スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★小塚崇彦の覚醒+浅田真央…あの頃の自分へ★

本来なら、小塚崇彦選手の話題をエントリーにすべきだったのですが
数日前から準備をしていましたので。
こちらを先にUPしました。。。すみません。

小塚崇彦選手に関したTwitterツイートをコピペしておきます。

Sakura(@Skater_Sakura) - Twilog
http://twilog.org/Skater_Sakura

You Tube観たっ!と~と~眠れる獅子が覚醒したっ!興奮してる。
冒頭の4TはTFでしたが、他の要素はほぼ完璧!
ステップは超高難度を踏み、しかも表現も豊かで踊れてる。
3連続ジャンプからモード突入…ロッカー・カウンター・ブラケットを交えた
高難度連続のターン技術が随所に。突き抜けましたね。

リンクサイドで見ていた佐藤コーチも3連続からは安心して見た事でしょう。
関係者の興奮が伝わってきた。本人も手ごたえはあったでしょうけど、キス&クライでの驚きよう。
いやいやそれだけの事をしましたよ。今夜、完全にひとつ上の世界へ足を踏み入れたんです。
GPFもですが全日本タイトル狙えっ!

ステップ…今回は圧巻でした。そりゃ何回かやってたらコケるわ。
ものに出来ていない時期のステップと今回では全然違う。
あれをスルスルもっと加速するようになれば、次元が変わる。
SPではもっと弾けるぐらいの表現をっ!
って書きましたが…もっとアピールしていけば9点台も出ます。

私…いままで褒める部分の他に必ず、課題となるコメントも入れますが、ほとんど
入れる余地が無かった…それぐらい素晴らしい滑走でした。
彼ももうベテランと呼ばれておかしくない年齢になりました。
チャンピオンが引退して、その座に座るのではなく、押しのけて座るべき時期なんです。

YouTube - Takahiko KOZUKA TEB 2010 FS
http://www.youtube.com/watch?v=XcfHz5wGepY&feature=youtu.be




2:07 4:07 4:15のステップ、素晴らしいテクニック

ベタボメしちゃったけど、覚醒したってのは点数が凄かったからではない。
彼はひとつ上のステージに上がる滑りを見せたからです。
これは彼を取り巻く日本人選手達の影響が大きいでしょう。
最近では浅田真央選手の存在が大きいはず。
表現とは?って部分に彼女を通して覚醒したのだと思います。

あ~いうのが、スケートの神様が舞い降りた滑走なのかも知れません。
慎重に跳んだ3Aの成功から、雰囲気が変わっていく様子が伺えました。
滅多に見られない確変状態。(笑)


と、いった感じで、興奮気味にツイートしましたが
滅多に見ることが出来ない 確変?状態に入ったスケーティングでした。
年に数人の選手しか訪れない滑走だったと感じたのです。

もちろん、彼以外のスケーターにも、スケートの神様が微笑んだ滑走はあります。
でも、彼はその領域に初めて踏み込んだと感じたんです。

優等生のスケーターと呼ばれるだけでは不十分。
突き抜けていく個性がトップの中のトップを狙う選手には必要なんです。
パーソナリティを高くレベルで表現していく事が突き抜ける力になるのです。

さて、こうやって、書きましたが…
日本人選手達全てを応援する身とすれば、非常に悩ましくも嬉しい状態です。

全日本選手権…ど~なってしまうのじゃ!

**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**


バンクーバーオリンピック&トリノ世界選手権が
遠い昔のように感じられる今日この頃…今年だよぉ!
なんか吃驚ですが、今年の出来事なんですよね。
シーズン的には昨シーズンなので勘違いしそうです。(笑)

男女シングルでは日本人選手が共に世界チャンピオンに輝くという
日本FS界の歴史的にも最高の結果で締めくくったシーズンでした。


世界チャンピオンに輝いた日本人選手のふたりが
シーズンの前半戦を終え、ある意味対象的な状況を迎えています。

絶望的な怪我から立ち直り、五輪で銅メダル・世選で金メダルに輝いた高橋大輔選手。

★復活への序章…フェニックスは再度羽ばたく★ (高橋大輔)  
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-104.html

前半戦から苦労しながらも、見事な立ち直りを見せ
五輪で銀メダル・世選で金メダルに輝いた浅田真央選手。

★プログラムを作るという事…★(浅田真央) 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-103.html

世選終了後、『自分のジャンプを取り戻したい』との理由で
浅田真央選手は、自己改革に乗り出しました。

選手達は常に前を見続け、自己最高のパフォーマンスを見せるために努力する。
その方法に必要な答えが、自己を見つめ直す改革着手だったのでしょう。

その経緯は、皆様の方が遥かに詳しいので割愛しますが
彼女の望みのひとつはジャンパーとしての本能。
フィギュアスケーターとしての必要な成果は一定以上(最高の評価)獲得している。
ですが、ジャンパーとしての気持ちは、物足りないと感じたのでしょうね。 

彼女の言葉には『昔のようなジャンプを取り戻したい』
ジュニアからシニアに参戦したシーズンぐらいの、あの頃へ。

現実的な話ではありませんよね。。。イメージ(感覚)なのでしょう。
子供の頃のような軽やかなイメージ(感覚)を取り戻したいのでしょう。

選手には、いつかこのジャンプが跳べなくなる日が来るかもしれない…
そういった気持ちが、スランプに陥った時や引退を意識する頃に芽生えます。
だから『あの頃のように・・・』というのは、全ての選手が感じるのです。

浅田真央選手は…次のステージを目指すために戻ろうとしている。
それが正解だったのか判るのは先の話。
やってみなければ解らない。 後悔しないために選んだ道です。

浅田選手のスケーティングは、以前よりも更に洗練されてきています。
なかなか見分けづらい部分ですが、元々スケーティング力・エッジワークには高い能力のある選手。
こういった影響が徐々にジャンプにも好影響を及ぼすでしょう。
時間はかかりますが、感覚を取り戻していくには必要な時間です。

フィギュアスケーターなら、一度は通る道。 
乗り越えていった選手達の後に続く気持ちさえ持ち続ければ大丈夫。 
今までの環境よりもチームの雰囲気の中には甘えを許さない空気があるはず。
自分で掴み取り、乗り越えるのみ。
ひとりでダメな練習を積み重ねなくていい環境が出来たのだからきっと大丈夫。


★自主練習の方法論★ 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-82.html

では、あの頃の浅田真央はどんなのだったのだろう・・・
彼女が取り戻したいのは、ジャンパーとしての軽やかなイメージやタイミングの感覚。
基礎部分を見直し、土台を広げ、大きな成果を受け入れる器を模索しています。

そのひとつが《トリプルアクセル》なのでしょう。
どんな時も彼女が一番大きなこだわりを見せたのがこのジャンプ。

成功した3Aの動画集がありましたのでUPします。
どんなところに成否のポイントがあるのか、静止画にラインを引いてあります。

全てを総合的に見なければいけないのですが

代表的なポイントは、スピード・プレパレーション・踏み切り・空中姿勢・着氷です。
コーチなどがチェックするポイントは様々なのですが
ビデオ映像みたいに一瞬の出来事を脳内にコピーするのです。

過去のイメージと現在の状況の違いを指導に役立てます。

過去の映像集は時系列的に並んでいるようですので
角度の違いなどありますが、フォームの違いに気がつくようになれば
なんとなくでも、ジャンプの難しさがご理解頂けるかもしれません。

失敗例の映像は探す気になれませんので、成功例でイメージを持って下さいね。

ちなみに、私が見るポイントは・・・
進入のスピード・プレパレーションのターンなどの正確さ&姿勢(型にハマっているか?)
踏み切りに至る目線(顔の向き)・肩・腰のライン・腰の入り方・
重心の移動&体重移動・壁の存在・両腕の使い方・エッジの状態・踏み切る方向・
軸の形成・回転軸の捌き・右腕の動き(順回転)・回転不足などの有無・チェック姿勢などです。

★スケーティング論 2軸と1軸 体幹の動き★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-97.html

指導者が見る場合。一度に全部見ることが出来るコーチもいるでしょうが
全体のイメージから、注目ポイントを絞って、修正すべきポイントを
もう一度、じっくり観察する。というような、指導を行っていると思ってください。

何故、高難度ジャンプを跳んだ事も無いコーチが高難度ジャンプを指導できるのか?
って疑問があるかもしれませんが、これこそ、経験と実績の積み重ねから
ひとつ下の難易度のジャンプから、どのように指導すれば成功するのか?
という感じでの試行錯誤を、選手の挑戦と同時進行で蓄積していってるのです。

何千、何万というサンプルから、良いものとは何か?
どのようにすれば、精度を上げて、回転速度や着氷技術を上げられるか?
って部分を、選手の指導をしながら、経験値を積み重ねていってます。

コーチの存在とは、究極の時間短縮を実現させてくれるパートナーなんですね。

★フィギュアスケート コーチの世界★ 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-110.html

★選手とコーチの関係★ 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-111.html

浅田真央の3Aを集めてみた【修正版】 ‐ ニコニコ動画(原宿)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12700208

0000001.jpg
 0000002.jpg 0000003.jpg
上記3枚は連続写真です。

浅田真央の3Aを集めてみた【修正版】.avi_000042542 浅田真央の3Aを集めてみた【修正版】.avi_000066199

上部(前半)と下部(後半)の映像静止画の違いが成長による跳び方の違いです。
たいした差に見えないかもしれませんが、恐らく成功率などに現れているかと思います。
この違いの部分(映像全体を通して)・・・判って頂けるかなぁ。。。


浅田真央の3Aを集めてみた【修正版】.avi_000123256 浅田真央の3Aを集めてみた【修正版】.avi_000153052 浅田真央の3Aを集めてみた【修正版】.avi_000186953 浅田真央の3Aを集めてみた【修正版】.avi_000334834

トリプルアクセルといえば、伊藤みどりさんを忘れてはいけません。
静止画像は載せていませんが、ぜひ、注目ポイントを観察してみて下さい。

きっと何か、感じられると思います。

Midori Ito 伊藤みどり - トリプルアクセル・ノーマル&スロー ‐ ニコニコ動画(原宿)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8817424
 
YouTube - Midori Ito Triple Axel
http://www.youtube.com/watch?v=RA9O8DRvgmU&feature=related&fmt=18

こちらの映像がスローがあり、非常に見やすいと思います。
 
★TSUNAMI GIRL…伊藤みどり トリプルアクセル★ 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-55.html

★Dream's Come True 先駆者の挑戦★ (伊藤みどり)
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-57.html

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

Blog応援してね♪ 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

私のスケートを見る視点はみなさんと少し違う部分がありますのでご了承下さい。
FS関係者でも立場の違いで見るポイントはみんな違います。
コーチはコーチならではの視点・コリオはプログラムを、ジャッジはジャッジングポイントを
選手は何か参考になる事はないか?って感じで経験者でも違うのです。

Skater_Sakura Twitter
https://twitter.com/#!/Skater_Sakura

2010年よりTwitter上でつぶやいたフィギュアスケート関連のツイート集をまとめています。
FSルールの説明や技術考察など、FS観戦に役立てば幸いです。

Skater_Sakura フィギュアスケート関連ツイートまとめ
http://togetter.com/mt/Skater_Sakura

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
マナー等をお守り頂けないと管理者が判断した場合は
やむを得ず、しかるべき処置を講じる場合があります、予めご了承下さい。

ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 
【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

試合を見てわかったこと。。 - kママ - 2010年11月30日 11:34:19[ 再編集・削除 ]

Sakuraさん、新エントリーありがとうございます。
小塚君の演技本当に素晴らしかったですね。
スケアメから試合の感想をブログに投稿していなかったので細かい感想はBBSのほうへいれさせていただきます。

GPSはシーズン後半の重要試合の調整のための試合扱いされたりしますが今まで見てきて感じたことは選手達のテーマや課題などがよくわかるので私にとって試合を見て楽しむのとと同時に勉強になります。
とくに今期のシリーズはとくに興味深かったです。


>進入のスピード・プレパレーションのターンなどの正確さ&姿勢(型にハマっているか?)
>踏み切りに至る目線(顔の向き)・肩・腰のライン・腰の入り方・
>重心の移動&体重移動・壁の存在・両腕の使い方・エッジの状態・踏み切る方向・
>軸の形成・回転軸の捌き・右腕の動き(順回転)・回転不足などの有無・チェック姿勢などです。


Sakuraさんがおっしゃっていることは選手達も心がけていることなんだと思います。
TVの解説で聞いた事ですが羽生君は試合でリンク中央にはいるとき十字を切る仕草をしていて、それはジャンプでの正しい姿勢を心がけるためにしているとのことでした。
Jスポーツや海外解説でもいろんな解説者の方がジャンプに入る動作で回転が足りるかどうかを見分けられていたのですごいなあと感心してました。

何かをやり遂げるには代償が必要になってくるかもしれませんがそれは大切なプロセスだと選手達が一番わかっているので私は見守り続けたいと思います。

あれから一年がたちました - たまご - 2010年12月01日 17:17:04[ 再編集・削除 ]

こんにちは さくらさん いろいろと一年前は悩んでおりましたがスケートの奥深さに親子共々ますますのめりこんでいっております 縄跳びスクワットせっせとがんばったおかげでかなりジャンプもとべるようになりました 人様とくらべる気持ちもなくなりただひたすらもっときれいなスケートをジャンプをと美を追求する気持ちで順位はさほど気にならなくなりました 一試合ごとに心の成長が感じ取られたり今を輝くことの尊さをかみしめております
西日本小中学生大会のパンフレットではさくらさんの栄光の記録がずらっと掲載されておりました いつかうちの子にもスケートの神様が祝福してくださるような演技ができればいいなあと想いをめぐらせながらよませていただきました いつも本当にありがとうございます

Re: あれから一年がたちました - Sakura - 2010年12月02日 02:21:07[ 再編集・削除 ]

v-22たまごさん

あら~ もう1年も経ちますか!(早いねぇ)
きっと、相当上達した事でしょう。
もっとスケートを大好きになって、まわりの子ではなく
『自分を超えていく努力を積み重ねてください。』って、伝えて下さい。

あはは…そんなのを見ましたか。

頑張っていれば、きっとそんなスケートを披露出来る日が訪れますよ。
 
>いつかうちの子にもスケートの神様が祝福してくださるような
演技ができればいいなあと想いをめぐらせながらよませていただきました 
いつも本当にありがとうございます

世界選手権選考基準のこと - Y.T. - 2010年12月10日 12:58:23[ 再編集・削除 ]

世界選手権選考に関する、橋本会長のお話と報道は実にイヤなお話しでした。
特定の選手に対してわざわざ選考基準を公表することは問題だと思いました。
そして、こうした発表が底意地の悪いマスゴミにどのような報道をされるか、もう少し学習して頂きたいと思います。

この程度の内容は、組織から選手やコーチに周知徹底されればいいのであって、ことさら公表すれば余計な憶測を招くし、選手達にも余計な動揺を与えかねません。

マスゴミには既に公表されている選考基準だけで充分と思います。

橋本さん、偉くなり過ぎて、下々のことにちょっと疎くなったのかな。

あえて邪推?すれば、少し前にヨナ選手の東京世界選手権参加が確実との報道がありました。彼女とほぼ対等に戦える潜在能力があるのは浅田選手以外にはいないので、何らかの「配慮」はしないのか?との、マスゴミからの質問があったのかもしれないですね。

それなら同情しますが「選考基準は既に発表済み。後はノーコメント」で通して欲しかったですね。

全日本選手権で表彰台を逃した選手が選考されなかったからといって、文句を言うファンなどいませんよ!
どんな競技であれ「全日本選手権」の重みくらい、人は誰でも知っています。

読み方はそれぞれ・・・ - まる子 - 2010年12月11日 16:27:28[ 再編集・削除 ]

私、あまり普段からニュースに気をつけているほうではないので、Y.T.さんのコメントを読んではじめて、上記のニュースを検索しました。一体、どんなひどい記事なのかとおもって。。。。

いや~、拍子抜け。特別なことは何にも書いてないですよね。橋本会長は、Y.T.さんがおっしゃるような「特定の選手に対してわざわざ選考基準を公表」したのでしょうか。「最低でも表彰台」と言ったのが、それにあたるのでしょうか。確かにそうとも読めますが、橋本会長が言いたいことは、「浅田選手を特別扱いはしない」ということですよね?そのとおり、素晴らしいじゃないですか。実績のある選手だからといって、特別扱いはしない。アスリート橋本ならではの見解かと、私はスッキリする思いで読ませていただきましたよ。

確かにマスコミの報道姿勢には納得いかないことも多いのですが、私たちファンが心に留めておきたいのは、こうした記事はすべて、一般的な、つまりフィギュアスケートに対して特別な思い入れのない人たちに向けて書かれているということです。「浅田真央」の名前は知っていても、ルールも知らなければ、どんな大会がどんな権威を持っているのかも知らない、そんな人がたくさんいると私は思っています。
一般の人が注目するのはせいぜいオリンピックくらい。そのオリンピックで、フィギュアスケート界は代表選考に四苦八苦してきました。全日本一発選考にした長野では、なぜ荒川選手が出場したのかと批判が集まり、2年間の大会ポイント制で選考したトリノでは、上り調子だった中野選手が選考からもれて、前年素晴らしい成績を収めながらも不調だった安藤選手が心無いバッシングを受けることになりました。そうした経緯を踏まえれば、あえて世界選手権の選考に関して予防線を張ることが、無意味だとは思いません。

こうしたニュース記事ひとつにしても、読み方は人それぞれ異なるものなのですね。

特別扱い - Y.T. - 2010年12月12日 09:54:02[ 再編集・削除 ]

まる子さん。

毎回のツッコミ、ありがとうございます(笑)
私もツッコミを入れますと「特別扱いはしない」は橋本会長の言葉ではないです。マスゴミの「解釈」です。
「特別扱い」という言葉自体に悪意を感じるか、そう思わないかは、人により受け取り方は異なるでしょう。

過去、五輪や世界戦の選考について「特別扱い」されて出場した選手はいましたか?

特別扱い - まる子 - 2010年12月13日 17:00:48[ 再編集・削除 ]

Y.T.さん

私、実生活ではボケだとよく言われます(笑)。
あえて反論させて頂きます。

>私もツッコミを入れますと「特別扱いはしない」は橋本会長の言葉ではないです。マスゴミの「解釈」です。

私は、橋本会長が言いたいことは と書きました。橋本会長の言葉だとは書いていませんよ。マス「ゴミ」と同じく、私もそう解釈したということです。

特別扱いされて出場した選手・・・フィギュアでは知りませんが、柔道の谷選手は実績を考慮されて北京五輪に出ましたよね、確か。世界選手権に出ていないのに。
あとは、マラソンの高橋尚子選手は、選考レースに負けて北京五輪を逃しましたが、一般には「高橋尚子を出せ」という声が多かったと記憶しています。

スター選手であればあるほど、「直前の調子が悪くても、出れば何かやってくれるんじゃないか」という期待がありますよね。そういう一般人の心を代弁するのもマスコミの役割。そして、「そんなことはしないよ」とハッキリ言うのが選考側の役割。今回もそんな役回りを演じているのかなって思っただけです。
Y.T.さんが「特別扱いなんてしないのが当たり前なのだから、わざわざ言う必要はない」とお感じになられたのは、それはそれでひとつの考え方だと思います。ブログに一方的な批判コメントが残るのがイヤなので、読者の方には両論あったほうがいいかと思い、つい反論を書いてしまうのでした。
お気を悪くなさらないでくださいね。

浅田選手のこと - Y,T - 2010年12月20日 02:08:09[ 再編集・削除 ]

せっかくsakuraさまが火中の栗を拾うように「思い切って」浅田選手をテーマにしたスレを立てて下さったのに、何故か誰も浅田選手についてコメントなしですね。このサイトの特徴なのでしょうか。

報道では「他のジャンプは問題ないが、アクセルがまだクリーンでない」というようなコメントを浅田選手がしていたようですね。
不思議だったのは、ルッツとフリップが決まらないのは分るような気がしますが、今季アクセルがまだ一度も決まっていない事実です。

それと、スピンのレベル取にも苦労しているようですね。スピンが苦手な選手というイメージはないのですが、どうしたことでしょう。

タラソワさんが、ルッツの矯正をすると『全てのジャンプに影響する』と言っていたようですが、そういうものなのでしょうか。浅田選手を指導していたタラソワさんだけに、説得力がありますね。
難しいジャンプだから、ちょっとしたタイミングや助走のスピード、助走の長さ(今季、助走が短い感じ)によって、感覚がズレてしまうのでしょうか。
まあ、男子でもミスが頻発するジャンプですから無理もないと思います。

こうした中、全日本ではどのようなジャンプ構成で臨むか、興味津々です。
SP:3A、3Lo-2Lo、3F
調子によっては2Aにして安全策で来るのもありかと思うのですが、どうでしょうね。ノーミスならこれでも充分に戦えると思うのですが。
しかし、せっかく「真央有利」と言われる3Aのアドバンテージを生かさない手もないですし。
やはり、フランス大会と同じ構成と予想します。
全ての鍵はショートの出来と思いますし、ファンはここで固唾を呑んで見守ることになるでしょうね。

それにしても、今季の世界選手権が日本でなければ、高橋選手も浅田選手も他のメダリスト達のように試合を全て休み、ジャンプの矯正又は休養にあてることも出来たであろうに。
特に浅田選手は、色々と…気の毒なくらい大変ですね。
しかし勝負ということになれば、高品質で完成度の高いキムヨナ選手に勝てる可能性が多少ともあるのは、浅田選手以外にはいないでしょう。失礼ながら他の選手ではちょっと太刀打ち出来ないと思います。
やはり、キムヨナ選手と浅田選手の二人は役者が違います(そこにロシェット選手も加えたい)

いくらフィギュアは選手それぞれの演技を楽しめばいいとは言っても、スポーツ競技である以上、ファンがドキドキしながら勝負の行方に釘付けになることも、最大の楽しみの一つですからね。
全日本女子は、やはり浅田選手の5連覇に期待します(最悪の結果を受け入れる心の準備もしていますが)

小塚父さまのコメント - Y,T - 2010年12月20日 10:20:18[ 再編集・削除 ]

マスゴミの煽りに釣られてはいけないとは百も承知でも、連日のように報じられる「真央ハズシ、佳菜子アゲ」記事やまるで村上選手がエースになったかのような内容(明らかに連盟サイドの不用意な発言がこれに拍車をかけています)

こうした中、小さい頃からの浅田選手のスケートを見て来たであろう小塚父さまの「総合力では3人より一枚も二枚も上」には胸がスッとしました。

まるで加熱する「佳菜子フィーバー」に釘を刺すかのようなコメント。しかも五輪や世界選手権後のコメントにあるように、小塚父さまは浅田選手の「弱点」もしっかり見ている。朴訥とした語り口にむしろ説得力がありました。

埼玉ではフィギュア人気(スピードスケートではない)に支えられ、新しいスケートリンクが開設されて良かったですね。
http://mytown.asahi.com/areanews/saitama/TKY201012180368.html

「嘆かわしいファン」などと「嘆いて」いられるのは、ある意味贅沢な悩みですね。
ファンから見向きもされなくなったら、どうなるのか。
GPSにおける欧米の観客数の少なさ、寂しさを見よ。
しかも日本人ファンが多数来ていてこのあり様。
一部、暴走するファンもいるでしょうが、ファンから文句や批判されているうちが華です。

No title - Y,T - 2010年12月30日 15:56:58[ 再編集・削除 ]

相変わらず、「嘆かわしいファン」を「肴に」して盛り上がっているようですね。

ファンを嘆くより、他に嘆くことは沢山あるように思いますけどね。

ファンとの乖離がよく分る会話ではあります。

どこの世界でも「専門集団・組織」は己の利害や権威を保とうとして「素人」の介入を排除する傾向がありますが、フィギュア界もそうなのでしょうか。

GOEやPCSなど、抽象的でどうにでも解釈の出来てしまうルールの説明よりも、例えば「これがレベル1(又はレベル4)に判定されたステップです。理由はコレコレ」「これがレベル2(又はレベル4)に判定されたスピンです。理由はコレコレ」「これがオール8.00台のPCSの例。理由はコレコレ」「これがGOE+2のジャンプ。理由はコレコレ」…このような動画による解説があれば、かなり「誤解」「かって解釈」も減り、長年フィギュアを愛好してきたファンへのサービスになるでしょう。
テロップや図解を交ぜながら一つ一つのターンやステップやスピンを分析し、実際の滑りを基に解説すれば、「なるほど、だからレベル1判定になったんだ」ということになり、無用な憶測や陰謀論も減ることでしょう。

ISUも日本スケート連盟も、何故こんな簡単なことが出来ないのでしょうか。
秘密にしたまま、やりたくない「ワケ」でもあるのでしょうか。「下手に解説するとむしろ誤解を、招く?」…これは政治家や官僚の国会答弁と同じですね。
既に「沢山の誤解を招いて」いるんですけどね。

これだけ「不可解採点・判定」の声がファンだけでなく、専門家からも出ているにもかかわらず、これらの「問い」に何らの説明もしようとしない。実に不思議です。
私も二度ほど連盟に要望書を出しましたが…。

当Blogは… - 管理人 - 2010年12月30日 22:58:31[ 再編集・削除 ]

v-22Y.T.さん

>相変わらず、「嘆かわしいファン」を「肴に」して盛り上がっているようですね。
>ファンを嘆くより、他に嘆くことは沢山あるように思いますけどね。

当エントリーのどこを指して「嘆かわしいファン」を肴にしているのか意味が解りませんが…
当BlogはISUや日本スケート連盟の代理人でもない、ただの個人Blogです。

上記コメントのようなISUもしくは日ス連に対しての不満を書き連ねられても困ります。

個人として、ルールの内容の解りにくい部分など、説明していますが、強要されるものでもありませんし、自分のペースで更新しています。

諸事情により、皆様へのコメントレスも極端に減っている事に関しては申し訳なく思っています。

管理人として登場するケースは不適切な表現を含んでいる
コメントを残していると判断した方に対して登場したと思って下さい。

世界選手権の代表選考や有識者のコメントは当エントリーとは
あまり関係のないコメントでしょう。

《マスゴミ》《「真央ハズシ、佳菜子アゲ」記事》

私もメディアの報道姿勢に苦言を呈す事もありますが
メディアをゴミ呼ばわりはしません。
選手の記事に関しては受け取り手の感じ方の問題でしょう。

「嘆かわしいファン」の話はどこで盛り上がってるのでしょうか?
ココに関係の無いコメントを残す方がおかしくないですかね。

管理人が個人的に行っているTwitterに関しての苦情なのでしょうか。。。
Twitterに関してのコメントは別サービスなのですから
Blogコメント欄には投稿しないで下さいますようお願いします。

Y.T.さんには、一度、管理人として注意をしています。

以前のようなマナーを守った投稿をされていた方と同一人物とは思えない内容です。

『嘆く』事は、このようなコメントを寄せられた時です。

過去の荒れ模様になった事もご存知なはず。
どのような投稿スタイルの方が、お引取り願ったかも理解できているでしょう。

投稿スタイルに関して、マナーを、お守り頂けない様であれば、当方も考えざるを得ません。
どうぞ、ご再考を、よろしくお願い致します。

- Y,T - 2010年12月31日 02:32:49[ 再編集・削除 ]

>Twitterに関してのコメントは別サービスなのですから

すみませんが、このブログに載っているのに別サービスとの意味が分りません。
見たくなくても目に入りますが。それなら目に見えないように出来ないのでしょうか。
そこで「ファン」に対する批判を繰り返していることは事実ではないですか?
ファンの一人として、不愉快な気持ちになるものです。

Twitterに関して触れるな、と言うなら今後は止めます。

>《マスゴミ》《「真央ハズシ、佳菜子アゲ」記事》

これのどこが問題ですか?

ハッキリと教えていただきませんでしょうか?

「マスゴミ」という表現がお気に召しませんか?
こんな程度のことが?

《「真央ハズシ、佳菜子アゲ」記事》
これは私が言っているのではなく、マスゴミがしていることです。

マスコミ批判、採点批判は「御法度」ということですか?

それなら明快ですが。

荒れる? いつ荒れましたか?いつ荒らしましたか?

人聞きの悪いこと言わないで下さい。

私はTwitterに反発はしましたが、ここの住人に攻撃をしたり、絡んだことはありませんよ。
逆に絡まれたことはありますが。

Blogパーツ - 管理人 - 2010年12月31日 04:47:57[ 再編集・削除 ]

v-22Y.T.さん

こちらは個人のBlogで、Twitterのブログパーツを付ける事は
私の自由だと思います。
少し、表示位置を下げましたので、ご了承下さい。

> ファンの一人として、不愉快な気持ちになるものです。

Y.T.さんに向けてのツイートでもありませんし
ごく一部の心無いファンの行為をつぶやいただけです。
その事は、以前にもY.T.さん向けのレスで表明しています。

> >《マスゴミ》《「真央ハズシ、佳菜子アゲ」記事》
>
> これのどこが問題ですか?

> 「マスゴミ」という表現がお気に召しませんか?
> こんな程度のことが?

問題視しています。
マスコミの報道に関しては、そういった部分があるとは思いますが
全てその言葉で片付けられるものではないでしょう。
立派な報道機関もありますし、その呼称は差別用語に等しいと思います。

《「真央ハズシ、佳菜子アゲ」記事》
> これは私が言っているのではなく、マスゴミがしていることです。

事実でもない受け取り手の解釈の問題を個人のBlogで
ことさら強調される意図が解りません。
そういったクレームのような内容は、メディアへ直接お願いします。

> 荒れる? いつ荒れましたか?いつ荒らしましたか?
> 人聞きの悪いこと言わないで下さい。

一度、注意を促したにもかかわらず、お守り頂けないのは残念です。

> 私はTwitterに反発はしましたが、ここの住人に攻撃をしたり、絡んだことはありませんよ。
> 逆に絡まれたことはありますが。

まったく、その反対の気持ちを持った閲覧者もいらっしゃる可能性の事はお考えに無いようですね。
コメント欄が、このような殺伐とした雰囲気になるようなコメントを残す事は
以前から一貫して禁止事項としています。


★FSG ご意見箱 & 冷房室★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-58.html#comment3501

>私が書いた程度の内容がsakuraさまの許容範囲を越えているとは、ちょっと残念です。正直な気持ちです。
もちろん、ここはsakuraさまのブログですので、今後は大人しく優等生に振舞うようにいたします。

こちらのコメントのひとつ前に私のレスを受けてのコメントと解釈しています。
もう一度、私のコメントやエントリー本文最後の注意書きにも目を通して頂ければと思います。

以後、Blog運営に関する投稿は以下のエントリーへお願いします。

★FSG ご意見箱 & 冷房室★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-58.html

質問です - Y,T - 2010年12月31日 10:40:27[ 再編集・削除 ]

殺伐って、管理人さんが「言葉狩り」「検閲」による論理で排除するから、書き込む人がニ、三人しかいない寂しいサイトになっただけじゃないですか。

マスコミ批判、連盟批判、採点批判は御法度ですか?

ある程度は可ですか?

それとも、一切不可ですか?

- Y,T - 2011年01月13日 19:12:47[ 再編集・削除 ]

1月13日付中日新聞に浅田選手のインタビューが掲載されていた。
「…(体型が変り)昔のジャンプを跳ぶのは不可能なので、質のいい、流れのある、高さのあるジャンプを目指してます…」

「ジャンプの天才、素晴しいジャンプ」と散々賞賛されていたにもかかわらず、実は加点の貰えないジャンプだった。「だった」というよりも「見なされてしまった」の方が的確かもしれませんが。

どの選手もルールの変更や審判の傾向にアジャストしなければならず、荒川さんのスピンのレベル4取りの苦労などはその例でしょう。

安藤選手は最初のSPでは複雑なステップを用意してきたが、何故かあまりジャッジに評価されなかった。そのためプログラムを変更することになった。

浅田選手は一番配点の多いジャンプで評価されないのですから、最も大変でしょう。
3F-3Loは回転不足判定され、ルッツはロングエッジにされ、3Aや3Loは少しでも回転が足りないと見るや、アンダーローテはすぐ取られ、なべてジャンプは「小さい、流れが無い、入りにスピードがない」等で加点は少なく、浅田選手は「ジャンプの天才」どころか、いつのまにか「ジャンプの平凡又は不良な選手」にされてしまいました。
全日本のGOEにもそれが明瞭に出ていました。

どんな天才でも泣く子とルールとジャッジには勝てないということですね。

何かと言えば「流れがある、兄弟ジャンプ」が持て囃され、この規格から外れたジャンプは加点されないということで、選手毎のジャンプの個性など無視されてしまう。
ホント、大変ですね。
まさに「傾向と対策」で受験勉強する高校生みたいね。

しかも、採点は客観評価ではなく主観評価ですからね。

YTさん  以前の映像と見比べてみては - ozuma - 2011年01月13日 23:28:00[ 再編集・削除 ]

>「小さい、流れが無い、入りにスピードがない」等で加点は少なく、浅田選手は「ジャンプの天才」どころか、いつのまにか「ジャンプの平凡又は不良な選手」にされてしまいました。


以前は、幅も、勢いも、流れもあるジャンプを跳んでいましたよ。

2009シーズンから極端に慎重に跳ぶようになりましたね。(3Fが顕著)
エッジの矯正が原因か?テクニカルコーチがいなかったのが原因か?分かりませんが。

惚れ惚れするようなジャンプでした。

2005 TEB SP
http://www.youtube.com/watch?v=5JiGXwY3o0I&feature=related
2006 スケアメ SP
http://www.youtube.com/watch?v=ZmyUwtmch9w&feature=related
浅田真央 2007 GPF FP
http://www.youtube.com/watch?v=bYJ_mG6Qvno
2008 ワールド FP
http://www.youtube.com/watch?v=GBBXB65YJQQ

- Y,T - 2011年01月18日 10:20:39[ 再編集・削除 ]

ozumaさん。

>以前は、幅も、勢いも、流れもあるジャンプを跳んでいましたよ

「ヨナ選手のジャンプをある種の理想と見なすISU仕様」から鑑みれば、浅田選手のジャンプは以前から幅も勢いも流れも、さほど無い方だと思います。

高さと軸の取り方の上手さ、軸の細さ美しさで非常に賞賛されて来たと思います。

その割にはシニアデビュー当時から、ジャンプの加点はあまり貰えなかったですが。
たぶん、「幅も勢いも、流れも」あまりなかったからでしょう。

YTさん - ozuma - 2011年01月19日 21:51:01[ 再編集・削除 ]

>その割にはシニアデビュー当時から、ジャンプの加点はあまり貰えなかったですが。

積極加点に拍車がかかりはじめたのは、2007以降ですよね。

幅や流れについては、YTさんの主観で言っていませんか?
2005TEBの3Lzを見ていますか?(着氷後のアチチュード)
2006スケアメSPの3Lzは着氷の流れのまま、チェンジエッジして逆回転のイーグルに移行していますね。
難しいことをサラリとやってのけています。(目の玉かっぽじってよく見ろ!!!)
ペギーフレミングだったかな?「ゴージャスルッツ」と言ってました。

シニアデビューの2005から2006までの事実上の最大の得点源はこの3Lzでした。
SP1回、FP2回 跳んでいましたからね。(3AはFP1回)

この3Lzがエッジ違反で使えなくなったわけですが。
跳ぶのが慎重になり始めたのもこのあたりの事情でしょうね。

ヨナ選手自体も3F-3T以外は、皆が言うほど幅があるとは思えませんが。

2008ワールドFPの3F-3Tはヨナ選手より加点が高かったですよね。(1.4か、1.6)
(映像でも幅があるのが分かりますがね)

3F-3Loも最高で1.8の加点がついたことがあったはずですがね。
3Loも常に1.0以上の加点を貰っていましたよ。
3Tは、加点の渋かったトリノワールドで1.0。(3回転唯一の1点台)
2Aはいつも1~1.8の加点ですね。(仮面フリーを除く)

3Aに関しては、2008 4CCと2008 NHK杯 が1.6、2009国別が1.4。
五輪やトリノワールドの渋い加点が信じられないくらい。

決してジャンプ加点の少ない選手ではなかったですよ。(むしろ多い)

2009年からガクっと減りました 。(2Aと3T除く)
平松氏の兄弟ジャンプ発言とか・・・。

2008ワールド以後、ヨナ選手の加点のほうは天井知らずに上がり続けましたけどね。

浅田選手の2008GPFフリーで提出された予定構成表
3A-2T
3A
3F-3T
3S
3F-3Lo
3Lz
2A

こんな男子のトップ選手顔負けの構成なんか出された日には
対抗選手の加点が大盤振る舞いになるのは当然ではなかろうか?
もっと戦略的に立ち回れないものか。

バンクーバー五輪直前も某国マスコミが
3A-3T や4回転に探りを入れてましたよね。
(現実的でないのは承知していても、現実的でないことをやりかねないと思われている)

相手の警戒心を煽りすぎ。

追記 - ozuma - 2011年01月20日 16:24:15[ 再編集・削除 ]

追記
個人的な推測ですが
2009シーズンに加点が貰いにくいジャンプになったのは、
2008シーズンの厳しすぎる回転不足判定が原因だと思っています。

特に、全日本の3A<-2T 3A< 3F-3Lo<、国別の3F<-2Lo

浅田選手は、「もっと高く跳べば回転不足は解消できる」と言っていましたね。

シーズンオフにジャンプコーチ無しで、より高く跳ぼうとするジャンプに修正したのだと思います。
2009JOは、3Aの失敗以上に3Fの勢いの無さに目を疑いましたから。
より高く跳ぶには、助走のスピードは邪魔になります。
(陸上の走り高跳びと走り幅跳びの助走の違いは分かりますよね?)

より高く跳ぼうとすれば、幅がなくなり、助走スピード・回転速度が遅くなり、踏切時の上下動が大きくなりますね。
(マスコミや某関係者が指摘している弱点そのものですね)

そして、評価基準の「高さ又は幅」が「高さと幅」に文言の変更。

ファンからすれば、「嵌められた」と思いたくもなります。

そして、今シーズン前に元のジャンプを取り戻そうと長久保コーチに指導を受けたのだと思っています。

そうでなければ、世界選手権2連覇がかかっている状況で全ジャンプ修正などありえないでしょう。

他意は無かったにしても、○野氏の果たした役割は非常に大きい。

追々記 - ozuma - 2011年01月21日 19:09:44[ 再編集・削除 ]

3Aに関しては、2008ワールドフリー冒頭での恐怖の大転倒がありました。
よくトラウマにならなくて3Aを復活できたものと思います。

これを境にして跳びかたが変ったとしても無理もないですね。

2008シーズン・2009シーズンはジャンプコーチがいない状況だったし。
(それにしては、2008シーズンの3A・3Fは抜群の安定度だったのですが)

いずれにしろ、個人の推測の範囲です。

- Y,T - 2011年01月23日 15:48:40[ 再編集・削除 ]

ozumaさん。

ご意見、ほぼ同感です。

女子では3Aを試合で跳んで決められるのは浅田選手唯1人ですが、それくらい極めて難しいジャンプなのに、それ見合ったほどのリスペクトが採点の上ではなされていないのが、非常に残念です。
他の女子選手が3Aの練習をして跳んでいる話はいくつかあれど、結局試合で跳んでいるのは依然として浅田選手だけです(この点では男子の4回転とは事情が異なります)

それを、やれ回転がちょっと足りない(それも多くの解説者がクリーンと見なしたくらい微妙な不足)だの、幅が無いだの流れが無いだのと、よってたかって叩き潰そうとしているのが、現行のルールであり採点傾向…そう思いたくもなります。

女子で浅田選手が引退したら、3Aを常に試合で跳ぶ選手は当面いなくなる可能性が大きいでしょう。

労多くしてさほど得点にメリットがなければ、苦労して3Aを覚えるより、一番難度が低くてもご利益の多い3T-3Tで加点をたくさん貰う作戦に走るのは、理の当然でしょうね。
難しいジャンプほど加点が貰えず、難度の低いジャンプほど加点が沢山貰えるのが現実ですから、それなら難しいジャンプをわざわざ跳ぶ「意味」があまりないわけです。

まあ、女子に3Aは無くてもいいと言っているISU幹部がいたくらいですから、カタリナ・ビットさんのような演技を理想とする欧米の価値観からすれば、浅田選手が3Aをポンポン決めて勝つようなパターンは面白くないのでしょうね。

コストナー選手の勝ち方を見ていると、女子シングルは20年以上前に逆戻りしているのかと思ってしまいます。
今のルールと採点傾向なら、全盛時のカタリナ・ビットさんは充分勝てるかもしれません。たとえ二つか三つの三回転しか跳べなくても。あとは加点とPCSでガバチョと得点して。

YTさんの見解とは全然違うんだけどな - ozuma - 2011年01月23日 21:18:25[ 再編集・削除 ]

五輪に話をもどせば、一番気になるのは浅田選手というか、浅田陣営の戦略的な考えの無さです。
3AについてもYTさんの考えは単純過ぎる。

浅田選手のSP FP合わせて3回で精神的に影響を受けるのは日本男子シングルの選手です。
もし、高橋選手が最初から4回転を捨てた構成だったならば、ライサチェックを
押さえて金メダルが獲れたかもしれません。
日本スケ連の一部に4回転回避を薦める人達もいたようですね。

だが「女子がフリーで3Aを2回跳ぶのに、日本男子のトップとして4回転は回避できない」と拒否したようです。
日本男子トップの面子にかけて4回転回避は出来ないってことでしょうね。
高橋選手もライサチェックも最高難度のコンボは浅田選手と同じ3A-2T。
3A-2Tを1回、3Aを2回に対して、浅田選手は、3A-2Tを2回、3Aを1回です。

3A-2Tと3F-3Tの基礎点は同じ、日本スケ連としては、浅田選手のフリーは3A 1回、3F-3T 1回を薦めていたようですね。

と言うより、2007フリーの3A1回 3F-3T 3F-3Loが理想的なのです。
浅田選手自身が3Aを2回跳ぶと体力的に3-3を入れるのは無理と言っていました。
3Aを2回跳ぶことで、全体の基礎点は下がってしまうのです。
それでも、浅田選手は自身の拘りを貫きました。

点数的にうま味がないと言うよりマイナスの拘りが男子に影響を与えるのを苦々しく思う人だっているでしょう。(試合に勝つという視点ではナンセンスです)
「浅田真央○○歳」シリーズの著者、宇都宮さんでさえ「本当に金メダルを狙っているのか?」と疑問視されてたようですからね。

男子は今シーズン中間点が出来て、4回転に挑戦するのが当然の風潮になりましたが、浅田選手の功績と言ってもよいでしょう。


それと派閥の問題
ソルトレイクのペアのジャッジ騒動に代表されるように、ロシアとカナダは犬猿の仲ですね。

日本は、派閥的には北米側です。
浅田選手もジュニアの頃からカナダ合宿に参加していて、カナダスケ連に可愛がられていました。(山田コーチの本によれば)
カナダジャッジは浅田推しだったんですよ。
(タラソワコーチだったならば2008ワールドの大転倒後の優勝はなかったでしょうね?)
タラソワさんもソルトレイク当時は北米拠点でロシアスケ連と対立していました。
ミーシン・プルシェンコとタラソワ・ヤグディンの確執は有名ですね。
北米マスコミはミーシン・プルシェンコの師弟に手厳しく、タラソワ・ヤグディン擁護だった。

例のペアのジャッジ騒動の時は、タラソワ・ヤグディンはカナダ寄りの発言だったんですね。
荒川選手のコーチになったのも北米拠点の時です。

それがトリノ五輪前にロシアに拠点を移し、ロシアスケ連の役職につきました。

タラソワ・浅田の師弟はカナダから見ると裏切り者コンビというわけです。
立場的には、皮肉にもソルトレイク時のミーシン・プルシェンコと同じです。
(オーサー・ヨナがソルトレイク時のタラソワ・ヤグディンの立場)

バンクーバー五輪で金を目指すには最悪の選択をしたんですね

終わりにしましょう - Y,T - 2011年01月24日 14:12:21[ 再編集・削除 ]

私に誤解があるとすればozuma さんの主旨、つまりいったい何が仰りたいのか、不明瞭に思います。

なんか、話しがかみ合わないみたいですね(笑)

「確執」とか「対立」とか「裏切り」とか、そういったネタには興味はありません。


最後に - ozuma - 2011年01月24日 17:33:45[ 再編集・削除 ]

以前にも、書きましたが、日本人コーラーの場合の浅田選手の3Aの認定。
ジャッジ前で跳んだ場合は、認定。
ジャッジから離れる方向に跳んだ場合は回転不足。

今年の全日本も健在でした。
着氷乱れた3Aが認定(ジャッジ前)
綺麗に着氷した3Aが回転不足(ジャッジから離れる方向)

こtれだけデータがでているのだから、跳ぶ位置を考えるべきだよな。(去年から言ってるけど)

現実は綺麗ごとではないですしね。

そして、YTさんの一連の書き込みも、とても綺麗ごとではありませんよね。

一方的な決め付けが多すぎる。
相当に自分勝手な人に思えます。

あなたの一方的な妄想にも興味はありません。

正直な感想ですので悪しからず。

すごいな~と思うこと - まる子 - 2011年01月31日 13:09:11[ 再編集・削除 ]

年明けのアイスショー、「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」での真央選手の演技を、You Tube で見ました。シーズン前半のジャンプの不振がウソのように、まるでダブルジャンプを跳ぶように軽々とトリプルを跳んでいて驚きました。回転も完璧に見えました。ここ数シーズンは「跳ばなくちゃ!!」というような力みが常に、踏み切りの時に感じられたように思いますが、それもなくて、スっと空中にあがっているように思いました。感動しました。

ジャッジが真央選手に特別厳しいという意見は、あながちウソじゃないかもしれないですね。本当はあってはならないことだとは思いますが、「スケートバカ」のジャッジの皆さんが、「スケートに愛された」真央選手に、「あなたならもっと出来るよ」とエールを送るようにダメ出しをしていたような気さえしてきます。そのメッセージを正面から受け止めて課題を克服しているであろう真央選手が、この後どこまで進化していくのか、楽しみでなりません。

ジャンプの修正(矯正?)、まだまだこれからが本番なのかもしれません。でも、真央選手なら出来るような気がします。「再挑戦」どころか「いつでも挑戦」な真央選手を心から尊敬しています。大好き、真央ちゃん!!

真央選手とチャン選手 - Y,T - 2011年02月01日 09:40:19[ 再編集・削除 ]

まる子さん。

チャン選手が好きで真央選手も好き、というファンは少数派だと思うのですが、ひょっとして、まる子さんも?

もしそうなら嬉しいな。初めての「出会い」ですので。
尤も、嫌いなスケーターなんていませんけどね。

ネット上で見る限り、
真央選手好き・ジュベール選手好き・プルシェンコ選手好き、しかし、チャン選手とヨナ選手は嫌い、が多数派でしょうね。

私見ですが、真央選手とチャン選手と小塚選手の三人は、演技・滑りのスタイルや方向性が似ているように思っています。

まあ、俗な意味で「演技派・エンターテイナー」とは言えない感じがしますし、ひたすらフィギュアの高度な技術で勝負していく、優れたスケーティングそのもので魅せる、そんなところが。

ただし、リンク外の言動は真央選手と小塚選手は共に謙虚な優等生タイプで、あの「薄っすらとした話し方」も似ているような。
しかし、チャン選手は思い切り「挑発的ガキ大将」「倣岸?」で全然似ていないみたいですが(笑) これが女子選手だと全くシャレになりませんが、どういうわけか男子には私は甘い。

>ジャッジの皆さんが、「スケートに愛された」真央選手に、「あなたならもっと出来るよ」とエールを送るようにダメ出しをしていたような

なるほど。
チャン選手とヨナ選手は「ジャッジに愛されている」と、ちょっと揶揄的に言われますが、もしかして真央選手こそ真の意味でジャッジに愛されている、という言い方も出来るかもしれませんね。コジツケっぽいか(笑)

Y.Tさん - まる子 - 2011年02月01日 13:04:26[ 再編集・削除 ]

「真央選手が好き、チャン選手も好き」
ついでに言えば、ヨナ選手も、です。一般的なネット上でのフィギュアファンの会話では異端扱いですが、こちらのサイトではごくフツウに受け入れてもらえますよね。私はSakuraさんのこのサイトの、そういうところが大好きなんです。

>真央選手こそ真の意味でジャッジに愛されている、という言い方も出来るかもしれませんね。

本気でそう思って書きました。もちろん、私の勝手な妄想です。このあと数シーズン、どういうスケーターになっていくのか、真央選手から目が離せませんね!

スケーターのタイプ分類や好みについては、今度BBSのほうに書こうと思います。話がふくらみそうですね~(^^)

まる子さん - ozuma - 2011年02月02日 00:47:58[ 再編集・削除 ]

>ジャッジが真央選手に特別厳しいという意見は、あながちウソじゃないかもしれないですね。、「スケートに愛された」真央選手に、「あなたならもっと出来るよ」とエールを送るようにダメ出しをしていたような気さえしてきます。

個人的には
ちょっと、お目出度たすぎませんか?
と思います。

かってのチンクワンタと日本スケ連(正確には久永会長)との確執を知らない人なのかな?

チンクワンタと久永でググるといろいろでてきますが
http://cgi.search.biglobe.ne.jp/cgi-bin/search2-b?search=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&web_s.x=1&q=%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%81%A8%E4%B9%85%E6%B0%B8&bt01=%E6%A4%9C%E7%B4%A2
野辺山強化体制をつくった当時の久永会長とチンクワンタとはいろいろあります。

浅田選手は久永体制下での最高傑作ともいえる選手。

トリノ五輪当時は久永会長でしたね。
チンクワンタが浅田選手の特例出場を認めるわけがない。

久永との争いには勝っても、肝心のフィギュア人気といえば、欧米は風前の灯、日本はかってない盛況(ほとんどが久永体制下で頭角を現した選手達です。)

チンクワンタの内心は忸怩たる思いでしょう。

団体戦の五輪導入等に必死になる気持ちもわからないではない。

現実は権力闘争を無視できませんよ。
空想の世界で遊ぶ分には自由ですが。

トリノ世選の採点は、空恐ろしさを感じましたよ。

浅田選手をヨナ選手・未来選手の下にする気満々だったとしか思えませんね。

二人とも自滅が多くて、不本意ながら、浅田選手を優勝にせざるをえなかった
ようにしかみえない採点だった。

ISUの筋書きとしては、2006ワールドのマイズナー選手の新女王誕生の再現だったのかな?

浅田選手としては、最大限のパフォーマンスに近い状態だったにもかかわらずにね。
(男女通じて、SP FP 一見ノーミスは、浅田選手だけだったような?)

他の選手のミスが無ければ勝たせる気がないと思っていたほうが妥当でしょう。

そうなると、高橋選手の愛され度の説明がつかないのですが。
(オーサーに五輪のキスクラに座ってもらう提案もあったようですね)
昔から、水面下ではいろいろある競技ですよ。

ozumaさん - まる子 - 2011年02月02日 13:09:55[ 再編集・削除 ]

はじめまして(というのかしら?コメントはいつも拝読しております)、レスコメントをありがとうございます。

そうですね、現実には色々あるでしょう。政治的な駆け引きも、権力闘争、派閥争いも。だから、やっぱり上記コメントは、Y.Tさんに申し上げたように「私の勝手な妄想」なんだと思います。
でも、私は今シーズンから「お目出度い」目線でフィギュアスケートを観ることに決めたんです。なぜなら、それが私にとって一番楽しいからです。

名古屋のショーでの真央選手のショパンのバラードを見て、純粋に感動しました。本当に美しいと思いました。毎晩、寝る前に必ず1度再生しています。この美しい演技が見られるのは、辛口のジャッジメントに正面から立ち向かった真央選手の成果であり、彼女自身が誰よりも上達を実感しているからこそ、あんなに晴れ晴れとした伸びやかな演技を見せているのだと私は思いました。課題のルッツや3Aの回転不足克服はこれからになるでしょうが、それらをすべてクリアして、水面下で何があろうとも圧倒できるような構成でソチ五輪に臨むのではないか、そんな「お目出度い」予感とともに、現在の真央選手の演技を楽しんでいます。

お目出度ファン2号! - kママ - 2011年02月03日 22:21:55[ 再編集・削除 ]

お邪魔虫参上!

歓迎されないかなあと思いつつ・・やっぱり贔屓選手の名前が出てくると気になるので参加させていただきます~。。
どうやらY.Tさんやozumaさんには愛されてない高橋君のようですが・・・。
ところでISUに愛されるってどういう意味でしょうかね。。

高校生の時から海外にも色々と行き武者修行をし、外国人コーチの下で指導してきた時も悪戦苦闘しながら長光コーチと二人三脚で頑張ってきていました。
ジュニアワールドで優勝して以来、思ったようにいかない時期を過ごし挫折も何度も味わってきてます。
そういった苦労をファンとして見聞きしてきてるのでISUに愛されてるとかいう話には納得できない感じなんですが、もし愛されてるといわれたら多くのスケーターや解説者、スケート関係者には愛されてるのかもしれませんね。。
そのことは外国の記事や試合の解説でも感じます。
GPFは再度見ると結構辛くなるんですが以前コーチをしていただいたタラソワコーチの暖かく嬉しくなるようなコメントを頂いたので紹介させていただきます。。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12999269

ところでozumaさんが仰ってる高橋くんのコーチの件ですがこの記事のことでしょうか。。
オーサーさんもですがカメレンゴさんや他の外国人コーチの話という話もありましたよ。。
こういうことって水面下とか大げさな話でしょうか?
スポーツに限りませんがどんな世界でもいい状態に持っていくための努力は必要ですし支える人達が色々考えるのも当たり前の事ではないでしょうか。。
http://www.nikkei.com/sports/column/article/g=96958A96889DE2EAE2E3E1E5E5E2E0E6E2E7E0E2E3E28781E2E2E2E2;df=2;p=9694E0EBE2E3E0E2E3E2E1EBE3E1

ちなみに・・私もチャン君は結構好きですよ。。。(もちろん一番は高橋くんですけど~笑)
それに、チャン君はシニアに上がってからずっと注目してた選手の一人です。
ファンサイトでも凄い選手が出てきたねえと当時話題になってましたよ。
まあ男子中心に見ているコアなフィギュアファンだったら当たり前の事なんですけどね・・・。
んでもってプログラムによってはヨナちゃんも好きです~。
真央ちゃんのこともまる子さんのお話には頷いております。。
なのでまる子さんと一緒で私もお目出度いファン認定よろしくお願いいたします。。
e-348

わからないです - ゆり - 2011年02月03日 22:57:08[ 再編集・削除 ]

自分から「お邪魔虫」っていって出てくる人の気持ちって
一生わかりませんが、
こちらのサイトははそういう方が一番正しいのだとあらためて思います。

kママさん - ozuma - 2011年02月04日 00:19:01[ 再編集・削除 ]

>こういうことって水面下とか大げさな話でしょうか?
>スポーツに限りませんがどんな世界でもいい状態に持>っていくための努力は必要ですし支える人達が色々考>えるのも当たり前の事ではないでしょうか。。

全くそのとおりなんですよ。

だが、浅田選手の場合は?
全く逆方向にいっているんですよね。

浅田選手もジュニア時代から2007-2008シーズンまでは愛され選手でした。
タラソワコーチだったならば、2008ワールドの大転倒後の優勝はなかったでしょうね。

山田コーチの本にもあるようにカナダスケ連に可愛がられていたようですね。
(ISU副会長はカナダスケ連会長だったドレ氏)

副会長がフィギュア部門を取り仕切る立場のようですね。

タラソワコーチになってから逆風になってしまいました。
ソルトレイク以降のいきさつをみても、そうなることは素人にも理解できます。

天然系の性格のままに戦略的な思考が全くなっていない。

孫子の兵法
「戦略の失敗は戦術にては補い難し、戦術の失敗は戦技にて補いがたし」

現にバンクーバー五輪は、戦技にては補い難しでしたね。

あと、4回転ジャンプを2回追加しても追いつかない点差ですから。(アホらしい)

素朴な疑問 - Winter - 2011年02月04日 01:36:24[ 再編集・削除 ]

読解力が無いのか文章の難度が高いのか、論点がイマイチ理解できないのですが…。

YTさんは『カタリナ・ビットさんのような演技を理想とする欧米の価値観からすれば、浅田選手が3Aをポンポン決めて勝つようなパターンは面白くない』という理由で、
またozumaさんは(浅田選手側の戦略ミスもあれど)『男子のトップ選手顔負けの構成なんか出された日には 対抗選手の加点が大盤振る舞いになるのは当然』『相手の警戒心を煽りすぎ』かつ『タラソワ・浅田の師弟はカナダから見ると裏切り者コンビ』『久永会長とチンクワンタとはいろいろあ』るという理由で
各国の審査員が毎回一致団結して浅田選手の得点を抑えている、と仰っているのですか?そのように読み取れるのですが。

大人の世界ですから政治的なるものが全く存在しないとは思いませんが、各国・各個人で思惑も利害関係も千差万別な中で、試合ごとに顔ぶれの異なる審査員が毎回全員一致団結して一人の選手についてだけ得点を抑えるとは考え難いです。

さらに言えばワールドクラスの審査員が揃いも揃って「面白くない」とか「裏切り者」とか「この選手は難度の高すぎるプロだから対抗選手に加点しよう」とか言うレベルで審査をしてどこからも正式な抗議が来ないとは思えません。それこそ政治力や利害関係はどこへ行ってしまったのでしょうか?

YTさんもozumaさんもトリノで復活したニワカな私などには及びもつかない経験と知識をお持ちなのだと思いますが、素朴な疑問が沸いてしまいました。

No title - 赤い新芽 - 2011年02月04日 11:24:16[ 再編集・削除 ]

こんにちは管理人様皆さまはじめまして。
時々覗かせていただいていましたが、こちらでコメントするのは2回目くらいでHN忘れてしまいました。すみません。改めてです。宜しくお願い致します。

”ジャッジに疑惑の目を向けない”なんてとんでもない技を繰り出したら、どこの掲示板でもミソクソに叩かれて怖い感じがするので、このことはどこでも書いたことがなかったですが、Winter さまの「素朴な疑問」を読ませていただいて、単純にあッ似たような考えの方がいらっしゃるんだな~って思いました。

皆さまどうおっしゃるのか、一回書いてみたいなと思って今回投稿させていただきました。

私はスケートリンクもごくごく近くにあったり、そこで滑っている現役選手、元選手やとりまきの方々、コーチの方と話す機会があったり、更に、留学生クラスのある学校が近かったりでとっても素敵な韓国の方をたくさん知っているという環境にいます。そういう状況の中にいるからか、巷でささやかれているフィギュアスケートジャッジ買収説とか八百長説だとか、ISUに愛されているとか愛されていないとか、そういう話をいつも???????に感じてしまう者です。

バンクーバーお祭り騒ぎ誰にも甘い爆得点の中でのキムヨナ選手のあの点数はあり得る範囲だと思っているし、チャン選手の転倒あっても爆加点は、今のルールの中では当然と思ってるんです。買収でも八百長でも愛されているでも何でもなくて、単純に現ルールにのっとって点つけてるだけ===みたいに思っています。

選手にウィンクされたからといってジャッジが5点も10点も上乗せできるはずもなし、毎回変わるジャッジをいつも黒幕がいて、その都度その都度全員に金品ちかつかせて買収できるはずもなし、、、。そういう話はどこまでいっても暗闇の中なので、信ぴょう性がないというか、妄想に終わるばかりか、妄想っていうのはどこまでも膨らんでくものですから、やっかいだと思います。

公で裁かれることがあったときのみそういうことを私は信じたいと思ってます。ノーテンキと言われようがお目出度いと言われようが、そういう話は私個人は好きではありません。裏事情当然あるとは思いますが、ルールに則り良い演技をしたものが勝つ。

個人的にキムヨナ選手やチャン選手はファンの方にはスミマセン、私はハッキリ言って好きではない選手ですが、素晴らしい技術なり良い演技だからこそ得点が出る。ただそれだけだと私は思っています。ただ転倒の場合はもっと厳しい減点もしくは点なしにしてほしいなというのが正直な気持ちです。

いきなり出てきて長くてスミマセンでした。

ここは真央ちゃん記事のスレでしたか、、、。重ねてスミマセン。

winterさん - ozuma - 2011年02月04日 11:29:36[ 再編集・削除 ]

ジャッジミーティングで意識合わせを行うのは常識ですよね。

平松氏の記事でも「こういうものに点数を出しなさい」とDVDを作って教育してきた。
というのがありましたね。

3Lz 3Fのエッジ違反が導入されたスケカナで
浅田選手のSPに減点3でした。
ジャッジミーティングで-3はヒドすぎるという意見がでて
FPでは減点1でした。
日本人ジャッジがなにかの記事に書いていましたね。

バンクーバー五輪後のジャッジ会議では「未来選手を高評価していこう」という流れになった と同じく日本人ジャッジが記事にしていました。(日本的に言えば談合体質)

それとジャッジの選出自体も不透明ですね。
五輪の女子フリーでは日本人ジャッジが外されました。
(某コーチは日本人ジャッジはいても役にたたないと発言するくらいだから大差ないでしょうが)

>「この選手は難度の高すぎるプロだから対抗選手に加点しよう」とか言うレベルで
>審査をしてどこからも正式な抗議が来ないとは思えません。

たった一人の突出した難度の選手を引きずり下ろすということでは、各国の利害は一致しますよね。
自国の選手を勝たせたければ、そんな選手は邪魔です。

プロレスのバトルロイヤルに例えるのは悪いが、一致協力して最強の選手を倒した後に各自の戦いに入るがパターンです。

個人的な推察では、元々、新ルールはコストナー選手・バトル選手を推す意向が反映されたものだと思っていますが。
(4回転軽視、スケーティング重視はバトル選手、スピード重視はコストナー選手ですね)

何が言いたいのか?
と言うと、チンクワンタ会長(イタリア)・ドレ副会長(カナダ)の意向が反映されているということ。

ジャッジミーティングにも当然反映されると思うのが世間ズレした俗物の考えることだと思います。

バトル選手はワールド優勝後に早々と引退、コストナー選手は、2008-2009シーズン以降は全く安定しなくなって、思惑がはずれた結果だろうと思います。
(あくまでも個人的な推察ですが)

そのルールに順応できた選手が結果を得た。

世間ズレしていない、ロマンチストの方がどう思うかは知りませんが。

No title - ピョン太 - 2011年02月04日 21:45:11[ 再編集・削除 ]

ozumaさーん!

>個人的な推察では、元々、新ルールはコストナー選手・バトル選手を推す意向が反映されたものだと思っていますが。
>(4回転軽視、スケーティング重視はバトル選手、スピード重視はコストナー選手ですね)

>何が言いたいのか?
>と言うと、チンクワンタ会長(イタリア)・ドレ副会長(カナダ)の意向が反映されているということ。

あのー!いくらなんでも、コストナー選手(スピード)とバトル選手(四回転軽視・スケーティング重視)の為にルールを作ったなんて話しは・・・^^;


真央ちゃんに関しては、どんどんフィギュアスケーターとして進化していってると思います!!!(現在進行形)

個人的には、タラソワさんマジックで!素晴らしい表現を身につけたんじゃないか!と思ってます!

素晴らしいフィギュアスケーターに進化進化進化!!!
これはもう「真央ちゃんの本能」から来てると思います!!!

努力努力努力!!!の賜物!!!だと思います!!!


僕なんか、あんま努力して生きて来てないので。。。駄目親父になってしまいましたあ!(~~;)/

(TOT)/

- いち読者 - 2011年02月04日 23:14:30[ 再編集・削除 ]

ozmaさんのコメントで気になるのですが、「何かの記事で言ってた」が多く、どの発言を元にしていらっしゃるのか?引用元など、明確なソースが示されていませんよね?発言の一部分だけを捉えご自身の妄想に都合のいいように解釈されていませんか。もしよろしければ、どの発言か分かる範囲で教えて頂きたいです。

浅田選手だけが虐げられている、とファンの方は思いたいのでしょうか。過度な妄想は浅田選手に失礼だと思いませんか?ルール自体がおかしい、浅田選手が勝てないように示し合わせていると騒ぐ割には、浅田選手が勝った試合では、採点結果に異論は出ませんね。負けた時だけルールがおかしい、裏で示し合わせていると言うなら、それはファンのエゴというもの。浅田選手は、今のままじゃいけないと努力をし、進化を続けているにも関わらず。ファンなら根拠の示せない妄想でグダグダ言ってないで、浅田選手の挑戦を応援すればいいのに。今の浅田選手には、信夫先生もいらっしゃるし。何をすべきか分かっていて頼もしいです。

赤い新芽さんのおっしゃる事、分かります。今のルールは、傾向と対策をしっかり把握していれば、ある程度の結果は出せるルールだと思いますが。キム選手やチャン選手が破格の点数を出しているのを見たら、何を目指せばいいかも分かりやすいでしょう。何が良くて何が悪いか、選手には毎回ディテールを配ってくれるんですから目に見えた評価が分かります。試合後何が良くて悪いかもある程度はジャッジからアドバイス貰ってるでしょう。(特定選手だけでなく)講評と言う形で全体にアドバイスをする場合もあれば、個々にアドバイスを頂いたと言う話も聞きます。ファンがあの判定はおかしい!と騒いでいたとしても、選手はその理由を説明されていて納得しているのかもしれませんね。

この記事のコメントのやり取りを見て「木を見て森を見ず」と言う言葉を思い浮かべてしまいます。フィギュアスケートって、テレビに映るトップ選手だけの競技ですか?ノービスやジュニア、大学生、全国大会に至らないレベルの選手が居るのをご存知ですか?みんな同じルールで戦っていますよ。浅田選手と周辺の選手や試合だけで、フィギュアスケート全体と捉えるのは余りにも視野が狭過ぎませんか?

自分もお目出度い人間ですから、それこそ、相撲のように「八百長のやり取りがメールに残っていた」「それを当人が認めた」ぐらいじゃないと、話半分で受け流しちゃいます。今は2002年じゃない、2011年ですから。

- Y,T - 2011年02月06日 16:05:14[ 再編集・削除 ]

Winterさん。

おかしな採点と感じるものを「おかしい」と言ってはいけませんか?

前回の世界選手権もそうですが、これはソニャ・ビアンケティさんに限らず、フィギュア関係者からもいくらでも批判は出ているのです。

しかし、Winterさんのように審判への信頼感が厚く、そう思わない人もたくさんいるわけで、それはそれで大変結構なことではないですか?

感じることは人それぞれですから。

ちなみに、私はパトリック・チャン選手の演技が大好きですが、だからと言って彼の演技に対する採点を無条件に受け入れるものでもありません。やはり「どう見ても変だな」と思う点もあります。

議論はほどほどに… - Sakura  (管理人) - 2011年02月13日 03:56:53[ 再編集・削除 ]

ご新規訪問者の方もいらっしゃったのに、ご挨拶が遅れて申し訳ありません。

v-22赤い新芽さん、ご訪問&コメントありがとうございます。
どうぞ、拙いBlogですが、よろしくお願い致します。

**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**

ココからは管理人として…

一度管理人として登場して以降、静観しておりましたが…
エントリーの主旨とは離れたコメントが続いています。

こちらでは、浅田選手のエントリーですし、他の選手との比較など関係のない事だと思いますので
妄想を含んだような議論等はほどほどにして頂きますようお願い致します。

コメントの投稿


トラックバック

URL :

FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年11月 29日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ ★選手全般
  └ ★小塚崇彦の覚醒+浅田真央…あの頃の自分へ★
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。