スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★観客席・TV観戦・ジャッジ席…印象度の違い★

今回のエントリーは以下の記事から、少し違う視点で考察をしてみます。
まだ、読まれていないようでしたら、ご一読をお願いします。

★ルール考察を考察する…★ 考察のアプローチとは?
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-176.html

上記エントリーでは、特定の選手への競技結果や判定のケースや
複数の選手の比較による、競技結果や判定に対する考え方の問題提起をさせて頂きました。

競技結果や判定結果が妥当なのか?妥当ではないのか?

を、選手側だけの視点だけで論じ、議論して、果たして正しい答えが見つかるのか?
ルール側の視点と両方の視点を平等に客観的に論じた上で、公平に見なければ成り立たないのでは?

と、書かせて頂きました。

他にも【見た目のノーミス】報道などの影響についても言及しました。

フィギュアスケート競技(採点競技系)の宿命なのかもしれませんが
競技経験者として、この競技の根幹部分のひとつである
採点結果やルール部分に疑問や不満を表明されるのはつらい。

好きな選手が受けた判定への不満だけでルールの欠陥だとか…
ルール運用の誤解などで、審判の誤審を疑われたりするのも残念です。

今回、興味深い内容のBlog記事を読みまして、今回のテーマにピッタリな事例なので
エントリーで紹介したいと思います。

スケートはジャッジサイドで観るべき? 観る位置によって印象は変わるのか?
TV観戦ではどうなのか? カメラの位置でも違うのではないか?

そんな事を考えながら、リンク先の記事を読んで頂ければ…と、思います。

フィギュアスケートの☆応援隊
★ロケッツはメダルを逃すもフリー1位~2012世界選手権★演技の醍醐味はジャッジしか解らないのか? 
http://blog.livedoor.jp/hanuman4580/archives/52054845.html

エントリーテーマはシンクロナイズドスケーティングを題材にしていますが…
上記記事に書かれているように、滑走を観る位置によって、受ける印象度は違うのか?なんです。

まだ一般的には馴染みの少ないシンクロですし、その分余計なバイアス感情などなく
客観的に滑走を観察出来ると思います。 ぜひ両方の映像を見比べて下さい。

Rockettes フィンランド選手権 (ジャッジサイドの撮影映像)
http://youtu.be/HVs307dHqLg


Rockettes 世界選手権 (ジャッジ席の反対サイドの撮影映像)
http://youtu.be/CaDfSZYZCCs


競技会は違いますが、一目瞭然だったのではないでしょうか?
TV放送映像のケースでは、会場の角から撮影されているケースが多いです。

スウェーデン代表【チーム・サプライズ】FS(スウェーデン・テレビ) (ジャッジサイド映像)
http://svtplay.se/v/2772586/konstakning/team_surprise_med_den_vinnande_friakningen?sb,k103700,1,f,-1


Team Surprise WC 2012 FP (反対サイド映像)
http://youtu.be/Qjsrla9hEOM


如何でしょうか? 凄くわかりやすいですよね。。。

演技のハイライトだけでなく、視線の方向やアピール部分も表裏を感じてしまいます。
PCSの高いチームや選手ほど多方向へ表現していると思いますが。

FS競技を競技会場で観戦している人は、TV観戦の人数と比較したら1%にも満たないでしょう。
そして、ジャッジサイド側で観戦している人も全体から見れば半分以下。

競技会場のジャッジに選手達はPGのルール対応力を見せるために滑走する側面が強い。
やはりジャッジサイド方向から見た観客はジャッジと印象度が近いのかもしれない。

数多くの人々が観ているTV映像(角方向からの映像が多い)と
ジャッジサイドでの生観戦では印象度は大きく違って見える可能性が高いのだと思います。

採点結果と観る位置、観る環境の違いは、常に同じ位置から審査する審判と
違うものだと、理解した上で、印象度の乖離を考察すべきだと感じます。


フィギュアスケート競技は、純粋なスポーツ的滑走技術滑走技術の芸術的側面も審査するスポーツ。
ジャッジサイドからの生観戦など、そうそう可能なものでもない。

この競技の採点システムの解りにくさは、採点競技そのものの性質もよるかもしれませんが
一番大きなギャップは、生観戦 or TV観戦どちらであっても、競技経験の無い方々が大半だという事。

それと、地上の動きと氷上の動きの違いのイメージや実際の滑走感覚がイメージしづらい事。
なによりも、技術的な難易度の違いは限られた情報しかない。 そんな方々がほとんどです。

鉄棒で逆上がりや蹴上がりなどの技術の経験は合っても大車輪や離れ業の経験は無い。
体操競技ならば、A~Gなどの難易度の想像上のイメージだけ。
ただ漠然と上の難度は難しいのだろう…
スケートのトリプルジャンプもスピンの感覚も、やはり同じような想像の世界。

実際、見ただけでは、細かい技術も、その難易度も見分ける事が難しいはず。
2Aが簡単なジャンプだとか、結構誤解も多い。

観客が凄く盛り上がる技術も、必ずしも高度な技術でない事もあるし
実は簡単そうに行っている、観客が気づかない部分が超高度だったりもするんです。

みなさんがTVや会場で見るTOPスケーター達は物凄くレベルの高い事を行っている。
レベルの高い選手がすると、凄く簡単そうに行えるんです。 実は難しくても。

現代スケートのエレメンツはただ出来るだけではTOPの世界では普通なんです。
もう、その質が高くなければ通用しない領域へ入ってます。

その質の高さを測る部分がGoE評価のプラス面。
ジャンプやスピンなどのエレメンツの種類の見分けだけでなく
プラス面の見分けが出来る眼力もある方が理解しやすいんです。

この部分も、PCSと同様に、どの程度達成しているか?の評価部分なので難しいんです。

印象に左右されやすい競技の中に、更に達成度合いを見る必要がある。
ミスやエラーは比較的明確ですが、質の高さや達成度は、グレードを見分ける眼が必要。
この違いを知った上で見ていくと、新たな視点が生まれてくると思います。

なかなか、競技会場のジャッジサイドで生観戦をした上で、帰ってから
録画しておいたTV放送と両方を経験する人は少ないはず。

TV観戦が中心だった方が、競技会場の生観戦を経験して、あまりにもTVとの印象度が違う事に驚く方も多い。
メジャー競技会のチケット代は高額で、そうそう何度も足を運べない。
ジャッジサイドと変わらないようなリンクに近い席だと尚の事、チケット入手も難しい。
ほとんどの方が、TV観戦での感覚と印象で競技を見ているのだと思います。

現在、日本で開催されている国別対抗戦のTV放送映像は
ジャッジサイド後方の位置にもカメラがあり、アングルは時々変わりますが
いままでの競技会よりもジャッジの視点に近い位置での映像が流れています。

少し、今回の記事を参考にして、カメラ位置による、選手の滑走に対する印象度を考察してみて下さいね。
尚、こういったジャッジになったつもり視点では、選手の好き嫌いなど関係なく、バイアスをかけずに
客観的な目線で、初めて見る選手のつもりで観察しないといけないのは言うまでもありません。

このエントリーがフィギュアスケート観戦の視点の違いを考えるきっかけとなれば幸いです。

【4/20追記】
コメント欄より…実例映像の紹介。

【こだわりと屁理屈w】 工夫してます―メンショフのSP
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-50.html

2011年ネーベルホルン杯
Nebelhorn Trophy 2011 Konstantin MENSHOV RUS SP
http://www.youtube.com/watch?v=fEtg-ECypv0

ジャッジ席側から。
2011 Nebelhorn Trophy - Konstantin Menshov SP
http://www.youtube.com/watch?v=gwH8Me99jt0

こちらはTV映像。大会は違いますが同じプログラムです。
ユーロスポーツ版のNHK杯です
2011 NHK Konstantin Menshov SP B ESP
http://www.youtube.com/watch?v=v8SoFsLJBKg


Blog応援して頂けるとありがたいです。
ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ  参考になったと思ったら押してね♪
ぽちっとな♪(*・・)σblogram投票ボタン Blog応援してね♪

★ Figure Skating Guideline ★ エントリー 一覧
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-109.html

Skater_Sakura Twitter
https://twitter.com/#!/Skater_Sakura

2010年よりTwitter上でつぶやいたフィギュアスケート関連のツイート集をまとめています。
FSルールの説明や技術考察など、FS観戦に役立てば幸いです。

Skater_Sakura フィギュアスケート関連ツイートまとめ
http://togetter.com/mt/Skater_Sakura

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
マナー等をお守り頂けないと管理者が判断した場合は
やむを得ず、しかるべき処置を講じる場合があります、予めご了承下さい。

ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title - Dora Quadski - 2012年04月20日 14:01:51[ 再編集・削除 ]

以前、似たようなテーマを拙ブログで取り上げたことがあります。特にシングルだと、視線の向きやアッピール動作がどちらをむいて行われているか、でかなり印象が違うんじゃないかと思います。あと、TVだと表情のクローズアップとかもありますから、余計ですよね。

あっちで例に挙げた動画を貼っておきます。あまりメジャーどころではない(苦笑)、それも男子なのであまりバイアスかからずに見てもらえるのではと。

同じ演技(2011年ネーベルホルン杯)ですが、見比べてみてください。双方ともホームビデオからなので比較しやすいかな。

こちらがジャッジ席反対側から。多分フェンスにNebelhorn Trophyの文字があるのがジャッジ席かな。
Nebelhorn Trophy 2011 Konstantin MENSHOV RUS SP
http://www.youtube.com/watch?v=fEtg-ECypv0

こちらは上と真逆、ジャッジ席側から。
2011 Nebelhorn Trophy - Konstantin Menshov SP
http://www.youtube.com/watch?v=gwH8Me99jt0

そして、こちらはTV映像。大会は違いますが同じプログラムです。完成度がかなりちがうけど・・
ユーロスポーツ版のNHK杯です
2011 NHK Konstantin Menshov SP B ESP
http://www.youtube.com/watch?v=v8SoFsLJBKg

こちらのエントリーから引っ張ってきました。
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-50.html

紹介ありがとうございます。 - Sakura - 2012年04月20日 17:48:39[ 再編集・削除 ]

v-22Dora Quadskiさん

実例の紹介ありがとうございます。
ジャッジサイド・反対サイド・TV映像の3点セットは、いいサンプルになりますね。

記事内へ映像とBlog URLをUPさせて頂きます。(感謝)

> 以前、似たようなテーマを拙ブログで取り上げたことがあります。特にシングルだと、視線の向きやアッピール動作がどちらをむいて行われているか、でかなり印象が違うんじゃないかと思います。>

> 同じ演技(2001年ネーベルホルン杯)ですが、見比べてみてください。双方ともホームビデオからなので比較しやすいかな。
> こちらがジャッジ席反対側から。多分フェンスにNebelhorn Trophyの文字があるのがジャッジ席かな。
> Nebelhorn Trophy 2011 Konstantin MENSHOV RUS SP
> http://www.youtube.com/watch?v=fEtg-ECypv0
>
> こちらは上と真逆、ジャッジ席側から。
> 2011 Nebelhorn Trophy - Konstantin Menshov SP
> http://www.youtube.com/watch?v=gwH8Me99jt0
>
> そして、こちらはTV映像。大会は違いますが同じプログラムです。完成度がかなりちがうけど・・
> ユーロスポーツ版のNHK杯です
> 2011 NHK Konstantin Menshov SP B ESP
> http://www.youtube.com/watch?v=v8SoFsLJBKg
>
> こちらのエントリーから引っ張ってきました。
> http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-50.html

非公開に… - Sakura - 2012年04月22日 04:55:40[ 再編集・削除 ]

v-22非公開コメント様

コメント投稿方法を間違っちゃったのかな?
非公開にする必要の無いコメントだと思ったのですが。

審判も楽しいPGは楽しくなったりもするでしょうが、責任ある業務についていますから
判定業務は、間違いのないように、冷静に採点しているでしょう。
でも、顔は笑ってるかもしれませんよ。(笑)

紹介映像を全てご覧になって頂いた方は少ないのかもしれませんが
見る場所や環境で、大きく感じ方が変わるのを実感された事と思います。

PCSなどを勉強したい方には、セミナービデオを見て、個別の定義や基準を頭に入れた上で
5回リピートしてもらえれば、結構、ああ、こういった部分が評価されたり、されなかったりしたのかな?
という部分が、なんとなくでしょうが、見えてくると思います。

仰るように、採点などの批判や選手批判をしながら、書かれているサイトは結構な数がありますよね。
ただ、このような中で、どれだけの人が、競技の見え方の違いやルールの細かい部分まで
理解した上で、書かれているのかわかりませんよね。

心が折れる前に、もっと知ろう。 知ればわかる。
の、連鎖がはじまれば、この競技観戦はもっとおもしろくなります。

観る位置によって、感じ方が違うものだと知ってから見れば
ジャッジの位置からは、こう見えたのかもしれない。 って、想像が働きます。

そういう、きっかけに、このエントリーがお役に立てたのなら、非常に嬉しいです。
今度は、非公開ボタンを押さずに、投稿してくださいね。

失礼しました - かえで(さくら改め) - 2012年04月29日 14:25:30[ 再編集・削除 ]

な、何とハンドルネームがかぶっていたのに今気付き、改めました。失礼しました。


で、本題です。テレビの印象は恐ろしいですね。
「ノーミス」にこれほど振り回されてしまうとは。

やはりジャッジが分かりにくい競技だからでしょうか。
観客とジャッジの評価がかけ離れている、という現象はどうしたら良いのでしょう。
芸術性を持つ競技を点数化するのは大変難しい事なんだな、と思います。まして、フィギュアスケートは見ている人全員がやった事のある競技ではないでしょうから。

同じ様に芸術性も含む体操競技は、皆さん体育の授業でちょこっとやりますよね。だから何となくは難しい事をやっているのも分かりやすい(フィギュアスケートと比べて、という意味で)のかな、と思います。
自分は逆上がりは出来るけど友達には出来ない人もいる。跳び箱もみんな跳べる段が違うのも小さな頃から分かるし、跳べる様になるまでの時間や練習も、何となく分かる。鉄棒で懸垂や、グライダーなどをやった事があり、鉄棒でグライダーをやった時のスピードなども想像しやすい、のではないかなと思います。

とにかく、全くやった事のない競技は想像しづらいですし、いきなりトップ選手の大会を見るなら、難しい事を簡単そうにこなしてしまう選手達を見ているのが普通で、それが難しい事や選手の小さなミスなどは理解し難いのではないでしょうか。

ここはメディア、マスコミはきちんと表現して頂きたいな、と思います。
「ノーミス」なのに、点数が低いのは何故だ! など果てはジャッジ批判、国家間の陰謀説などに発展しておりますから。

そこできちんとルールを理解しようとしてくれたら良いのですが、自分に都合の良い様に解釈してしまうパターンもありそうで、スポーツとしてのフィギュアスケートってちゃんと公平に学べばもっと楽しいのにな。と思います。

HNはご自由に… - Skater_Sakura - 2012年04月29日 21:52:23[ 再編集・削除 ]

v-22かえで(さくら改め) さん

こちらにもコメントありがとうございます。

> な、何とハンドルネームがかぶっていたのに今気付き、改めました。失礼しました。

どうぞ、お気になさらず。 好きなハンドルネームをお使い下さい。

> で、本題です。テレビの印象は恐ろしいですね。
> 「ノーミス」にこれほど振り回されてしまうとは。
> やはりジャッジが分かりにくい競技だからでしょうか。
> 観客とジャッジの評価がかけ離れている、という現象はどうしたら良いのでしょう。


はい。 TVの影響力、有名人の発言など、メディアを通した影響力は計り知れないほど大きいです。
【ノーミス】という言葉には、本当に困らされます。

時には、順位に影響するほどの大きなミスがあったのに…
ただ単に転ばなかった。 というだけで、【ノーミス】という言葉に置き換えられます。

いつも感じますが、小さな個人Blogでの競技説明には限界を感じます。

> 芸術性を持つ競技を点数化するのは大変難しい事なんだな、と思います。
まして、フィギュアスケートは見ている人全員がやった事のある競技ではないでしょうから。


> 同じ様に芸術性も含む体操競技は、皆さん体育の授業でちょこっとやりますよね。
だから何となくは難しい事をやっているのも分かりやすい(フィギュアスケートと比べて、という意味で)のかな、と思います。


体操競技のミスは致命的な減点などを伴うケースが多いのですが
FS競技は、ミスを小さな加点部分で挽回出来る、加点ゲームの要素が大きいんです。
それは、同じ技をしても、雄大でダイナミックな技と、ぎこちなく、ただ失敗しなかった技。
という差を付けるため。 なんですけどね。

> ここはメディア、マスコミはきちんと表現して頂きたいな、と思います。
> 「ノーミス」なのに、点数が低いのは何故だ! など果てはジャッジ批判、国家間の陰謀説などに発展しておりますから。
>
> そこできちんとルールを理解しようとしてくれたら良いのですが、自分に都合の良い様に解釈してしまうパターンもありそうで、スポーツとしてのフィギュアスケートってちゃんと公平に学べばもっと楽しいのにな。と思います。


先のコメントレスにも書きましたが、メディア側までが、競技の本質や正確にルールなどを調べずに
感情的な、印象イメージだけを頼りに、ジャッジ批判や国家陰謀だと表明してますからね。

それを、安易に信じてしまう人も居るのだから、責任は重大だと思います。

コメントの投稿


トラックバック

URL :

FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2012年04月 20日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ ★四方山話
  └ ★観客席・TV観戦・ジャッジ席…印象度の違い★
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。