スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★誤解だけは解いておきたいルールの事★

まもなく四大陸選手権 そして'08-'09シーズンチャンピオンが決まる世界選手権です。

開催前に、今までのエントリー内容などをまとめる形として
Q&A形式のエントリーを作っていました。
ご訪問下さった方々の参考になれば幸いです。

フィギュアスケートを観戦するファンの方々が一番疑問に思っている事は
回転不足の判定とwrong edgeの判定なのでしょう…

採点競技ですから、人間の目で判定し、必要に応じてビデオ判定を行っています。
ジャッジングに関して、陰謀説・買収・八百長・権力争いなど推測の域を出ない話を信じる人には無意味でしょうが…

ルールの運用部分に関しては、現状を知ると誤解していた部分が解けるかもしれません。
誤解されているかもしれない事例を挙げていってみましょう…


Q 判定に使われている映像はTV局などのメディアのもの?

A 判定に使われるのはテクニカルパネル横から撮影されている映像を使用。

TV解説者などはメディア映像や目視での解説なので、判定と乖離する場合もあります。

TV解説者がテクニカルパネル位置から解説していれば、見解の乖離も少ないと思いますが、それは不可能ですからね。
当然の事ながら、TV局の生放送の映像で判定するなんて事もありません。


Q 判定はスロー再生や停止を使って判定しているのか?

A ケースによって違います。

基本的には通常スピード再生での判定が多い。
スロー再生などは回転不足判定など特殊なケース。
Wrong Edge判定は基本的にノーマルスピードで判定します。

Q ジャンプの回転不足でのビデオ判定はスロー再生?

A 着氷時の判定はスロー再生又はスーパースローなどを使い判定する場合があります。

進行方向から1/4以上の回転不足は、試みたひとつ下の回転数のジャンプの基礎点からGOEをマイナスの範囲で採点します。
アクセル以外のジャンプが明らかにフォワード(前向き)踏み切りされた場合にはごまかしたジャンプとみなされます。

離氷時の判定が疑われた場合はノーマルスピード再生で判定します。 
チートジャンプ(ごまかした踏み切り)はコンビネーションなどでのトウループに見られるケースが多いです。

wrong edgeと共にノーマルスピードで判定するのはフィギュアスケートの性質上、瞬間を切り取って見るのはナンセンスだからです。

Q 何故1/4の不足が回転不足になるのか?

A ジャンプの着氷は通常バックアウトの着氷を迎えます。
1/4以上の回転が不足すればフォア(前向き)の着氷をした後、ターンしてバックアウトになり流れていく事になります。
  
判定はまさしくこの部分を明確に見ようとしているのです。
テクニカルパネルのさじ加減などはありません。

詳しくは以下のエントリーで。。。
★ジャンプの回転不足考察…★

Q 何故回転不足を厳しく取るようになったのか?

A 旧採点時代から回転不足の判定は存在していました。
ルールの明確化の流れの中で きっちり判定するという事になったのでしょう。

 
(個人的見解)
曖昧さを排除し、正しい回転数を跳んだ選手と微妙だが回転不足と判定されずに、より上の基礎点を狙う選手との明確な差別化が必要だと判断したのでしょう。
  
過去の競技会で、この選手はグリっぽいジャンプが多いのにノーミスに見えるから優勝なんだなぁとか…
完璧に跳んでいたが、ひとつの転倒で負けてしまったとか… 
個人的におかしいと感じた選手は昔の方が多く居たように感じます。

Q 回転不足判定を受けるとDGをした上でGOEをマイナスにまでするのは2重の減点ではないか?

A 判定を受けると、ひとつ下の回転数の基礎点からGOEをマイナスの範囲に収めなさいという意味です。
必要な要件(回転数)を満たしていないと判断されたものは ひとつ下の基礎点で判定するという事です。

コールされるジャンプは通称ザヤックルールなどの兼ね合いで試みたジャンプをコールします。

Q 厳しい判定を科すのは、チャレンジ(高難度ジャンプ)の阻害にならないか? 
 
A 選手は回転不足の判定を受ける受けないの覚悟を持ってチャレンジします。
リスク部分は承知の上で、成功する自信があれば挑むでしょう。


微妙なジャンプを跳ぶ選手は挑戦するのか、確実にこなせそうな構成でまとめるのか戦略を練って、勝つ確率の高い構成を選ぶだけです。
  
(個人的見解) 
過去には多くの回転不足ジャンプを跳んで優勝するようなケースもあったと思います。

この過去の反省に基づいた、明確化の理念が浸透するには、正しい認識が必要でしょう。
見た目だけの判定に終始させるのであれば、新採点の点数化によるルールより旧採点ルールに戻す方がマシだと言ってるようなものです。
基本的にはどちらのルールも曖昧な部分が減った分だけ、不公平感などは少なくなったと思います。

Q 何故wrong edgeの判定は必要なのか?

A 採点に影響するジャンプは6種類でルッツとフリップの違いを明確に跳び分ける選手が減った事が原因でしょう。

ジャンプには複数のアプローチの仕方がありますがルールで同じジャンプは2度までで、2度試みる場合はひとつはコンビネーションにしなければならない。

通称ザヤックルールとの兼ね合いもあり、跳び分けの出来る選手と出来ない選手との差を設けなければ不公平である。

(e)と(!)の微妙な差は議論の的になりがちですが(e)はGOEをマイナス範囲強制(!)をジャッジパネル裁量としたのは平均化に役立ったと思います。

テクニカルパネルでは事前にどの程度を(e)(!)の基準にするかを事前に打ち合わせています。

ジャンプの性質上、この判定はノーマルスピードのビデオで判定します。
瞬間を切り取ったり、スロー再生では瞬間を見てしまう為ナンセンスなのです。

(個人的見解)
認識不足なのでしょうが、メディアのスロー映像が放送で流されたり、作為的にコントロールされた映像がWEB上に氾濫しています。
この作為的にスロー再生や停止映像を根拠に断定的な意見が正しいような記述が数多くまかり通っています。
TV放送での映像はジャッジングには使われていません。

選手間や国家間などで不公平なジャッジングなどが無いように細部まで詰めたルールを運用していると思います。
陰謀説や八百長 特定選手の上げ下げ的な理論をひけらかして自らの正当性を説く人の話に惑わされないようにしましょう。

問題があるのではないか?とされるルール部分は必ず改正されていきます。
  
一般の方が疑問に思うようなことは専門家達も十分認識しています。
ルールやジャッジングを信頼した上で見なければ、どんなスポーツも成り立たないでしょう。
変わらないルールがあるとしたら、それはフィギュアスケートの競技として必要な理念が、ルールに織り込まれているからでしょう。

個人的には変えたほうが良さそうだと思うルールや得点の仕組みなどあります。
しかし…1ヶ所変えると、関連する部分に矛盾が生じたり、整合性に欠けたりする事があります。
よくよく考えると、理にかなってるんだと感じることもあります。
この辺は、非常に難しく、バランスを取るのが難しいから現行のままなのかと思う部分がありますね。

Q 採点結果に疑問を持った場合はどうしたらいいでしょう?

A 競技終了後にリザルトサイトにプロトコル(PDF)がUPされています。
得点に関する疑問は、ほとんどの場合解決するでしょう。


Japan Skating Federation Official Results & Data Site

Q プロトコルをみると、ミスジャッジでは?と思えるケースが見受けられます。

A 人間が採点するのですから間違いが起こるケースもあるでしょう。
明らかな間違いだと判明した場合はレフリーからジャッジに注意がいきます。
  
例えばwrong edgeや回転不足判定が出たのに、GOEをマイナス範囲内に収めないのは間違いですね。
テクニカルオフィシャルでは競技前・競技後 ミーティングをしています。  

※ 最終のGOE を計算するためには、まず始めに要素のプラス面を考慮し、これがGOE評価の起点となる。
次に、ジャッジはあり得るエラーのガイドラインに従ってGOEを減点し、その結果が要素の最終GOEとなる。

ISUコミュニケーション 
#1505 プラスGOE採点のガイドライン(シングル・ペア) より抜粋


上記のように書かれていますので、当該ジャッジはコールされた記号を見落としたかなにかで
プラス面を考慮したあとにマイナス面を考慮してもプラスの範囲に入っていたと判断してしまった可能性があります。

DGされた要素は、最終的にマイナスの範囲内に収めなさい。という事を忘れていたか、エラー記号を見落としたまま、確定してしまったのでしょう。

(個人的見解)
このようなケースはたまに起こるのかもしれないですが、10人前後のひとりであるジャッジのGOE判定の影響は、ほとんど無いと思います。

ランダム抽出されたジャッジの中から最高、最低のGOEを排除した上で平均化しますからね。
こういったケースも想定しているシステムだからでしょう。

ひとりの審判が、見落としや、勘違いでミスを犯したとしても、採点結果に極力影響しないようにしていると考えられます。

ミスジャッジでは? と、疑われたり、話題に上るケースの大半はルールの誤解からくるケースであったり、作為的な手法で正当性を主張しているケースが多く、ほとんどの場合、審判の判定が正しい事が多いです。

Q フィギュアスケートをやってみれば、理解する事は可能でしょうか?

A 全ての事が解る訳ではありませんが、実際に滑る事によって、理解が進むのは間違いないでしょう。
見てるだけでも解る事と、絶対に経験してみないとわからない部分があると思います。


簡単にスケートが出来る様になる訳ではありませんが、普通に歩く事が出来る人はスケートも滑る事が出来ます。
最初はヨチヨチ歩きでしょうが、回数を重ねる事によってレベルアップします。

大人から始めたとしても、簡単なジャンプやスピン・ステップなど出来る様にもなります。
  
大人になってからスケート教室などに通い、連盟のバッジテストを受験される方もいますし…
大人になってからスケートを始めオープン大会(マスターズなど)に出場される方もいらっしゃいます。
高齢者の方でも、リンクで素晴らしい技術を持ってらっしゃる方も多いです。


★Figure Skating Guideline★ エントリー 一覧 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-109.html

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
Blog応援してね♪ 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

判定映像 - どなべん - 2009年02月06日 23:09:06[ 再編集・削除 ]

こんばんは。
ルールについて詳しく解説されていて、ありがたいです。
1つ質問があります。
審判員が判定をくだした映像は、公開してないのでしょうか?
(公開する予定があったら、すみません。)
全参加選手の全ジャンプを同じ角度から撮影された映像で判定されていなければ、公平ではないですよね?
なぜ、判定映像は、選手本人、コーチ、TVの解説者も見れないのでしょうか?
(もちろん観客も)
だからWEB上に映像が氾濫するのでは?
勝敗を大きく分ける判定が匿名の審判員にしか分からないから、買収・八百長などの噂が出る原因のひとつだと思います。
判定映像とプロトコル一緒に見てみたいです。

Re: 判定映像 - ☆Sakura☆ - 2009年02月07日 06:05:55[ 再編集・削除 ]

v-22どなべんさん

コメントありがとうございます。

> 1つ質問があります。
> 審判員が判定をくだした映像は、公開してないのでしょうか?

私の認識不足かもしれませんが、ビデオ映像は公開されていないと思います。
どのような理由があるかまでは解りませんが、公開される事は無いのではないでしょうか。

> 全参加選手の全ジャンプを同じ角度から撮影された映像で判定されていなければ、公平ではないですよね?

競技会では一定の基準でビデオオペレーターの位置が決まっています。
ジャンプの方向や角度によっては レビューも判定しづらい場合もあるでしょうね。
公平公正にするためのルールですし、審判団もプロ意識を持って公正に裁いていると思います。

> なぜ、判定映像は、選手本人、コーチ、TVの解説者も見れないのでしょうか?
> (もちろん観客も)
> だからWEB上に映像が氾濫するのでは?

このあたりは、ISUや各国連盟の方針なのでしょうからなんとも言えないですね。

> 勝敗を大きく分ける判定が匿名の審判員にしか分からないから、買収・八百長などの噂が出る原因のひとつだと思います。
> 判定映像とプロトコル一緒に見てみたいです。

そうですね私も一緒に確認してみたいと思います。

フィギュアスケートの性質を十分認識した上でならしょうがない部分なのかとも思いますが
買収や八百長などの噂の類はファン心理の暴走部分が非常に多いのではと推察しています。

ある意味、採点競技の宿命みたいなものではないでしょうか。

採点競技だけでなく、スポーツのルールや審判部分を信頼して見なければ、根幹部分から崩れるとも思います。

- どなべん - 2009年02月07日 22:29:01[ 再編集・削除 ]

私も、公平公正にするためのルールと信じたいです。
ホント、判定映像とプロトコル一緒に見たいですね。
でも、フィギアスケートは専門家の為のスポーツだから、素人が見てもきっと分からないような気がします。。。
素人の疑問に丁寧に答えて頂き、ありがとうございました。
このフィギア人気が続くと良いですね。

Re: どなべんさん - ☆Sakura☆ - 2009年02月08日 04:49:09[ 再編集・削除 ]

v-22どなべんさん…

> でも、フィギアスケートは専門家の為のスポーツだから、素人が見てもきっと分からないような気がします。。。

確かに、何も予備知識も入れずに見ると難しいでしょうが
よくルールなどの性質を理解した上で、長年、下のレベルから見続ければ
解ってくるようになりますよ。

- さざんか - 2009年02月10日 02:14:54[ 再編集・削除 ]

初めまして、よろしくお願いします。
元フィギュアスケーターというプロフィールに引かれやってきました。
詳しい規定の説明、ありがとうございます。
どんなべさんの質問はフィギュアのグレーソーンといわれる部分の扉の鍵になるような内容で、的を得たものですが、やはり答えが出ないことなのですね。
ルールはルール、でも疑問はルールのあり方でなく
その細かく厳しい判断基準が採点に「正しく反映されているということを証明する手段」を審判側が「持っていない」ことです。
大いにフィギュアに興味のある者は自分たちが判断できない、見えない部分を知りたがっています。
判断できないのは無知だからではありません。見えないのですね、肝心なところが。
見えないから隠そうとしているかも、というような疑問が生まれ、際限のない不信感へと繋がっていくのかもしれません。
それともファンは知る必要がないのでしょうか?
規定が細かく厳しくなればなるほどルールを知れば知ったで、比例するように
一ミリの着地の違いでも知りたくなる、
素人だって興味を持てば、その知識に対する貪欲さはプロの想像以上かもしれません。あらゆる情報が氾濫する中で、より確実な情報を求める、今はそういう時代なのですね。
審判員がコレを見て判断した、とはっきりした映像でもあれば疑惑などはいる余地ないはずですが、なぜ公表の手段がないのか、経験者も分からないのなら我々が分かるはずもないですね。

さざんかさん - ☆Sakura☆ - 2009年02月11日 03:12:16[ 再編集・削除 ]

v-22さざんかさん…

コメントありがとうございます。

フィギュアスケート特有の難しい部分ですので、出来るだけ解りやすく説明しようと思っているのですが
氷の上や、言葉で説明すれば、理解しやすいのですけど。

エントリーに何度も書いているようなところは、滑ってみる方が解りやすいのだと思います。

ほとんどの方はルールが厳しいと感じてらっしゃるのは反応でわかりますが
現役選手達全てが、厳しいと感じているのではないという事です。

意外かと思いますが、ちゃんとルールの理念に沿っている選手は、明確にする事によって
ちゃんとした評価が受けられます。

グリやロングエッジの無いクリーンなジャンプを跳べる選手は良い評価を受ける事が出来るのですから。

> ルールはルール、でも疑問はルールのあり方でなく
> その細かく厳しい判断基準が採点に「正しく反映されているということを証明する手段」を審判側が「持っていない」ことです。
> 大いにフィギュアに興味のある者は自分たちが判断できない、見えない部分を知りたがっています。

証明するには、公表することが一番なのかも知れないですが
知ったとしても、フィギュアスケートの本質を知らなければ、知っても無駄な場合もあるかもしれないです。

ファンの多くは,応援する選手が勝つことに喜びを感じたりする人が圧倒的に多いでしょうし
不利な判定に不服をいうだけの道具にもされかねません。
ですが、ジャッジ団は、選手達を公正公平に、裁くために私情など挟まず取り組みます。
私情を挟むか挟まないかで、大きくそこに、意識の差が生まれる事も考えねばならないでしょう。

審判団や大会運営関係者がどの様に競技会に臨んで、どういった事をしているのかを知るほうが、より、理解が得られると思います。

ジャッジなど、関係者の方々の実状などを伝えるようなエントリーをいつか書きますね。

- さざんか - 2009年02月11日 12:57:29[ 再編集・削除 ]

お返事をありがとうございます。
フィギュア観戦暦も長く、歴史とともに変貌する日本フィギュアをずっと黙って眺めてきました。

本質を知るべき、とのお言葉とともに、不満を招くだけだから知っても無駄、というのは、理解できかねます。
ファンがすべて偏った見方をしている、という先入観があってのご意見のように見受けられ、残念です。

ちなみにキムヨナ選手の!やeにも関心が集まっていますが、何年も前から、これを指摘し続けてきたファンの声もご存知だと思います。
もちろん浅田選手に対してもエッジエラーを鋭く指摘する意見も、規定が厳しくなる以前からのものです。

判定の公表が不服を募らせる道具にされかねない、というような考え自体がずいぶん保守的で、言われんとすることは良く分かるのですが、一歩間違えるとやはり、「見せないことになんらかの意思を持つ判定のやり方」は不正の温床にも繋がるような含みも同時に持たせるのは避けられない、と思います。

Re:さざんかさん - ☆Sakura☆ - 2009年02月11日 21:57:41[ 再編集・削除 ]

v-22さざんかさん…

どの様に書けば納得していただけるんでしょうね…

ファンの方が見るのは,先に述べたように個人選手を例にあげての論議になりがちですし
ルール論議を個人選手をあげてするべきものではないはず。

ルールは個人選手を例にあげて作っている訳ではないですし、スケート界全体をみて作っています。
純粋に知りたい方は、スケート界に入っていけば、知りたい情報が得られることもあるかもしれません。

保守的な考えは、私の考えではありませんし、個人レベルでルール云々を論じても、不正があると大騒ぎさせたり、混乱の元になりかねないと感じるからです。

浅田選手やキム・ヨナ選手の判定に対しての指摘をファンがあげているケースも
間違った認識で、スローや停止ビデオを根拠にしたりするケースがほとんどで、その様な映像などで論議する事はナンセンスですし
はじめから公正に判定しているジャッジだと見ていないように見受けられます。

先のふたりに関しても、妥当な判定が出ていると思います。

採点競技を個人レベルの判定で論議してしまうのはおかしいと感じます。

- さざんか - 2009年02月12日 17:01:03[ 再編集・削除 ]

すみません。
お困りのようなので最後にします。

個人名を挙げる挙げない方向への問題のすげ替えでは納得できる、得られるものはない、という結論に至っております。

ファンも「鋭き先見の目を持ってフィギュアを見ている」とういう事実を例を挙げて述べただけです。
注目していますが、二人への採点が妥当かどうかには興味ありません。
ファンがみなこうだ、という先入感を取り払っていただきたいのですが・・。

もっと核心に触れた問題
採点に対する疑問を解消するには、やはり情報開示の必要性を強く感じます。

大きく言えば、日本国全体を見ても、情報開示なくして世界の信頼を得ることはできなかった経緯がありますから、これはすべてに共通することです。

今後も楽しみにブログを読ませていただきます。
丁寧な回答を頂きありがとうございました。

- 雪だるま - 2009年02月13日 01:35:53[ 再編集・削除 ]

私は誰のファンでもなく、単純にフィギュアスケートが好きな者です。
小中学生時代には選手をしておりましたが、受験のために引退し、以後は観戦を楽しんでいます。


今のルールがおかしいとも思わないし特定の選手に厳しいor甘いなどは全く思いませんが、ジャッジカメラの公開や採点についてのジャッジからの解説は欲しいと思います。
おかしな箇所を見つけるためではなく、正しく採点されていることを確認したいのです。
多くのファンは同じ思いだと考えています。
ネットでは疑惑の目を向ける人が目立つように感じられるかもしれませんが、大多数はまともな目で見ているのですよ。

「疑ってかかる人には無意味」と言うなら、このブログだって無意味なことになってしまいませんか?
どんなにひねくれた目で見ていても、ジャッジカメラの映像とジャッジの解説付きなら納得せざるを得ないと思います。
そういうものがあればファンの理解も益々深まるし、偏った見方をする人は減っていくでしょう。
公開に踏み切らない理由がわかりません。

- たぁこ。 - 2009年02月13日 02:24:39[ 再編集・削除 ]

こちらでは初めまして。
以前、国内でジャッジをされている方とお話をしましたが
テクニカル面に関しては、不正のしようがない仕組みになっていると
説明して頂いて納得しました。
PCSに関しては、ジャッジの嗜好やホームアドバンテージ的なものは多少ありにしろ
一人のジャッジが過剰な加点をつけたとしても切り捨てられるし
中間点を採る、と言ったよう公平になるようにはしてますよね。
加点を多く貰える選手は、きちんと理由がある。
人間の採点だから、その時によって多少誤差が生じるかもしれないけど
フィギュアスケートに限らない事ですよね。

テクニカル側のビデオの公開は、あるといいかもしれません。
今、これだけネットも発達し、メディアも取り上げ
どの情報が正しいか、ファンも迷う事が多いんですよね。
プロトコル見ろ!と言っても
少し込み入った知識がないと解読できないですし
この点数になったいきさつまでは読めませんから。

Re:さざんかさん - ☆Sakura☆ - 2009年02月13日 20:34:16[ 再編集・削除 ]

v-22さざんかさん…

> 個人名を挙げる挙げない方向への問題のすげ替えでは納得できる、得られるものはない、という結論に至っております。

問題をすげ替えているわけではなく、個人レベルの技術の話とルールの話をリンクさせる事がナンセンスだと申したのです。

> ファンも「鋭き先見の目を持ってフィギュアを見ている」とういう事実を例を挙げて述べただけです。

ファンが指摘するまでも無く、専門家たちは、問題点を知っており、今まで曖昧(緩めの基準)で
通していたものをルールの明確化という項目を'08-'09に織り込んだのです。

> ファンがみなこうだ、という先入感を取り払っていただきたいのですが・・。

解りました…性善説を前提として書くよう注意致しますね。

> もっと核心に触れた問題
> 採点に対する疑問を解消するには、やはり情報開示の必要性を強く感じます。

情報開示のご要望はISU宛に、される方がよいと思います。

貴重なご意見ありがとうございました。。。

Re:雪だるまさん - ☆Sakura☆ - 2009年02月13日 20:45:05[ 再編集・削除 ]

v-276雪だるまさん

コメントありがとうございます。
受験を期に引退しちゃったのですか…
合格後に再開されたら良かったのに。。。

このような声が多く届くようになれば、変わるかもしれませんが
判定をつかさどる技術専門委員はスケートのスペシャリスト達ですし
公開される可能性は低いような気がします。

知りたい欲求があるのは解りますが、プロトコルも公開されているので
現在のままでも問題がないように思いますね。

元選手の方なら3種登録で活動していき、主張を実現させるのも選択肢でしょうね。

Re: たぁこ。さん - ☆Sakura☆ - 2009年02月13日 21:01:48[ 再編集・削除 ]

v-254たぁこ。さん…

コメントありがとうございます。

そうですね、真面目に取り組んでいれば、不正の余地は有りませんよね。

PCSに関しては仰るとおりです。
これは採点競技ですから、多少の差はしょうがないと思います。

ビデオ公開の件は無いより有ったほうがよいのかもしれないですが
現実的な面で、制約や問題も多いでしょうね。

審判を信頼して見て頂ければ、細かい所を気にせず、競技を純粋に楽しめるとも思うんですけどね。

私達、競技経験者って、ついつい審判的な目線や技術面ばかりに目がいってしまうので、純粋に楽しんで観ていないような気がします。(>▽<;;

コメントの投稿


トラックバック

URL :

FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年02月 05日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ ★新採点システム 全般
  └ ★誤解だけは解いておきたいルールの事★
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。