スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★選手とコーチの関係★

前回エントリーではコーチの世界の事を書きましたが…
選手とコーチは密接な関係を築きながら、目標に向かう同志の関係だと書きました。

小さいお子さんの場合、最初は、スケートをもっと大好きになってもらうように楽しさを優先した指導から始まり、徐々に基礎の反復~応用へと広げていきテスト合格の喜びや、競技会出場の興奮や勝つ事、負ける事から学ぶ練習の大切さ。

毎日の小さな練習の積み重ねが年に数回しかない競技会でのお披露目となる…
頑張った事の評価は、好成績で競技会に現れてくると益々楽しくなるものです。

スケートの魅力が苦しい練習を頑張れる栄養源です。

フィギュアスケート競技も近年のトップスケーター達の活躍で競技人口は大幅に増えました。
ですが、リンクは一向に増えません。。。
現状は、大都市圏や地域近隣リンクが1ヶ所リンクなど競技人口過密地域の選手は十分とは呼べない環境で練習しているのが現状ですが、競技人口が多いので競争は激しいものになります。

成長と共に解ってくるものですが、この競技は、他の選手と競技をするわけですが
決して、相手を負かして勝つという性質よりも、己に勝つことが重要だという性質が強い競技だと思います。


コートを隔てて、対戦したりする競技でもないし、タイムや距離など絶対的なものを競うわけでもない
シングル選手の場合は、広いリンクの中でたった一人で自分の滑走を披露して採点される。
ひとりひとりがベストを尽くそうと競った結果が最終的な順位を決めるだけ…採点競技とはそういうものです。

自分がベストを尽くしたとしても、他の選手達が大きなミスを犯さない限り、はじめから相手との実力差がハッキリ出ているケースだってあります。
自分より、高難度のエレメンツをこなせる選手に勝つのは容易な事ではありません。
だからといって相手のミスを願ったりする競技ではない事は競技者なら誰でも解るはず。

この競技は自分への採点結果(プロトコル)を見て、自分のどこに力が足りなかったのか?
どういったところを強化していけばいいのか? どこが良い評価をもらったのか?
そんなところを見て、喜んだり、泣いたりして、また練習へと向かうのです。

競技する相手は居ますが、相手を負かす競技ではない。
相手よりも、自己の高みを目指す競技なのだという認識を持ってもらいたい。
高みを目指した結果、他の競技者よりも高い評価を得る事が出来れば、必然的に勝つ。


この根本的なことを教えるコーチが減ってきたのか?
そこまで、一人一人に接する時間や、競技者としての教育が無くなったのか?

競技人口が増えたことで、このスポーツ独特のスポーツマンシップの精神が減ってきているのではないか? という気持ちが芽生えてきています。

高いジャンプを跳べるから勝つ
難しいエレメンツが出来るから勝つ 
凄く速いスピンをするから勝つ
素早いステップが踏めるから勝つ
美しい表現力があるから勝つ


この競技の中で ↑ ↑ のような事ひとつだけでは勝てない。
もはやフィギュアスケートは一芸では勝てない。

様々な要因を高レベルで達成していく努力をし、多くの高レベルを実現出来た者が勝つのです。
上記は一例ですが、非常に高い一芸があれば、有利になるのは変わりはないですが
他のものが劣っているようでは帳消しです。

わざわざこういった事を書いたのは、子供の内は(保護者も含めて)
目先の結果だけにこだわりを持ってしまうということ。


競技結果は大事かもしれないですが、本当に大事になってくるのはジュニアやシニアに上がる頃からなんです。

スケート開始年齢もキャリアもバラバラ…
ある程度のクラスは所持級別に分けられてはいますが子供のうちはキャリアの差は物凄く大きい。

級が上がった直後の上のクラスでは勝てなくて当たり前…
クラスを上げずに、残ってる選手がいれば、その選手が勝つ可能性も高くなる。
そういったゴチャゴチャの実力の中で、勝った負けたに一喜一憂しているようでは先は高々知れている

この事を選手や保護者だけではなく、コーチも自身への評判などを気にして
テストを受けさせる時期を早くしたり、遅くしたりしながら調整してるケースも見受けられます。

ですが、この頃に、そんな事の意味に何があるというのでしょう。。。
みんな、スケートを始めたら、目標は大きい夢を見ているはず。
所持級が進むにつれ、クラスが上がるにつれ、選手自身も保護者もだいたいの力は実感していくはず。

コーチは、もっと早くから、将来像の予想も立っているはず。
ですが、目先の事ではなく、本当の意味での練習と努力を積み重ねた結果、大きな目標に近づく、普通の子供がいるのも事実なんです。

最初は普通の子供と対して変わらない子供だなと感じる才能であっても練習方法や努力と、コーチの指導力などで、大きく開花する才能もあるんです。
今、世界で活躍するトップスケーター達が全て、天才少年・天才少女だったわけではないのですから。

増えすぎた選手の数だけ、ライバルが多い分だけ、つまらぬ嫉妬心やライバル心だけで心無いイジメがあると聞きます。。。
そっちにエネルギーを向ける子供を、正しい方向に誘導すべき保護者までもが同じ事をしている愚かさ。


保護者同士のトラブルも多いと聞きます。。。
我が子の練習への取り組みが足らないのに、コーチのせいという事も…
練習時間は長くても、内容が伴っていないで、遊んでばかりの子供の注意もせず、保護者同士でおしゃべり三昧。

保護者も、『私はスケートの事は滑っていないのでわからないから…』 って、逃げているようだと進歩はありません。
我が子の姿だけでなく、様々な視点で、スケートを見ていき、技術的な事はあまりわからなくとも
研究熱心な姿は子供に伝わりますし、子供は見ていてくれる事で、褒められるように頑張ろうとします。

コーチにお金だけ払って、コーチの補佐的な役割をこなせなければ、リンクに居る必要がなくなります。
苦しい練習も、楽しい事が待ってるから頑張れるのですから、楽しいことも用意してあげるように…
子供が小さなうちは、リンクの内外でついつい遊んでしまいがち。。。
オンとオフのコントロールは保護者の役目です。

ただし…テストや競技会の成績をモノ(ご褒美)で釣ったりしないように。。。(笑)

試合前やテスト前に一生懸命やってるのは普通です…
試合後やテスト後に必死になる子供はきっと伸びます。。。

コーチのレッスン時間の少なさや成績低迷だけを責める保護者もいるそうですね。
モンスターペアレンツの世界はスケート界も侵されているようです。
子供は、まだまだこれから競技を通じて、スポーツマンシップを学んでいくのですが大人が、それを理解していなければ無意味です。

コーチ側も、問題のある人も居るようだと聞くこともあります。
昔のコーチは、指導書なども無い時代で、資料などもアメリカ・ヨーロッパから資料を取り寄せ辞書を片手に勉強し、指導方法を含め、ルールの事など勉強は怠りませんでした。
コーチ自身もアメリカへコーチ修行留学して、最新のスケート指導法を学んだりして自身のスキルを上げたそうです。

でも今は、NETを開けば、欲しい情報がDL出来てしまう。
コーチの中には、コンパルソリーを経験していない人の割合も増え初歩的なコンパルソリーしか知らない、高度なコンパルソリーは出来ない。ってコーチも出てきています。

キャリアの長いコーチは、昔の事ばかりではなく、最新のスケート技術も勉強して、どんどん新採点システム(CoP)にも対応していく必要がありますし
エレメンツ対応が出来ていても5コンポーネンツを高めさせる指導がコリオグラファー任せになっていては指導力不足だといわれてしまう可能性も有るでしょうから、常にコーチも進歩していくしかないでしょう。

リンクは減る、練習時間は限られているが、生徒は山ほど居る。。。
コーチ達の苦悩は、スケート界の苦悩です。

生徒の移籍に関してトラブってしまったり、リンクの縄張り争いをしているヒマは無いはず。

素晴らしい選手を輩出し続けるコーチは、指導で培ってきたノウハウや選手への練習方法のアドバイスなど突出したものを持っているから第一線で活躍し続けているのですよね。
有名になっていけば、生徒希望者も増えて、全体は見れても個々の指導が少なくなる。。。
そんな中で、アシスタントなどの力も必要とする場合もあるでしょうが生徒の保護者が、コーチの下に一致協力して、チーム全体を底上げする手伝いをする意識を持っているチームは強くなるでしょう。

選手とコーチの間柄も、選手がシニアに上がり、技術指導的な事よりも、メンタル面や表現力強化など
コーチが認める技術力に到達した選手とコーチは、それまでの生徒と指導者という関係ではなくなり
師匠と弟子…共通の目標を持って共に歩む同志になるのだと思います。


**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**

前エントリーや過去にもメッセージなどで、相談を受けることがありますが、学校などでもやっているように、選手・保護者・コーチの3者懇談みたいな事でコーチの指導方針や、保護者の希望などとあわせて、話し合うことが一番だと思います。

コーチに対して不満を述べる事を聞いたりしますが、選手側の努力が足りないケースだってあるでしょうし
コーチ側の努力不足のケースやコミュニケーションの欠如が原因って事もあるでしょう。

スケートの世界の事も右も左もわからないうちからですから無理もない事ですが一般的なお稽古事とは、少し違いがある…
お稽古事レベルのままでいいのか、本格的にフィギュアスケート選手として道を全うしていく覚悟があるのか?
そういった、スポーツの厳しい世界をみないで、憧れだけで始めると『こんなはずではなかった!』という事も起こると思います。

スポーツは心身ともに鍛えるものです。。。
身体が成長しても、スポーツマンとしての心が育たなければ意味が無い事を知っておいてください。

そして、それは選手自身だけでなく、保護者も、心身を鍛えていかなければ続けていけないんです。

選手の方や、保護者の方、愛好者の方々…時間がある時にでも読んで頂けると幸いです。
スケーターには役立つ事も書いているつもりなんですが…

スケートママには…
★フィギュアスケートを愛する全ての方々へ★
★自主練習の方法論★ は読んで欲しいかな。

★フィギュアスケートを愛するすべての方々へ…★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-76.html

★基礎力UPのススメ…コンパルソリー的レベルアップ★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-96.html

★スケーティング論 2軸と1軸 体幹の動き★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-97.html

★ Moves in the Field ★ USA Figure Skating から学ぶ
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-98.html

★自主練習の方法論★ 【スケーター向け】
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-82.html

★フィギュアスケートの特殊性★ 【スケーター向け】
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-73.html


最後まで、読んで頂きありがとうございました。
皆様のフィギュアスケートへの理解が広がれば幸いです。。。

★Figure Skating Guideline★ エントリー 一覧 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-109.html

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
Blog応援してね♪ 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントの投稿


トラックバック

URL :

FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年12月 16日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ ★FS関係者
  └ ★選手とコーチの関係★
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。