スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★フィギュアスケーターへの道★ Episode 1

今回は…Episode 1 いよいよリンクに降りましょう。

靴を履く前に、軽いストレッチなど準備運動をキッチリ行うように。

いきなり氷の上に立つ前に基本的な立ち方を覚えましょう。

ズバリ! モデル立ちっ! 目指すはフィギュアスケーターです。
美しく立てなければ、ただのスケーターです。

でも、いきなりは無理なんですよね。。。

基本的には、両足のカカトをつけた状態でつま先を60度~90度開いた状態です。
かかとがついていると片足ごとに前後に勝手に滑らないので安全に立てます。

ブレードは前後にゆるいR(カーブ)がついており
意外と氷との設置面は少ないのです。 (4~5センチ)

パターン99 

  ↑ トウピック  ↑ バック重心付近   ↑ フォア重心付近

まず、氷の上に立つ前にリンクサイドでブレードの中心ラインを意識して
ぐらつかないようにまっすぐに立つ、という事を実感してください。

立ちながら、靴を内側(イン)外側(アウト)へと傾け、中心(フラット)を意識します。
重心位置は土踏まずを意識すればOKです。
 

リンクサイドは硬いラバーの上ですので、あまりブレードのRは気になりませんが
実際の氷の上はRを感じ、前後に滑ってしまいます。

リンクサイドで足踏みをして、ぐらつかないように片足ごとのフラットを意識できればOKです。

日本全国スケート場情報 滑走可能
http://www.skate-com.com/rink/status.php?n=3

**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**

Lesson 1

1) その場足踏み 

逆ハの字で立ち その場で軽く足踏みをします。

この動作で、勝手に前や後ろに進んでしまう場合があります。
重心を土踏まずの位置から、重心が前後すると移動を始める感覚を覚えましょう。


初めての方には非常に不安定です。
足元を見る時はフェンスにつかまっている時に…
実際の足踏みでは下を見ないようにやりましょう。

(普通に地上を歩く時足元を見ないでしょ?)

2) 安全な転び方

転びそうになったら無理に体勢を立て直そうとせず低い姿勢から
あごを引き、身体の柔らかい部分(もも・おしり)から落ちるように
横向き加減にズベ~っと転ぶ方が安全です。腕で支えるのは厳禁。

真後ろにおしりから落ちてしまう時は、出来るだけ低い姿勢になるように
身体を丸め、少し身体をひねり、ドスンと落ちないようにすること。
この時も、手で支えようとせず、アゴを引いて頭を打たないように注意しましょう。

同じようにトウピックが引っかかり、前方に投げ出されそうになる時も
アゴの強打やひざを強打しないように、身体をひねり
スライディングのように大胆に転ぶ方がかえって安全です。

ε=ε=ε=ε=ε=┏( >_<)┛  ズベッ(ノ_ _)ノ

3) 立ち上がり方

YouTube - How to Ice Skate : How to Stand Up on Ice
http://www.youtube.com/watch?v=MiI-JReWBZ8&feature=PlayList&p=9C9C9BE75F2543D5&playnext_from=PL

手をブレードで轢かれない様に注意しながら
一度、四つん這い姿勢になり
片足ずつ、バランスに注意しながら立ち上がります。
恥ずかしいからと、決して慌てて立とうと思ってはいけません。

転びそうになった時、立ち上がる時 両方とも恥ずかしいという気持ちから
慌ててしまう行動こそが怪我をする原因になりやすいのです。


初心者なんだから転んで当たり前という大きな気持ちになりましょう。

4) 歩行(フォア)

足を「逆ハの字」(90度に開く)にして、軽くひざを曲げた状態で前向きに歩きます。

軽くひざを曲げた状態とは…
誰かをおんぶするつもりで構えた感じというイメージが近いです。

歩こうと足を踏み出そうとした瞬間体重移動が起こり足元が前後に滑ってしまいます。
軽くひざを曲げたまま歩幅を小さく、重心が移動しないように歩きます。

この時、足元が滑るのをガマンしようとするあまり腕や肩に力が入り
上半身がガチガチになってしまいますが、上半身はゆったり
おへそから下には、多少緊張した状態で進みましょう。
一歩ずつ確実に踏みしめながら歩くようにするのがコツです。

※ スケートで重要なこと、トウピック部分で氷を押さない
トウで真後ろに蹴る動作は厳禁です。

5) 歩行(バック)

足を「ハの字」にして、軽くひざを曲げた状態で後ろ向きに歩きます。

このときの重心は土踏まずよりも前の位置。
足の裏の膨らんだ部分がバック時の重心位置です。

「ハの字」にすると勝手に後ろに滑り始めるので歩く時は土踏まずのセンター付近を意識しましょう。

おしりを突き出したへっぴり腰にならないように。。。
後ろを確認するのは、胸を張った肩越しに見るようにしましょう。

6) ペンギン滑り(両足滑走)

YouTube - Advanced Figure Skating Moves : Two Foot Glide in Ice Skating
http://www.youtube.com/watch?v=S0rihW-qBKg&feature=related


数歩歩けるようになってくれば、その勢いを利用して両足を揃えた状態になり滑ります。
重心位置は土踏まずのやや後ろでバランスを取りながら安定させましょう。

最終的にどちらの足も一歩踏み出して両足滑走という形に持っていけるようになりましょう。
この時に棒立ちにならず、ひざの柔軟性を活かした姿勢を取る事が重要です。
※ 地上でジャンプして、着地する時のひざが軽く曲がった状態を維持。

※トウピック部分で氷を押さないこと。トウで真後ろに蹴る動作は厳禁です。

7) 滑りながらバランスを取る

両足で少し滑走が出来る様になれば、バランスが崩れる瞬間も起こります。

陸上と違う最大の点は氷の上の抵抗が前後方向には
トウピックのギザギザに引っかかる位置までと
エッジ後端には全く引っかかりがなく前にすっぽ抜けそうになる事です。

転びそうになった時に、あまりジタバタせず(体勢を必要以上に立て直そうとする)
姿勢を低くして、転ぶ方が安全です。

土踏まずの中心前後からあまり前後に重心が
移動しないように注意しながら慣れていくことが大切です。

8) 初歩の滑走(オーソドックス)

「逆ハの字」(90度に開く)で歩く要領(ペンギン歩き)で
片足に体重を乗せるとスケートが滑り始めます。
この動作をゆっくり交互に置き換えます。

大きく体重を移動させずに、最初は小さな体重移動で細かく
進む歩幅を小さくして乗り換えていきます。

トウ蹴りをしないよう、エッジの側面全体で押すように注意します。

※ 目線は10~20mぐらい先を見据えるように、下を向かない事が大切です。
両腕はリラックスした状態で腰の高さよりも少し上にし、少し前方に出します。

このあたりから姿勢に意識を持っていくように…
肩甲骨のくぼみや腰のくぼみをしっかり感じるように
胸を張って滑ることが大事になっていきます。

スケートの滑り方初心者篇KunadonicSkate
http://www.kunadonic.com/skate/iceskate.shtml

フィギュア実技解説(初歩の練習メニュー)
http://www.geocities.jp/cxb00463/skate15.html


9) EX 初歩の滑走(Sakura式)

両足を肩幅程度に開き(平行) 基本姿勢を取ります。

ひざを柔らかくした状態&両腕はリラックスした状態
両腕は腰の高さよりも少し上にし、少し前方に出します。

右足の真上に頭の位置が来るように右足体重になります。
左足の真上に頭の位置が来るように右左体重になります。


Travolta 

ちょっとイメージ的には違うのですが…
左or右の足に体重を乗せ、反対の足が伸びるイメージです。

この姿勢をゆっくり左右交互に取るだけで…アラ不思議!
フォアorバックで進みます。 (重心のかけ方次第)

この時、魚が泳ぐような感じで足を交互に伸ばす感じや
左右の足を踏みしめるような力を加える感じで身体を動かせば、スケートは進むのです。
ダンスのサイドステップをゆっくり行うイメージです。

C069005_01.jpg 
足踏みマシーンを踏みしめる感覚…
開いた足を交互に踏みしめるだけで
スケートは勝手に進むようになるのです。


この動きを正しく使えばスネーキングと呼ばれる動きとなります。 (レベルアップ後)

この時点では体重を移動しようとする時のエッジが押されていく感じをつかんでください。
インエッジで押されていく感じが氷を推す動きです。

ペンギン歩きからの押し出しと同様な力が加わります。
氷を推す動きは、斜め後ろに蹴るというより、真横に蹴り出すイメージです。

競技会で選手が6分間練習に飛び出していった直後にやっている選手が多いですよ。
リズミカルに左右の足に乗りながら、スネーキングの動きをしています。

蹴るイメージが強いかと思いますが、実際はスネーキング的な押し方の方が
スケーティングのイメージとして近いのです。

尚、弧を描く後半で力を加える感じにすればブレーキ的な力も加える事が出来ます。
その際に前に出たスケートの内側を氷にうすく圧力をかけると
「イの字」or「ハの字」ストップに近い動きとなります。

まだ、初歩段階ですのでストップやスネーキングという
難しいことへの意識ではなく、交互に体重を乗せるだけで
スケートが自然に滑る感覚を感じてください。

両足滑走をしながら、徐々に左右の足への体重配分を5:5~7:3と
徐々に片足加重になれるように、推した足と反対側のスケートに
乗っていけるように滑りましょう。



★スケーティング論 2軸と1軸 体幹の動き★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-97.html

Lesson 1のカリキュラムは 1)~9)まで1日相当
8) 9)については、2回目も復習しましょう。
1回目よりも確実にレベルアップを実感するはずです。

特に基礎段階の練習ほどそれなりに出来てしまいますが
先を急いで、次のステップへ進みたくなりますが
姿勢よく完璧に出来るぐらいにならなければ、先に進まない方が早道です。


次回はEpisode 2の予定です。。。


最後まで、読んで頂きありがとうございました。


参考にさせて頂いたWEBサイト様には感謝いたします。 

★Figure Skating Guideline★ エントリー 一覧 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-109.html

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
Blog応援してね♪ 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

人生2回目? - Winter - 2011年01月04日 00:15:21[ 再編集・削除 ]

もう以前やったことがあるかどうかすら不明な状態ですが、
家族で近くのスケート場に行って来ました。

さすがというか何と言うか、貸し靴はホッケー用。
何が違うんでしょう?

こちらのページを参考にして
初歩の滑走(オーソドックス) に挑戦してきました。

エッジを意識して蹴るっていうのがよく分からず、
スネーキングの「真横に蹴る感じ」になってくるとさらに謎。そして何が難しいって転ぶ時に手をつかないとかジタバタしないこと!

でも氷の感触とかキリっとした空気感とかがとっても楽しかったです。この貴重な解説を参考に是非是非また行ってみたいと思います。



 

僕のコケるパターン(^^ゞ - ピョン太 [01/09] - 2011年01月09日 19:00:01[ 再編集・削除 ]

僕はスピード狂なので、調子に乗ってスピードを上げていくと、
少しずつ前傾にグラつき、
トウピックに引っ掛かりコケちゃいます>_<;

ε=ε=ε=ε=ε=┏( >_<)┛  ズベッ(ノ_ _)ノ

>同じようにトウピックが引っかかり、前方に投げ出されそうになる時も
>アゴの強打やひざを強打しないように、身体をひねり
>スライディングのように大胆に転ぶ方がかえって安全です。

sakura先生ありがとうございますm(__)mφ(..)メモメモ

m(__)m(^^)/

winterさん(^^)/

コメントの投稿


トラックバック

URL :

FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年05月 31日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ ★レッスン
  └ ★フィギュアスケーターへの道★ Episode 1
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。