スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★Vancouver 2010 Winter Olympics 女子シングル★

★回転不足判定の誤解?★ 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-122.html

上記エントリーコメント欄で、多くのご要望が寄せられた事から今回のエントリーを用意させて頂きました。

今さら感、満開なんですけども…閲覧者の皆様の疑問解消などに役立てば幸いです。。。

XXI Olympic Winter Games 2010
http://www.isuresults.com/results/owg2010/

Ladies - Short Program : Schedule and Results : Vancouver 2010 Winter Olympics
http://www.vancouver2010.com/olympic-figure-skating/schedule-and-results/ladies-short-program_fsw010201aj.html

KIM Yu-Na SP

ASADA Mao SP 

キム・ヨナ バンクーバー五輪 SP 英ユーロスポーツ‐ニコニコ動画(9)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10200549



浅田真央 フィギュア女子SP バンクーバオリンピック‐ニコニコ動画(9)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9821550



サムネイル画像には、3,4位選手を参考資料として用意しています。

 ↓ ↓ ↓ クリックで拡大

ROCHETTE Joannie SP

ANDO Miki SP


Ladies - Free Skating : Schedule and Results : Vancouver 2010 Winter Olympics
http://www.vancouver2010.com/olympic-figure-skating/schedule-and-results/ladies-free-skating_fsw010101pB.html

KIM Yu-Na FS 

ASADA Mao FS

KIM Yu-NaTSS  150.06TES    78.30PCS  71.76Deductions  0.00
Planned ElementsBase Value(予定)Executed ElementsBase ValueGoEScore
3Lz+3T10.003Lz+3T10.002.0012.00
3F5.503F5.501.807.30
2A+2T+2Lo6.302A+2T+2Lo6.301.407.70
FCoSp43.00FCoSp43.000.803.80
SpSq43.40SpSq43.402.005.40
2A+3T8.25 x2A+3T7.502.009.50
3S4.95 x3S4.95 x1.406.35
3Lz6.60 x3Lz6.60 x2.008.60
SlSt43.90SlSt33.301.004.30
2A3.85 x2A3.85 x1.405.25
FSSp43.00FSSp43.000.603.60
CCoSp43.50CCoSp43.501.004.50
Jump 計
その他計
Total
45.45
16.80
62.25
44.70
16.20
60.90
17.4056.70
21.60
78.30

ASADA MaoTSS  131.72TES  64.68PCS 67.04Deductions  0.00
Planned ElementsBase Value(予定)Executed ElementsBase ValueGoEScore
3A8.203A8.200.809.00
3A+2T9.503A+2T9.500.209.70
3F+2Lo7.003F+2Lo7.000.607.60
FSSp43.00FSSp43.000.803.80
SpSq43.40SpSq43.402.606.00
3Lo5.50 x3Lo5.50 x0.606.10
3F+2Lo+2Lo9.35 x3F<+2Lo+2Lo  <5.17 x-0.484.69
3T4.40 x1T0.44 x0.000.44
2A3.85 x2A3.85 x1.004.85
FCoSp43.00FCoSp43.000.803.80
SlSt43.90SlSt33.301.104.40
CCoSp43.50CCoSp43.500.804.30
Jump 計
その他計
Total
47.80
16.80
64.60
39.66
16.20
55.86
8.8242.38
22.30
64.68

ROCHETTE JoannieTSS   131.28TES  62.80PCS 68.48Deductions  0.00
Planned ElementsBase Value(予定)Executed ElementsBase ValueGoEScore
3Lz+2T+2Lo8.803Lz+2T+2Lo8.801.2010.00
3F5.503F5.50-1.803.70
3Lo5.003Lo5.001.406.40
FCSSp43.00FCSSp43.000.403.40
SpSq43.40SpSq43.401.404.80
3Lz6.60 x3Lz6.60 x-0.206.40
3T+3S+SEQ7.48 x3T+3S+SEQ7.48 x0.207.68
2A3.85 x2A3.85 x-1.282.57
CCoSp43.50CCoSp43.500.504.00
3S4.95 x3S4.95 x1.406.35
CiSt43.30CiSt33.300.804.10
FSSp43.00FSSp43.000.403.40
Jump 計
その他計
Total
42.18
16.80
58.98
42.18
16.20
58.38
4.4243.10
19.70
62.80

NAGASU MiraiTSS   126.39TES  65.83PCS  60.56Deductions  0.00
Planned ElementsBase Value(予定)Executed ElementsBase ValueGoEScore
3Lz+2T+2T8.603Lz+2T+2T8.600.609.20
2A+3T7.502A+3T7.501.408.90
3F5.503F5.500.005.50
FSSp43.00FSSp32.600.403.00
LSp42.70LSp42.701.404.10
SpSq43.40SpSq22.301.003.30
3Lz6.60 x3Lz6.60 x0.206.80
3Lo+2A+SEQ7.48 x3Lo+2A+SEQ7.48 x0.207.68
2A3.85 x2A3.85 x1.004.85
3T4.40 x3T4.40 x0.805.20
SlSt43.90SlSt22.300.502.80
CCoSp43.50CCoSp43.501.004.50
Jump 計
その他計
Total
43.93
16.50
60.43
43.93
13.40
57.33
8.5048.13
17.70
65.83

浅田真央・キム・ヨナ 両選手だけの分析など、ほとんど無意味なのですが…
(大変面倒な作業ですのでコレが最後です)

Detail(プロトコル)の見方の参考にもなりますので残しておきます。

XXI Olympic Winter Games 2010
http://www.isuresults.com/results/owg2010/

このプロトコルにはGoEの項目がジャッジ人数分並んで

-2 -2 -2 -1 -1 -3 -1 -2 -2 ← ミスがあったエレメンツには、こんな風に並ぶので
物凄くマイナスされているのでは?なんて、勘違いしてる人も多いのでしょう。

★プロトコルから学ぶ…★【スケーター&保護者向け】
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-112.html

★GoE評価は難しい…★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-126.html

プログラム・コンテンツシートを元に実施予定要素を左に記載しています。
水色背景は実施予定通りに出来なかった要素及び基礎点です。
ジャンプはオレンジ背景で表示しています。

ピンク背景はGoE評価が伸びプラス作用した部分水色背景は競技結果にマイナス作用したものです。

ジャンプ要素以外の要素は、両選手とも同じ要素を試み
獲得した点数もほとんど同じです。

ジャンプの予定基礎点では浅田選手が約2.5点上回っていますが
コンビネーション・ジャンプに3+3を入れていない事もあり
予定基礎点で大きくリード出来ていなかったのですね。

3A 3A+2T と、ふたつの大技が入った浅田選手は
大きなアドバンテージだと思っておられた方も多いでしょうが

キム・ヨナ選手にも3Lz+3T 2A+3T と、セカンドジャンプに3Tを入れ
予定基礎点ベースでは 
浅田真央選手 17.7点 キム・ヨナ選手 18.25点 となり
アドバンテージとはなっていなかったのです。

※ コレはジャンプ予定基礎点の高いものを比較しただけですが…
  全体ではキム・ヨナ選手 45.45 浅田真央選手 47.80

さらに、GoE評価では両者とも高難度ジャンプでも浅田真央選手の3Aには慎重な構えや着氷後の流れの少ないものになっておりGoEのプラス面を満たすには、物足りない質となっていることで獲得GoEで、さらに差を広げる結果になりました。

そして、3連続コンビネーション・ジャンプでは3Fが回転不足判定となり3T予定が、1Tになり、共に失った点数が8点近くになった事も響き全てのジャンプで加点対象だったキム・ヨナ選手のリードが広がった格好です。

実際に実施して獲得した基礎点で約5点GoEを含めたジャンプ全体で14点の差が出来てしまいました。

メディアなどはトリプルアクセルを必殺技のように扱い報道しますが
3Aを跳ぶ事が出来ても、3Aを跳ぶメリットを十分に活かしきらなければせっかくの高い基礎点を活かせないのです。

尚、3Lz+3Tや3F+3Tなどの、超高難度コンビネーションジャンプもトリプルアクセルと変わらぬ基礎点がありますし
女子シングルで今期に成功した選手も一桁しかいないほど高難度です。

女子シングルで3Lo以上の、高難易度ジャンプ(3種類以上)を安定的に跳べる選手は非常に少ない事を知っておいてください。

女子でトリプルを3種類以上跳ぶ事が出来る選手は一流フィギュアスケーターなんです。

また、PCSでも、2つのミスがプログラムの連続性を欠いたのでTRなどの評価が下がり、キム・ヨナ選手のパフォーマンスが
オリンピックでは際立っていた事もあり、PCS全体で5点弱の差が生まれました。

この点数差はたいした差ではありません。
両者共に、最高のパフォーマンスで滑りきれば、どうなるかわかりません。

GoE評価についての考察は別のエントリーに用意しています。

サムネイル画像には、3,4位選手を参考資料として用意しています。

 ↓ ↓ ↓ クリックで拡大

ROCHETTE Joannie FS

NAGASU Mirai FS 

ジョアニー・ロシェット選手とミライ・ナガス選手を追加しました。
新採点システム対応とは何か? という部分でみれば良いDetailです。

ジョアニー・ロシェット選手はベテランらしく、予定要素通りのプログラムを滑りややミスした部分もありますが、訃報をものともせずキッチリとプログラムの世界を表現し、感動的なプログラムでした。

総合順位をひっくり返すのは、少し届かなかった印象でしたがFS部門2位はもう少しでしたね。
コンビネーションをもうひとつ入れれば…ですね。

ミライ・ナガス選手はご覧のように予定基礎点ベースでは非常に高い構成です。
ですが、実際に試みた要素の中でいくつか取りこぼしがあり若干基礎点を損しています。
しかし、不足した分を十分に取り返すほどの高いGoEを稼ぎ出しています。

高いGoEを獲得した選手のエレメンツは、普通・やや劣るものに比べ直感的にも優れている部分が見えた方は多いと思います。
そこが選手のポテンシャル(才能部分)なのです。

4年後のソチオリンピックでの中心選手のひとりです。
高いレベルの競技会での高評価は自信となり大きな飛躍のきっかけとなるものです。


キム・ヨナ バンクーバー五輪 FS 英ユーロスポーツ‐ニコニコ動画(9)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10200661



Mao Asada 浅田真央 2010 Olympics FS‐ニコニコ動画(9)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9866009




尚、この様な分析を載せると、まるで浅田真央選手の敗因検証のようにも映ります。
(主要選手を全部分析するのなら、まだしもね)
こういった事をするのは、非常に抵抗があるのです。
私自身には、そのような意図はありません。

メディアの、失礼とも受け取れる質問にもアスリートとして言い訳などせず
常に前向きの発言をし、有言実行してきた、素晴らしい選手です。

日本代表選手として、最高の色のメダルを期待され金メダルを獲得出来なかった事を、批判する風潮のメディア
今に始まった事ではなく、国民感情を逆なでしているように映ります。

スポーツは結果が全て、選手達はこの結果を糧に次の目標に向かうだけです。
スポーツマンにとって、ルールの中で競技をし
その競技結果は受け入れて、また、頑張るのですから。

浅田真央選手は、目標が高くベスト・パフォーマンスが出来なかった事を悔やんで涙しましたが
オリンピックで銀メダルを獲得した事も、立派な成績です。

浅田真央選手もキム・ヨナ選手同様に、彼女自身の最高のパフォーマンスが
出来ていれば、勝敗はどうなっていたかわかりません。

オリンピックの女神はキム・ヨナ選手に微笑み…
世界選手権の女神は浅田真央選手に微笑んだのです。


このバンクーバーオリンピックでのフィギュアスケート男女シングルは
出場6選手全てが入賞(8位以内)という快挙を成し遂げています。

メダルを持ち帰らなかった選手には、もう、出場などしていなかった?かのような報道です。

メダリストだけが全てではないのです。
代表選考に漏れた、日本代表候補選手達の想いを背負い
全ての選手が、夢の舞台で最高の演技が出来る様に準備してきました。

日本代表選手ではなくとも、各国の代表選手達も素晴らしい演技の数々で
SB/PB更新も数多く、オリンピック・ゲームに照準をしぼり
ベスト・パフォーマンスといえる演技を披露してくれた選手が数多くいました。

フィギュアスケート競技は勝ち負けを競う性質よりも
パフォーマンスを競う性質の強い採点競技です。

ライバルとの戦いではない、自分自身の最高パフォーマンスを追及する競技なんです。

オリンピックや世界選手権で、有終の美を迎える選手や
4年後への期待を大いに抱きたくなるパフォーマンスを魅せた選手。
大会直前の訃報にも悲しみを堪え毅然と競技に臨んだジョアニー・ロシェット選手。
4年前の悔しさを競技に向かうパワーに変え、大きく成長した選手。


皆様の心に刻まれた選手のパフォーマンスを思い出す人が多いはず。

誰もが簡単に立つ事が出来ない、夢のオリンピックで
この競技人生の集大成をみせようと頑張った選手達はみんな素晴らしいんです。

何万人もの競技人口の中から、選ばれし最高の能力を持った選手達です。
今でも、競技の感動が甦ってくる、素晴らしいオリンピックでした。

応援する選手の競技結果に不満を持ったり、ルール不満に向かったり
ライバル選手を貶めて、批判したり歪んだ心で観戦をしてしまうスポーツではないのです。

スポーツマンシップの精神って無くなったのでしょうか。。。

**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆****:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**

ISU World Figure Skating Championships 2010
http://www.isuresults.com/results/wc2010/index.htm

トリノ世界選手権ですが…
同様な手法で、実施予定構成・予定基礎点と実際に行った要素を分析すれば
見た目から来る印象と実際の採点結果の乖離が埋まってくるものと思います。

キム・ヨナ選手のFSでは、SPと違い五輪チャンピオンらしい滑りが復活しましたが
五輪終了後のメディア出演など、男子シングルよりも準備・調整期間も1週間短く
イベント出演などの影響から来る調整不足・モチベーション不足が目立ちました。

ですが、FSでミスしたのは演技後半の3Sの転倒と2Aのノーカウントです。
3S予定基礎点は4.95 x -3GoE 得点は1.95 失った点数は3点あまり…
2A予定基礎点は3.85 x ノーバリュー(無価値)なので失った点数は3.85・・・
転倒の1点も失って8点ほど取りこぼした計算です。

バンクーバーオリンピックのFSと比較して…(比較はあまり意味がない事ですが)
GoEのマイナスの効果もありTESで約12点 PCSも約7点失っていますので
130点台も当然の結果ですが、大きな得点源であるコンビネーションを2度とも成功し
成功したジャンプには全て高いGoEを獲得している点が、失った点数をカバーしているのです。

では、浅田真央選手はどうだったのか?

浅田選手は転倒もせず、一見ノーミスのように滑りきりました。
単独の3Aは成功しているのですが、コンビネーション3A+2Tはファースト3AがDG(回転不足)判定を受けました。

予定基礎点は9.50を見込めるジャンプが
実施基礎点が4.80になり、-0.48GoE 獲得点数は4.32 失った点数は5点近くになります。
プログラム全体の予定基礎点が64.60、ですが獲得した点数は67.02となり 
バンクーバー五輪のTES64.68を上回っています。 

3A+2Tを認定されていれば、82点を超えている計算です。 

2ミスの五輪 1ミスの世選と違いはありますが 
PCSが62.48と、五輪を下回ったのがFS1位を逃した要因になってしまいましたね。 

『内容が上回っているのにPCSが下がるのは納得できない』
というような、ご意見が聞こえてきそうですが…

もちろん審判団もまったく違うので比較自体に無理があるのですが…
五輪全体と世界選手権全体の印象的には女子シングル全体的に低調(ややミスが目立った印象)だった事もあり
全体の5コンポーネンツが伸び悩んだ原因だと思います。

個人的にはPCSの両者の個々の差はそれほど大きく感じないのですが全体的なスピード感や楽曲から来る印象度合いなどが若干キム・ヨナ選手のほうが上回っているとジャッジ団は見たようですね。

PCSにおける解釈はGoEの解釈より遥かに難しいと思います。

競技経験者であれば、SS TR CHなどは、経験上どんなところを評価しているのか、ある程度理解出来ますが
PE INなどは、セミナー参加して、ジャッジングスキルを鍛え様々な文化・芸術などの造詣が深くなければ務まらないと思っています。


フィギュアスケート資料室 - 構成点の基準(全種目共通)
http://www.geocities.jp/judging_system/single/pc.html
  • スケート技術   SS  全体的なスケーティングの質。
  • 要素のつなぎ  TR  すべての技術要素をつないでいる、多様で複雑なフットワーク、ポジション、動作、ホールド。
  • 演技力               PE   音楽や振付けが意図するところを表現するための、肉体的、感情的、知性的な関わり。
  • 振付け・構成   CH   バランス、統一性、空間、パターン、構造、フレーズの原理に従って、すべての動作を計画的に展開させた独創的なアレンジ。
  • 曲の解釈      IN    氷上の動きを通じた、音楽の独創的、創造的表現。
※  フィギュアスケート資料室サイトの情報は
   ’08-’09シーズン以降のルール変更には対応しておりませんので、ご注意下さい。

★Figure Skating Guideline★ エントリー 一覧 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-109.html

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
Blog応援してね♪ 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

GOEとPCSの付け方 - yotti - 2010年05月08日 23:30:12[ 再編集・削除 ]

こんばんは、以前何度かコメントさせていただきました。ルールに関するエントリーに、いつも勉強させていただいてます。

Sakuraさんがおっしゃるように選手同士を比較するのは本当に意味がないと思います。特にキム選手と浅田選手の比較は荒れるもとになるのに、なぜこのようなエントリーを・・・?

他エントリーのコメント欄も拝見しましたが、キム選手の高得点の理由を知りたいと言った投稿がほとんどですが、皆さんが知りたいのは基礎点ではなく(それはプロコトルを見ればわかりますから)、GOEとPCSなのだと思います。そして素人の観戦者が一番分からない部分でもあります。

誰が誰より優れている、ではなく、なぜ高いGOEとPCSがつくのか?採点が絶対評価であるならば、他人と比較して分析する必要などないですよね。そしてどの競技もそうですが、「観戦者の目」を養うのは、とにかく数を見ることです。正直、選手同士を比較するのではなく、この選手のジャンプのここが素晴らしい、という注目ポイントを教えていただけたらな、と思います。別にキム選手に限ったことではありません。ロシェット選手や長洲選手も高いGOEを獲得していますよね。また素人目には、安藤選手のジャンプに高いGOEがつかないのも不思議です。

あと、PCSなんですが、ステップアウトや転倒は見る者の集中力を削ぎ、演技に入り込んでいた観客の目を覚まします。また、曲との同調性も、その一瞬失われます。それでも高いPCSが出るというのは、どういう理由でしょうか?個人的にはSSとTR以外の評価の基準が分かりません。

No title - 3Aのアドバンテージは無い? - 2010年05月09日 01:33:02[ 再編集・削除 ]

前半部しか読んでませんが気になったところがあるので書き込みさせて頂きます。

記事に浅田の3A、3A+2Tとヨナの3Lz+3T、2A+3Tを比較し前者にアドバンテージは無いと説明されてますが、まず比較対象の3回転とコンビネーションの数が違います。
これにより(両者が同じ数の種類で構成したと仮定した場合)残りの構成で浅田がヨナよりもう1つ多くの3回転ジャンプとコンビネーションを跳ぶことの出来るアドバンテージ=3Aのアドバンテージになるのではないでしょうか?
実際両者の3回転の数はフリーで共に6回。構成基礎点もそれほど変わりませんが、それは浅田が3A以外の構成でヨナに劣ることで3Aのアドバンテージを生かせなかったからだと思います。
このような比較はマスコミや専門家がよく使っており、私自身違和感を覚えておりました。少なくとも3回転の数やコンビネーションの数の違う1部の構成をチョイスして比較するのはナンセンスであり、聞く側に間違った誤解を与えると思います。

アドバンテージ? - ozuma - 2010年05月09日 16:52:27[ 再編集・削除 ]

アドバンテージ云々は、理論のすり替えでしょう。
基礎点差以上のGOE幅ですからね。

浅田選手の3A-2Tの基礎点9.5+GOE0.2  9.7点。
キム選手の2A-3Tの基礎点7.5+GOE2.0  9.5点。

女子では、五輪初、現役女子で唯一の大技コンボ3A-2Tが初歩的なセカンド3Tコンボ2A-3Tと同等の扱いですよ。

キム選手の3Lz-3Tが12点。
女子では前人未踏の大技3A-3T(12.2点)と同等の扱い。
もし、浅田選手が3A-3T可能だったとしても難易度から
いって加点がつくとは思えないですからね。

No title - maru - 2010年05月09日 17:38:36[ 再編集・削除 ]

横から失礼します。
ozumaさんは「理論のすり替え」とおっしゃってますが、
何か勘違いをなさっているようなので、コメントさせてください。

sakuraさんは「現在のルール上ではアドバンテージはない」とおっしゃってます。ozumaさんのおっしゃるとおり、2A-3Tと3A-2Tの基礎点は変わらない...それが「現在のルール上はアドバンテージがない」ってことで、「真央選手の能力が低い」なんてことは一言も言ってません。それはルールの問題であって、真央選手の能力の問題ではありません。

3Aをアドバンテージとして生かす構成というのは「キム選手と同じ3-3を入れた上での3A」ということです。もし真央選手が数年前のように「3F-3Loと3F-3T」と入れた上で3Aに挑んでいれば、キム選手の基礎点を大きく上回り、大きなアドバンテージになります。そこに昔やっていた2A-3Tまで入れたら(ザヤックの問題があるので、どう入れるかが問題ですが...)、真央選手に勝てる選手はいないでしょう。

というか、真央選手がフィギュア界で注目の的になったのは15歳、16歳の頃の構成のすごさでしょう。あの頃、アンチ真央達は「あからさまな点取り構成が嫌い」なんて言ってる輩もいましたが、その言葉はそっくりそのままキム選手にあてはまるようになりました...。

真央選手はその後ルール改正のために最強構成が組みにくくなってしまいましたが、真央選手ならソチに向けて、3Aをアドバンテージにできるようなすごい構成を組んでくると期待しています!

というわけで、sakuraさんの「アドバンテージがない」発言を不愉快に思われてる皆さま...sakuraさんの記事をもう少しじっくり読んであげてください。あと、sakuraさんも、いいこと書いてるんですから、もう少し言葉を選んだほうがよいかも(笑)。

3Aのアドバンテージは無い? - umi - 2010年05月09日 19:14:05[ 再編集・削除 ]

上の3Aの価値について最初に投稿した者です。
実は初投稿なので、何処にタイトルが表記されるのか、パスワードの必要性とか分からず投稿してしまいました。

一応管理人さんが私の指摘の後、本文に「予定基礎点の高いものを比較しただけ」と書き直されていますが、3Aのアドバンテージが無い説明として比較されたのではないでしょうか?

現行のルールでは(GOEは置いといて)大技を跳んだから有利では無く、プログラム構成上の合計された基礎点が重要です。その上3回転とコンビネーションの回数はルール上制限されているので、3回転とコンビネーションの数が違う構成を比較すること自体ナンセンスであり、相手に間違った認識を与えるのではないでしょうか?
そうでなければ4A(13.30)と3Lz+3Lo+3T(15.0)を比較して「4Aのアドバンテージとはならない」と説明しているのと同じです。

浅田がフリーでヨナと同じジャンプ4種類6つの構成の中で、3A2回入れたにも関わらずヨナよりトータルの基礎点で2点ほどしか上回れなかったのは、3回転以外のジャンプの構成を見れば分かります。3回転以外の構成で浅田は2A1回2回転4回(9.95)に対し、ヨナは2A3回2回転2回(13.65)とヨナが4点上回ります。これによって浅田の3A2回とヨナの3Lz2回の差は埋まってしまいます。結果的に浅田は2Aを上手く活用出来なかったことが、3Aのアドバンテージにならなかった最大の要因だと思います。

maruさん
管理人さんの「アドバンテージがない」に反応してるわけではありません。実際にアドバンテージがないのは確かですから。
ただ、その理由が別なところにあると思っているので書き込みさせて頂きました。

アドバンテージ? 2 - ozuma - 2010年05月09日 19:45:34[ 再編集・削除 ]

maru 様

sakuraさんのアドバンテージが無い と意味が違いますよ。

3A-2Tの基礎点9.5
2A-3Tの基礎点7.5

本来2.0点のアドバンテージがあります。
但し、GOE幅は、それ以上の-3~+3ですね。
そして、3A-2Tは難易度が高くGOEが出にくい。

アドバンテージがあってもGOEで無にされるということです。

3A-3Tと3Lz-3Tについてもしかり。

3A-3Tの基礎点12.2
3Lz-3Tの基礎点10.0

本来2.2点のアドバンテージが、GOE-0.2 GOE+2.0で無になってしまいます。

前人未踏の3A-3Tを決めたとしても加点は見込めないでしょう。
基礎点差とGOEの比率が不適切過ぎる。

今の現状は、高難易度ジャンプを成功させるアドバンテージは無いに等しい。

それ故に、男子のプルシェンコとライサチェックの騒動も起きるわけですが。


PCSについて、わかりません - okapi - 2010年05月10日 19:42:14[ 再編集・削除 ]

Sakuraさん

はじめまして、okapiと申します。伊藤みどり選手の頃からのスケートファンです。
1年ほど前からROMさせて頂いております。今回の記事も、大変な労力と時間を割いて書いて下さったものと推察します。かつて選手をされていた方ということで、特にジャンプの離氷、着氷をどのように理解したらよいかということについて大変勉強になりました。

トリノの世界選手権では、女子フリーの点数について全く納得できずにいます。特にPCSについてです。

Sakuraさんはこのようにおっしゃいました。

(オリンピックの浅田選手について)
>また、PCSでも、2つのミスがプログラムの連続性を欠いたので
>TRなどの評価が下がり、キム・ヨナ選手のパフォーマンスが
>オリンピックでは際立っていた事もあり、PCS全体で5点弱の差が生まれました。

これは理解できました。

しかし、であるならば、世界選手権では全く逆の状況だったのではないでしょうか。キムヨナ選手がサルコウで転倒し、ダブルアクセルがすっぽ抜けてしまったことで、同様に「プログラムの連続性を欠いた」と言えるのではないでしょうか。
自分には、オリンピックの浅田選手は必死に演技を続けようという気持ちを感じましたが、世界選手権のキム選手は転倒と共に集中力も完全に途切れたように見えました。

(世界選手権の浅田選手とキム選手のPCSについて)
>個人的にはPCSの両者の個々の差はそれほど大きく感じないのですが
>全体的なスピード感や楽曲から来る印象度合いなどが
>若干キム・ヨナ選手のほうが上回っているとジャッジ団は見たようですね。

これがどうしても理解できないのです。
それほど、キム選手のフリーの印象は良くなかったです。一方、浅田選手は素晴らしかったです。
でも、Sakuraさんはジャッジではないのだから「こういう点数が出たのだから、こういうことなのだろう」ということしか言えないですよね。。

最近は好きなスケートを見ても悶々とすることが多いですが、それでも各選手の演技を楽しみに、これからも見続けると思います。Sakuraさんも、無理せずマイペースでお過ごし下さい。

存在意義 - au - 2010年05月11日 10:47:35[ 再編集・削除 ]

初めまして。こちらのブログで、このような比較表、動画などを載せられる理由はなんでしょうか?啓蒙?
 
>PS…当BlogはISUやジャッジの方々の代理人でも有りません。
>不満の捌け口のようなコメント欄の使い方はご遠慮下さい。
 
と書かれていますが、ではどんな反応ならオーケイなのでしょうか。「よく分かった」「理解できた」というレスですか?
 
現行ルールと運営のされ方は分かりますが、ブログ主さんも「ジャッジはそう判断したんでしょうね」などと書いていらっしゃるところをみると、やはり曖昧な点は多く、出された点数に対しての“完璧な説明”はできないのだなぁと、逆に思ってしまいました。
 

考察お疲れさまでした - note - 2010年05月11日 13:03:58[ 再編集・削除 ]

Sakura様、考察お疲れさまでした。

 私は、浅田選手の演技は何度も見て覚えています。でも、男子も女子も誰がどの試合で何点取ったかをまるで覚えていません。どれほど点を稼いだかより、どんな演技をしたかの方がずっと大切だと思います。ルールが複雑だからこそ、余計に。今回の考察で、そのことを再確認しました。浅田選手は、ある意味「ルールに逆らってまでやりたいことをやりきった」のでしょう。良くも悪くも不器用ですが、私は感動しました。

 採点方法の仕組みについては素人があれこれ言うものではありませんが、只ひとつ、演技直後の点の発表とキス&クライは不要だと感じます。審判は各要素をじっくり判定する時間が欲しいでしょう。点数が出た後に観客が騒ぎ、次の選手が動揺して本来の力が出せなくなれば勿体無いことです。失敗した選手をさらし者にするのも気持ちの良いものではありません。皆が点数で一喜一憂する一因にもなっていると思います。変な演出は競技には無用、キス&クライは廃止して欲しいです。

 審判の公正を信じれば、直ぐに点数を出す必要は無いのです。SPは翌日に、FPは全選手の演技が終わってから数時間後くらいにまとめて全員の分を発表すればいいと思います。競技の進行もスムーズにいくはずです。小さい子の大会はそうやっているのでは?

No title - 桃太郎 - 2010年05月12日 03:47:37[ 再編集・削除 ]

バンクバーOPを基準に世界選手権を見ているのでしょうか?
おかしな点はいっぱいあると思います。
例えば、レイバックスピン。
〈レイバックスピン〉
レベル4獲得要綱 ( )内は回転数
・サイド(3)からバック(3)。またはその逆。
・チェンジエッジなしで単一姿勢で8回転
・レイバック8回転後にビールマン
・難しいバリレーション(2)

GOE加点要綱
1)スピン中の回転速度、回転速度の増加が十分
2) すばやくスピンの軸をとることができる
3) 全ての姿勢でのバランスのとれた回転数
4) 規定回転数を明らかに超えた回転
5) 姿勢が良い(フライング・スピンの場合には空中での高さおよび姿勢を含む)
6) 独創的でオリジナリティがある
7) 全局面でのコントロールが十分
8) 音楽構造に要素が合っている

時間がないので簡単にします。 (目視なんで回転数±1で) 
キムヨナ選手  総回転数23(ビールマン2.5)
浅田真央選手  総回転数27(ビールマン4)
タマル・カツ選手 総回転数24(ビールマン2.5)

タマツ・カツ選手 レベル3 GOE0.8
http://www.youtube.com/watch?v=yomvmHvOAFs&feature=player_embedded

ビールマン姿勢の定義
ビールマン姿勢は,スケーターのフリー・レッグが後方から頭より高く,頭の天辺に向けて引き上げられ,スケーターの回転軸近くに位置している姿勢。

一番分からないのはキムヨナ選手のビールマンの姿勢。いつも後頭部の後ろの方までしか上がっていない。軸ぶれあり、回転数はぎりぎり。
タマツ選手は推測ですが、ビールマンの回転が満たないと判断されたかな(サイド、バックは十分)と思います。かの女王さまと同じように見えますが・・・・・

(足換えスピンコンビネーション)
Figure Skating Women Free Program Event | Vancouver 2010
http://www.youtube.com/watch?v=a4q1d8mWeIU&feature=related

キムヨナ選手  総回転数23回(シット2.5回)
浅田真央選手  総回転数27回(シット4回)
で浅田選手のほうが回転数、独創性、軸どりも素晴らしいのに、差がつかないのが理解不能です。
片手ビールマンでこの回転数を得るのは容易ではないと思います。
しかもI字より回転数こえちゃってますから・・・・・いくらなんでもキムヨナ選手のGOE3はないでしょうよ。
両スピン共に全体的にキムヨナ選手のGOEは高すぎるという印象です。(全員を見たわけではありません)

〈質問〉
・キムヨナ選手のビールマンは認定基準を満たしているのか?
・軸ぶれ、姿勢の劣勢は何故減点されないのか?
・回転数も独創性もないこの足換えスピンコンビの優れたところはどこでしょうか?

尚、前にどなたかに言っていたと思いますが。
深いシットが苦手な選手はいると思います。
でなかったら膝の上にのっけたりしないと思います。
又、深いシットから急激にアップライト姿勢に持っていくのには脚力がいると思います。 たぶん・・・・
他の選手を見ろということですが、動画がないとかで中々紹介するのが難しいです。
時間がとれる時にがんばって見たいと思います。

No title - 桃太郎 - 2010年05月12日 04:17:00[ 再編集・削除 ]

>しかもI字より回転数こえちゃってますから
は言い間違いです。
I字は容易に回転軸を細めることが出来るため、難しいバリレーションのビールマンよりは回転を早めることが出来ます。又、キムヨナ選手の場合、単一姿勢8回転でレベルをとっていっているのでI字姿勢で9回は少ないと感じてしまいます。

追加質問
スレ違いかもしれませんが、キムヨナ選手OPフリーの単独2Aはジャンプ前のつなぎのターンなし、高さ、幅もなく、回転不足を取られかねないエッジ着氷のように見えましたがGOEが高いのは何故なのでしょうか?
連投すみません。動画が削除されるといけなので・・・・お許しを。

No title - たじ - 2010年05月12日 14:11:25[ 再編集・削除 ]

二度目のコメントです。
正直、管理人氏には前回私の書いたことをまるで理解していただけてないようで残念です。
不正のない社会はありません。人間の判断に完全な中立公正はありません。
だから、このような「採点の正当性」をごり押しするエントリーは正直「疑惑の火消し」をしているようなものです。言えば言うほど胡散臭くなるばかり。世の中で正しさを断言する人というのはほとんどの場合「無知」か「人を騙そうとする人」かどちらかです。ご自分の書いていることをもう少し冷静に振り返るべきでしょう。

ISU関係者ならば建前しか言えないのは仕方のないことですが、管理人氏は元選手とはいえ現在は直接の関係者ではないのですから、別に疑惑を否定する義務も必要もありません。個人の見解として「疑惑を疑うような不自然な結果とは感じなかった」と主張するのはご自由ですが、採点に疑問を持つ人の意見を何が何でも論破しようという管理人氏のスタンスは傍目に見苦しいです。

そもそも、現行ルールが妥当で、演技内容の善し悪しは適切に点数に反映されているというのであれば、ルールの変更など必要ないはず。ところが今回かなり大幅なルール変更がなされる見込みです。この事実自体が採点問題の答えの一つでしょう。

社会常識として管理人氏に理解してほしいことの一つに「五輪競技が政治から自由な存在ではありえない」ということがあります。五輪採用競技というのははっきり言って政治の道具です。政治力と競技力は当然相関関係にあります。そこに何らかの不正が発生するかどうかは様々でしょうが、競技単体を切り抜いて不正のないクリーンな競技であるかのように考えるのは完全なる妄想です。そういう妄想は競技のためにならない、そう私は主張しているのです。盲目的な競技愛は結果として贔屓の引き倒しに繋がります。フィギュアスケート界にも存在するであろう社会のダークな部分から目を逸らさずに向き合うことが競技の健全な発展にとって大切なことだと改めて主張します。

たじさんへ - どら@1492 - 2010年05月13日 00:38:09[ 再編集・削除 ]

はじめまして。前回のコメントも拝読しておりました。

これから述べますことは、あくまでも私の意見であり、Sakuraさん(以下、管理人、という立場も含めて「ブログ主」と呼びます)を弁護するものでも、批判するものでもないことを申し添えておきます。

まず、たじさん、あなたはあなたの非難するブログ主と全く同じことをなさっています。

>不正のない社会はありません。人間の判断に完全な中立公正はありません。

これは確かに事実でしょう。ただし、それに対して如何に振舞うかは人それそれの見識に任されているのではないでしょうか。
あなたの非難なさる管理人の「意見の正当性をごり押しする」という姿が、まさに私はあなたの姿にシンクロして映ります。
すくなくとも現在の日本では、法律に違反しないかぎり、表現、行動、その他の自由が保障されています。他人に「胡散臭い」「見苦しい」などといわれても、それが自分の信念である限り、そして他人に法的被害を及ぼすものでない限り、変える必要はないのです。

あなたがこのブログ主の文章が不快だ、とおっしゃるのなら、タブを閉じてこのサイトを開かなければよろしい。これもまたあなたの自由です。少なくとも無理やり追いかけて「俺の文章を読め」ということはしていないはずです。

>採点に疑問を持つ人の意見を何が何でも論破しようという管理人氏のスタンス

あなたはそう感じたかもしれませんが、ブログ主はなにが何でも現在の採点法が正しい、とは言っていません。欠点の指摘をすることもありますし、自分なりの改正案を出したりもしています。まあ、確かにこのブログ主はちょっと言葉足らず、といいますか、「そういう言い方はないだろうよー」ということがままありますので、頑なでいわゆる「上から目線」の印象を与えていることも多くあります。
しかし、沢山寄せられるコメントに真摯に向かい合い、答えを追求していこうとする姿勢は尊敬に値するものだと私は思っています。

>そもそも、現行ルールが妥当で、演技内容の善し悪しは適切に点数に反映されているというのであれば、ルールの変更など必要ないはず。ところが今回かなり大幅なルール変更がなされる見込みです。この事実自体が採点問題の答えの一つでしょう。

これは、採点問題、というより、新採点に移行してのシステムの未熟さに起因しているものと私は感じます。100年以上続いてきた6.0システムでさえ、選手の技術の進歩などさまざまな要因により時々において変更が加えられてきました。4年毎の五輪が区切りとなりますから、どうしても実情に合わせて変革していくに付いてもワンテンポ遅れざるを得ないケースも多くありました。
その旧システムに比較しても、この新システムが試行されてからまだ10年とたっていないのです。試行錯誤があって当然ではないのでしょうか。
だからといって、それに胡坐をかいているわけではないでしょう。全てが正しい組織はありえない、とはいってもそこにはいくばくかの良心があるはずですし、そう信じなければ競技は成り立ちません。


>社会常識として管理人氏に理解してほしいことの一つに~

これは以前私とブログ主、また読者の皆さんでコメントを交わしたことがあります。とくに、私とブログ主でいわゆる「ステート・アマ」と東西冷戦下の五輪については深く突っ込んだ話をしたことがあるように記憶しています。

確かに、採点競技に限らず、五輪競技は国家というものから自由ではありえません。アマチュアリズムと金銭的問題、そして国家同士の綱引き、といったものの中で危ういバランスをとっているのが現在の五輪であるといっていいと思います。
最初に国威発揚を表に出して行われたのはベルリン五輪でしょうが、以降、、特に第2次大戦後の東西冷戦下ではほとんどが東西代理戦争の役割を果たしていた、といってもいいですし、フィギュアでは「カルメン対決」がその代表でしょう。これは、ヴィット女史のその後の人生に影を落とす要因のひとつにもなりましたね。
「グラウンド・ゼロ」とソルトレイクスキャンダルは切り離しては考えられないですし、現在のロシアとグルジアの国情をみて、ソチに向けて神経を尖らせているエレーネ・ゲデヴァニシヴィリ選手のファンも少なくないでしょう。ただ、純粋な気持ちでオリンピアンを目指す選手が数多くいるわけですから、そういったアスリートたちの思いを否定なさるような発言はどうかと思います。

ブログ主が理想主義的に過ぎるというご意見はわかります。しかし、汚い世界を見てきたから理想を追いたい、という気持ちも人間あるのではないですか?

清すぎる水に魚は住めない、といったような諺もありますが、逆にヘドロのなかでも呼吸が出来ない、と思います。
「人間はパンのみにて生きるにあらず」というように、食えさえすればいい、というものではない。理想を追い、高みを目指すのは人間の本能です。だからこそ、スポーツでも、学術でも、これだけの発展があったのです。
そして、高みを目指してゆくためには、「奇麗事」「建前」といわれようが、理想にしがみつかなければならないこともあるのです。

考え方は人それぞれです。貴方の御考えをブログ主に押し付けるのは理不尽ではないですか?

暗部を知っているからこそ理想を追う、ということもあるでしょうし、貴方のおっしゃるように、ダークサイドから目をそらさず、包み隠さず明らかにしてゆく、といういき方もあるでしょう。


それこそ、ルネサンス期のサヴォナローラとアレッサンドロ六世のように。


どら@1492さんへ - たじ - 2010年05月13日 02:08:41[ 再編集・削除 ]

私の意見に対する反対意見の内容についてはあえて何も言いませんが、ただ1点だけ言わせて下さい。

>あなたがこのブログ主の文章が不快だ、とおっしゃるのなら、タブを閉じてこのサイトを開かなければよろしい。これもまたあなたの自由です。少なくとも無理やり追いかけて「俺の文章を読め」ということはしていないはずです。

こういう論は不毛だと思います。
私はここにコメント欄があるからここで自分の意見を述べたまでです。
私のコメントが気に入らないのなら管理人氏が削除するなりなんなりすれば良いでしょう。私のコメントをどう扱おうがそれは管理人氏の自由です。二度と来るなと言われれば来ません。ただ、それは別にどら@1492さんに言われる事じゃないです。

No title - kiki - 2010年05月13日 05:32:27[ 再編集・削除 ]

どら@1492 さん

エントリー内容に関係ない私見を書くのは、このブログでは禁止されているはずですよ。

発想の飛躍にはあきれてモノも言えません。最後の一文など失笑ものです。

たじさん

あなたの感覚は、ごくごくまっとうだと思います。コメントもエントリー内容にそったものだし、どら@1492さんの態度のほうが、「社会常識」に照らして考えても、行きすぎのマナー違反投稿です。

No title - GG - 2010年05月13日 09:21:27[ 再編集・削除 ]

私は素人フィギュアファンです。素朴な疑問として、なぜキムヨナ選手の演技になんでもかんでもというくらい加点がつくのか、最初のジャンプはすばらしいと思いますが、やはり他は???です。レベルを満たした演技というならいいのですが、加点が納得いきません。以前、荒川さんがSPは失敗すると命取りのようなことを言っていましたが、彼女は失敗ジャンプでも点数がいい。成功すればはかりしれない点、失敗しても救われるという印象が強いです。

キム選手の高得点の理由を元フィギュア選手などが解説されていますが、数々の解説者が言っていることがいつもどうもかみあわなくなっています。

PCSについても、どうして他の選手との差がそんなに出るのかジャッジは納得する説明できますか?
音楽の解釈は、わかりやすい音楽でわかりやすいポーズをとればいいのですか?金メダルはキム選手だと思いました。しかし、オリンピックは茶番に思えました。あまりにも世界中のファンを馬鹿にした点数でした。

3-3よりも圧倒的に難しいだろう3Aが点数が低いこともおかしなルールです。加点やPCSがまったく正常に機能していないのが本当に不満です。

女子ばかり書きましたが、男子にもいえます。ただ、女子は特にこれがひどいと思っています。

No title - のはら - 2010年05月13日 12:50:25[ 再編集・削除 ]

>3-3よりも圧倒的に難しいだろう3Aが点数が低いこともおかしなルールです。

3Aを3-3と比較したり、3A-2Tを3-3と比較するのはナンセンスと思います。

おかしい→ルールだ→おかしい→ルールだ・・・・の無限Loです。

3Aを3Lzと比較すれば、基礎点(現ルール)で2.2あり、新ルール案ではさらに+0.3差が広がります。 さらに、新ルール案では、GOEの係数で差がつきます(3Aは以前より優遇されている。同じGOE+1でも、3Aなら+1、3Lzは+0.7しかされない。) 

3A、3-3の両方を跳べばアドバンテージがあるということ。 要するに、3-3を跳んで下さいとルールが言っています。 

セカンド3Tも難しい・・・という理由なら同じ点数にしてもよいじゃないか?という疑問が沸いてくるんでしょ?

ルールを設計した人がコンボで差がつくようにしたんでしょうね。 

何か深~い理由があるなら知りたいです。

1/4回転不足(認定)に対するGOE-1の波紋 - ozuma - 2010年05月14日 20:42:05[ 再編集・削除 ]

>さらに、新ルール案では、GOEの係数で差がつきます(3Aは以前より優遇されている。同じGOE+1でも、3Aなら+1、3Lzは+0.7しかされない。)

但し、1/4回転未満の回転不足は、GOE-1 (最終的なGOE値は-でなくてもよい)が追加されていますね。(笑)

実に巧妙です。認定しておいてGOE-1です。
男子でも3Aを回りきって降りてこられない選手は多いでしょう。

3Aについては、さらに加点は期待できないですね。

実質は、基礎点が+3 1/4回転不足-1。
なんのことはない、今までより-7いうことで、3Lzまでの加点係数0.7掛け より実質のマイナス分は大きいですね。

訂正 - ozuma - 2010年05月14日 20:48:47[ 再編集・削除 ]

以下の部分訂正です。

>実質は、基礎点が+3 1/4回転不足-1。
なんのことはない、今までより-7いうことで、3Lzまでの加点係数0.7掛け より実質のマイナス分は大きいですね。

↓訂正

実質は、基礎点が+0.3 1/4回転不足-1。
なんのことはない、今までより-0.7いうことで、3Lzまでの加点係数0.7掛け より実質のマイナス分は大きいですね。

No title - かりうむ - 2010年05月14日 22:28:07[ 再編集・削除 ]

僕の応援していた選手は思ったより順位は下でしたが、バンクーバー五輪は全体的にはかなり満足のいく大会でした。
特に女子シングルのレベルの高さにはもうびっくりしました。

きっとこの大会を見てフィギュアを始めようと思った子供も少なくないと思います。
けれど一方で選手頼みだけでは人気は長くは続きません。
競技の裾野を広げるにはどうすればいいか。
関係者の人たちは考えているとは思いますが、やはり選手の頑張りと比べるとまだまだ足りてないと感じてしまいます。

それでも今は期待するしかありません。
今後もこのような大会が見続けられることを願っています。

Think positive! - のはら - 2010年05月15日 00:45:49[ 再編集・削除 ]

ozumaさん
 マイナス面のことばかり考えるときりがないです・・・ 私も中間点(UR基礎点)で1/4回転不足が救済されるなんていうのは、まやかしだ(GOEで下げられる)と思っていますけどね・・・ あなたの好きな選手はGOEプラスになるジャンプ(URにならないジャンプ)を跳ぶと思いますよ。 応援する側がもしも回転不足(UR)とられ「たら」、なんて言ってたら、応援される側の選手も困ってしまいます。そんなジャンプじゃないのに。

 女子の3回転、3Lo以上は、ほとんどGIRIGIRIで、大差はないです。
 真央ちゃんもヨナちゃんもシニアに上がった頃は、どちらも十分な回転のジャンプを跳んでいました。そして、どちらも同じように体が成長して、どちらも同じようにギリギリになっただけ(と私は思います)。ごく少数のTSやジャッジが判定に差をつけたとしても、実際の差はほんの僅かあるかないかだと思います(私には差がわからない)。そんなことで一喜一憂させられるなんて、あ~ばかばかしい。

男子選手を見ているファンならわかっています。 どっちもどっち、ってね。 いや女子選手のファンにあきれているかもしれない。 何を見て楽しんでいるんですか?ってね。 

No title - ozuma - 2010年05月15日 10:40:24[ 再編集・削除 ]

1/4回転未満の回転不足:マークなし、GOE-1
1/4回転以上1/2回転未満の回転不足(UR):<マーク付 GOE-1~-2
です。

認定されてGOE+1.2がつくジャンプが、1.2-1=0.2しか加点がつかないということですね。

バンクーバー五輪の
3A-2T 基礎点9.5+GOE+0.2=9.7
2A-3T 基礎点7.5+GOE+2.0=9.5
の後つけの説明にピッタリです。
高難度ジャンプほど加点がつき難い。

前回の基礎点上げの改正の時も高難度ジャンプに有利と言われていたんですよ。
ジャッジの運用次第でどうにでもなると結果でしたが。

No title - のはら - 2010年05月15日 16:07:39[ 再編集・削除 ]

ozuma さん ちょっと違うように思います。

(1) 審判は +1、0、-1、-2というように「1」刻みでGOEを付けます。 入りや出等に特別な工夫を入れない高難度ジャンプでは、1/4回転不足のジャンプと判断した場合、実際にはGOEプラス項目に該当するものがなくなり(あったとしても2項目もなく)、且つ、GOE-2に相当するから、GOEは+0-2=-2にせざるをえないんだと思います。(ジャッジの1/4回転不足という判断が妥当だったのかどうか私には判りかねますが、現行ルールで1/4回転不足と判断したジャッジは高難度ジャンプにGOE-2をつけざるをえないようになっているという意味です。)

(2) 新ルール案では、TPから各ジャッジにURの判断が通知されるようになります。 シーズンが進むごとにTPとジャッジとの判断の乖離は調整されて少なくなっていくと思います。 それから、TPがURをコールしなかった場合、1/4回転不足のみを理由にGOE-2を付ける審判はいなくなると思います。

(3) 女子選手の高難度ジャンプのほとんどは1/4回転不足ギリギリじゃないでしょうか。 天野さんでさえ、(通常)「7時から9時」の間で着氷すると言っているそうです(9時ギリギリでもOKという意味かと思います)。 1/4回転未満でもGOE-1をつける考えのジャッジならほぼ全員につけなくちゃおかしい。(全員にGOE-1を付けるんのでしょうか? 私は、1/4回転未満の回転不足を理由にGOE-1をつけるケースは、女子選手の場合かなり稀だと思う。 スロウ再生できるTPがURをコールしなかったが、スロウ再生できないジャッジには目視などで1/4回転程度の不足に見えたという場合だけなのではないでしょうか? そんな場合も稀だと思います。)

素人の予測など書くべきじゃなかったかもしれませんね。m(_ _)m

どうなるかは運用がはじまらなくちゃわからないですけど・・・自分の応援している選手は全員URがつかないと信じています(Think positive!)

遅くなり申し訳ありません… - Sakura - 2010年05月19日 01:45:58[ 再編集・削除 ]

v-22コメントを寄せて頂いた方々へ…

大変遅くなり申し訳ありません。

皆様、拙Blogへのたくさんのコメントありがとうございます。
お礼文は以下、省略致しますが、ご理解下さいませ。

昨日、コメント完成間近で消失しました。(泣)


v-22yottiさん

>なぜこのようなエントリーを・・・?

書いていなくとも、同じような質問ばかりが続いてたんです…
いっそのこと、エントリーだけで済むかと思ったのが甘かったです。

>「観戦者の目」を養うのは、とにかく数を見ることです。正直、選手同士を比較するのではなく、この選手のジャンプのここが素晴らしい、という注目ポイントを教えていただけたらな、と思います。

仰るとおりですね。
出来るだけ、今後はそのような方向へ進めたいと考えています。

安藤美姫選手のGoE評価は個人的にはもう少し付いても良さそうなんですけどね。
プラス面は比較的多く獲得していると思います。
少しマイナス面があるケースが、相殺しているのだと思います。

演技が転倒などによって途切れたケースは、その分は引かれてるとは思いますが
どの程度なのかは私も解りかねます。


v-22ozumaさん umiさん

そこの部分はあくまで一例であって、表の予定基礎点合計など
全体的に見てくだされば…と、思います。


v-22okapiさん

>Sakuraさんはジャッジではないのだから「こういう点数が出たのだから、こういうことなのだろう」ということしか言えないですよね。。

確かに私はジャッジではありませんし、PCSの基準だけではなくセミナーなどにも参加していませんから
プログラムの連続性が途切れた事と点数の関係への説明は不十分かも知れません。
でも、個人個人が感じる印象とジャッジ団の全員の平均とは私はそれほど乖離した印象を持ちませんでした。

PCSに関しては、ジャッジとしての長年の経験が必要なジャッジスキルなのだと思います。
元選手でもコーチでも、専門的な知識を蓄えなければ、ファンの方に明確には答えにくいものだと思います。


v-22auさん

はじめましてではないですよね。。。
その都度、他のHNで投稿されるのであれば、お答えする事はできません。


v-22noteさん

>浅田選手は、ある意味「ルールに逆らってまでやりたいことをやりきった」のでしょう。良くも悪くも不器用ですが、私は感動しました。

同感です。
かつて伊藤みどりさんが『プログラムがぐちゃぐちゃになっても3Aだけはオリンピックで跳びたかった…』と語った事を思い出します。

キス&クライの始まりは、どういった意図だったのか判りませんが
TV放送が大きく関係しているのだと思います。
小さな競技会でも点数は、同じように出されるんですよ。
キス&クライが無いケースもありますが。


v-22たじさん

>「採点の正当性」をごり押しするエントリーは正直「疑惑の火消し」をしているようなものです。

別に正当性とか疑惑を火消ししているつもりはありません。
出来る限り、フィギュアスケートという競技を元選手として、紹介しているだけですよ。

逆の事を発信しているところもあるのですから、こういった性質のBlogがあってもいいのではないですか。

ルールは疑惑隠しなどで変わっている訳ではありませんよ。


v-22kikiさん

貴方に人の説教をする資格は無いでしょう。
同一IP、同一トリップで少なくとも3名のHNで投稿し…
成りすまし疑惑の説明もなく、ただBlogの粗探しのようなコメントを繰り返す行為が迷惑です。

「社会常識」に照らして考えても、行きすぎのマナー違反投稿です。

それは、貴方の行為の事を、そういうのです。
今後、コメント投稿はお断りします。


v-22GGさん

>キム選手の高得点の理由を元フィギュア選手などが解説されていますが、数々の解説者が言っていることがいつもどうもかみあわなくなっています。

経験者でも見解や意見が違うことはあります。
採点の事などはジャッジ経験者の解説者が一番適任でしょうね。


v-22かりうむさん

リンクの存続問題の解決策で、すぐに効果の上がるものはなかなかありません。
オリンピックシーズン終了後は一時的にお客様が増えます。
スケート教室の申し込みも難しくなるほどなのですが、定着していくのか?
となると、難しい部分があるのですよね。

リンクの経営者も、そこに集う関係者も真剣に取り組んではいます。
私達から言える事は、少しでも多くの人にリンクへ足を運んでもらいたいという事です。
競技会だけではない、選手の練習風景なども見てもらうだけでも、この競技の理解は広がると思います。

No title - たじ - 2010年05月20日 14:45:16[ 再編集・削除 ]

管理人様

結局私の言うことはあまり理解して頂けないようで、本当に残念です。
これ以上は何を言っても無駄なのかもしれないので、基本的にはこのコメントを最後にしようと思います。あまりにも暴論が目に余ると感じた場合にはまたコメントするかもしれませんけど。

私はこのブログを読むようになったのはわりと最近ですが、一応一通り古いエントリーにも目を通しました。ブログ開設当初はスケート界に対する建設的な意見、提言などがあったと思うのですが、最近書いていることはジャッジ擁護、スケート界の身内擁護、綺麗事と建前ばかりで読んでいてがっかりします。まぁ、批判コメントに反論することにムキになった結果なんだろうとは思いますが・・・
ブログを始めた当初ご自分が書いたことを改めて読み直してはいかがでしょうか。いかに今のご自身が意固地であるかが判ると思いますよ。今一度冷静になられることを期待します。

それではさようなら。

自主的削除により… - Sakura - 2010年05月24日 04:40:45[ 再編集・削除 ]

当該コメントは投稿者自身が削除された模様です。

不必要な部分は管理人も削除して一部残しておきます。



Wrong edgeや回転不足なども含めフリップやルッツには
問題を抱えた選手が数多く居るという事実があります。
(トップスケーターだけでなく、次世代選手にも)

ルールも未来を見据えて厳格化に動き
理想形のジャンプを目指せば、評価が上がるという指針を示し
実際に、そこを強化した選手は強くなる。

昔は当たり前に出来ていた時代から3回転の時代に変わって
大きな問題に変わってしまった。

ルールは未来を見ているのだと感じます。

簡単に言うと、一番大きな要因は3回転時代に入って…
バックスクラッチスピンジャンプの時代になったからです。

3回転を回りきるために、クセのある跳び方が主流になり
本来の正しい理想形ジャンプを跳ぶ選手が減りつつある。
回りきったように降りるためにグリ降りも定着しつつある。

選手やコーチ達は、どういったジャンプが理想的かぐらいはわかってる。
出来る出来ないは別にして、評価の高いジャンプを常に身につけようと日々努力しているんです。

浅田真央選手の凄いとこは、そういった問題を抱えた部分を外しても(ルッツ等)
世界一の争いを出来る能力を他の部分で補える才能があるってことです。

どんな選手にも弱点・欠点と長所や伸びしろや才能がある。。。
そこを両方認識した上で、競技を見ないと、公平な観点から離れてしまいます。

弱点や欠点があるから、点数が伸びなかったりするだけであって
そこを克服すれば伸びていくことは選手や関係者は十分わかっている。

そこは選手達の領域の問題であって、ファンにはどうする事も出来ない。

それをルールが悪いんだという、飛躍した論理に持っていこうとされては
かえって選手が迷惑なんだって事をファンも知るべきだと思います。

選手は何のために、あれほど苦しい思いをしながら練習しているのか?
って部分は、ルールに対応したり、自分に勝つためにやっているわけで…
克服していくって事は、それだけ上達するから頑張っているって事です。

ルールが悪いからだとか、ルールがその選手に損だとかってのは
その選手の努力を否定している事をファンが気がついていないって事のように感じます。

選手は試合に勝つって目的と、自己上達を極限にまで高めたいという欲求から練習に取り組んでいるのですから。。。
自身の都合の良いルールに変わる事を望んでやっているわけではない。
そこを大きく勘違いしている人が多いのだと思うのですよ。

本来のスポーツ観戦は、アスリートの姿勢から、ファンは感動し
その競技に臨む姿勢を見て、真のスポーツマンシップを理解するはず。

自分が理解出来ないという理由だけで、その世界で認められた
勝者に敬意をはらう事が出来なくなり、批判しか出来ないというのは異常だと感じます。

トリノ発 バンクーバー経由 トリノ行き (第1便)
スポーツの誘惑と憂鬱 | スポーツナビ+
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/pbq1447/article/56

この記事を読んで、何か感じて頂ければと思います。

No title - 桃太郎 - 2010年06月03日 02:14:29[ 再編集・削除 ]

Yu-Na Kim 2010 Vancouver Olympic FS
http://www.youtube.com/watch?v=zfrJ4pkg1dc&feature=youtube_gdata
すみません、相当悩みました。
ですが、どうか考えて頂きたい。
動画1:40から始まる3Lz3Tの着氷ラインを見て下さい。
私には、この着氷がGOE2~3をとるような素晴らしいラインには見えません。
もしこれが別の選手だったらなんと言われるでしょうか?
「スピードもまぁ普通で、ファーストジャンプは若干前に詰まり気味、セカンド3Tの着氷は窮屈なライン。あまり伸びのいいものではありません。
滑りぬけていく方向と直角になるようなブレードでの着氷は回転不足を受けかねない。GOEのプラス面を満たすには、物足りない質となっている。」
なんて事を言われるのではないでしょうか?
浅田選手の批判がダメでキムヨナ選手はいいなんて思っておりません。実際にバンクーバーOPのショートの動画を見てもキムヨナ選手の回転不足度が強い(もちろんGOEが着氷だけの評価ではないと分かった上で)と感じます。
今季のキムヨナ選手、特にショートはすべてこのような軌道になっていました。
世界選手権ではトゥで着氷のまま削るようにラインを描いておりました。
つまり、評価の言葉のみが先行して中身が伴っていないと感じるのです。
このブログでも同じようなことが起きているのではないでしょうか?

回転不足とともに疑問に思うのは、その他エレメンツの評価。
ジャンプの評価はあんなに直接測れもしないことを細かく評価するのに、ビールマンの形や回転数、軸のぶれ、ステップのつまずきやパターンの不正等のマイナス要因を何故とらないのでしょうか?
あまりに見たままのことなので、理解できないというよりは呆れて信用を失っていると言った方がいいかもしれません。
信用信頼を失っては、将来、未来の子供達がフィギュアスケートの世界に進もうなどと思わなくなる。競技人口は減りやがて衰退してしまうのではないでしょうか?
アスリートの戦う姿勢やその競技に臨む姿勢を見て、真のスポーツマンシップとは何か、真の公平性とは何かを、もう一度、評価する側も考える必要があるのではと感じます。

どうでもいいことですが、
他の選手の批判は実際の画像を見なくても言ってしまうのに、キムヨナ選手の批判、ジャッジ批判をすると敬意を払っていないという。
私もSakuraさんもどちらとも同じことをしているだけのような気がします。
本当はこれから議論の細かい内容があったんですが、出来そうもないですね。

補足:OPでのジャッジの見ていた映像はこの画面とは逆の前からの映像だったそうです。





No title - バカボン - 2010年06月03日 11:14:41[ 再編集・削除 ]

どうもルールと競技を良く知らんものが画像を切り取って難癖付けてるとしか思えない投稿があるみたいですね。
でもね、世界中の非常に良く訓練されたジャッジが同様の判定している事実をどう説明するのかな?
それともど素人の目の方が確かとでも?

挙句は根拠も無くジャッジが買収されているとのたまう姿はあまりにも短絡的。
やれやれですわ・・・

No title - 桃太郎 - 2010年06月03日 11:29:34[ 再編集・削除 ]

大変言いにくいですが、最初から評価が決まっていたと思ってしまうことを否定できる資料もありません。
又、ジャッジが買収されているなんて事を主張したい訳でもありません。
これはあくまで個人的な感想ですので、是非このジャンプがキムヨナ選手のジャンプではないと思って見た時の感想を述べてくれればそれで構いません。
ここはスレ違いかもしれませんが、そもそも回転不足の認識を正しく理解するためのエントリーから始まったと思っております。
Sakuraさんの見方を反論しないということでどうでしょうか?
その答えがこれから素人が見る評価の参考になるでしょう。
この画面では膝の角度やブレードの向きが分かりませんので着氷の評価のみということでどうでしょうか。
荒れると正しい見方が出来なくなります。
ご協力お願い申し上げます。

追加コメント
反論しないという約束なので私の発言意図を先に言っておきます。
このバンクバーOPでの3-3にはGOEに0をつけたジャッジが一人いたということです。
回転不足をとったのか着氷の流れをよくないと思ったのかは分かりませんが、0が正しいのか3が正しいのかはっきり言って分かりません。
もし、0が正しければ凄い誤審にも繋がります。もっとマイナスをつけたかった可能性だって否定できません。
浅田選手の回転不足もすべてのジャッジが回転不足だと思っているわけでもありません。
ジャッジにも様々な考え方があることを理解すべきだと思います。
短絡的に考えるとある危険性を伴うような気がしてなりません。
この角度で見るのも初めてかもしれませんのでSakuraさんの見解も是非知りたいところです。
よろしくお願い致します。

バカボンさんへ
必ず返答を求めているわけではありませんし、私の意見が正しいとも言っていません。
あんまりしつこいとただ煽っているだけの印象を持たれると思います。
ほどほどにされたほうがいいかもしれませんね。
仲良くしましょう。



No title - バカボン - 2010年06月03日 12:45:28[ 再編集・削除 ]

>是非このジャンプがキムヨナ選手のジャンプではないと思って見た時の感想を述べてくれればそれで構いません。

すでに冒頭のプロトコルの説明のとこで記載されてるじゃないですか!
分らんお人やね。

桃太郎さまへ - まる子 - 2010年06月04日 11:25:59[ 再編集・削除 ]

>桃太郎さま

はじめまして。まる子と申します。
今までの桃太郎さまのコメントも、かなり読ませていただいています。勉強になることもあります。

私も、実は「回転不足」について考察されたエントリーに対して、色々と質問をぶつけておりました。納得のいかない採点があったからです。けれども、そういうことは素人が何を言っても仕方ないのだと、ようやく分かりました。ジャッジは「プロ」で、私たちは「素人」です。ジャッジがそのように点数をつけるには、やはりそれなりの理由があるのでしょう。テレビの映像や、公表されたプロトコルでは分からない「何か」です。私は経験がありませんが、たとえ現地観戦しての主張だとしても、見る目が「プロ」の目ではありませんし、座席だって違いますし、やはりプロのジャッジと同じにはなりえないのだと思います。

桃太郎さまが、「是非このジャンプがキムヨナ選手のジャンプではないと思って見た時の感想を述べてくれればそれで構いません。 」と仰るお気持ちは、とてもよく分かります。私も、選手のネームバリューや実績が、点数に反映されていると感じることも多いです。しかし、それすらも、採点競技においては仕方ないというか、当然のことなのではないでしょうか。キム選手のジャンプは、「キム選手が跳んだ」こととして採点されて当たり前なのです。

私は大昔、剣道をしておりました。剣道は(柔道もですが)、審判が「一本」を判定します。同じような打突であっても、強い(実績がある、前評判が高い)選手が打てば「一本」と認められ、名もない選手が打てば「無効」とされることもあります。競技をする者として不満を持っていなかったとはいえません。しかし、それは「仕方のないこと」でした。そして、実績のある選手というのは、やはり、結果的には真に「強い」選手なのです。たとえ、無名の選手がまぐれに素晴らしい打突を決めても勝てないのは、相手が真に強い選手だからなのです。

剣道のことを思い出してから、フィギュアのジャッジに対しても「仕方ない」と思えるようになりました。プロはプロの目をもって判断しているのでしょう。それが、あまりに偏りすぎていては困りますが、私が思うに、玄人の方たちの意見においては、キム選手の点数についてはおおむね肯定的な意見であるように見受けられます。どの世界でも、「玄人うけ」する技術というのはあるものです。そして、「玄人」であればあるほど、それを言葉で説明することができないものです。「感覚」の世界なのだと思います。

桃太郎さまのご意見は、私もとてもよく分かります。そう思わずにはいられないこともあります。でも、私はその線からフィギュアを見ても楽しくないという結論に達しました。剣道のお話が、少しは桃太郎さまの観戦のストレス軽減にお役に立てばと思います。(きっと、そうはならないでしょうけれど・・・。)
つまらないお話を長々と、大変失礼致しました。

No title - 桃太郎 - 2010年06月05日 00:15:59[ 再編集・削除 ]

まるこさん
何か誤解をされていると思います。
一番最初のエントリーの目的は回転不足の誤解を解くという理念だったと思います。
そして回転不足になる軌道とは着氷ラインとはどういうものか。で「「て」の字やCのラインなんて言葉が出ました。
がいまいち分からない。
なので実際にこのラインを言葉で表現してほしいという希望です。
もしこれが素晴らしいとするならばこれを基準に考えることが出来ます。
私が誤解をしているのならそれを解く必要があります。

ジャッジが同じ意見と言いますが、実際OPでもGPF(フリー)などでも同じ現象が見られます。
あの時は、テクニカルが回転不足とジャッジ1名が良くないと評価していました。
その意見は間違っているのでしょうか?
世界選手権では転倒ジャンプ(本来-3となる)にー2となんらかの+要因を取り入れるジャッジがいました。
ステップの評価では1~3までばらつく評価も見られます。
スピンで-1~2まで評価された場合どっちが正しいのと誰もが疑問に持つと思います。
この評価は正しいのかと疑問をもったものに対して議論することはいけないことなのでしょうか?
勿論、疑問に思うものは浅田選手もその他の選手も同様に精査されなければなりません。
後の判断はSakuraさんにお任せします。

剣道はいいです。同じ土俵で戦っているので。
フィギュアスケートはそうではないと感じるふしがたくさんあります。
とても楽しんでなんていられませんでした。
2010年の世界戦選手権は楽しんで見られましたか?

ただ一つ理解してほしいのは、このような他人を批評するところで誰も傷つけないでいられるなんて思っていたら完全に思い上がりです。
Sakuraさんとて私と同じように他人を傷つけているということを知るべきです。
でも誤解や間違った判断というのは良くない。
そう思ったらとことん公平にやるべきなんだと思います。
私もかなり身を削っています。
中途半端に曖昧に判断することの危険性を分かっていないように感じます。

世の中というものは基本理不尽により成り立ってます。
ソルトレイク事件で処罰されたのは事実を告発したフランス人ジャッジとそれを指示したフランス連盟会長のみです。
最近では、暴力コーチを批判しただけで解雇されるコーチもいました。(裁判の結果はまだ知りません)
告発したジャッジとコーチ、どちらもおかしい事をおかしいと告発しただけなのに。
今回はみな様の心に届かなかったかもしれませんが、何かを考えるきっかけになれれば幸いに思います。
Sakuraさんにはきっとまた怒られるんでしょう。
覚悟しております。

追加:
あるバカな人間が、スピード、スピードてあんまり言うから実際競技場にストップオッチを持って助走を始めた瞬間からスタートし実際トゥで踏み切る瞬間まで、ステップからの場合はステップを始めてから踏み切るまでを計測したそうです。
誤差というものもあるでしょうが、あんまり変わらなかったということでした。(5秒)
むしろ浅田真央選手のほうがリンクを命一杯使って伸びていたという話でした。
コストナーなんかも早かったなという印象をもったようです。
その他色々計測してみたようです。
スピードがあると
1) 予想外の / 独創的な / 難しい入り
2) 明確ではっきりとしたステップ/フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る
の二つで1点なんてことも可能ですから、感覚なんてもので捉えるのはどうなのかと。
そもそも1)の項目はスピードだけで得られていいものかと。
本当にスピードないなんてことを言っていいのでしょうか?
でも、だいたい答えの予想がつくのでこの答えは期待してません。
どうもお騒がせしてすみませんでした。
本当は私も純粋に楽しみたいです。
長文失礼致しました。




桃太郎さんへ - kママ・・ - 2010年06月07日 18:37:52[ 再編集・削除 ]

桃太郎さん
幾つか気になった点があるのでコメントさせていただきます。

まず、バカボンさんに対してのレスを桃太郎さんが投稿済みのコメントに追加するのはよくないと思います。
バカボンさんへ・・とコメントすればよいと感じておられるようですが、すでに投稿された桃太郎さんのコメントをバカボンさんが再読される可能性は低いと思います。
私自身も今回改めてみて再度コメントが追加されてるのに気づいたぐらいですから。
何度か追加、訂正、削除についてSakuraさんから注意を受けているにも関わらないのに何故また同じことを繰り返すのか理解に苦しみます。
レスをしたければ再度投稿すればすむ事なので別に面倒な作業ではないでしょう。
桃太郎さんのこういった行動によって他の方が桃太郎さんにレスしにくくなるとは思いませんか?
そういった行動は他者に対して不親切に感じてしまいます。

>バカボンさんへ
>必ず返答を求めているわけではありませんし、私の意見が正しいとも言っていません。


返答を求めていないといいながらいつでもいいのでお願いしますとコメントされてるのではないですか?
自分の主張が正しくないと言っておられるようにはコメントを読んでも感じません。
Sakuraさんが書いておられること、他の皆さんが桃太郎さんに対してコメントされてることに対して聞く耳を持たずに異議を唱えてるだけのようですが。
私には桃太郎さんが自分のコメントこそ正しいと言ってるようにしか感じられません。
Sakuraさんだけではなくほかの元選手の意見は間違ってると桃太郎さんが仰っているように思うのです。
元選手の方が経験上に基づいたもので語る事を否定される桃太郎さんはどれだけの経験がおありなのかと思ってしまいます。
こんな風に言うと経験者だけが正しいのかと反論されそうですが、フィギュアスケートに限らず何事でも何かの経験者でしかわかりえないことは実社会でもあるはずです。
そういった経験を桃太郎さんもされているでしょう?
ジャッジに疑問をもつなとは言いませんが元選手のアドバイスを完全否定される理由が私には理解できません。

>あんまりしつこいとただ煽っているだけの印象を持たれると思います。
>ほどほどにされたほうがいいかもしれませんね。
>仲良くしましょう。


「あんまりしつこいとただ煽っているだけの印象を持たれます」とはバカボンさんのコメントのことを仰ってるのでしょうか?
私にはバカボンさんのコメントが煽っているように思えないのですが。
コメント口調が面白いのでふざけて見えるのかもしれませんがきちんとコメントされてると思います。
それに面白い口調でコメントしてくださったのはコメント欄が殺伐とした感じない様にとのバカボンさんの思いやりのように思えました。
人それぞれ感じ方が違うのかもしれませんね。


あと、まる子さんへのレスについてですが・・・。
まる子さんのコメントを読んだ時私はとても感動しました。
それは桃太郎さんに対して思いやりのあるものだと思ったからです。
人それぞれ感性は違うのでしょうが、桃太郎さんがまったく違った受け取り方をしていたことに正直悲しかったです。

>剣道はいいです。同じ土俵で戦っているので。

このレスを見たとき本当に本当に桃太郎さんはまる子さんの言ってる事を理解していないと思いました。
剣道のコメントをもう一度よく読んでほしいと思います。
私が空手部でしたがまる子さんと同じような経験があるのでまる子さんの気持ちはよくわかります。

以前こちらのBBSでもコメントさせてもらいましたが空手には組手と型があります。
組手は技を掛け合いながらの対戦です。
型は空手の技を演武するもので一人で行うものです。
組手はもちろん型にも試合があります。
2人で勝敗を競うのですが一人ずつ型を披露します。
型はたくさんの種類があってどれを選ぶかは個人の選択によるものですから同じ型で競い合う訳ではないので力の差が歴然としていない限り勝敗がわかりづらいものです。
空手の世界でも実際の勝敗と素人からの見た目の乖離はあるのです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%89%8B#.E5.9E.8B


>フィギュアスケートはそうではないと感じるふしがたくさんあります。
>とても楽しんでなんていられませんでした。
>2010年の世界戦選手権は楽しんで見られましたか?

まる子さんのコメントは読んだことがあるのでしょうか?
まる子さん自身も疑問を感じ、こちらのブログに投稿されていましたよ。
まる子さんに対して失礼な質問のように思えました。


>ただ一つ理解してほしいのは、このような他人を批評するところで誰も傷つけないでいられるなんて思っていたら完全に思い上がりです。
>Sakuraさんとて私と同じように他人を傷つけているということを知るべきです。
>でも誤解や間違った判断というのは良くない。
そう思ったらとことん公平にやるべきなんだと思います。
>私もかなり身を削っています。
>中途半端に曖昧に判断することの危険性を分かっていないように感じます。


桃太郎さんは自分ばかり傷ついているようなコメントをあちこちでかかれてますが、上記のコメントは管理人さんへの非難と中傷でしかないと感じます。
私は桃太郎さんのコメントに対して疑問や不満を感じることはありますが桃太郎さんの一生懸命さはひしひしと感じます。
言葉を伝える事はとても難しいですね。
文字だけのやり取りですからなおの事だと思います。
コメントを投稿する事に対してもう少し思慮していただければなと思います。

長文失礼しました。

追伸 - kママ・・ - 2010年06月07日 18:47:56[ 再編集・削除 ]

エントリーとはまったく違う事を書きすぎたと反省しつつもう一つコメントさせていただきます。

今更新されてるエントリーを読んでSakuraさんが伝えたい事を理解してほしいです。
とてもいいエントリーだと思いませんか?

★フィギュアスケーターへの道★ Episode 0
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-129.html
★フィギュアスケーターへの道★ Episode 1
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-130.html
★フィギュアスケーターへの道★ Episode 2
http://openaxel.blog14.fc2.com/

No title - バカボン - 2010年06月07日 20:00:22[ 再編集・削除 ]

言いたかったことをkママさんが殆ど代弁してくれはったみたいで書くこと無くなってしもうた。kママさんおおきに。
一旦書いたことを他の人のコメントが付いた後で後出しじゃんけんみたく修正するなんてこつは一番卑怯な手口や。
それぐらいのネットルール位は持って欲しいと思うぞ桃太郎侍。
て言うか素人のあんさんがナンボ言うても経験者には念仏程度にしか聞こえんわな。
分らんかったら明日にでもリンクに行って自分で体験しいや。それもとことん。中途半端では分らんで。
話はそれからや

で、一つだけ
丁寧調な言葉使いの節々で垣間見える相手を言い負かそうとする本音が見えると誰にも信用されへんで。
言葉は真心で表現するもんや。

No title - 桃太郎 - 2010年06月08日 01:13:28[ 再編集・削除 ]

Kママさんへ
コメントしないように言われていますが、レスがあったので書きます。
煽られていると感じたので(以前にもそう感じました)コメントを増やさないために同コメント内に追加するように書いたまでです。
上の部分の文字の間違い程度は訂正しましたが、内容は変えてません。
増えてもいいなら今後改めます。

私の意見箱に書いた文章は読んでいただけたのでしょうか?
その一部を簡単に言います。
3Fとは:
バックインのエッジにのりながら右足のトゥを氷について飛ぶジャンプ。
定番プレパレーションはスリーかモホークです。(最終エッジはインサイド)
浅田真央選手のモホークのエッジはフラットになっていますが最終的にはインサイドになってます。
ジャンプは完全にインサイドのエッジに乗って飛んでおります。

キムヨナ選手のスリーのエッジもフラットです。
ジャンプもフラットエッジに乗りながら飛びます。

完全にきちんと飛びわけられているのは浅田真央選手の方でしょう。
Sakuraさんはキムヨナ選手の欠点を伏して浅田真央選手のジャンプやつなぎを稚拙だと言ったんです。
名前を書かなければいいなんて問題ではありません。
間違った事実であれば反論して訂正を求めます。それすら認められないというのはあまりにも酷くないでしょうか?
人の事をいいながら、自分でさらっと浅田真央選手の欠点を言って、キムヨナ選手の欠点を隠しもう終わりにしようなどという態度ではいくら多少ホロウされても言われた事実は消えません。
傷ついているのは私ではなく選手です。
このスレではただ単に軌道を読んでくれればいいだけでした。

Kママさん、バカボンさん、まるこさん
どうもすみませんでした。



困りましたね - クルス - 2010年06月08日 02:02:47[ 再編集・削除 ]

桃太郎さん

ルールや技術に疎いクルスです。が、このblogの流れはよく知っています。

皆さんがおっしゃりたいことはわかっていらっしゃることでしょう、ほんとは。でも、どうしても大好きな選手の素晴らしさを否定されれば、黒をどうしても白にするまでどうしても引けない、という思いですよね。

でも、ここはSakuraさんが考える感覚で運営されている場所。その感覚に同意された方々が楽しむ場所でしょう。だから、桃太郎さんが満足する答えは出るとは思えないのです。

桃太郎さんが一生懸命色々調べ「このことが正しいはず。間違いがないのに何故認め、同意してくれないのか」と言われても、どんなに主張を繰り返しても満足の行く答えは出ない、ということが、皆さんの本意ではないですか。

こんな意見を入れるのは私らしくないのですが。

何度「答えを下さい」と言われても堂々巡りは終わりません。
正しい、間違ってるという問題ではなく、視線が全く違うからです。


まる子さんもkママさんも、バカボンさんも、Sakuraさんも「事件は現場で起きている」と言われているのです。
つまり、どんなに研究してもあくまでも「机上」のことで、経験者になって初めて理解出来ることだから、ということ。
社会人になって初めて本当の社会人の苦しさや素晴らしさを理解し、大人になることと変わらないでしょう。

少なくとも、私はここでそのことを少しずつ理解していると思います。

桃太郎さんのように、没頭するほと熱心なファンになって初めて、桃太郎さんの思いに同意できるのかもしれませんが。

最後に。

何故、sakuraさんが書き込み禁止措置を取らず、桃太郎さんの意見を残しているのか、考えていただきたいです。


sakuraさん、不適切であれば削除してください。

No title - ねこりん - 2010年06月08日 08:10:49[ 再編集・削除 ]

こんにちわ。
ずっとロム専でしたけど、久しぶりにコメントさせていただきます。

桃太郎さん、お気持ちはよくわかります。私も浅田選手のファンですから。
正直今のジャッジが100%公正かと考えるとそうでもないような気もしています。
大人の事情という範囲でさじ加減みたいなのがあるのではないかな、と言う気はしています。

また、Sakuraさんのご意見が素人に厳しく有識者に甘い、ということも感じています(失礼)
こう言うとSakuraさんに怒られそうですけど。
(別にだからと言ってSakuraさんが嫌いだとは思っていません。
むしろ尊敬しています。誤解のないよう言っておきますが)

でもそれは私個人の感想ですから他の皆さんに押し付けようとは今は思いません。
みなさんそれぞれ譲れない部分があると思うので。

桃太郎さんも譲れない部分があるのですよね。
しかしそれをSakuraさんに押し付けようとしても無理な話です。
SakuraさんにはSakuraさんで譲れない部分があるのです。
ここはSakuraさんのブログなのでSakuraさんのスタイルで運営されるのは当然のこと。
ブログと言うのはそういうものだと思います。

上の方もおっしゃられてますがここでいくら桃太郎さんが
Sakuraさんの同意を求めようとしても無理です。
いわんやジャッジをや、です。

無駄な時間と労力を使うのはもうやめにしてはいかがでしょうか。

その暇があるなら、浅田選手のアイスショーを見に行くとか
森永やネピアの製品を買うとかファンレターを出すとか、
具体的に浅田選手を応援する行動を起こされるといいかと思います。

浅田選手自身「今後は技術面をしっかり見てもらえるコーチに付きたい」と
技術面に弱点があることを認めて克服しようと前向きに頑張っているのですから
それを応援して行きましょうよ。

ジャッジに有無を言わせないようなクリアなジャンプを跳んで
ぎゃふんと言わせてくれることを願いましょうよ!
彼女ならきっとできますよ!!

誤解のないよう言っておきますが桃太郎さんが嫌いなわけではありません。
卑怯だとかも思っていません。そのひたむきさには頭が下がりますし。
仲良くしたいのでこうしてあえてご意見させていただきました。
Sakuraさんや他の皆さんもきっと同じ気持ちだと思います。

ねこりんさんへ(修正しました) - いち読者 - 2010年06月08日 08:28:10[ 再編集・削除 ]

ねこりんさん

投稿には概ね同意していますし
選手の好みに関しては口出しするつもりはありませんが
色々な選手のファンがいますから
その事を意識して投稿して頂けたらと思います。

ねこりんさんの他の投稿には何も感じませんし、
むしろ好意的に感じています。
今後とも楽しい投稿を楽しみたいので
色々な選手のファンにも配慮いただけないでしょうか?

※当初、ねこりんさんに宛てた部分を
迅速に修正して頂きましたので
当方の投稿内容も編集させて頂きました。

大ファンではないけど、キム選手の4年間を見ていたものとして
成長した部分もあり、努力の部分もあり、
やはり、まだ若さ故に未熟な発言も見受けられますが、
これからも見守りたい選手です。

No title - ねこりん - 2010年06月08日 12:14:41[ 再編集・削除 ]

いち読者さんへ

お気を悪くさせてしまい大変申し訳ありませんでした。ご指摘の部分は削除いたしました。

その他にもSakuraさんやジャッジに対する少し乱暴な表現等ありますがその辺のところはどうかお見逃しください。

No title - バカボン - 2010年06月08日 12:37:21[ 再編集・削除 ]

桃太郎侍

アプローチの姿勢、肩や腕の位置・高さ、全体の流れ…
それらを総合して判断してるんで瞬間を切り取った写真判定つう訳じゃないぞ。
ジャッジはジャンプの質を瞬間的に判断できる資質と眼を持ってるんだよ。無論あるレベル以上の経験者もそれに近い。

根本的に勘違いしてるで。やっぱやってないのでこの感覚が分らんのだな。出直しいや。

ありがとうございました - まる子 - 2010年06月08日 15:00:15[ 再編集・削除 ]

>Kママ様、バカボン様、クルス様、ねこりん様
フォローのコメントをありがとうございました。先日、桃太郎様のコメントに返信しようと、2時間頑張って書き上げたコメントをアップする際に誤操作で消してしまい、もう再度書くのは無理かも・・・と諦めていたところ、皆様(直接的に私の名前を出してくださってない方も、内容的にはフォローしてくださったと感じました)のおかげで、長文を書かずともすみそうで、本当に感謝しています。特にkママ様には、私の言いたいことをほとんど代弁して頂いた気がします。ありがとうございました。

kママ様は、空手をしていらしたのですね。剣道のこと、桃太郎様には伝わらなかったと残念に思っておりましたので、私の気持ちを代弁してくださって嬉しかったです。人が採点する(判定する)競技は、どの競技でも「同じ土俵」で戦っていることはないと思います。分かりやすいルールであるサッカーだって、「神の手」とか、ありましたよね!?私は(あくまで個人的に)そういうことだと理解することにしました。強い選手はより強く評価されるのかな、と。こう書くと、Sakura様からは「ジャッジは公平です」と言われそうですが、私は素人なので、このような手段で、自分のイメージと出てくるスコアの乖離を埋めることにしたのです。「判定に納得したか」と聞かれれば、納得はしてないです。でも、そう理解するしかないと結論を出したわけです。なので、桃太郎様のお気持ちは、本当によく分かるのですけど・・・そのことがご本人に伝わらないようなので、少し悲しかったです。

>桃太郎様
私が桃太郎様をどこで誤解したか、貴方のコメントから具体的には分かりませんでしたが、桃太郎様は私のコメントを誤解されていると思います。説明させて頂きます。

>ジャッジが同じ意見と言いますが、実際OPでもGPF(フリー)などでも同じ現象が見られます。
>あの時は、テクニカルが回転不足とジャッジ1名が良くないと評価していました。
>その意見は間違っているのでしょうか?

この部分は、私が
「思うに、玄人の方たちの意見においては、キム選手の点数についてはおおむね肯定的な意見であるように見受けられます。」と書いた部分を受けて、お書きになったものでしょうか。だとしたら、桃太郎様は誤解をしていらっしゃいます。
私は「ジャッジ」ではなく、「玄人」と書きました。
ジャッジの評価は、ジャッジそれぞれで異なって当然かと思います。ジャッジ全員が同じ評価を出すならば、ジャッジは一人でいいのです。それぞれに違う評価が出ることが予測されるからこそ、ジャッジを複数名にして平均値を出すのではないでしょうか。どのジャッジが正しく、どのジャッジが間違っているという問題ではないと思います。それぞれのジャッジが感じた評価に過ぎないと思います。
対して、私が「玄人」と書いたのは、私を含むスケート未経験者=「素人」と対比して、Sakura様をはじめとするスケート経験者や元選手の方たち=「玄人」と表現させていただきました。こちらのブログのみならず、スケート経験者のブログをいくつか参照しましたが、キム選手の技術的な面、特にジャンプの技術に関しては、概ね評価が高かったので、このように書いたのです。(ここでは技術点の話についてです。PCSは関係ありません。念のため。)
誤解を招きかねない、分かりにくい表現で書いて申し訳ありませんでしたが、私が言いたかったのは上記のようなことでした。ご理解くださることを期待します。

そして、これはkママ様が代弁してくださいましたが、私は世界選手権どころか、オリンピックだって「楽しんで」見ることができませんでしたよ。納得いかない採点があり、このブログ(「回転不足」の初回エントリーです)のコメント欄で、質問をぶつけていたのは私です。お読みになっていないのでしょうか、残念です。私はそこでのSakura様とのやりとりを経て、桃太郎様に宛てたコメントのような考え方に、ようやく辿り着いたのです。私は桃太郎様が繰り返し投稿されているコメントのほとんどに目をとおした上で、「お気持ち分かりますよ」というスタンスでメッセージを差し上げたのです。ですが、桃太郎様のレスを読む限り、貴方は私のこちらでのコメントには目もくれていなかったようです。「全選手に対して精査されるべき」と仰るなら、ぜひオリンピックでのフラット選手の3FのDGについて、桃太郎様の感想をお聞きしたかったです。(実は、ひそかに、桃太郎様なら私の不満を分かってくれるのではないかと、初めてコメントしたときに考えていたのですが・・・やはり浅田選手の名前が出ない限りは「我関せず」なのでしょうか。)今となっては、そんな不満はもう、どうでもいいことなのですが、私が桃太郎様の気持ちと同じ立場でOPやワールドを観戦していたということを、理解していただきたかったです。

結局長文になってしまいました。管理人様にはご迷惑をおかけしますが、一応、エントリー内容から全くはずれてはいないと思います。ご容赦くださいませ。

素人ファンの一人に過ぎませんが、できるだけフィギュアを楽しんで見たいと思っています。この気持ちを皆さんと共有できて嬉しく思います。今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


No title - 桃太郎 - 2010年06月08日 18:13:25[ 再編集・削除 ]

まるこさん、クルスさん、一読者さん、ねこりんさん、バカボンさんへ
少数意見を見てくださいと言ったのは、
「世界中のジャッジが同様の判定しているから八百長はありえない」なんてことを言われ、どんな良くないジャンプでも正当化されてしまうからです。
実際、PCSがOPでみんな一律に爆上げされていたことからも何らかの力が働いたを否定することはできないでしょう。
結果的によく見ないで素晴らしいジャンプと評価する人間が出てくるのではないでしょうか?
今回、私がやりたかったのは着氷ラインの読み方です。回転不足となる軌道はどのようななラインを通るか。
回転不足のエントリーはそれを理解させるためであったのではないでしょうか?
具体的にどのラインに当たるかを示せば良かった。
完全に、最初の理念を忘れていると思います。
まるこさん。
フラット選手の件ですが、私は基本的に回転不足を語る上では映像が手に入るものしか述べておりません。
丁度、別ブログで大のキムヨナファンの方と動画でショートの分析をしてました。
ブレード、膝の方向的には同じぐらいでした。
全体の流れ及び着氷ラインはキムヨナ選手の方が窮屈な感じを受けました。
でこのGOEの差は・・・・・で終わってしまいました。
フラット選手は高さはあまりないんですが、アプローチからの流れが素晴らしいと感じます。
高さも幅もスピードも測れない。この辺がいらだちを覚えます。
速いと言われれば速いを否定できないし。
フリーではTV画面では丁度同じ後ろから映したのもでした。
解説の方も、二つ目をどうとるでしょうか?と言っていたかな?
流れも良くラインもCのような感じではありませんでしたね。流れと軌道だけなんで回転不足かどうかまでは言えないでしょう。
私も大変反省しております
でも、技術的に理解できていないように言うなら、事実を示してほしいと思います。
何度も言っても理解しないと言われそうですが、今回、資料室さん、や他ブログ、その他多数モホークついて同様な間違いを示したものを見つけました。
間違っていれば、ちゃんと学び訂正する必要があります。
今は、こんな事書いてるの見つけたけど間違いないのと再確認をしているところです
将来的にはモホークを含めたターンなどエントリーがあると理想的です。
どのエントリーか忘れましたがカート氏のループのターンの説明は大変参考になりました。
キムヨナ選手のショートのつなぎのターンも間違いないか知りたいですね。
間違いがあれば訂正しなければなりません
知識のない私のような人間にはよい勉強になるでしょう。
ショートのTRの評価の分析がなくてもいいです。
これからの勉強のためです。
どうかよろしくお願い申し上げます。
長文失礼致しました
下線は追加コメント。

No title - バカボン - 2010年06月08日 19:28:43[ 再編集・削除 ]

桃太郎侍

クレーマーならクレーマーらしくこんなところで愚痴らずに連盟の方へ直接抗議した方が良いと思うぞ。
少しは話を聞いてくれる奇特な人物がおるかもしれんて。
ただ陰でこそこそするんはみっともないだけやからやるなら一人で正面切って堂々とな。でないと誰にもまともに聞いてもらえへんで。

でな、スポーツの世界では皆が知恵を出し合って決めた決まりごとつうのがあって、皆その決まりごとの中で戦っているんだ。
勿論万能な決まり事なんちゅうものはある訳は無く、少しづつ見直し掛けながらよりよいものに作り変えていってる訳。
結果が出た時点で皆がそれを受け入れる。それがスポーツマンシップにも繋がっているんだな。

選手たちは桃太郎侍の様にいつまでも愚痴愚痴言ってる暇は無く常に前を向いて走り続けてるのさ。どんな結果であってもまた結果で示せば良いんだから。

意地(プライド)のぶつかり合い? - ozuma - 2010年06月08日 19:31:24[ 再編集・削除 ]

基本的に皆が納得するような結論なんてありえないと思いますがね。

人間のやることですから。

いろんな見方、意見があって当然だし、一方的に自分の意見をとうそうとすれば、それなりの反撃があるのも当然。

特に経験者であればプライドがありますからね。

挙句の果ては、意地(プライド)のぶつかり合いに終始することも珍しくありません。

ハッキリ言えば、ジャッジ間でも意見が割れるのが自然。
一貫しているほうが不自然ですね。

過激な表現をすれば、食品偽装の会社でさえも、基本的に社員は会社を守る発言をする。(内部告発者のほうが少数)

たとえが不適切ですが。

No title - 桃太郎 - 2010年06月08日 20:01:10[ 再編集・削除 ]

正しい技術を知ることが目的です。
Sakuraさんが仰っている事と異なる考えを示している資料を提出しました。
それについての意見を聞きたいと思っております。

No title - ozuma - 2010年06月08日 20:37:13[ 再編集・削除 ]

>それについての意見を聞きたいと思っております。

あなたと違う意見であれば、また食い付かれるのでしょうか?(苦笑)

メンドーになるのはゴメンだと思って、本音を言わなくなるか、スルーされるようになるケースが多いです。

No title - いち読者 - 2010年06月08日 22:20:59[ 再編集・削除 ]

ねこりんさん

迅速な対応ありがとうございます。
該当部分以外に関しては、何も申す事はありません。
むしろ、今回の投稿に共感した部分も多いです。

ここからは個人的意見です

私も浅田選手に対しての
辛辣な報道や中傷を見るのは辛いです。
桃太郎さんの気持ちも分かるんですが
残念ながら、求められている回答は
このブログにはないんじゃないかと思う次第です。

様々な検証をされている意見を出されていますが
どれを信じるかは人それぞれではないでしょうか。

浅田選手の誹謗中傷は許せなくて
キム選手の中傷は許される。
このブログに限った話ではないのですが
いじめられる方に原因がある。だからいじめてもいい。
そんな風潮が嫌だなぁと感じます。

確かに、キム選手はアスリートとして
未熟な態度や言動も見受けられる部分は感じるし
五輪プログラム、特にSPは狙いすぎな気もしますよ(笑)
ですが、彼女も4年で頑張って磨いて来たものは
沢山あると感じましたし、様々な失敗や悔しさを乗り越え
五輪の演技にたどり着けたのは、素直に感動しました。

実は、今更ですが
少数ながらも、キム選手の五輪に感動したものとして
(点数や技術ではなく、やりきった事への感動)
語らせて頂きたかったのですが、
とてもじゃないけど語れる雰囲気じゃなかったです。

すみません、最後は愚痴っぽくて。

浅田選手一人だけが強ければ
こんなに盛り上がる事が無かったとおもいます。
そこには、キム選手がいて、切磋琢磨した
ライバル関係があるから見ている側も燃えるように思います。

閲覧者の皆様へ - Sakura - 2010年06月08日 23:01:24[ 再編集・削除 ]

v-22閲覧者の皆様へ…

皆様コメントありがとうございます。
お礼文は以後省略致しますが、お許し下さい。

尚、以後の投稿は便乗投稿など続いてしまう事も心配しています。
オープンコメント欄を続けたいし、投稿禁止措置を取るという事は、せっかくの皆様の投稿も閲覧出来なくなります。

引き続きマナーを守って下さる事をお願い申し上げます。

v-22kママさん

至らない管理人に代わり、いろいろとご尽力頂き感謝してます。


v-22バカボンさん

はじめまして…
ご挨拶が遅れ申し訳ありません。

閲覧者同士のコメントには記述には十分注意をして頂きたいと存じます。


v-22クルスさん

ご心配頂き感謝しています。

>正しい、間違ってるという問題ではなく、視線が全く違うからです。

確かにそういう一面がありますね。


v-22ねこりんさん

>Sakuraさんのご意見が素人に厳しく有識者に甘い、ということも感じています(失礼)

そのようなつもりはないのですが…
誤解されないように注意いたします。

あまり表立って書くことはありませんが
FS関係者にでも結構『そこは違うだろ』的な事もあるんですよ。
チャットなんかでボヤき入れたりしてます。


v-22いち読者さん

>キム選手の4年間を見ていたものとして
成長した部分もあり、努力の部分もあり、
やはり、まだ若さ故に未熟な発言も見受けられますが、
これからも見守りたい選手です。


スケートが大好きなのですから…
引退するはずはないだろうと思っていましたが…
いろいろ心は揺れ動いたのでしょうね。

No title - ねこりん - 2010年06月08日 23:30:58[ 再編集・削除 ]

いち読者さん:

私の過ちを指摘してくださってありがとうございました。
また、コメントの修正もしてくださり、温かいご配慮に感謝いたします(*^_^*)
どの選手も心・技・体ともにますます磨きが掛かり素晴らしいアスリートになってくれるといいですね。
ご一緒に見守って参りましょう。今後とも宜しくお願いいたします。

Sakuraさん:

いえいえ、最近ではむしろSakuraさんに厳しくされることに快感を覚えておりますのでお気になさらないでください(●^o^●)
チャットにも参加したいと思いながらも、なかなか勇気が出ません。
でもSakuraさんのボヤキが聞けるのならちょっと覗いてみようかしら( ̄m ̄〃)

燃料に… - Sakura - 2010年06月11日 23:51:09[ 再編集・削除 ]

v-22Buendiaさん

こんばんは。。。

え~っとですね。。。
ちょっとこの投稿は時期的にも内容にも
燃料投下と受け止める方が出ないとも限りません。
マイルドな表現に留めて頂けると幸いです。

仮定の話でも、反応する方はいますので。

> 「ジャッジ結果が素人の自分には理解できない、陰謀説のみがこの現状を説明しうる」って主張を某所で読んで目を疑いました。フィギュア関係者への冒涜でしょう。

そういったサイトやBlogもございますが…
そのように考えている方には、そのようにしか映らないって事なのでしょう。
まぁ表現の自由の範囲であれば、致し方ないでしょうね。
ただ、普通のファンの方が、もっともらしい表現を
安易に信じちゃうって事があるので残念に思います。。。

>ルール・ジャッジが鉄壁だなんて言ってません、人間がやることに間違いはつきもの。

新システムに変わって6年ですし、まだまだ改善点もあるでしょう。
私も完璧だとは到底思えないです。
より良い方向へ進む事を願うのみです。。。

No title - Buendia - 2010年06月12日 01:04:32[ 再編集・削除 ]

>ちょっとこの投稿は時期的にも内容にも
>燃料投下と受け止める方が出ないとも限りません。
>マイルドな表現に留めて頂けると幸いです。

大変、失礼をば....申し訳ございません。(>_<)
削除させて頂きました。
煽ったつもりは無かったのですが....

対応も遅れてすみませんでした。ご迷惑をお掛けしました。

コメントの投稿


トラックバック

URL :

FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年05月 08日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ ★選手全般
  └ ★Vancouver 2010 Winter Olympics 女子シングル★
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。