密な時間を共に過ごし、互いの夢の実現のため
師弟関係をも超えるような絆を持つ者同士です…
競技会場のキス&クライに映る絆の強さを感じながら観戦してくださいね。



最後まで、読んで頂きありがとうございました。
皆様のフィギュアスケートへの理解が広がれば幸いです。。。

★Figure Skating Guideline★ エントリー 一覧 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-109.html

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
Blog応援してね♪ 
  
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

非公開コメント様 - Sakura - 2009年12月15日 08:40:47[ 再編集・削除 ]

v-22たまごさん

おはようございます。。。
ご訪問&コメントありがとうございます。
スケママさんなんですね。

ご質問の件ですが…

非公開のコメント内容が伝わってしまうかも知れないので
ちょっと難しいというか、お答えしにくいですね。

まず、同い年と言ってもキャリアが違いますし所持級も違うでしょうから
比べてしまうのは、あまり良くないでしょう。

上手な子供というか、所持級優先の世界ですから、多少は仕方が無いと思います。
中には、財力(レッスン料)でレッスンを多く取るために動くスケママという事も聞いたりすることがありますが
完全な平等は現実的に難しく、上位所持級やテスト、競技会を控える選手の優先度が高くなるのは仕方が無い事です。

そんな事よりも、一生懸命練習に励む子供を見てやりたいと思うのがコーチの習性です。

3・4級合格ぐらいから、生徒のお客さん扱い卒業という感じになるのは、多くの選手を抱え、有能な上級選手を抱えるコーチはアシスタントを使う事も当然というケースもあるでしょう。

まだ、お子さんはキャリア的に短いですから、あせらず、今出来る練習に努力する事をオススメします。


>どうすれば高くとぶようにふみきれるのでしょうか?

実際に見ていないので、どこがどうとは言えないですが
ジャンプの高さは、子供のうちはタイミングの取り方が上達するにつれ、力をロス無く伝える事が出来る様になってきます。

まずは、正しい前段階(アプローチ)正確なターンと、理想的なポジションを迎えれるような、基礎的な部分を磨く必要があります。

以下のエントリーなどにも技術的な事を書いていますが、まだ子供さんなので理解出来ないかもしれないですね。

お住まいの地域が同じようですので、オフアイスでも伝えられるような、コツみたいなものは、お伝えする事も可能ですよ。

★基礎力UPのススメ…コンパルソリー的レベルアップ★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-96.html

★スケーティング論 2軸と1軸 体幹の動き★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-97.html

★ Moves in the Field ★ USA Figure Skating から学ぶ
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-98.html

★自主練習の方法論★ 【スケーター向け】
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-82.html

★フィギュアスケートの特殊性★ 【スケーター向け】
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-73.html


普段のオフアイスの練習に、柔軟の他に腹筋と背筋、そして縄跳びを取り入れてください。

ジャンプの高さには、背筋力と足首の強さが必要だと思っています。
スクワットのしゃがみこんだ姿勢からの背筋を伸ばした状態での、その場ジャンプも有効です。
頭の上で結んだ髪の毛を引っ張りあげらるような感覚で跳び上がる意識みたいなものも、軸を作る形勢には必要かと思います。

最後に…レッスンは大事ですが、それよりも自主練習の時の方がもっと大事です。
遥かに長い時間ひとりで練習するのですから…
無駄な練習をしている子供が遥かに多い。
コーチから教えられた事を黙々と自主練習して、注意されたりしたところを強化出来ているか?って事が大事です。

まずは、正しい練習習慣を作る事が上達の近道です。
正しい基礎的な練習の繰り返しは回り道のようで、実は王道です。。。

ご親切にとても感謝しています - たまご - 2009年12月15日 17:54:11[ 再編集・削除 ]

ひとりで誰にも相談できず落ち込んでいましたので本当に救われました 心よりお礼の気持ちでいっぱいです 所持級も違いますしじっくり追いつくつもりで基礎を中心にがんばってみたいと思います 繰り返し繰り返しサイト内の内容をよませていただきました とても奥が深くすこしずつできることを増やしていこうと思います ジャンプの高さはいちばん気になるところですが またいきづまった時にぜひご相談にのっていただければこのうえない喜びです なかなか相談相手もおらずふさいでいましたので 光が差し込んだ気持ちでした 本当にありがとうございます  ご紹介いただいた練習は毎日こつこつがんばっていきます またどうか道しるべとなってくださいね 本当にありがとうございました 少し時間が経過した時また近況をお知らせしたいと思います 

フィギュアスケート競技会での風景(^^ゞ - ピョン太 [01/06] ② - 2011年01月06日 19:29:37[ 再編集・削除 ]

------
○○○
○○○
------

リンクをどーゆう風に使って、演技構成するのか?

コーチの方が、、(たぶん)
上図の様なリンク図?を見ながら

んーーー(-"-)φ(..)メモメモ

っとなってた風景を見ました!(^^ゞ

円周がポイントみたいです(^^ゞ

m(__)m(^^)/

コメントの投稿


トラックバック

URL :

FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年12月 13日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ ★FS関係者
  └ ★フィギュアスケート コーチの世界★
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。