スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★'11-'12シーズン ルール改正★ 修正部分

|Japan Skating Federation Official Results & Data Site| 
http://www.skatingjapan.jp/ 

※ 日本スケート連盟 ISU通達・国内規定はリンクをたどって下さい。 
2011.05.25  
男女シングルおよびペアでの改正事項が発表されました。 
ISUコミュニケーション1672(日本語訳) 
2011-2012 シーズンにおける価値尺度(SOV),GOE 採点ガイドライン,難度レベルの修正 
http://www.skatingjapan.jp/data/fs/pdfs/comm/comm1672j.pdf 

ルールの全体部分が記載されている通達は 
以下のコミュニケーション1611をご覧下さい。 
ISUコミュニケーション1611 日本語訳版 ('10-'11シーズン版) 
http://www.skatingjapan.jp/data/fs/pdfs/comm/comm1611j-20101101.pdf 

★'10-'11シーズン ルール改正考察★ 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-135.html 
  
以下スペースの関係上 シングルに関する項目を抜粋してます。 
**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆** 

                   価値尺度(SOV)
 

 

 

+3

+2

+1

BASE

BASE <

-1

-2

-3

シングルおよびペア・スケーティング

ジャンプ

Toeloop

1T

0,6

0,4

0,2

0,4

0,3

-0,1

-0,2

-0,3

Salchow

1S

0,6

0,4

0,2

0,4

0,3

-0,1

-0,2

-0,3

Loop

1Lo

0,6

0,4

0,2

0,4

0,3

-0,1

-0,2

-0,3

Flip

1F

0,6

0,4

0,2

0.5

0,4

-0,1

-0,2

-0,3

Lutz

1Lz

0,6

0,4

0,2

0.6

0,4

-0,1

-0,2

-0,3

 

Axel

1A

0,6

0,4

0,2

1,1

0,8

-0,2

-0,4

-0,6

DoubleToeloop

2T

0,6

0,4

0,2

1.3

0.9

-0,2

-0,4

-0,6

DoubleSalchow

2S

0,6

0,4

0,2

1.3

0.9

-0,2

-0,4

-0,6

DoubleLoop

2Lo

0,9

0,6

0,3

1,8

1,3

-0,3

-0,6

-0,9

DoubleFlip

2F

0,9

0,6

0,3

1,8

1,3

-0,3

-0,6

-0,9

DoubleLutz

2Lz

0,9

0,6

0,3

2,1

1,5

-0,3

-0,6

-0,9

 

DoubleAxel

2A

1,5

1,0

0,5

3,3

2,3

-0,5

-1,0

-1,5

TripleToeloop

3T

2,1

1,4

0,7

4,1

2,9

-0,7

-1,4

-2,1

TripleSalchow

3S

2,1

1,4

0,7

4,2

2,9

-0,7

-1,4

-2,1

TripleLoop

3Lo

2,1

1,4

0,7

5,1

3,6

-0,7

-1,4

-2,1

TripleFlip

3F

2,1

1,4

0,7

5,3

3,7

-0,7

-1,4

-2,1

TripleLutz

3Lz

2,1

1,4

0,7

6,0

4,2

-0,7

-1,4

-2,1

 

TripleAxel

3A

3,0

2,0

1,0

8,5

6,0

-1,0

-2,0

-3,0

QuadToeloop

4T

3,0

2,0

1,0

10,3

7,2

-1,0

-2,0

-3,0

QuadSalchow

4S

3,0

2,0

1,0

10,5

7,4

-1,0

-2,0

-3,0

QuadLoop

4Lo

3,0

2,0

1,0

12,0

8,4

-1,0

-2,0

-3,0

QuadFlip

4F

3,0

2,0

1,0

12,3

8,6

-1,0

-2,0

-3,0

QuadLutz

4Lz

3,0

2,0

1,0

13,6

9,5

-1,0

-2,0

-3,0

QuadAxel

4A

3,6

2,4

1,2

15,0

10,5

-1,2

-2,4

-3,6

 

スピ  (ペアではソロ・スピン)

単一姿勢のスピン、足換え無し (アップライト、レイバック、キャメル、シット)

Upright  Level1

USp1

1,5

1,0

0,5

1,2

 

-0,3

-0,6

-0,9

Upright  Level2

USp2

1,5

1,0

0,5

1,5

 

-0,3

-0,6

-0,9

Upright  Level3

USp3

1,5

1,0

0,5

1,9

 

-0,3

-0,6

-0,9

Upright  Level4

USp4

1,5

1,0

0,5

2,4

 

-0,3

-0,6

-0,9

 

Layback  Level1

LSp1

1,5

1,0

0,5

1,5

 

-0,3

-0,6

-0,9

Layback  Level2

LSp2

1,5

1,0

0,5

1,9

 

-0,3

-0,6

-0,9

Layback  Level3

LSp3

1,5

1,0

0,5

2,4

 

-0,3

-0,6

-0,9

Layback  Level4

LSp4

1,5

1,0

0,5

2,7

 

-0,3

-0,6

-0,9

 

CamelLevel1

CSp1

1,5

1,0

0,5

1,4

 

-0,3

-0,6

-0,9

CamelLevel2

CSp2

1,5

1,0

0,5

1,8

 

-0,3

-0,6

-0,9

CamelLevel3

CSp3

1,5

1,0

0,5

2,3

 

-0,3

-0,6

-0,9

CamelLevel4

CSp4

1,5

1,0

0,5

2,6

 

-0,3

-0,6

-0,9

 

SitLevel1

SSp1

1,5

1,0

0,5

1,3

 

-0,3

-0,6

-0,9

SitLevel2

SSp2

1,5

1,0

0,5

1,6

 

-0,3

-0,6

-0,9

SitLevel3

SSp3

1,5

1,0

0,5

2,1

 

-0,3

-0,6

-0,9

SitLevel4

SSp4

1,5

1,0

0,5

2,5

 

-0,3

-0,6

-0,9

 

フライング・スピン  (アップライト、レイバック、キャメル、シットいずれかの姿勢)

UprightLevel1

FUSp1

1,5

1,0

0,5

1,7

 

-0,3

-0,6

-0,9

UprightLevel2

FUSp2

1,5

1,0

0,5

2,0

 

-0,3

-0,6

-0,9

UprightLevel3

FUSp3

1,5

1,0

0,5

2,4

 

-0,3

-0,6

-0,9

UprightLevel4

FUSp4

1,5

1,0

0,5

2,9

 

-0,3

-0,6

-0,9

 

LaybackLevel1

FLSp1

1,5

1,0

0,5

2,0

 

-0,3

-0,6

-0,9

LaybackLevel2

FLSp2

1,5

1,0

0,5

2,4

 

-0,3

-0,6

-0,9

LaybackLevel3

FLSp3

1,5

1,0

0,5

2,9

 

-0,3

-0,6

-0,9

LaybackLevel4

FLSp4

1,5

1,0

0,5

3,2

 

-0,3

-0,6

-0,9

 

CamelLevel1

FCSp1

1,5

1,0

0,5

1,9

 

-0,3

-0,6

-0,9

CamelLevel2

FCSp2

1,5

1,0

0,5

2,3

 

-0,3

-0,6

-0,9

CamelLevel3

FCSp3

1,5

1,0

0,5

2,8

 

-0,3

-0,6

-0,9

CamelLevel4

FCSp4

1,5

1,0

0,5

3,2

 

-0,3

-0,6

-0,9

 

FlyingSitLevel1

FSSp1

1,5

1,0

0,5

2,0

 

-0,3

-0,6

-0,9

FlyingSitLevel2

FSSp2

1,5

1,0

0,5

2,3

 

-0,3

-0,6

-0,9

FlyingSitLevel3

FSSp3

1,5

1,0

0,5

2,6

 

-0,3

-0,6

-0,9

FlyingSitLevel4

FSSp4

1,5

1,0

0,5

3,0

 

-0,3

-0,6

-0,9

 

単一姿勢のスピン、足換えあり  (アップライト、レイバック、キャメル、シット)

UprightLevel1

(F)CUSp1

1,5

1,0

0,5

1,7

 

-0,3

-0,6

-0,9

UprightLevel2

(F)CUSp2

1,5

1,0

0,5

2,0

 

-0,3

-0,6

-0,9

UprightLevel3

(F)CUSp3

1,5

1,0

0,5

2,4

 

-0,3

-0,6

-0,9

UprightLevel4

(F)CUSp4

1,5

1,0

0,5

2,9

 

-0,3

-0,6

-0,9

 

LaybackLevel1

(F)CLSp1

1,5

1,0

0,5

2,0

 

-0,3

-0,6

-0,9

LaybackLevel2

(F)CLSp2

1,5

1,0

0,5

2,4

 

-0,3

-0,6

-0,9

LaybackLevel3

(F)CLSp3

1,5

1,0

0,5

2,9

 

-0,3

-0,6

-0,9

LaybackLevel4

(F)CLSp4

1,5

1,0

0,5

3,2

 

-0,3

-0,6

-0,9

 

CamelLevel1

(F)CCSp1

1,5

1,0

0,5

2,0

 

-0,3

-0,6

-0,9

CamelLevel2

(F)CCSp2

1,5

1,0

0,5

2,3

 

-0,3

-0,6

-0,9

CamelLevel3

(F)CCSp3

1,5

1,0

0,5

2,8

 

-0,3

-0,6

-0,9

CamelLevel4

(F)CCSp4

1,5

1,0

0,5

3,2

 

-0,3

-0,6

-0,9

 

SitLevel1

(F)CSSp1

1,5

1,0

0,5

1,9

 

-0,3

-0,6

-0,9

SitLevel2

(F)CSSp2

1,5

1,0

0,5

2,3

 

-0,3

-0,6

-0,9

SitLevel3

(F)CSSp3

1,5

1,0

0,5

2,6

 

-0,3

-0,6

-0,9

SitLevel4

(F)CSSp4

1,5

1,0

0,5

3,0

 

-0,3

-0,6

-0,9

 

スピン・コンビネーション、足換え無し

Level1

(F)CoSp1

1,5

1,0

0,5

1,7

 

-0,3

-0,6

-0,9

Level2

(F)CoSp2

1,5

1,0

0,5

2,0

 

-0,3

-0,6

-0,9

Level3

(F)CoSp3

1,5

1,0

0,5

2,5

 

-0,3

-0,6

-0,9

Level4

(F)CoSp4

1,5

1,0

0,5

3,0

 

-0,3

-0,6

-0,9

 

スピン・コンビネーション、足換えあり

Level1

(F)CCoSp1

1,5

1,0

0,5

2,0

 

-0,3

-0,6

-0,9

Level2

(F)CCoSp2

1,5

1,0

0,5

2,5

 

-0,3

-0,6

-0,9

Level3

(F)CCoSp3

1,5

1,0

0,5

3,0

 

-0,3

-0,6

-0,9

Level4

(F)CCoSp4

1,5

1,0

0,5

3,5

 

-0,3

-0,6

-0,9

 

ステップ/スパイラル・シークェンス

ステップ・シークェンスいずれかのパターン(ストレート・ライン、サーキュラー、サーペンタイン)

Level1

Sl/Ci/Se1

1,5

1,0

0,5

1,8

 

-0,3

-0,6

-0,9

Level2

Sl/Ci/Se2

1,5

1,0

0,5

2,6

 

-0,3

-0,6

-0,9

Level3

Sl/Ci/Se3

1,5

1,0

0,5

3,3

 

-0,7

-1,4

-2,1

Level4

Sl/Ci/Se4

2.1

1.4

0.7

3,9

 

-0,7

-1,4

-2,1

ChoreoStepSeq.

ChSt

2.1

1.4

0.7

2.0

 

-0,5

-1,0

-1,5

ChoreoSpirals

ChSp

2.1

1.4

0.7

2.0

 

-0,5

-1,0

-1,5


ChoreoStepSeq 男子シングルにおける2つ目のステップ・シークエンス 

基礎点固定 2.0 GoEのみの判定。


ChoreoSpirals 女子シングルにおけるスパイラル・シークエンス 
基礎点固定 2.0 GoEのみの判定。  

     II. シングル/ペア要素の更新された+GOE 採点ガイドライン

コリオ・ 
ステップ・ 
シークェンス 
(シングル)
1) エネルギーが十分で焦点の定まった演技 
2) シークェンス中のスピード,またはスピードの加速が十分 
3) 十分に明確で正確 
4) 全身が関わり十分にコントロールされた正確なステップ 
5) 独創的でオリジナリティがある 
6) 無駄な力が全く無い 
7) プログラムのコンセプト/特徴を反映している 
8) 音楽構造に要素が合っている
コリオ・ 
スパイラル・ 
シークェンス 
(シングル)
1) 流れがよく,エネルギーが十分で焦点の定まった演技 
2) シークェンスなかのスピードが十分 
3) 身体のラインが良く(四肢)が完全に伸びている 
4) 柔軟性が十分 
5) 独創的でオリジナリティがある 
6) スパイラル姿勢が変形姿勢に素早く楽々と達している 
7) プログラムのコンセプト/特徴を反映している 
8) 音楽構造に要素が合っている


III. SP,FS でのエラーに対する更新されたGOE 確定のためのガイドライン

無価値(no Value)要素はジャッジ・パネルに示される. 
そのような要素のGOE は結果に影響しない. 
複合エラーの場合には,それぞれのエラーに対するGOE の引き下げが合算される.
 
                   シングル・スケーティング
 

最終的GOE
必ずマイナスとなるエラー

引き下げ

最終的GOE
+-は制約されないエラー

引き下げ

 ジャンプ要素

SP:規定回転数に1回転以上不足

GOE -3

スピード、高さ、距離、空中姿勢が拙劣

-1 to-2

SP:1つのジャンプのみからなるコンボ

GOE -3

回転が足りない(記号無し)

-1

ダウングレード判定
(Downgraded)(記号<< )

-2 to-3

回転不足判定
(Under-rotated)(記号<)

-1 to-2

SP: ジャンプの前に要求されている
ステップ/動作が無い

-3

SP: ステップ/動作から直ちにジャンプしないジャンプ前のステップ/動作が1つのみ

-1 to-2

転倒

-3

拙劣な踏み切り

-1 to-2

1ジャンプの着氷が両足

-3

ジャンプ間で流れ/リズムが無くなる
(コンビネーション/シークェンス)

-1 to-2

1ジャンプの着氷でのステップ・アウト

-2 to-3

拙い着氷
(悪い姿勢/間違ったエッジ/引っかき等)

-1 to-2

1ジャンプで両手がタッチダウン

-2

長い構え

-1 to-2

ジャンプの間に2つのスリー・ターン
(ジャンプ・コンビネーション)

-2

片手またはフリー・フットがタッチダウン

 -1

F/Lzでの間違ったエッジでの開始
(記号e”)

-2 to-3

F/Lzでの不明確なエッジでの開始
(記号e”)

-1 to-2

 スピン

転倒

-3

必須回転数に満たない

-1 to-2

 

姿勢が拙劣/ぎこちない、回転速度が
遅い、軸の流れ

-1 to-3

SP: 空中姿勢がとれていない(Fスピン)

-2 to-3

FS空中姿勢がとれていない
(Fスピン/Fエントランス)

-1 to-3

両手がタッチダウン

-2

足換えが拙劣(入/出のカーブ、中間姿勢になる等)

-1 to-3

 

 

Fスピンでの正しくない踏み切り、着氷

-1 to-2

 

 

フリー・フットまたは片手がタッチダウン

-1

 ステップ

転倒

-3

SP:パターンが正しくない

-1 to-2

ステップ/ターンを行っているのが
パターンの半分に満たない

 -2 to-3

ステップやターンの質、姿勢が拙劣

-1 to-3

 

 

つまずき

-1 to-2

音楽に一致していない

-1 to-2

 

 

SP: 半回転を超えるリストにある
ジャンプが含まれる

-1

 スパイラル

転倒

-3

姿勢が拙劣

-1 to-3

つまずき

-1 to-2

 

 

エッジしっかりしていない

-1 to-2


                      諸注意:
 
1.      シングルおよびペア・スケーティングとも、フリップまたはルッツ・ジャンプの 
“間違ったエッジでの開始”よび“不明確なエッジでの開始”は 
テクニカル・パネルにより特定され
ジャッジに示され、プロトコルでは記号"eを用いる. 
各ジャッジはエラーの程度(メイジャー・エラ
ーあるいはマイナー・エラー)を 
自分自身で決定し、それに相応す
GOE減点を行なう.
 
2.      ジャンプ・コンビネーション/シークェンスにおいて、ハーフ・ループ(またはオイラー) 
(バッ
クワードで着氷する)はリストに掲載されているジャンプであり、 
その結果、
“ハーフ・ループ+サルコウ/フリップ”および“バック・アウトで着氷する 
いかなるジャンプ+ハーフ・ループ+サ
ルコウ/フリップ”
はそれぞれ 
2つのあるい3つのジャンプから構成されるジャンプ・コンビネーションとなる. 
ハーフ・ループはシングル・ループ・ジャンプと同じ基礎値
GOE値があり、 
テクニカル・パネルにより特定されジャッジに示され、プロトコルで
”1Lo”を用いる.
 
3.      シングル&ペア技術委員会はジャッジに以下の内容の注意を喚起したい; 
シングルのショート・プ
ログラムにおける、複数のコネクティング・ステップあるいは 
これに匹敵する他のフリー・スケー 
ティング動作から直ちに行なうジャンプの前に、 
ステップまたは匹敵する動作が無い場合、あるい
ステップ/動作とジャンプの間に 
がある場合
には、ガイドラインに従い GOEの減点がなされなければならない.
 

                     【説明】 

最終的なGOEが必ずマイナスとなるエラー 最終的なGOEの
+-は制約されないエラー 
2種類の性質があります。 

GOE -3 は強制的にー3です。  
転倒などの-3はプラス面を考慮されていれば-2になるケースも有ります。


回転が足りない(記号無し)  は以前の1/4回転までの回転不足と推察されます。 

ISUコミュニケーション第1494号 (あまり適用されないと思われますが) 


F/Lzでの間違ったエッジでの開始(記号“e”)   -2 to-3  以前のWrong Edge "e" 相当 
F/Lzでの不明確なエッジでの開始(記号“e”) -1 to-2  以前のWrong Edge "!" 相当 


ハーフ・ループとは、通常のシングルループの着氷をバックアウトで迎えず 
バックイン着氷で迎え、サルコウやフリップに繋げるためのジャンプです。 

ハーフ・ループといっても半回転ではなく、1回転しています。 
新採点システム(CoP)ではハーフループを入れるメリットが無かったのですが 
ジャンプ・コンビネーション扱いとなり、ジャンプ・シークエンスの 
基礎点から0.8倍ではないので、1Loの基礎点が与えられ 
ジャンプ・コンビネーションのバリエーションが増える事になります。 

ハーフ・ループを含むジャンプ・シークエンスは 
ジャンプコンビネーションの魅力のひとつでしたから復活は喜ばしいですね。 

          IV. 難度レベル,シングル・スケーティング

       各レベルの特徴の数: レベル2 は2 個レベル3 は3 個レベル4 は4 個 

ステップ 
シークェンス
1) シークェンス中のターンおよびステップが,やや多様(レベル2),多様(レベル3),
複雑(レベル4)である(必須) 
2) 完全に体が回転する両方向(左と右)への(ターン,ステップによる)回転.
各回転方向とも全体でパターンの少なくとも1/3 はカバーすること. 
3) 少なくともパターンの1/2 において上半身の動きを使っている 
4) 少なくともパターンの半分を片足のみで行なう 
5) シークェンスの中に素早く実行する,難しい3 つのターン(ロッカー,カウンター,
ブラケット,ツィズル,ループ)の組み合わせ.異なるものを2 つ.
すべての 
スピン
1) 基本姿勢または(スピン・コンビネーションのみだが)中間姿勢での1 つの
難しい姿勢バリエーション 
2) 基本姿勢での別の難しいバリエーション.前項のものとは著しく異なるものであり, 
● 足換えを伴う単一姿勢のスピン– 前項のものとは異なる足で行うこと 
● 足換え無しのスピン・コンビネーション– 前項のものとは異なる姿勢で行うこと 
● 足換えを伴うスピン・コンビネーション– 前項のものとは異なる足および
異なる姿勢で行うこと 
3) ジャンプにより行われる足換え 
4) バック・エントランス/フライング・エントランスの難しいバリエーション/フライング・
シット・スピンで踏み切り足と同じ足で着氷または着氷の際に足換え 
5) シット姿勢またはキャメル姿勢,レイバック姿勢,ビールマン姿勢での明確な
エッジの変更(シット姿勢の場合にはバック・インサイドからフォア・アウトサイドのみ) 
6) 左右の足とも3 基本姿勢すべてを含む 
7) シット姿勢またはキャメル姿勢でのただちに続けて行う両方向のスピン 
8) 姿勢/バリエーション,足,エッジを変更せずに少なくとも8 回転(キャメル,
難しいシット,レイバック,難しいアップライト).1 つのスピンにつき1 回のみ数える. 
レイバック・スピンに対する追加的な特徴項目: 
9) バックからサイドまたはその反対への1 回の明確な姿勢変更.
(ほかのスピンの一部分としてレイバック・スピンが行われた場合も数える) 
10) レイバック・スピンからのビールマン姿勢(SP – レイバック・スピンで8 回転してから)
バック・エントランス,フライング・エントランス,エッジの変更, 
いずれの種類の難しいスピン・バリエーションも,レベルを上げるための特徴として 
数えることができるのはプログラム中で(試みられた最初のスピンでの)一度のみである. 
足換えを伴うスピン・コンビネーションでは,ショート・プログラム,フリー・スケーティング
とも, 3 つの基本姿勢すべてを含むことがレベル2 - 4 を獲得するために必須である. 
足換えを伴うスピンでは,フリー・スケーティングにおいて,左右の足とも少なくとも
1 つの基本姿勢を含むことがレベル2 – 4 を獲得するために必須である. 
ショート・プログラムにおいてこの要件が満たされない場合には,そのスピンには
レベルは無く結果として無価値となる. 
いずれの足換えを伴うスピンでも,一方の足で獲得することができる特徴の数は
最大2 個である.

                         明確化
ISU コミュニケーション第1611 号で発表されている明確化は以下のように修正される. 
ステップ・シークェンス(シングルおよびペア): 上半身の動きを使っているとは, 
全部合わせればステップ・シークェンスのパターンの少なくとも1/2 は両腕,頭,胴体の 
動きをはっきりと使い,これらの動きが体幹のバランスに影響を及ぼしていることを意味する. 

シングル:同じ順序および同じエッジで行われた同じターンで構成されている場合には, 
2 つの難しいターンの組み合わせは同じものとみなされる. 

スピン(シングル):バック・エントランス,フライング・エントランス,エッジの変更, 
いずれの種類の難しいスピン・バリエーションも,レベルを上げるための特徴として 
数えることができるのはプログラム中で(試みられた最初のスピンでの)一度のみである. 
通常のフライング・キャメルはレベルを上げるための特徴には含まれないが, 
フライング・エントランスを試みたものとされる. 

                    V. 追加的な諸注意 
1. 略記号LSP は,レイバック・スピンだけではなく,サイドウェイズ・リーニング・スピン 
も意味する. 

2. シングル&ペア技術委員会は,ショート・プログラムにおいて,ジャンプの直前に 
ステップおよび/または動作が無い場合に行うべきGOE 減点について注意を喚起する. 
ステップの場合には,これらのステップのリズムの中でジャンプの踏み切りが 
行われなければならない. 

**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**   

ぽちっとな♪(*・・)σ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
Blog応援してね♪ 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
マナー等をお守り頂けないと管理者が判断した場合は
やむを得ず、しかるべき処置を講じる場合があります、予めご了承下さい。

ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title - Y.T. - 2011年05月26日 22:27:50[ 再編集・削除 ]

管理人さん、お疲れさまです。
これだけの分量、さぞ大変だったと思います。

>7) プログラムのコンセプト/特徴を反映している
 
は新しくコレオ・ステップとスパイラルのGOEガイドラインに追加されたものですね。

ステップについては分る感じがします。スパイラルに関しては、選手や振付師にとって悩ましい項目になりそうな感じがします。
しかし、これにより、スパイラルがややもすれば「金太郎飴化」している中、これまでにネーミングが付けられたスパイラルやありふれた組み合わせ以外の新しい発明が生まれることを期待します。

ステップのレベル2の基礎点が0.3点でも増えたことは小さな改定ですが、私は嬉しく思います。

ある意味でフィギュアの技術と表現力の粋を集めたと思えるステップはもっともっと基礎点を高くし、レベル毎の差別化を図るようにしたら良いのにと、常々思っています。

そうしないと、結局は「ジャンプ勝負」に比重が傾くばかりでちょっと味気ないのかなとも思います。


「演技構成点」についてのルールは、新採点法になって以来、これといって表立った変更がまだ一度も無いように思いますが、来季にはISUには是非お願いしたいものです。

変更がないまでも、例えば「good、  very good」のような極めて曖昧な達成基準について、もっと具体的な説明や数量化をお願いしたいものです。
しかもそこに併記されている「~%」の数値も未だに何を意味しているのか、ずっと放置されたまま何の説明もないみたいですし。

一例を挙げれば、世界選手権女子ショートで何故、ある選手の演技構成点が「good」レベル採点で、もう一人の選手は「very good」レベルなのか、ファンの「誰一人」として分らず、謎に包まれています。あるのはファンの勝手気ままな解釈、憶測があるだけですね。

ファンには何があったのかサッパリ不明で、説明は無くただ点数だけ見せられてもモヤモヤ感が増すばかりです(それどころか一部のフィギュア関係者、ジャッジ経験者ですら疑問を感じている)。

このようなやり方を続けていると、フィギュアのファン離れの一因になると私は懸念しています。

今は動画でもCGでもPCによる解析技術でも何でもあるのですから、言葉だけではなくこれらのテクを活用すれば、具体例を並べて演技構成点の説明をするのは十分可能だと思います(ステップのレベル判定の説明も)。

民は…、いや、ファンはよらしむべし、知らしむべからず、…かもしれませんが、何とか改善をお願いしたいものです。

で、また今年もメゲズに提案・要望書を出そう。無駄でしょうけど、岩に当って虚しく砕け散る海の水も、いつしか岩の形を変えていきます。

No title - Y.T - 2011年05月30日 02:07:29[ 再編集・削除 ]

http://www.youtube.com/watch?v=gxqLjXRSER0&feature=autoplay&list=UL3ThacAYqQ8o&index=2&playnext=3

これはアメリカのテレビ放映と思いますが「ジャッジが実際に使用しているコンピューター&スクリーン」を写出して、キャロライン・ジャン選手のジャンプがアンダーローテであることを分かり易く説明しています。

これが増えれば「オモチャ動画」でファンが勝手気ままにああでもない、こうでもない、と憶測しまくる歯止めに多少はなるかもしれない(演技構成点の解説は難しいと思うが)

この程度の工夫・努力すら日本では見られないのが残念です。

少なからぬファンが勝手な憶測で騒ぐのは全てファンが悪いとは限らないと思います。
分からないなら「分からせる努力」を怠っている側にも大いに問題があると思います。

エレメンツの比率 - Sakura - 2011年05月31日 02:54:41[ 再編集・削除 ]

v-22Y.T.さん

> 管理人さん、お疲れさまです。
> これだけの分量、さぞ大変だったと思います。

毎年やっている事ですので、大変ですがUPしておきました。

>7) プログラムのコンセプト/特徴を反映している

コレオ○○に関しては、より、プログラムのハイライトやコンセプトを
活かして欲しいという、意図があるからでしょうね。
 
○○と○○をしなければならない…
と、言うような強制的な観念にならないようなプログラムの自由度を上げて欲しい…
という、意図があるように思います。

> ステップのレベル2の基礎点が0.3点でも増えたことは小さな改定ですが、私は嬉しく思います。
>
> ある意味でフィギュアの技術と表現力の粋を集めたと思えるステップはもっともっと基礎点を高くし、レベル毎の差別化を図るようにしたら良いのにと、常々思っています。
>
> そうしないと、結局は「ジャンプ勝負」に比重が傾くばかりでちょっと味気ないのかなとも思います。

ジャンプは目立ちますが、個人的には、必ずしもジャンプ勝負とは思いません。
実際の比率では、ジャンプの得点はTESの33%程度で
ひとつひとつのジャンプボックスは、さらに1/7・1/8になりますし。

【TSSの内訳】TES約50% PCS約50%
【TESの内訳】ジャンプ 約33% スピン 約10% ステップ 約7%
【PCSの内訳】5コンポーネンツそれぞれ約10%×5
ジャンプ8~7要素 スピン3要素 ステップ&スパイラル2要素

ジャンプ比率を、もう少し下げ、ステップの比率を上げる方が
バランスが良くなるのではないか? と、考えています。

> 「演技構成点」についてのルールは、新採点法になって以来、これといって表立った変更がまだ一度も無いように思いますが、来季にはISUには是非お願いしたいものです。

PCSに関しては、6.0時代より、ほとんど不変ですね。

> 変更がないまでも、例えば「good、  very good」のような極めて曖昧な達成基準について、もっと具体的な説明や数量化をお願いしたいものです。
> しかもそこに併記されている「~%」の数値も未だに何を意味しているのか、ずっと放置されたまま何の説明もないみたいですし。

PCS関連エントリーにも書いてますが、上記の基準は使われていない印象です。

> ファンには何があったのかサッパリ不明で、説明は無くただ点数だけ見せられてもモヤモヤ感が増すばかりです(それどころか一部のフィギュア関係者、ジャッジ経験者ですら疑問を感じている)。
>
> このようなやり方を続けていると、フィギュアのファン離れの一因になると私は懸念しています。

この点については、過去にも何度も申し上げていますが
いきなり世界トップレベルを見ても解り辛いと思います。

大きな実力差がハッキリ判る、レベルの競技を見て
コンポーネンツごとを分解し、注目点を変えて見る訓練をするしかないと思います。
少なくとも、ジャッジたちは、よちよちレベルの競技から
何十年もかけて、研鑽を積み重ねています。

> 今は動画でもCGでもPCによる解析技術でも何でもあるのですから、言葉だけではなくこれらのテクを活用すれば、具体例を並べて演技構成点の説明をするのは十分可能だと思います(ステップのレベル判定の説明も)

一部のTOP選手達の得点の説明などをする時間も・人材も不足していると思います。
少なくとも、現在はPCさえあれば、プロトコルが公表されていますので
それ以上を望むのは難しいのではないでしょうか。

新しい試み(追記あり) - Sakura - 2011年05月31日 03:16:36[ 再編集・削除 ]

v-22Y.T.さん

動画紹介ありがとうございます。
おそらく試験的な導入として、ファンの方々の疑問解消に役立てば…
という、コンセプトで始めたのでしょう。

好評であれば、いずれ、日本のシステムにも導入されるかもしれません。
オンラインリザルトやプロトコルのリアルタイム配信など
少しずつ、便利になっていってます。

> http://www.youtube.com/watch?v=gxqLjXRSER0&feature=autoplay&list=UL3ThacAYqQ8o&index=2&playnext=3
>
> これはアメリカのテレビ放映と思いますが「ジャッジが実際に使用しているコンピューター&スクリーン」を写出して、キャロライン・ジャン選手のジャンプがアンダーローテであることを分かり易く説明しています。
>
> これが増えれば「オモチャ動画」でファンが勝手気ままにああでもない、こうでもない、と憶測しまくる歯止めに多少はなるかもしれない(演技構成点の解説は難しいと思うが)
>
> この程度の工夫・努力すら日本では見られないのが残念です。

この技術は簡単な事ではありません。

【追記】

ジャッジパネルが使用する映像を流すのは危険性も予想できます。
新しい試みを導入するには十分なリスク管理などの準備も必要でしょう。

この映像趣旨は、もし当該選手だけだったとしたら問題になりますね。
意図的にこの選手の映像サンプルだけ流すのはフェアではありません。
エラーを取られた選手の映像も取られていない選手の映像も偏り無く放映すべきでしょう。

当該放送を見ていないので、確定的な事は申せませんが
ルール解説に使用するには、選手への配慮も必要です。

同様な内容の放送を日本で行えば?
映像に使用する選手によっては、大きな波紋が予想できます。
かといって、ISUや日ス連が独自に、解説や説明をするにも選手への配慮が必要です。

上記のような手法を取った映像であれば、魔女狩り的な印象を与えかねません。


> 少なからぬファンが勝手な憶測で騒ぐのは全てファンが悪いとは限らないと思います。
> 分からないなら「分からせる努力」を怠っている側にも大いに問題があると思います。

分からせる努力を怠っているとも思いません。

まだまだ不十分だと思いますが、少なくともISUや各国連盟は
PCがあれば、誰にでも閲覧出来る場所に、コミュニケーションを配布し
ルールや、その運用方法などの情報を開示しています。
競技終了後にはプロトコルも配信していますし。

US連盟のような、ファンの方々向けの観戦用パンフレットを
配布する努力をしているケースもありますし。

日本では、競技経験者やジャッジなど、専門家に近い情報発信が少なく
あくまで、一般のファンの方々が、様々なところから集めた情報に
個人的解釈をつけたりして、発表しているぐらいでしょう。

正しい情報or正しくない情報でも、個人解釈で、違う認識になるケースもあります。

たくさんある情報から、自身に都合のよい情報ではなく
本当に正しい情報を取得していく事も大事だと思います。

教えて頂きたいです。 - ten - 2011年05月31日 13:59:21[ 再編集・削除 ]

Sakura様はじめましてこんにちは。
今回どうしても教えて頂きたくコメントさせて頂きました。よろしくお願いします。
来シーズンよりスピンのレベル要素にレイバックのチェンジエッジも復活したのですが、そもそもレイバックスピンという定義はどのようなものなのでしょうか?
どこかに記載されているものがあるのでしょうか?
今シーズン、高橋大輔選手がFLSpを試みましたが、認められたのはNHK杯だけで、その後はFUSpと認定されました。来シーズンからこのチェンジエッジにレイバックも認められるようになりましたが、実行したレイバックが認定されなければ、チェンジエッジをしてもレベル要素とならないということでよろしいのでしょうか。
自分もあれこれと勉強はしているのですが、なかなかフィギュアスケートのルールは難しくって困っています。

アメリカでの映像公開 - Winter - 2011年05月31日 22:29:18[ 再編集・削除 ]

アメリカの放送と聞いてピクーンと反応してしまいましたが、ルール改正とは全く関係の無い内容ですのでファン用BBSの方に書かせて頂きます。

Re: 教えて頂きたいです。 - Sakura - 2011年05月31日 23:18:12[ 再編集・削除 ]

v-22tenさん

ご訪問&コメントありがとうございます。

> 来シーズンよりスピンのレベル要素にレイバックのチェンジエッジも復活したのですが、そもそもレイバックスピンという定義はどのようなものなのでしょうか?

スピンの定義ですか?

ISU ハンドブック 2010-2011 シングル(PDF)
http://www.skatingjapan.jp/data/fs/pdfs/comm/2010hb_single_0717j_b.pdf

上記PDFの中にいくつか画像が紹介されています。

難しいバリエーションのカテゴリーには、それぞれの特徴が載ってます。

★'10-'11シーズン ISUハンドブック★ スピン編
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-141.html

> どこかに記載されているものがあるのでしょうか?
> 今シーズン、高橋大輔選手がFLSpを試みましたが、認められたのはNHK杯だけで、その後はFUSpと認定されました。
来シーズンからこのチェンジエッジにレイバックも認められるようになりましたが、実行したレイバックが認定されなければ、チェンジエッジをしてもレベル要素とならないということでよろしいのでしょうか。
> 自分もあれこれと勉強はしているのですが、なかなかフィギュアスケートのルールは難しくって困っています。

TOパネルが 選手が試みたスピンをどの様な種類と判定するかは
主に、TSがコールしていますが、選手側の意図と判定には違いがあったという事だと思います。
基礎点SOVではレベル4を仮に獲得できる内容だとしたら、0.3点違いますが
レイバックスピンというには、身体の反りが足りないと判断されたのかもしれません。
それぞれの映像を確認していませんが、首を後ろに倒しているだけだったような印象(記憶)があります。

チェンジエッジでのレベル上げ要件に当てはまるのは
5) シット姿勢またはキャメル姿勢,レイバック姿勢,ビールマン姿勢での明確なエッジの変更
と、なっているので、アップライトスピンと認定されれば、レベルを上げる特徴のカウントから離れたのだと思います。

尚、補足として、明確化の中に
スピン(シングル):バック・エントランス,フライング・エントランス,エッジの変更,
いずれの種類の難しいスピン・バリエーションも,レベルを上げるための特徴として
数えることができるのはプログラム中で(試みられた最初のスピンでの)一度のみである.

No title - Y.T - 2011年06月03日 20:02:05[ 再編集・削除 ]

管理人さん。
コメント、ありがとうございます。

>ジャンプ比率を、もう少し下げ、ステップの比率を上げる方が バランスが良くなるのではないか? と、考えています。

まったく同感です。

アメリカの動画の件ですが、何事にもメリットとデメリットがあると思います。100%良いことずくめのようなものは、めったに無いと思います。

新しい試みですから、試行錯誤しながら改良していけば、少なくとも「」オモチャ動画」よりは採点やルールの正しい理解への助けになると思います。

少なくとも、日本の地上波放送の解説のように、当たり障りのない(つまりほとんど無意味)なコメントに終始しているレベルに比べれば、ずっとマシと思います。

>分からせる努力を怠っているとも思いません。

怠っていると私は思いますよ。
だから少なからぬファンが疑心暗鬼になるのです。私のようなファンでも知らぬ所で、いくつかの情報があるくらいの程度では、なかなかシンドイと思います。

>大きな実力差がハッキリ判る、レベルの競技を見て コンポーネンツごとを分解し、注目点を変えて見る訓練をするしかないと思います。

これはおっしゃる通りでしょう。しかし、一般のファンにほとんど無理難題を求めるようなものです。見に行きたくても物理的に不可能な人もいますし、それだけの時間とお金を注ぐ余裕の無い人もいます。

だからこそ、ISUは演技構成点についてもっとわかり易い工夫をする努力と研究が必要と思います。
そもそも、スポーツとは大衆的なもので、ド素人にも勝敗や優劣がほぼ分かることが本来の姿と思います。
「フィギュアは特殊だから」、と居直ることもできますが、それではいつまでたってもマイナースポーツにとどまるでしょうし、採点を巡る騒ぎは永遠に続くことでしょう(ファンだけがアレコレ言うわけではない)

これがスポーツではなく、ピアノやクラシックバレーの国際大会なら「分かる人だけが分かれば良い」で済むと思いますが。

違和感… - Sakura - 2011年06月05日 22:46:01[ 再編集・削除 ]

Y.T.さん

個人的にはステップの比率はレベル差を広げればいいと思ってます。
プログラムのハイライトでもありますし、スケートは滑ってナンボ!なんですから。
トップ選手クラスの、レベル3・4は、コレでもか!ぐらい難しい事を行ってます。
レベル3・4はSOV比を高くしてもいいのではないか?って、思いますね。
ステップ 6~7:4~3 コレオステップ(スパイラル)

> アメリカの動画の件ですが、何事にもメリットとデメリットがあると思います。100%良いことずくめのようなものは、めったに無いと思います。

回転不足(UR判定)の映像の件ですが…
最初に感じた違和感でモヤモヤしていたのですが
Twitterのフォロワーさんの、ご指摘で判明しました。

結論から言うと、あの映像は作り物です。

《フォロワーさんのリプライ》
『トレイシーがmock-up(本物に似せたもの)スクリーンだって云ってますね。
つまり使われているのは実際にキャロライン・ジャン選手の
ジャンプの判定に使われたリプレイかどうかは不明です。』

偽物映像の根拠…

1.選手の全身が映っていない。(足元だけを映している)
 コレがテクニカルのビデオ撮影ではありえません。
 全身を映さなければ、他のエラーの判定が出来なくなる。

2.撮影アングルが複数存在している。(決定的)
 テクニカル用ビデオは1台です。
 TV映像とJP映像のハメ込み手法ですね。

結論…
US連盟に連絡した上で許可をもらい、放映したとしても
問題があると思います。(数多くの誤解を生む)
もし無許可放映なら、言語道断です。

大手TV局がやっているのならば…
って、論理で、大手を振って、作為的な投稿動画が生まれる可能性も捨てきれないです。

> >分からせる努力を怠っているとも思いません。

> 怠っていると私は思いますよ。
> だから少なからぬファンが疑心暗鬼になるのです。

私には、Y.T.さんの過去の言動からして、分かろうと努力していないような気もしますが。
っと、これは余計でしたね。 すみません。

> だからこそ、ISUは演技構成点についてもっとわかり易い工夫をする努力と研究が必要と思います。

私も、足りないと感じる部分もありますから、もう少し、ファンの方も向いて欲しい。って思ってます。

ただ、ISUや連盟は少なくとも、競技関係者には周知努力をしていますし、手抜きをしているとは思いません。
関係者にも、様々な意見もあるでしょうけど、根本はルールに則って競技をする。
この大前提の上での、関係者達の意見です。

> そもそも、スポーツとは大衆的なもので、ド素人にも勝敗や優劣がほぼ分かることが本来の姿と思います。

何十年も競技に参加し、審判としても、長く携わった人々の判定の総意ですよ。
勝敗は点数で明確に示されますし、個別エレメンツなどの評価も
比較するのは、あまりオススメできませんが、優劣がハッキリ出ています。

その審判団の総意を信頼し、その、示された個々の評価を
個人、個人が、どの様に受け取るのか? の、問題でしょう。
少なくとも、競技関係者達は、程度の差はあると思いますが
基本的に、ジャッジングを信頼し、己の滑走に全てを傾けています。

コメントの投稿


トラックバック

URL :

FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年05月 26日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ ★新採点システム TES関連
  └ ★'11-'12シーズン ルール改正★ 修正部分
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。