スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★フィギュアスケーターへの道★ Episode 6

フィギュアスケート初心者向けレッスン企画 第7弾

スケートにハマる人は…ひとつの事が出来た時の達成感がたまらないはず…
レベルに応じた楽しみ方があり…生涯スポーツとしての魅力もいっぱいです。
簡単には出来ない事も魅力なのかな?
普通のスポーツではあまり使わない身体の筋肉を使います…

リンクに行ってみようかな?って思って下さる人が増えますように…
大人からスケートを始めたとしても頑張り次第で、かなり上達出来るんですよ。


動画配信コーナー-暖房室 
http://www.skate-com.com/movie/ 
今回は Episode 6 です。  
Episode 0~5 は以下のカテゴリーを、ご覧になって下さい。 

★Figure Skating Guideline★ ★レッスン 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-category-19.html 

以下のサイトにはお手本のVideoが豊富にあります。 

Videos for Beginner Skaters 
http://uqconnect.net/~zzbarneg/sk_videos_beginners.htm  

日本全国スケート場情報 滑走可能 
http://www.skate-com.com/rink/status.php?n=3 

Videoには今回のレッスン内容よりも難度の高い映像がありますが 
今やっている事をキッチリ出来ないうちから始めてしまうのは悪いクセがついてしまい、上達の妨げになります。 

なんちゃって技術はいつまで経ってもなんちゃってのまま。 
基礎中の基礎がしっかりしていないと後々影響します。 
靴を履く前に、軽いストレッチなど準備運動をキッチリ行うように。  

**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆** 

少しずつ難しくなっていきますが… 
もっとも大切なのは、姿勢とひざの使い方です。 
姿勢を悪くする最大の原因は視線が低いという事。 
足元の不安があっても下を見て練習しないように注意しましょう。 

スケーティングをするということで上半身への 
意識は極端に低くなりがち、目線は身体の動きへの役割が大きい。 

常に意識して、視線はフェンス上部などを目標に。 
※ 過去のエントリーに記載した注意すべき点は 
  毎回、大事な要素です。 
  ポイントとなる部分は同じ。 
  記載していない場合でも初歩的な注意点は忘れないように。 

スケーティング動作の基礎的部分は土台です。 
土台部分がしっかりしていれば、ピラミッドも高くなるのです。 
今回共通の動きのテーマ… 
足を揃えて来る時に伸び上がるようなアップの動きです。 
アップダウンを意識する事。 

1) フォア両足スネーク  

左右にエッジを切り替え 
スネーキングしながら前向きに滑ります。 
片足だけでひょうたんの押しを行う感じです。 
フォアスカリングでの押しを左右交互に行います。 

左右に押した後、体重を乗せていくように。 
重心は押した足の反対の腰の上(足の付け根の上)。 
相互の腰の上に乗っているという感覚を感じながら滑りましょう。 

フォアスケーティングの場合… 
土踏まず~カカト付近のエッジで真横に推す感覚です。   
押していく際は ひざを十分に曲げて胸を起こしましょう。  
ひざの上下動が大切です。 

スケーティングレッグの重心の上に体重が乗り 
伸び上がっていく感覚を養いましょう。 

2) バック両足スネーク 

 左右にエッジを切り替え 
スネーキングしながら後ろ向きに滑ります。 

★フィギュアスケーターへの道★ Episode 4 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-133.html 

上記エントリーでの発展形です。 
バック滑走ですので、事前に後ろの安全を確認しておきましょう。 

YouTube - How to Ice Skate : How to do Backward Strokes on Ice Skates 
http://www.youtube.com/watch?v=mVxHWFt0wt0&feature=related 

外へ押し出す意識(外側の筋肉)と内へ引き寄せる意識(内側の筋肉) 
押しと引きの感覚を養いましょう。 
ひざの伸び(押し)縮み(引き)をリズミカルに繰り返すと 
どんどん加速していきます。 

バックはつま先側への加重ですが、トウピックにかかるまで前に加重しないように。 
ガリガリと音をたててしまう方は、へっぴり腰になっています。 

しっかり背筋を伸ばし、おしりが突き出た姿勢にならないように注意しましょう。 
ひざの上下動が不十分になっていることが原因です。 
ヒンズースクワットをするぐらいのつもりでしっかりひざを曲げましょう。  

重心は押した足の反対の腰の上(足の付け根の上)。 
相互の腰の上に乗っているという感覚を感じながら滑りましょう。  

Forward及びBackwordのストロークは基本滑走でも非常に重要です。 
片足滑走に移行する上でのエッジワークに通じます。 
より多くの練習時間を割いて頑張りましょう。 
フォア・バック共にゆったりと大きなスネーキングが出来る様になりましょう。 

3) バックスカリング 

円の外側になる足で繰り返し氷を推しながら円を描きます。 
カーブしたい方向へ顔を向け、内側の手を身体の後ろ(円周上) 
外側の手を身体の前(円周上)に構えます。  

両手の位置は進行方向外側の手が身体の正面(滑ってきた方向) 
進行方向内側の手が円の後方方向を指すように、やや高く上げる。(肩を水平) 
上半身は45度程度内側に向くはずです。 

右回り(時計回り)なら左腰上  
左回り(反時計回り)なら右腰上に重心があります。 
ストローク動作を円周上で外側の足の押し出しを続けます。 

YouTube - sasszé 
http://youtu.be/KkK6UD6ZHqg 

4) 初歩のバッククロス(Crossover) 

スカリングしたフリーレッグを軸足にクロスさせ軸足を抜いて円を回ります。 
YouTube - How to Ice Skate : How to do a Backward Crossover on Ice Skates 
http://www.youtube.com/watch?v=Ietq5bz9Lbo&feature=channel 

まず、陸上で練習してみましょう。 
両足を揃えた状態から横に足をクロスしながら歩きます。 

数回スカリングしてキャリングし外側の足を内側に踏み込みます。 
右回り(時計回り)なら左腰上  
左回り(反時計回り)なら右腰上に重心があります。 
踏み込みの際、円周上で両腕の上下運動や左右にぶれないように注意しましょう。 

フォアのクロスと同様にぎっこんばったん状態にならないように。 
踏み込んだあとの姿勢はボーリングでボールを投げた直後の姿勢に似ています。 
クロスした状態のままでも、しばらく滑ることが出来る様になりましょう。 

スケートリンクは反時計回りを基本滑走ルールになっており 
一般的にクロスの練習も左回りから練習を始めます。 

本来ならば両方向を満遍なく練習する事が必要なのですが 
現実的には右回り練習が少なくなり、結果、右回りは苦手という事が起こります。 

フォアの右回りが苦手ってことにならないように 
この頃から意識的に右回りは多めに練習しましょう。 

**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆** 

まだ初歩的な技術のさわり部分です。 
まず、身体の使い方やエッジに体重を乗せる感覚を養い 
徐々にエッジを使ったレベルアップに繋げていくための前段階練習です。 

同じ練習内容でも、スケート教室卒業レベルでは完成度が必要です。 
基本的にこのような点に注意して練習していきましょう…という意味合いです。 

個人差があり、このようにすれば必ず出来るという性質のものではありません。 
練習ではなかなか書かれているように出来ないことが普通です。 
個人のレベルや癖も違いますし、矯正などは、個人差に合わせる事が出来る 
プロコーチの指導を受ける事が上達の近道です。 

次回はEpisode 7 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。 

参考にさせて頂いたWEBサイト様には感謝いたします。 

★Figure Skating Guideline★ エントリー 一覧 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-109.html

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
Blog応援してね♪ 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントの投稿


トラックバック

URL :

FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年07月 04日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ ★レッスン
  └ ★フィギュアスケーターへの道★ Episode 6
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。