スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★世界を見据えたIJSルール対応力★ 羽生結弦の挑戦

今回の特集は羽生結弦選手です。 ’07-’08 シーズンはノービスの選手ながら
全日本ジュニア選手権で3位入賞し ~ その後は、年々目覚しい成長を遂げている選手です。

羽生結弦Wiki 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E7%94%9F%E7%B5%90%E5%BC%A6

2011全日本選手権 SP 
http://youtu.be/MSfxAYKqJNc

SPリザルト】 
http://www.skatingjapan.jp/National/2011-2012/fs_j/national/data0103.htm

【プロトコルPDF】 
http://www.skatingjapan.jp/National/2011-2012/fs_j/national/data0103.pdf

羽生結弦選手にとって、全日本選手権こそが今シーズンの大きな目標だったはず。
GPSなどの活躍も目標が全日本へのステップだったからこそ。

最大の目標と書いたのは世界選手権出場の切符を取る事。
若手の彼には越えねばならない全日本上位常連選手の高い壁がある。

高橋大輔、小塚崇彦、織田信成、無良崇人、町田樹、村上大介…
織田信成選手は怪我のために欠場となったが、実力、実績のある選手達を越える必要がある。
同選手権には魔物が居る。 どんな事が起こるかもわからない。

8位、6位、4位、ときての今回。そんな中で、最低限表彰台をつかむためのプレッシャーは
ある意味、負けてしまっても当然かもしれないメンバーのGPSとは大きく違う。

3.11を経験し、数多くの支援を受けながら、彼流の恩返しは
全日本で表彰台に乗り、世界選手権に出場して、被災地へ感謝と勇気を届けること。


そんな想いが、数多くのアイスショー出演をしながら、義援金を集める活動に駆り立てたのだろう。
世界のTOPに肉薄するには?の挑戦が、技術面・表現面で様々な形で現れてます。

2012.03.11 アイスリンク仙台特集 荒川静香 羽生結弦
http://youtu.be/jpESCCpzjTY



2012.03.11 アイスリンク仙台 演技会 "smile " 荒川静香 羽生結弦
http://youtu.be/IrADHIATmHE

全日本 SP 《悲愴》 
http://youtu.be/MSfxAYKqJNc

 

※ 映像説明で言及しているターンやステップ動作などは
通常の比較的簡単なパターンではない、難しい事を実施している部分を記載しています。

通常、一般的にターンならば、スリー ブラケット カウンター ≒ ロッカー の順で難しくなります。
ステップ動作では モホークよりチョクトーの方が難しくなります。
ただ、簡単なターンでも、組み合わせ次第では難しくもなりますので
こういった事は経験に基づく、実際の難しさの印象で説明しています。 

4Tは違和感を感じたのか3Tで着氷、直後に両足
3Aはカウンターターン~踏み切り(5:03非常に高度)加点0のJP1が謎(^_^;) 
続く3Lzも
チョクトーからの踏み切り。
コレもレアパターンの踏み切りで、珍しく本田武史解説も、一瞬、見間違えるほど。(3F+2Tとコール)
少し微妙な(フラット気味)チョクトーだったので仕方が無い。(5:30スローで確認して下さい)

おそらく、TOはレビューでチョクトーだと確認して、Fのe判定にしなかった。
最後のCCoSp2はもったいない取りこぼしでしたが、4Tミスの-GoE分を引いても
個々のGoEでしっかり稼ぎ4Tが3Tになり、リカバリーで3Tが跳べない不利の分も
ある程度カバーできたのは、日頃の練習とリカバリー・シミュレーションの賜物だと思います。

映像最後の阿部奈々美コーチのスピンカウント(5:50)が印象的です。
コーチは全てのPG構成を、練習通りに出来ているか?取りこぼしていないか?確認しています。
コーチは選手と共に、氷上で一緒に演技しているのです。今後フィードバックするために。
 
全日本 羽生結弦FS 
http://youtu.be/RXX7mfeKJ_M



FSリザルト】 
http://www.skatingjapan.jp/National/2011-2012/fs_j/national/data0105.htm

【プロトコルPDF】 
http://www.skatingjapan.jp/National/2011-2012/fs_j/national/data0105.pdf

4T 3A 3F e FCSSp4 3Lz+2T CiSt4 3A+3T+2T 3Lz+2T 3Lo CCoSp3 ChSt1 1S FCCoSp4

4Tは軸が倒れながらも着氷SOの危機を耐える。
イーグル~3A(高度)
ステップ動作の連続から、すぐさま入る3Fはe判定(横アングルです見えにくいですが)
バタフライエントランス~ピタっ!とスピンポジションに入る。
スローパートを直線的に使うのはもったいない。カーブに乗って加速を魅せる方が良い。

緩急はゆっくり滑る事じゃない。ゆったり大きな滑走を目指すべき。
チョクトー動作直後に跳ぶ3Lz+2Tも工夫されている。
サーキュラーステップは素晴らしいが、時々足元を見るのがマイナス。
シットポジションでのツイズル良。
3A+3T+2Tは1stの軸が少し危なかったが、伸ばして2ndへ、さらに苦しい体勢から3rdへ。17点っ!

この辺りから、ドキドキワクワク状態。(女神が降りた?)
チョクトー切り返しから3Lz+2T ~ 3Loへの、つなぎは少し不満。
イナバウアーを大きくS字状にカーブを使い~ムーブ系小技を絡めて3Loとか良さそうなんだけど。
CCoSp3 最後のA字ポジで足を付くミス。

コレオステップは情感一杯の滑走、ただ、疲れが足に来ている。伸ばすべき部分で両足になる部分が・・・
最後の3Sはやや跳び急ぎ。 気持ちがガクンと顔を落とさせた…(このあたりは気持ちの問題)
最後のスピンは気合で回りきりましたね。(ビールマンが危なかった)
足の筋肉が思いとは別に、動かなかったのでしょうね。悔しそうでしたが立派な滑走。

滑走終了後の観衆への挨拶は感謝の言葉を話したように見えます。

TES88.59 PCS79.00 TSS167.59 立派なFS1位です。

コンポーネンツはまだまだ伸ばす余地あり。
エレメンツ実施能力は、説明の通り、世界TOPスケーター達と対等に渡り合える能力。

4T・3A・3+3などの高難度ジャンプでも、難しい入りなどを駆使して跳ぶのは
失敗リスクも大きく、高い身体能力が無ければ実施出来ない。

世界の
TOPスケーター達が彼の能力を認めるのは、高難度ジャンプが単に跳べるからじゃないんです。
現在、世界最高レベルのエレメンツ実施能力は、単に跳んで降りる。では無く
難しい入りをし、さらに容易く跳び上がり、ディレイ回転や、余裕を持った、開いて降りる技術、伸ばす技術など
高いGoE獲得能力を、全てのエレメンツで高い質を誇った要素を実施出来る選手の事を言うのです。


目に見えやすいミスや転倒をしたとしても、失う点数は2~4点程度
13個の要素で満遍なく加点を得れば、十分挽回が可能です。
さらに、高いPCSを獲得できる滑走技術、表現技術が高ければ、もっと上乗せされる。

上記の、パッと目立つ部分の説明を入れましたが、審判はもっと多岐に渡り
細かい部分まで滑走を審査しています。

全日本の審判団はTO3名JP7名・レフリーやDO/ROなど多くの人数が分業制で業務につき
インカムで連絡を取り合い進行しています。
TO内のTC・TS・ATSの会話は不正防止の為に全て録音されている?とも聞きます。

TV解説者が、選手ひとりの解説時間を10分ぐらい与えると、こんな風に喋りまくるかもしれません。(笑)
J-Sportsで、表彰台選手の解説特集なんか面白そうですよね?

今回の羽生結弦選手特集ですが…
ひとつ言っておきたいのは、彼だけが凄いのではなく
全てのFS選手がルールに対応する為に様々なPG上の工夫を取り入れ
失敗のリスクも覚悟の上で自己ベストを更新する為に努力している。
って事を知って欲しいのです。他の選手も、それぞれ凄い事を入れているんです。

TV解説者などは時間の制約もあり、個々の選手毎に詳しく説明する余裕がありません。

今回は羽生結弦選手を題材に難しい技術を取り入れたルール対応力を紹介しましたが
世界のTOPスケーター達は、皆全て、高い次元で対応しています。
競技会で高い評価を得た選手は本当に素晴らしい滑走を披露したから高い成績を収めているのです。


決して、特定の選手が高い評価、低い評価を審判達によって
意図的に操作されている訳では有りません。


【余談モード】 

国内ナショナルの点数について、様々な場所で議論されていますが
そもそも、100点論争は結果論。 審判達がひとりひとり100点を意識しながら審判する?
完全な分業制で、小さな、点数の積み重ね作業をするだけなのですから
100点以上を意識してとか狙えるわけも無い。

TO3名 JP7名が全ての演技を見て、一人一人が100・98・102・105・97・・・
全員の平均点算出というような方法なら可能かもしれませんが。
前の滑走者が何点ぐらいだったら、この選手は何点ぐらいだよな。。。
って、審判が、馬鹿馬鹿しい方法で付ける訳が無いでしょう。

スケート強国のナショナル大会で点数が高くなる傾向の話っていうのは
要するに国内レベルの中に世界TOPレベルの選手が混じると
このコンポーネンツの点数差が妥当なのだろうか?って事が開きの原因のひとつだと思います。
国内下位~中位~上位レベルの選手達と世界最高レベルの差も明確に付けるから余計に。

GPSなどのようなレベルの近い選手が出場する競技会と各国ナショナルや
世界選手権などは、スケーターのレベルの幅が広い。
一部のTOP選手の成績だけに注目すれば、見誤る。全体の傾向を見るべきです。
数名だけのTOP選手の点数だけを比較しないで、その競技会全員のデータを分析してはじめて見えるものです。

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

Blog応援してね♪ 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

私のスケートを見る視点はみなさんと少し違う部分がありますのでご了承下さい。
FS関係者でも立場の違いで見るポイントはみんな違います。
コーチはコーチならではの視点・コリオはプログラムを、ジャッジはジャッジングポイントを
選手は何か参考になる事はないか?って感じで経験者でも違うのです。

★Figure Skating Guideline★ エントリー 一覧
画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般社会常識を守って頂けますよう、お願い申し上げます。
投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来る様にして下さい。 
マナー等をお守り頂けなかったと管理者が判断した場合は  
やむを得ず、しかるべき措置を取る場合があります、予めご了承下さい。
ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】 も押して頂けると嬉しいです♪
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

ありがとうございます。 - さとママ - 2012年03月02日 18:19:55[ 再編集・削除 ]

プロの目から見た羽生選手の解説ありがとうございました。
素人なのでついつい目に見える表現力やジャンプとスピンの出来で評価してしまうので勉強になりました。
技術的に難しい事を簡単そうにやっているのが凄いところなんですね。
羽生選手を観て初めて男子フィギアって面白いと開眼しました。
女子のようなしなやかさと華やかさも有りながら男子の高度な技術も併せ持つ希有なスケーターだと思います(やっぱり表面評価ですかね)
海外の有名選手からも認められている彼がまだ17才というのもこれからの成長も含めて楽しみです。

ようこそ♪ - Sakura - 2012年03月03日 02:24:56[ 再編集・削除 ]

v-22さとママさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

プロではありませんが、競技経験者としてツボった部分や
どんなところを強化しているのかを、今回は羽生結弦選手を例に取り上げました。
凄い事をたやすく実施出来る。というのは、なかなか気がつきにくいですね。
どうしても、頑張ってやってるように見えるほうが難しそうに見えますから。

海外の有名選手も認める力。というのは、将来、この選手は強敵になってくる。
と、認めてくれているのですから、本人も大いにヤル気倍増ですよね。

もちろん、世界中の選手たちも、黙って見ているわけには行きません。
みんな、取り組み方に差はありますが、ルールに対応して勝つために何が必要か?
1点、2点、と、数点ずつ上乗せするために努力しています。
応援してあげてくださいね♪

コメントの投稿


トラックバック

URL :

FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2012年03月 07日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ ★選手全般
  └ ★世界を見据えたIJSルール対応力★ 羽生結弦の挑戦
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。