スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★フリップとルッツ…見分けとUnclear Edgeとは?★

今回はUnClear Edge(Wrong Edge)に再注目なエントリーです。

Wrong EdgeUnclear Edgeと呼び方が変わりました。

Wrong Edgeの判定に関係がある表内ジャンプはフリップとルッツです。
未だTV解説のコール抜きで見分ける事が困難な方は多いでしょう。

TV放送では、プログラム・コンポーネンツ・シート(要素構成予定表)を元に解説するケースが多く
実際に選手が行った要素が変更されたり、競技終了後のプロトコルに記載される要素と違う事が起こります。
フリップとルッツは、時に解説者の説明と違うこともあり、何故???と、なる方も多いのでは。

技術審判(TO)テクニカル・オフィシャルメンバー3名の主な業務は…
ATS(アシスタント・テクニカル・スペシャリスト)がPGコンポーネンツシート(要素構成予定表)を元に
要素前に事前にTSに伝え(要素名ではなくジャンプ・スピン・ステップ)※ TSの先入観を防ぐため
TS(テクニカル・スペシャリスト)が実際に試みた要素をコール
ATSがコールや判定に異論がなければ、TC(テクニカル・コントローラー)が承認します。

要素にビデオ判定が必要なケースと判断した場合はレビュー要請(ビデオ判定要請)をオペレーターに伝えます。
選手滑走後~得点が表示されるまでの時間が長かった場合、レビュー要請の要素が多い事が考えられます。
また、スケーターズ・フェイバーの適用を協議しているケースもあります。(後述)

尚、レビューの際は、TSとATSが同時にコールし、一致しない場合はTCの見解を入れた多数決。
※ 迷ってしまうようなケースなど、協議されるような微妙な時は、スケーターズフェイバーの扱いになる事がある。

TV放送での解説者の説明は、解説者が見た見地での言及で、実際の確定された要素と違うケースが、ごく稀に起こる事があります。(後述)(他記事)

Flip and Lutz
http://youtu.be/6tWmm4AKmgc



おそらくISUのジャッジセミナー用解説映像です。

体幹軸・水平軸イメージが非常にわかりやすい映像。

2軸~1軸への移行や腕の使い方、フリーレッグの処理、水平・前後バランスの感覚。
目・顔・肩・腕・腰・・軸足…そしてフリーレッグ。

Wrong Edgeの無い、非常に質の高いサンプル映像です。

Figure skating_Jumps_Demonstration by Yukina Ota
http://youtu.be/H_bicStqb6U



大田由希奈さんの6種類のジャンプ映像。 
シングルやダブルのサンプルをたくさん見る方がトリプル以上の見分けに役立ちます。

Takahiko Kozuka 【Flip,Lutz Jump & Spin】
http://youtu.be/t9_NLRbHWsU



小塚崇彦選手によるフリップとルッツの跳び分け映像。
プレパレーションのカーブが映像に示され、難易度の違いの説明が判り易いでしょう。
踏み切り~着氷の方向は回転不足判定の基準方向でもあります。

スピン技術への説明もありますが、今回は割愛します。
チェンジエッジ技術はバック回転~フォア回転に移行する技術が難しい。
TV説明は、難しい回転(フォア)から、簡単な回転(バック)への移行を説明しています。

スローモーション撮影で説明されていますが、Wrong Edge判定は原則的にノーマル速度で判断する事を覚えておいて下さい。
Wrong Edge判定を切り取った瞬間やスローモーションで判断する性質の技術では無いからです。
(映像検証で使われているケースはスローや瞬間を根拠にしているケースが多い)←過ち

【2013.3.9追記】
現行ルールでのWrong Edge判定はスロー再生で見る事が許されています。

個人的には、この運用方法は微妙なケースを過度にエラー認定してしまう危険性があり
従来通り、アングルの問題が無ければノーマルスピードで判断すべき性質の技術だと思います。


★ジャンプ編…正しい理解の上で観て欲しい★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-10.html

Flip Jump & Lip Jump(Wrong edge) Figure Skating
http://youtu.be/Iel9kjBAq2s



↑ ↑ ↑ 上記のような スロー再生や停止を使った動画(作為的) 
実際にエラー判定を受けた映像と疑惑の映像などをスロー再生で検証する事自体が結果ありきで作られた可能性が高く作為的・悪意的な印象を受けます。 
こういったものを主張の根拠に使うことはナンセンスなんですよね。 
しかもTVで放送された録画ビデオは判定にも使われている映像ですらないのです。 
同じようにメディアも不勉強で…競技会の度にスロー再生映像を流すものですから 
これが一般的な解釈だと定着しちゃったのだと思います。 

特定の選手の判定を…『不正だ!』 『見逃されている!』 などの主張を繰り返しているケースの多くは、こういった映像を鵜呑みにしているか、特定の選手を貶めるために映像を利用しているだけです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

友人である現役テクニカル審判員のメッセージ部分を転載させて頂きますね。 
このシステムになって、ジャッジは、ビデオリプレイを観る事ができるのですが、ジャンプの着地については、スローやスーパースローにして、回転不足をチェックしますが、踏み切りについては、標準モードで見ます。
 
スローやスーパースロー、停止で見てしまうと、Sakuraさんも書かれている通り、瞬間を見てしまうからです。
これは、ナンセンスですよね。 

どのレベルでwrong edgeのコールをするかは、事前にTO(テクニカルオフィシャル)で意識あわせをします。 

【テクニカル・ハンドブック】
踏み切り時にきれいで正しいエッジで踏み切らなかった場合には、テクニカル・パネルは“e”  (エッジ)マークを使って、ジャッジに間違いを示す。
通常は、間違ったエッジでの踏み切りの判定には、スロウ・モーション再生は用いず、スロウ・モーション再生を用いるのは、ノーマル速度では踏み切りエッジの確認ができないカメラ・アングルの場合のみである。 
ジャンプの踏み切りが間違ったエッジで行われた場合、テクニカル・パネルは “e” (エッジ)マークを用いる。 

【GoEのガイドライン】
最終的なGOEが
必ずマイナスとなるエラー
引き下げ最終的なGOEの
+-は制約されないエラー  
引き下げ
F/Lzでの間違ったエッジでの開始
(記号“e”)  
-2 to-3F/Lzでの不明確なエッジでの開始
(記号“e”)
-1 to-2

シングルおよびペア・スケーティングとも、フリップまたはルッツ・ジャンプの 
“間違ったエッジでの開始”および“不明確なエッジでの開始”は 
テクニカル・パネルにより特定されジャッジに示され、プロトコルでは記号"e”を用いる. 
各ジャッジはエラーの程度メイジャー・エラーあるいはマイナー・エラー)を 
自分自身で決定し、それに相応するGOE減点を行なう

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★高橋大輔…ルールへの挑戦状!? ロッカーターンからのルッツ★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-144.html

上記エントリーより…

2010 NHK Trophy Daisuke Takahashi SP
http://youtu.be/5AkSvXyY3Cw



2010 NHK Trophy Daisuke Takahashi SP Slow Motion
http://youtu.be/BN1fpYze96Y



ロッカーターン~3Lzのスロー映像です。
下記画像の説明どおり、フリーレッグ処理でロッカーターンを意図している事が判りやすいかと思います。
以前は疲れてくるとe判定(軽度 エッジがフラット気味)(マイナーエラー)を受ける事もありましたが
エッジの傾きや体幹軸がアウト側にやや傾いている事が判ると思います。

説明のためにスローモーション映像や切り取った画像を用意していますが
Wrong Edge判定はノーマル速度で判断する事は忘れないでくださいね。

Daisuke Takahashi SP.avi_000122822

2010 NHK Trophy Daisuke Takahashi SP.avi_000316683

コレは切り取った瞬間ですが。(説明のため)
身体の連動した中で各パーツ同士が連携させて要素は完成する。 
フォームに至る、きっかけや始動、その方向など、見る部分は多岐。視点の引き出しが多いほうがいい。
何を感じたか?も大事。

【重要】
すべての選手の判定に言える事ですが…
テクニカル・パネルでは
エッジ判定・踏み切りのごまかし・回転不足判定・通称ザヤックルールなど
【あきらか】ではない場合(非常に微妙なケース)
スケーターズ・フェイバー(選手がルールで不利益を被らない措置)を受けているケースが時々あります。

特定の選手がルール運用上の判定で…『審判に狙われているっ!』
のような、陰謀論を信じているのか短絡的反応がありますが、スケーターズ・フェイバーが適用されている事もあるのです。

プロトコル上で表記されることも無く、また、ジャッジやTV解説者などが説明する事も無いので
実際に適用されたかどうかを、一般的に知る事が出来ません。

競技関係者の場合、実際の滑走や映像などの記憶とプロトコルを照らし合わせて
『ひょっとしたら、あの判定はスケーターズ・フェイバーを適用したかも…』
と、いう感じで、推察するので、それほど疑問とせず、その時の審判団がそう判断しただけ。
という風に受け止めるんです。
別に選手ごとに、判定の厳しさの度合いが違う訳ではありませんから。
裁判と同じように、【疑わしきは罰せず】(推定無罪)の精神があるのです。

★スケーターズ・フェイバー?★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-117.html

選手本人やコーチなどは、『あの要素は微妙だったな…』 どっちの判定になるだろう。
という風に心配している要素の判定は、競技中から解っているんです。

それが回転不足判定やWrong Edge判定、スピンのミス・レベル認定など…
様々な部分で、『審判にはバレてるかも?』的な要素はあるもんです。

ほとんどの場合、審判にはバレてます。(笑)
でも、時々、上記のような、スケーターズ・フェイバーが適用され、選手が不利益を被らない判定になっているケースも起きているんです。

選手側の損得勘定的にみれば、判定で損をする事もありますが、得をしている事もあるんです。
あまり、ルール上の判定部分を損得勘定的な事で考えるのはよくありませんが。

2012 Yuzuru Hanyu 羽生結弦 FS
http://youtu.be/18fLcfKlq4c



(2:27)チョクトーからの3Lz+2T(片手上げ)に注目。
1st着氷でバランスを崩しながらタノ+2Tへつなげ、そのままターンまで…

2012 Yuzuru Hanyu 羽生結弦 FS Slow Motion
http://youtu.be/IWZwQ8vLifY



TOはレビューでチョクトーだと確認して、フリップのe判定にしなかった。
TV映像はエッジの角度が見えにくいのが残念。

羽生
結弦選手のルール対応力や挑戦している事は以下の記事へ…

★世界を見据えたIJSルール対応力★ 羽生結弦の挑戦
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-164.html

★羽生結弦…世界への扉★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-174.html

マイケル・ワイス先生のフリップ&ルッツ映像
シングル~トリプルまで入っているので、練習生にはお手本となるはず。

※ 埋め込み不可映像ですのでYou Tubeでご覧下さい。

The Flip Jump
http://youtu.be/7Zb8C7lnYVk

The Lutz Jump
http://youtu.be/UNmTZlo0tc8
  
The Six Basic Jumps
http://youtu.be/MbfRRXHqLm8

【5/9追記】Twitterより…
スケートって、やる方もだけど、観る方も気づきが大事で、その見るポイントとやるポイントのツボな部分を知ると、かなり見方が変わる。 
でも、それって言葉では伝えにくいところだったりもするし、経験が理解を早める部分もある。
ヒントになりそうなのは目の中に基準線を入れる。

目の中の基準線…
ダンス系のコーチやスポーツ指導者などは日頃から結構、体幹軸など意識した上でいろんなラインの本人比較などを見るクセがあると思うけど…
バランス系のスポーツは対称も意識するがスケートのように片足バランス系は必ずしも対称ではない。
でも水平軸は必要…深い。

カーブを使いバンクする姿勢の中から、次の運動(要素)などに水平軸が必要な場合、その移行する体軸バランスを使って水平軸を作らねばならない。
ジャンプやスピンは特に重要。この補正アドバイスが出来る人が指導者になれる。
エッジや身体が傾いたところからの水平軸移行がポイント。

前後水平軸はバランスが取りやすい…左右水平軸はバランスが取りにくい。 
何故か?の意味は身体の構造と道具の性質。 一番は地上でやってみればいい。スパイラル姿勢とY字バランスでもいい。
完全に出来なくてもどちらがバランスを取りやすいかが判る。 ヒントはスケートは片足で滑ることが多いスポーツ。

片足で滑る…という事は、片方の足はどこかにあるわけで、どの位置によってバランス感覚が違うか?
って事をイメージ出来るかどうか? 足の裏の形は? フリーレッグが前後?左右? それだけでもバランスは大きく変わる。
腕との関係は? スケートはやじろべえ? ちょっと違う?

見る部分や感じる部分を増やせば、もっと面白くみえるし、やりがいも出来る。 
見る人は対象者の身体の使い方に目がいき、やる人は、自分自身の身体を意識するようになる。すべては気づき。
ダンスでもバレエでも見るだけと、少しでもやるのとでは気づく確率が違う。 審美眼とは違う視点。

スケーターのフォームを審美眼だけで、優劣をつけるのは良くない。
クセがあっても、技術的に理に適っていればOKなんです。
問題は、その審美眼的なフォームの優劣で評価・質・点数に大きな差が出るのならば修正した方がいい。
でも、関係なければ個人の個性でOK。

フォーム優劣を審美眼で見るほどいい加減なものはない。
プロ野球などのバッターやピッチャーのフォーム優劣が審美眼でアウトなら、その選手は何故そこに居る?という事になる。
どんなに不恰好に見えても、理に適っていたり、本人の身体特徴に合致していれば、それが本人比の理想型。

スケーターのフォーム改造…
物理的・具体的方法で修正させるタイプと、本質部分の追及の中から自然と身につけさせる方法と…終着点へ向かわせる道が違う。 大きく2つの方法がある。
物理的・具体的なのは即効性があるが崩れる危険性もある。 他方はその逆の性質。
どちらが正しいかは判らない。 卵が先か? 鶏が先か? に、似ている。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

Blog応援してね♪ 

私のスケートを見る視点はみなさんと少し違う部分がありますのでご了承下さい。
FS関係者でも立場の違いで見るポイントはみんな違います。
コーチはコーチならではの視点・コリオはプログラムを、ジャッジはジャッジングポイントを
選手は何か参考になる事はないか?って感じで経験者でも違うのです。

★Figure Skating Guideline★ エントリー 一覧
画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般社会常識を守って頂けますよう、お願い申し上げます。
投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来る様にして下さい。 
マナー等をお守り頂けなかったと管理者が判断した場合は  
やむを得ず、しかるべき措置を取る場合があります、予めご了承下さい。
ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】 も押して頂けると嬉しいです♪
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

まるで見る目がないですが - まる子 - 2012年05月13日 21:23:57[ 再編集・削除 ]

お久しぶりです^^。今回も興味深い記事をありがとうございました。
いつもどおり論点ズレまくりですが、よろしくお願いします。

私は技術の見分けには全然自信がないですが、その中でも、実はルッツとフリップよりも、フリップとトーループが見分けにくいんです。右・左どちらの足で踏み切っているかが全然分からないからなのですが、プロの目では、どうやって見分けているのでしょうか。踏み切り足というよりも、ジャンプ前の準備動作などや軌道によって分かるのでしょうか。コツがあれば、ぜひ教えてください。

見分けに自信がないのはトーループとサルコーなんですよね・・・。トーループは全然分からないので、消去法で「さっき単独フリップ跳んでたから、これはトーループね」みたいな感じです。サルコーは、選手によって、はっきり分かるときと、あれっ?!今のループ?!みたいになるときがあります。でも、ループをサルコーに見間違うことはないです。
基礎点と見分け難度は一致しない、に一票!

ジャンプの見分け - Sakura - 2012年05月13日 23:38:03[ 再編集・削除 ]

v-22まる子さん

こんばんは。 NET環境整備出来たんですか。

> 私は技術の見分けには全然自信がないですが、その中でも、実はルッツとフリップよりも、フリップとトーループが見分けにくいんです。

トウループはノーマル回転の選手ですと…右足が軸で左足のトウを最終的に衝いて踏み切ります。
フリップとルッツは左足が軸で、右足トウを衝いて踏み切りますので。

トウループのプレパレーションパターンはRFI~RBOのターン(インスリー)から跳ぶ。
LFO~LBIの体勢からRBOに足を入れ替えて、踏み切る。
モホーク動作を経由して、RBOに乗って踏み切る。
以上の3パターンが主流でインスリーからの踏み切りは現在ほとんど見ないパターンです。

> 見分けに自信がないのはトーループとサルコーなんですよね・・・。

サルコウはLFO~LBIにスリーターンから踏み切るパターンとRFI~LBIのモホークから踏み切るパターンが主流です。
エッジジャンプなので、右足を振り上げて跳ぶので、そこに注目して頂ければ。
同様の動作から、トウを衝けば、フリップになるので、フリップは別名トウサルコウと呼ばれます。

クワドサルコウの踏み切りを紹介したBlogでパターンを確認してね。
【ろこの偏愛日誌】 4Sの跳び方をジロジロ
http://rokonohenainisshi.blog69.fc2.com/blog-entry-2414.html

サルコウとトウループのプレパレーション - ghoti - 2012年05月14日 01:10:01[ 再編集・削除 ]

オクサナ・バイウル選手の例ですが、
1)LFO~LBIのスリーターンから踏み切る。サルコウ
2)RFI~RBOのターン(インスリー)から跳ぶ。トウループ
が印象深かったので、貼って置きます。
http://www.youtube.com/watch?v=e0TA2ha-5Ms#t=1m03s
あと、サーシャ・コーエン選手の
イナバウアー、RBO~RBI~LBIのスリー、モホークから跳ぶ。サルコウ
も印象深かったです。同じ動画
http://www.youtube.com/watch?v=e0TA2ha-5Ms#t=2m22s


ありがとございます^^ - まる子 - 2012年05月16日 07:09:41[ 再編集・削除 ]

Sakuraさん、お返事ありがとうございました。

>トウループはノーマル回転の選手ですと…右足が軸で左足のトウを最終的に衝いて踏み切ります。
>フリップとルッツは左足が軸で、右足トウを衝いて踏み切りますので。


そこなんです!皆さん、常に動いている演技中の選手のジャンプの瞬間に、どっちが右足で、どっちが左足かって、分かるんですね?!すごいです!!慣れなんですかねぇ。
私は、トウをつくために振り上げた足が右足か左足か考えているうちに、選手はもう次のエレメンツへ・・・という情けない状態です。踏み切りの時に、いつもカメラが選手の背中側にいてくれれば少しは分かりやすそうなんですけどね(笑)。って、初心者すぎます?

ghotiさんも、映像紹介ありがとございます。
実は引越し等々の関係で、ネット環境が良くなくて速度が遅いので、動画は後日ちゃんと環境が整ってから拝見します。楽しみです♪ありがとうございました。

またよろしくお願いしますね。

ルッツ集 - ghoti - 2013年03月13日 16:57:34[ 再編集・削除 ]

ルッツ集作りましたので貼っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=bLn4Ce08sTc

あと、2012スケートカナダ。オズモンド選手の3F+2T、3Lzの"e"判定、3Fは"ok"判定。ですが、どうして3Lz+2T、3F、3F(二個でNG→ハンドブック参照)として"ok"判定とならなかったのでしょう!?スケーターズフェイバー­!?
参考動画http://www.youtube.com/watch?v=8r9t5B2BJJc
プロトコルhttp://www.isuresults.com/results/gpcan2012/gpcan2012_Ladies_FS_Scores.pdf
テクニカルパネルハンドブック2012-2013
http://dl.dropbox.com/u/410340/FSDoC/TPH1213.pdf

回答は急ぎませんので時間のあるときにでもお願いします。

追記2013.03.14/2:40
宮原選手とリプニツカヤ選手のルッツ集(字幕入りGOE、Wrong Edgeなど)を貼っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=g8KSwAoJKdQ

問題なし - Skater_Sakura - 2013年03月14日 04:33:04[ 再編集・削除 ]

v-22ghotiさん

> ルッツ集作りましたので貼っておきます。
> http://www.youtube.com/watch?v=bLn4Ce08sTc

ルッツ集ありがとうございます。 
Twitterでも寸評しましたが、たくさんのサンプルを見る事で一口にルッツといってもいろんな印象があるのがわかると思います。

> あと、2012スケートカナダ。オズモンド選手の3F+2T、3Lzの"e"判定、3Fは"ok"判定。ですが、どうして3Lz+2T、3F、3F(二個でNG→ハンドブック参照)として"ok"判定とならなかったのでしょう!?スケーターズフェイバー­!?
> 参考動画 http://www.youtube.com/watch?v=8r9t5B2BJJc
> プロトコル http://www.isuresults.com/results/gpcan2012/gpcan2012_Ladies_FS_Scores.pdf
> テクニカルパネルハンドブック2012-2013
> http://dl.dropbox.com/u/410340/FSDoC/TPH1213.pdf

3F+2T 3Lz 3Fの映像を見ましたが、判定的には何の問題もありません。

3F+2Tにe判定も3Lzにe判定も妥当だと思います。 単独の3Fにはe判定はつかないレベルですね。
ルールでは同じ種類の3回転ジャンプが2個でNGではなく、3回目の同一種類3回転ジャンプがキックアウトされます。

尚、私個人の見解ですと…3F+2Tのe判定は軽度 3Lzのe判定も軽度と感じるレベルです。
実際のプロトコルでも転倒した3Lzは仕方ないですが
3F+2TのGoEはこんな感じの評価で妥当でしょう。 エッジは甘いがジャンプ自体の質は良いので±0という感じ。

> 追記2013.03.14/2:40
> 宮原選手とリプニツカヤ選手のルッツ集(字幕入りGOE、Wrong Edgeなど)を貼っておきます。
> http://www.youtube.com/watch?v=g8KSwAoJKdQ

`s(・'・;) エートォ...
コチラの方は余計な物議を醸してしまう可能性があるのですが…
あくまで個人的な見解という事で。

いくつかの3Lzではe判定でも仕方がないな…と、感じるジャンプが散見されました。

2013JWと認定されたケースのを比べてしまうと、コーチの主張も頷ける部分はあります。
※ (比べる事はナンセンス)なのですが…コーチは当事者側の立場なので、主張してはいけない訳じゃないですよね。

ただ…ghotiさんなど 私のツイートを読まれている方々は察しがつくかと思いますが
TOは、競技前の公式練習時から選手のエレメンツ判定で微妙になるかもしれない様々な要素(ジャンプ・スピン・ステップ)で起こるケースは意識合わせを行っています。

意識合わせの中で、微妙なケースをどうするか?という部分は、TO内でボーダーを設けているはず。
2013JWでは、そのボーダーが少し厳しい印象があるレベルって思います。(そういう風に感じる試合はいくつもありますが) 
※ 女子シングルは3回転ジャンプがどうしてもボーダー付近レベルになっちゃうんですが。 ← これは回転不足に限らずWrong Edgeでも起こります。(3回転回りきらせるために起こってしまう)

※ これも推察ですが…(多少テクニカル資格者にも聞いてますが)
例えば…UR判定で1/4付近で着氷した際は、身体全体の向きを判断材料とする。とかね。
Wrong Edgeならば、エッジの傾きだけでなく、体軸の傾きも考慮(何を試みたのか?があるため)するとか。
他にもスピンやステップなど様々な部分で意識合わせが行われています。

尚、Wrong Edge判定の定義は『きれいで正しいエッジで踏み切っているか』なのですが…
その前に、何のジャンプを試みたか?という判定が入るので、この場合、ルッツを試みているが
エッジはアウト側に倒れてはいるが、最終的な踏み切り時には少しイン側(もしくはフラット)にエッジも身体も傾いた状態で踏み切っている。
という風に見えるので、先の映像の中の3Lzにも散見されたように、その時の状態(調子)で踏み切り時の身体の傾きも考慮したe判定だったのかと推察します。
もちろん、TOメンバーも違うわけですし。 その際の判断基準(ボーダー)も多少の違いは出てしまいますよね。

※ 技術的に言えば、回転不足にならないようにしたい気持ちが回転運動への移行を早まらせてしまって(いわゆる跳び急ぎ)でイン側に入ってしまう。
しっかりとしたタメを作って踏み切っている3Lzは、そういう事もなく綺麗に踏み切っています。(映像でわかると思います)

スケーターズフェイバーの件は、もっと話がややこしくなるので(説明にも限界を感じる)
明らかでない場合は何でもかんでも採用される訳ではなく、本当にどちらとも取れない微妙なケースのみ採用されるべき性質のルールです。
それこそ審判の判定が絶対ではないからこそ、選手が判定によって不利益が生じさせない為のルールです。

Re:問題なし - ghoti - 2013年03月14日 15:37:55[ 再編集・削除 ]

sakuraさん、早速の回答ありがとうございますm(._.)m

色付きの文字[/色]3F+2T 3Lz 3Fの映像を見ましたが、判定的には何の問題もありません。
>3F+2Tにe判定も3Lzにe判定も妥当だと思います。 単独の3Fにはe判定はつかないレベルですね。


ルッツのエッジエラー≠フリップ というわけですね。>その前に、何のジャンプを試みたか?という判定が入るので あくまでもルッツ(/フリップ)としてエッジは正しいかを判定する、ということで了解しました。

ルールでは同じ種類の3回転ジャンプが2個でNGではなく、3回目の同一種類3回転ジャンプがキックアウトされます。

ご指摘の通り。私が勘違いしてました/(-_-)\

2013JWと認定されたケースのを比べてしまうと、コーチの主張も頷ける部分はあります。
※ (比べる事はナンセンス)なのですが…コーチは当事者側の立場なので、主張してはいけない訳じゃないですよね。
     ・・・
>もちろん、TOメンバーも違うわけですし。 その際の判断基準(ボーダー)も多少の違いは出てしまいますよね。


はい、私もそう思います。大会ごとに、”e”判定されたりされなかったりするのは、ジャンプの正しさが微妙(大会ごとに許容範囲が変わる判定基準のボーダー付近)だからだと思います。

【蛇足、独り言】境界をめぐっての攻防が決着することは永遠の課題だと思います。(つまり決着しない、なんつったって、境界ですから、笑。悔しかったら境界から遠く離れた文句のないジャンプを跳びなさいと、汗) 今回のJWC。宮原選手とリプニツカヤ選手のルッツ。明暗を分けた理由が見つからない。二人とも微妙なルッツ(エッジが浅い)であることは確かだけれど…/(-_-)\

※ 技術的に言えば、回転不足にならないようにしたい気持ちが回転運動への移行を早まらせてしまって(いわゆる跳び急ぎ)でイン側に入ってしまう。
しっかりとしたタメを作って踏み切っている3Lzは、そういう事もなく綺麗に踏み切っています。(映像でわかると思います)


はい、タメ、すごく良くわかります。この【タメの絶妙な間】が気持ちよさ(しっくり感)の一つでもあります。

>スケーターズフェイバーの件は、もっと話がややこしくなるので(説明にも限界を感じる)

そうですね。いろんなケースがあると思われますので、おいおい勉強していきたいと思います。丁寧な回答ありがとうございましたm(._.)m

コメントの投稿


トラックバック

URL :

FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年05月 22日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ ★ジャンプ
  └ ★フリップとルッツ…見分けとUnclear Edgeとは?★
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。