スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★フィギュアスケート お金にまつわるエトセトラ…★

フィギュアスケート 華やかな世界って印象ですよね。
日本スケート界も過去の名選手達の活躍のお陰や現在多く世界に通用するトップ選手達の活躍もあり
メジャースポーツとしての地位を確立しつつある感じですが…

真のメジャースポーツと呼ぶには、まだまだ競技人口も少なく、リンクの閉鎖問題など
受け皿となるはずのリンクでの練習場所確保の難しさやキャパ不足など競技人口が増えていくような環境までは整っていないのですね。

メジャースポーツになるには大きな障害となるのがお金の問題。
フィギュアスケート界は…氷上のバレエ界のようなもの上流階級のスポーツなのですね。
やっている人達にはあまりそんな意識を持っている訳ではありませんが…セレブの匂いがプンプンする世界でもあります。
実際…ものすごい御令嬢などが居たりするんですよね。

海外に目を通すと…
昔から貴族階級のスポーツという歴史を感じさせます。 実際そういった家柄でないとスケートクラブにも入れなかったとか…
今では暗部と言われるような人種差別や階級社会の差別的意識も残っていたのですね。
フィギュアスケート界に黒人選手や有色人種選手が少なかったのはその為です。

水泳界にもその様な名残りが残ってますね。。。
特に水泳界では同じプールに入らせないという悲しい現実があったのですね。
悲しい事実ですが…その様な時代から少しずつ変わってきて今のスケート界があるのです。

日本のフィギュアスケート界は大阪が全ての始まりとも言える…
日本スケート界の黎明期を支え、発展させてきた選手の多くは大阪出身で大阪朝日新聞社のリンクから巣立って行った方々です。
この、もう重鎮クラスしか知らないリンクに、今の大御所と呼ばれる存在の関係者がたくさん練習していたそうです。

その方々が引退し、全国に散らばりインストラクターやジャッジなどスケート界を支え続けての現在が有ります。

全日本フィギュアスケート選手権 - Wikipedia

老松 一吉・帯谷 竜一・片山 敏一・佐藤信夫・田中鉄太郎
稲田 悦子・上野衣子・山下 艶子・平松純子・佐藤久美子・山下一美・石田治子

全日本選手権の初期時代の名選手の方々のリンクを参照して下さい。

全日本選手権 歴代入賞者の中には必ずしも恵まれた家庭環境ではない選手も含まれており…
佐野稔さん・伊藤みどりさんなどは師匠や周りの関係者の援助などを受けながらスケートを続けることが出来たのです。
そしてその周囲の期待に応えた名選手でもあります。

当然の事ながら、豊かな才能があるのに、お金の問題でスケート界での競技生活を断念する選手も、少なからず居るのです。
スケート界にスポンサーが付き始めたのは佐野稔さんや渡部絵美さんの時代ぐらいからだと聞いています。
その当時は西武グループのバックアップぐらいでしたが…それもほんの一握りのTOP選手だけ。

この西武(プリンスグループ)が無ければ…スケート界やその他のウインタースポーツの発展は無かった事でしょう。
長野五輪で一番多くのメダルを獲得したのも このプリンスパワーの功績が大きいのです。

TOP選手に近いレベルになってくると国内試合だけでなく海外試合にも遠征が必要になります。
昔のスケート連盟からは全額補助などある訳も無く…国際大会の招待選手になるだけの実力が必要でした。
多くの選手達はほとんど自費で参加していたのですね。

強い選手には 所属クラブや大学などからのカンパや資金援助も多少はありましたが…
帯同するコーチなどの遠征宿泊費用など全て選手側の負担です。

さて…どれぐらいのお金がかかるのでしょう?

ざっと 昔の記憶を紐解いてみますが…
私の経験したケースは ボンビ~な選手側の情報ですので正確ではありません。

スケートリンク代(定期購入) 月額1万円ほど
リンク営業時間外の貸切 1パッチ(1.5時間~2時間)¥20000~¥25000
リンクの貸切は参加人数で頭割りします。。。

昔のコンパルソリー時代は10人ぐらいまで。  現在のフリー時代は20人ぐらいまでが限度かな…

インストラクターレッスン料 30分 ¥3000~¥5000
先生のレッスン料は有名コーチほど高額になります。 現在ではもう少し高いのかもしれません。

試合の参加申し込み料 ¥10000~¥15000
バッジテスト受験料 ¥5000 ぐらい? ちと不明…

遠征を伴う試合の場合は…1試合あたり3~5泊で 20万円~
コーチの滞在するホテルのランクなどにより…もっとの場合があります。
1対1の師弟関係では大変な金額負担になります。

先生によっては…見栄張って高級ホテルを取るんですよね。

海外遠征費用となると…
自費参加の場合だと 私の場合、経験するのは絶対にムリだと感じてやめてしまったので 想像でしかありませんが…

国内遠征費用の数倍…100万円以上?って感じでしょうね。

私達の時代は為替レートの事を考えると 吃驚どころぢゃなかったですよ。
海外の試合に出場する為だけで 乗用車1台分ですからね。

スケートの道具・衣装などの費用も凄いですね。
靴に関しては 上級者の場合 早い人では6ヶ月もかからない内につぶします。
1足あたり…6~8万円 ブレードは1~2年で消耗 約10万円

衣装などは…練習着と本番用衣装 などですが…
購入するとなると 3~10万円となってきます。
デザイナーの衣装だと物凄い金額らしいですね?

現在のトップ選手達の衣装あつらえ発注費用は30~50万だとか。
TOP選手ともなると SP・FP・EX用など バリエーションも必要ですし…シーズンごとに購入したり、作ってもらうので 物凄くかかります。

費用節約の為…母さんが夜なべをして♪…の世界ですよホント。

プログラムの音楽やプログラムをコリオグラファーに依頼すれば、これがまた、かなりの金額負担となります。
正確な情報は持ち合わせていませんが、曲の編集を外注で2~4万程度…

コリオグラファーへの依頼は、その先生の移動、数日間の滞在宿泊費用など全てだと、1試合遠征分ぐらいかかるのかもしれません。

その他にも…交通費や食費がプラスされていく訳ですね。
それだけでなく、バレエなど、他のスポーツから吸収の勉強費用など、お金の話をしだしたら止まらないぐらい、モロモロの費用が発生します。

日本のTOPレベル選手クラスでは年間にかかる費用が高級乗用車が1台分~数台分と幅も広がります。
一般平均年収ぐらいの家庭では TOP選手になれば スポンサーが付かないと経済破綻必至って感じなんですよ。

10歳~22歳ぐらいまでと仮定して、全日本選手権、最終グループ入りクラスまで
成長した選手は、少なく見積もっても家一軒購入代金分ぐらいはかかっているような気がします。

現在の日本のスケート界では 多くのTOP選手にスポンサーが付き…
選手個人の自費負担分はそれほどでもなくなっているようですが…

そのレベルに到達しない選手の家庭では 上記のような費用負担を毎年しているのですね。
選手を育てる親達は 何もかも全て子供の為に身を粉にして働きサポートしているのです。

っと…ココまで書いておきながら、ちょっと、スケートを始めるのは恐れ多くてと感じてしまう方が居ても困るので、補足します。

初めてフィギュアスケートに触れる、スケート教室から、スケートクラブに入って本格的に選手への道を歩み始めるってまでの所までは普通の習い事ぐらいの費用で済みます。

小さなお子さんで、集団レッスンしか受けない状態だと、費用負担は少ないです。
2,3年ぐらい経ってくれば、少しずつ、費用は上がってくるというぐらいの認識で大丈夫だと思います。

大人の方がスケートを始めてみようって場合ですと…
大人のスケート教室に月4回程度でしたら、月謝レベルプラスαでしょう。

という事で…月に1万円前後~数十万前後まで、その取り組み方で大きな差があると思ってくださいね。

フィギュアスケートには魔力のような魅力が存在します。。。
見るだけでなく、やってみれば、物凄く観戦する意識なども変わると、私の影響で?スケートを始められた方の多くが証言してくれています。

選手達やその親も苦労していますが…インストラクターの世界も大変な世界です。

有名選手が引退して インストラクターに転向する場合はまだマシですが…
そうではない普通の選手がインストラクターの世界を目指すのは困難な状況です。

そんなインストラクター達は所属するリンクも無く全国で自分の居場所探しから始まります。
自分の師匠の元のリンクで出発出来ればいいのですが…
もうリンクにインストラクターだらけの状態のリンクも多く、簡単にはいきません。

フィギュアスケートブームが終われば 即失業。
インストラクターをしながら 副業で生活している人も多いのです。

さて…インストラクターと選手は師弟関係を結んでレッスンを受けとるのですが…
レッスン時間によって選手は師匠に毎月、数万~30万などのレッスン料を払います。

上手になるほどレッスン時間も長くなる傾向があるので費用負担は凄い金額になります。
その選手の試合帯同などになれば 他の選手のレッスンはお休みになってしまうし…

弟子を複数持たなければやっていけない代わりに多すぎたり、レベル差が大きいとレッスン分配やスケジュール調整など 非常に難しくなります。

インストラクターの中にはリンク専属の方も居ますが…
専属インストラクターはリンク行事の仕事もこなさねばなりません。

スケート教室やリンク内での雑用的な仕事までやってます。
その他レッスン以外にも プログラム作りや曲の編集など 多岐に渡ります。

ビジネス的側面と師弟関係の選手の成長させる為の仕事の両面があります。
育てた選手が大きな大会で優秀な成績を収めるようになれば、師匠も有名になり、弟子が集まるという面もあるので 師弟共々がんばるのですね。

そ・こ・で…
現在のTOP選手クラスになってくると 新たな問題が浮上するのです。 そう…選手の移籍。。。

円満な移籍の場合は問題無いのですが…先ほどのビジネス的側面と師弟関係の問題が浮上します。

手塩にかけた選手を 連盟側が主導するのか? 選手の希望なのか? 家族の希望なのか?
スポンサー主導なのか? ケースによって違うと思いますが…

海外の有名コーチに完全移籍する場合の問題です。
練習拠点が固定されている現コーチと世界を渡り歩く有名金メダル養成コーチ

日本の場合もですが…海外でも同じ事が起こっているのですね。
韓国のキム・ヨナ選手のケースはかなり揉めたそうですね。

トップ選手ともなると、どのコリオグラファーのプログラムで戦うのか、戦略も試され、最重要課題です。
移籍を巡る、元コーチとコリオグラファーの綱引きなど…とんびに油揚げをさらわれるような感じと、私は感じてしまうのです。

選手を育てたのは間違いなく長く育てた師匠。
海外の有名コーチは その素材を仕上げただけ。 名声独り占め? って感じて見てしまうのですね。
(個人的にそう思うこともある、って程度ですが)

コリオグラファーも技術的アドバイスもしますが、選手のジャンプのクセや、欠点など調子を落とした時ほど、元コーチの昔からの、好調時の記憶力が必要なのです。

浅田選手や安藤選手など日本の選手達は 元師匠とも良い関係を続けているようですけど…
それほど有名でもないコーチならば手放す事を拒むかも?って思っちゃいますね。

まぁ…スポンサー側などから お金が動いてる?って可能性も考えたりしますが…
無粋な推察はやめておきましょう…

現在の世界TOPレベルの選手達はチームを組んで戦わねば勝てないほど綿密な計算とチームサポートが無ければ戦えないという側面もあります。
小さな子供から有名選手まで複数の弟子を持った師匠ではスケジュール調整が難しいのでしょうね。

しかし…無粋ながら…
有名金メダル養成コーチのギャランティっていくらなんだべか?(想像中)

きっとね…古い記憶の中から引き出してる話も多いし…
現在の状況は昔と大きく変わってる部分もあるでしょうから…

『今はこんな感じだよぉ!』
って情報や補足説明があったら教えて下さいね。

★Figure Skating Guideline★ エントリー 一覧 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-109.html

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
Blog応援してね♪ 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- kママ - 2009年02月19日 17:34:46[ 再編集・削除 ]

Sakuraさんへ、
フィギュアスケートをする事はお金がかかるものだと漠然とですが、以前から思ってました。
スケートをする=裕福のイメージがありました。(バレエも。)

米国のケリガン殴打事件の時にターニャ・ハーディング選手の生い立ちなどをテレビで伝えられたときとても意外でした。
彼女が決して裕福でない自分はスケートでメダルをとって選手引退後セレブとなって仕事を沢山得て金持ちになろうとしてそれにはケリガン選手が邪魔であの事件を起こしましたよね。彼女のした事は決して許される事ではないけれど彼女を嫌いにはなれませんでした。そして華やかな世界の裏の部分を見た気がしました。
アマチュア選手だけではなくプロであってもアスリートとして生活する事は大変ですよね。それにスポーツだけでなくてもありますが。

太田由希奈さんも好きな選手の一人だったので引退されたのにショックを受けました。
彼女がフィギュア本の中で引退の理由の一つに経済的な事をあげられていてもし彼女がそんな心配をする事がなければまだ選手を続けていてくれたのではと残念でたまりませんでした。

私は幼い頃日舞を習っていて親になって子供に習わしてあげたかったのですが経済的なことで諦めました。
日舞やバレエやフィギュアスケートなど学習塾と違って習う事は贅沢な事とされるし、フィギュアスケートは近くにスケート場もないのでブームであっても理解してもらえません。
スケートは子供の時に何度かしたことがあって難しいけど楽しい記憶があったので子供達にさせてあげたいと以前から思っていて一昨年の年末、電車に三時間半乗り三人の子供を連れていきました。丸一日楽しんでから帰りました。一番楽しんでいたのは私の様ですが、子供達も絶対したいと言ってました。
でも遠いスケート場にはなかなか行く事は難しく交通費も3万円近くかかり時間も往復7時間かけなければいけません。家族にとってかなりの大イベントなのです。
じゃあ近く住んでる人だけすればいいのかといえば私は違うと思います。
近くにリンクがあって身近なものだと思えたらショーに足を運ぶ人も増えるだろうし、理解もしてもらえるのではないでしょうか。
せめて各都道府県に遊べるリンクがあるといいなあと思います。そしてそこでイベントが行われたらなお良いと。
少し前に氷のいらないスケートリンクの話が有りましたが、それが自分の住んでる所に出来てくれたらなと。

- ゼロ - 2009年02月19日 20:37:13[ 再編集・削除 ]

スケートに限らず、他の分野においても同じようなことがあっています。
経済的な事情があっても、その人は与えられた環境でできることをしていくしかないのです。
その与えられた環境で、スケートが楽しいと思えればいいのではないでしょうか!

- たぁこ。 - 2009年02月19日 20:51:33[ 再編集・削除 ]

私のスケート教室は7000円ちょいです。
先生にすすめられ、スケート靴を買いました。
これは一番安いので2万円でした。
大人の趣味程度なら、これで十分だそうです。
カタログを見たら、選手用の靴の高さに唖然…桁が…あはは…

まぁ、大人が趣味でたしなむ、なら普通のお稽古と同じぐらいですが
趣味も凝ればキリがなさそうですね。

選手の保護者の方とよく話しますが
やれコーチの宿泊費、衣裳をオーダーしただの、振り付けやら…
大変だなぁ、と思いつつ桁が想像できましぇ~ん!

Re: kママ様 - ☆Sakura☆ - 2009年02月20日 22:28:15[ 再編集・削除 ]

v-22kママさん…

スケートの場合は趣味範囲を超えてしまうと、結構大変な部類に入るほうでしょうね。

バレエ・乗馬・ヨットなどはセレブの世界っぽいですよね。

ナンシー・ケリガン選手の殴打事件は決して許される性質のものではありませんが
アメリカンドリームをつかもうとする気持ちが間違った方向へ向いた悲しい事件でしたね。

ハーディング選手の才能は素晴らしかっただけに、何故スケートで結果を求めない?って怒りの気持ちも起こりました。

ただ…事件にまでは発展しないケースの選手・保護者を含めたイジメ問題など
日本のスケート界にも暗い部分はあります。
勝負の世界でもありますが、自分自身への挑戦という側面を選手は持たなければならないと思いますね。

> 太田由希奈さんも好きな選手の一人だったので引退されたのにショックを受けました。

太田選手も怪我での技術停滞に苦しんだ一人でしょうね。
小中学生時代から、数多くの選手の中で、常にトップクラスの成績をあげ続けた選手で
競争の激しい女子選手の中では、跳びぬけていたようです。


私の母も日舞をやっていたようです…
習い事が贅沢の証だった時代は、普通の家庭では難しかったですよね。

子供には趣味の範囲でもいいから、様々な興味の対象をもってもらい、いろいろチャレンジさせてやりたいのが親心ですね。

お住まいの近くにリンクが建設される事を祈ってます。。。

Re: ゼロ様 - ☆Sakura☆ - 2009年02月20日 22:35:47[ 再編集・削除 ]

v-22ゼロさん…

コメントありがとうございます。

そうですね、与えられた環境の中で出来る範囲内で楽しめたらそれでいいのかもしれませんが
豊かな才能を持ち、周囲の期待も大きな子供達が、その親の経済力のために
競技生活を諦めるというのも悲しい事だと実感しましたから
スケートだけに限らず、社会のスポーツ・文化活動のサポート力も必要だと感じますね。

Re: スケート教室 - ☆Sakura☆ - 2009年02月20日 22:42:40[ 再編集・削除 ]

v-254たぁこ。さん…

スケート教室に通い始め、一番楽しい時期でしょう。
少しずつでも、上達の実感を受ける事と、難しさを実感している真っ最中ですよね。

スケート靴は…
初心者でも、長年続けようと決心された方には、6万円前後のセット物を勧めるのですが…

フィギュアスケートの道具は意外と高額ですからね。
まぁ、もっとお金のかかるスポーツもありますけどね。

大人の趣味の範囲でしたら、美容健康効果もありますからね。
上達しようと思えば、日頃の姿勢なども気をつけるようになりますよ。

No title - りーるー - 2009年02月21日 11:01:17[ 再編集・削除 ]

Sakuraさんのブログ内容については概ね納得しています。でもときどき「ん?」と思うことが。
世界的に有名な振付師兼コーチについて、「名声独り占め」これは違うと思うのです。
有能な振付師がミューズを求めるのと同じくミューズは有能なコーチ、振付師を求めるのです。
浅田選手は山田コーチの体調不良もあり、円満にコーチ変更をしましたが、アルトウニアンコーチ・タラソワコーチを無くして今の浅田選手はなかったと思います。アルトウニアンコーチのステップからの3Aはナンセンスでしたが、山田コーチまたその前の元師匠では今の様な表現力溢れる浅田選手を創り上げることは無理だったと思います。これはもうどうしようもないことです。有能な選手というのはレベルアップを図って優れた師匠を求めるのです。バレエなどの世界もそのようですよ。
かつての恩師に何も残らないか、と言えばそれも違うと思いますし仕上げができる(とても難しいことです)コーチが名声独り占め、というのは全く違うと思います。
そしてコーチを選ぶ権利は選手本人とその家族にあり、今話題に挙がっていますが(事実がどうか分かりませんが)、連盟の介入などもってのほかと思います。浅田選手は18歳にして既に連盟とは持ちつ持たれつの対等な立場にあると考えます。

コメントの投稿


トラックバック

URL :

FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年02月 19日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ ★四方山話
  └ ★フィギュアスケート お金にまつわるエトセトラ…★
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。