スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ジャンプの判定で揉めない為に要チェック…★

’09世界選手権直前ですのでファンの方々も楽しみにしている事でしょう。

大変お待たせ致しました… ↑ いつの話や ↑  ようやく、公開にたどり着きました。
とっくに世選終わってるのに未だ下書きになってたエントリーでした。。。(汗)

予定している書きかけも残ってるし、お約束を果たさないといけないのもあるし…
逆恨み?の妨害活動をやり始めた人まで出てくるし…

みなさんが残して頂いたコメントなどから、こんなエントリーも用意した方がいいのかな?
なんて、結構いろいろ考えてますが、なんせ身体はひとつ。。。

コメントのレスは追いつかない状態だし、新規エントリーを頑張る方がいいのか?
お寄せ頂くコメントを大事にした方がいいのか? 悩むんですよね。


大変申し訳ありませんが、エントリー内容と直接関係がない
ご意見やご提言などは ↓コチラ↓ に寄せてくださいね。

★Figure Skating Guideline★への提言
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-58.html

近年のフィギュアスケートへの関心の高さから、数多くの人々が観戦する事により
フィギュアスケートのルールについても関心度が高く、難しい新採点システムを理解して
観戦するのは非常に難しい事なので、数多くのルールに対する誤解や批判まで上がっているのですよね。

誤解に関しては、解いていけば問題無いのですが…
誤解から発生するケースでの批判が盛り上がっている部分は、説明も難しく
フィギュアスケートそのものの性質から理解して頂かない事には、どうにもならない部分があるのです。

今回は、数多くの方が、おそらく漠然と考えていたであろう部分にスポットを当ててみます。

**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**

みなさんはジャンプの回転数に1回転(半回転もありますが)~4回転のジャンプがあり
それぞれ6種類のジャンプが採点に影響する事は、ご存知だと思います。

では…
ジャンプというものは、どこからどこまでがジャンプとなるのでしょうか?
採点の対象に入るのは助走から着氷・チェックの流れまでだということは判っていますよね。

では…
ジャンプの踏み切りと着氷はどこからどこまでか?
着氷に関しては、一目瞭然ですから、問題ないと思いますが踏み切りはいつなの? って、聞かれて、実は正確に答える事が出来る人が少ないのです。

過去のエントリーでも、詳しく書いたつもりですが今なお、多くの人が誤解しているのでしょう。
放送技術やNET技術の発達で、誰でも放送や動画サイトを観て、スロー再生された映像で植えつけられた多くの誤解。

ですが、正しい観点からの映像での説明や解説は、ほとんど見かけることが出来ない現状。
Blog・掲示板などで見かける、それらしい記述を信じてしまっている場合が少なからずあると思うのです。

テクニカルパネルやジャッジパネルが判定している基準やポイントを、ぜひ知ってもらいたい…
それを知る人が多くなれば、誤解によるルール批判も減っていく事でしょう。

※ 私がルールは絶対 審判は常に公平公正でISU・連盟の手先で持論を正当化するために書いているだけだ。
などと、決め付けたような事をコメントで見かける事が多くなりましたが過去のエントリーなども、ぜひご覧になって下さいね。
そして、ファンの事を馬鹿にしているという風に捉えられるのも心外です。
とてもファンが取る行動や文言ではないだろうというような、人々に悲しい気持ちになってるだけです。
耳を傾けるべき所は真摯に受け止め尊重し、今後もBlogを書いていく所存です。


★Figure Skating Guideline★ エントリー一覧
http://openaxel.blog14.fc2.com/?all

**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**

現役選手の映像を使うと、何かと問題になっては困るので
スコット・ハミルトン講師?にヒント映像で再度登場してもらいます。(使い回し過ぎ?)

YouTube - Axel Paulsen - Jump History
http://www.youtube.com/watch?v=xNH49SjoWjw&feature=channel_page



★ジャンプに関する問題にチャレンジしてみよう…★
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-62.html

上記エントリーで出題された一部問題の個人的な解説となります…
現役選手や関係者も読んでいる可能性があるので緊張します。(汗)

問題1
トウ系ジャンプの踏み切りの瞬間はいつでしょうか?

1 エッジ(ブレード)が氷から離れた瞬間
2 トウジャンプのトウを氷に衝いた瞬間
3 トウを氷に衝く直前の踏み切り動作が始まった瞬間

個人的には3番でも構わないと思います。
実施する意識としての踏み切りは3番のほうが自然な感覚に近い。

※ TSのWrong edge判定では3番あたりまでのエッジを判定していると思っていいでしょう。

問題2
エッジ系ジャンプの踏み切りの瞬間はいつでしょうか?

1 エッジ(ブレード)が氷から離れた瞬間
2 踏み込んだ瞬間
3 踏み込みが開放を始めた瞬間

実施する選手の意識としては2番でも構いません。
踏み込みから離氷まで、数メートル滑るのですが、すっぽ抜けやパンクはこの瞬間に起こります。
瞬時に違和感を覚えた選手は、回転数を瞬間的に変更する能力も持っています。

問題3
プレローテーション(稚拙な踏み切り)と判定される範囲は?

1 事前に回転が始まってはいけない
2 明らかに前向きな踏み切り
3 横向き程度までは問題ない

この部分も多くの方が、誤解したままのポイントで【プレロテ】なる言葉だけが
一人歩きしている印象があります。

シニア選手がプレローテションしてしまうようなケースはコンビネーションやシークエンスのミスをカバーしようとして、取って付けた様な2Tなどを跳ぶケースが大半ですが
ほぼスピードが無くなった様な状況でしか起こりません。


もっと低いレベルの選手や愛好者などには見受けられるケースぐらいだという認識で大丈夫でしょう。

問題6
エッジエラー"e"判定とされるのは?

問題7
エッジエラー"!"判定とされるのは?

下記の静止画像を参考にして下さい。

※ 実際のケースでは静止・スローなどで判定している訳ではありません。

【ルッツ映像】

1 Lz1←助走動作"e"及び"!"判定は既に始まってる

2 Lz2←トウを氷に衝く踏み切り動作が始まる直前 この辺りからエラーを受けてしまう選手はインサイドエッジに変化してしまいます。

【滑る人向け】
上級者は十字架のマーク(>┼○)のように頭・手・腰・足のポジションがまっすぐになっており
崩れないまま踏み切りに移っていきます。

このポジションは、ほとんどのジャンプに共通する不変の位置関係です。
もっと細かい所では、右肩の解放か?閉じるのか?だけでもジャンプは変わります。

両腕の締めていく動作も左肘の使い方、締める位置(胸・腹)で軸の制御に関係していきます。

コーチに指導を受けている人はコーチから修正をしてもらえますが
自主練習時や指導を受けていない人は、自分で自分のコーチをしているつもりで
試行錯誤を繰り返し、良いポイントをひとつずつ掴まねばなりません。

3 Lz3←トウを氷に衝く踏み切り動作に移った瞬間

1~3ぐらいまでの間でロングエッジの判定は行われています。
リプレイ確認する場合はノーマルスピード再生で確認しています。

ココ辺りまでで、間違ったエッジが長い・正しいエッジがまったく無いと、どちらかの場合は"e"判定
間違ったエッジが短い・それほど明らかでない場合のどちらかは"!"判定です。

4 Lz4←トウジャンプのトウを氷に衝いた瞬間1

【滑る人向け】
ルッツのトウを衝く意識は背中側トレース延長線上に近い意識で、弾くように衝く感覚…
フリップの意識は、トレースやや内側から、引き寄せるように衝く感覚…
ルッツは少し早く、フリップは少し遅く って感じのほうがわかりやすいかな?

両ジャンプとも、後ろの髪の毛を引き上げられていく・小さな子供が後ろから脇の下に手を入れて持ち上げていくような感じで身体を起こしていくような感覚かな。

手足が最大に伸びる時点の姿勢がポイントになりますが、その姿勢と回る準備動作とが相反する動きになりますが、解放を早めない注意が必要です。

※ この手足を伸ばそうとしたちょっとした左に回る前の右に反動をつける動作中にエッジが変わりやすいのです。
この事はフリップでも起こります。


 ↑ ↑ ↑
ココがいわゆるwrong edgeです…↓ ↓ ↓の反動をつける動きも同様。


フリーレッグや右腕が高く反動をつける跳び方をする選手が居ますが
安定性という点では精度を欠くケースが見受けられます。

フリーレッグは、氷面に近い位置でコントロールする技術のほうが安定度を増します。

上がってから回る感覚を掴む努力が必要です。
そして、回転不足などの判定にならないように、回って開いて降りる。
回りながら降りるクセを持つ人は、高さを確保・スピードの確保どちらかを
習得する努力を怠ってはいけません。

高難度ジャンプを跳ぶトップ選手でも、開いて降りる(回転を制動して)選手が減り
回転中のバックスクラッチ姿勢のまま着氷を迎える選手が増えたような気がします。

回転の勢いを維持したまま降りるので、そのままクルッと回っちゃうんですね。
このとき、1/4の基準を満たしていない状態でも、器用に回る選手と、足りている開いて降りる選手の差を付ける意味もあると思います。

ノービス~ジュニア選手も高難度ジャンプの成否が勝敗を分けますから
本来、回転を終わらせて(止めて)降りるジャンプを、回転中のまま器用に降りる選手が多く
シニアに上がっても、その傾向を持ち続けている選手が増えたのです。

上記の事は、一部のトップ選手の話ではなく、スケート界全体の傾向なのだと思います。


この事が、回転不足やwrong edgeの明確化に繋がったであろう、私の見解です。
ISUは、ジャンプ・スピンなどの個別エレメンツの技術は向上したが
スケーティング力などの基礎的技術の低下などを年々見続け、新採点システムの中に
スケーティングの本質部分(エッジの使い分け)などの技術を向上させる一環で
長期的視野に立ったルール改正に及んだのではないか? というように、解釈しています。


【スケートママへ】

スケートが楽しくてしょうがない時期ですが…
まだノービス前・ノービスクラスの選手の親御さん達は、長い目で見て、高さ・幅を跳べる選手になるように。
ジュニア・シニアに上がる前にトリプルが小ぢんまりとする様ではダメなんです。

この大切な時期ほど、スケールの大きなスケートを目指すべきで、目先の結果などより
誰にも負けない(同クラスで)ような、スケールの大きさを目指すべき。

身体の成長と共に跳べなくなる選手が多い事からも、如何にこの時代を大きく成長させるのかが重要なんです。

目先の結果だけを追う親子・コーチと将来を見据えた親子・コーチ…
才能が開花する可能性を感じる選手ほど、大きな成長を目指すコーチと組む選択も必要かと思います。
基礎的な力を伸ばす事に重きを置き、スケーティングを伸ばす指導に力を入れているコーチには、グループの全体的なレベルが高い傾向があります。

極論ですが、スケーティング力が高いが、トリプルの壁に苦しんでる選手と
トリプルの壁は越えているが、スケーティング力は荒い、低い選手…

長い目で見れば、前者が追い抜いていくはず。


5 Lz5←トウジャンプのトウを氷に衝いた瞬間2

4~5の瞬間を切り取った静止画やスロー再生などで、エッジの傾きを語るのはナンセンスです。
この辺りでは、切り取る瞬間でエッジはどのようにも映ります。
特に5の瞬間はエラー判定には遅いのです。

衝いたトウに引き寄せられていくスケーティングエッジは空中に離れるまでに回転運動が加わってきますからね。

6 Lz6←ハミルトン講師は完全に離氷する瞬間までアウトエッジを保ってますね完璧です。

そして、ダブルもトリプルも同じ動きで跳べています。
トリプルに余裕の無い選手は、専門的に言うなら跳び急ぎます。

7 Lz7←プレローテーションも皆無に近い。

この瞬間の後に大の字に開いたような形になり、一瞬回転を遅らせるような動きをすればディレイとなります。
瞬間の顔の方向が特徴的です。
高橋大輔選手のディレイした3Lzは凄く美しく、ダブルのように見えるほどですね。


【フリップ映像】

F1←ポイントとなる姿勢(理想形ですね)

フリーレッグの位置や手足のポイントに注目して下さい。

主にスリーターンからとモホークからの入りに分けられるジャンプですが
選手は跳びやすい入りで選んでいます。

ですが、どちらの入り方も、最終的には画像のような姿勢になってきます。

指導者などは腰の開きや両肩の開きなど、細かい所もチェックし、不必要な力がかかっていないかチェックします。
質の高いジャンプを跳ぶ選手ほど、必要箇所以外には無駄な力が入っておらず
ジャンプ運動に移るエネルギーを効率よく、体重移動に移していきます。

3回転のフリップ・ルッツはトップシニアに入る分岐点とも言えるジャンプですから
成功している選手でも、ギリギリなのか?余裕を持って降りているのか?が、質の部分で差になって表れるのです。

余裕の無い選手は、上記のポイントに無理な力や姿勢に表れるのですが
成功しているケースでは、力で制御しているケースと、もっと細かい部分のポイントで、実は理にかなった動きをして成功させています。

理想形追求型と個性的スタイルからの成功例に結構大きな違いをみる事が出来るのが
フリップ・ルッツなんですね。

どの選手がどっちのスタイルなのかを見るのもおもしろいですよ。

F2←踏み切り動作中

トウをどの様に使ってトウを衝いていくか?

選手により、叩きつけるように衝く選手・タイミングを取るだけのように、ポンと衝き、引き寄せる力と踏み切る力をスムーズに流す選手が居ます。
ハミルトン講師は後者タイプ。

フリーレッグを高い位置から衝く選手は、安定度の面で劣るかと思いますが
結構器用に跳ぶ選手が居ます。


F3←顔の向き・肩・腕の使い方

いわゆる、跳び急ぎの選手では顔の向きが回り始めている場合が多いポイント。

ディレイ出来るほどのジャンプではギリギリまで顔が残り、上がる動作が終わってから回り始めます。
高さを跳べる男子選手と女子選手の差が表れるポイントですが
女子選手の中でも、十分な高さを跳ぶ選手は、このような動きをしています。

ココのポイントだけではないですが、GOEで加点を得られている選手は、こういった部分など
質の高さを評価されているのです。
単に成功しているから、流れが良かったからだけではなく、ジャンプの助走から着氷後の流れまでトータルに判定されています。

F4←ダブル?というほど開いた状態

早い選手はもう腕を締めています…
ディレイ的な上がってから回る動きでは、空中で大の字に近い形から締めて回ります。

更に、ハミルトン講師は、開いて(回転中止制御)から降りてきます。

ルッツ 4画像の説明と同じく、回転制御して降りる選手と、回りながら降りる選手の差もあるのです。

F5←チェック姿勢に入る瞬間

最近は、エッジばかり見ちゃいそうになる着氷ですが…

個人的に注目するポイントは両腕の位置、高さ、引き戻す動き(コンビネーションの場合)です。
特に、指導(アドバイス)する時もそうですが、普段の選手の意識が表れるのは右腕の位置関係や使い方。

コケる事を普段から意識してる選手(成功率が低い)は右腕が下がる事が多く
本番(競技会)でも、そのクセが出やすい。
成功率が高く、自信がある選手は右腕のチェックが下がらず、綺麗なランディングや次の準備動作にすぐさま移れる動きをします。


様々な選手を見比べてください。

アドバイスする時は、降りる気があるのなら、右腕を根性で張っていけ!ってな具合で、コケる恐怖心を克服させる気持ちを出させようとしますね。

普段の練習から、コケる準備を無意識にしている選手は、この部分に明確に出てきます。
ドキッっとした…滑っている人…右腕の意識だよ。。。
この意識次第で、いわゆる根性降りの成功率が上がるはず。(笑)

この事は当然、その他の全てのジャンプに共通した意識です。
成功率が低いジャンプほど、無意識な動きが出るものです。


またいつか…
動画をキャプチャし、静止画との解説エントリーを準備出来ればと思います…
ただ、めっちゃ手間がかかるのが難点。。。


最後まで、読んで頂きありがとうございました。
皆様のフィギュアスケートへの理解が広がれば幸いです。。。

★Figure Skating Guideline★ エントリー 一覧 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-109.html

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
Blog応援してね♪ 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

基本に忠実に - 食パン - 2009年04月08日 19:43:29[ 再編集・削除 ]

今回の世界選手権でキムヨナさんが高得点だったのは
やはりうなづけます。

キムヨナさんは”滑り”に関しては真央さんよりは上だと思っています。もちろん、真央さんが3Aを2度成功させて、その上で動きもよく精彩があれば採点の仕組み上、上をいくことはあるでしょう。

キムヨナさんのジャンプのフォームは美しいですね。
特にフィリップジャンプは美しい。
フォアアウトからのスリーターンがきちんとしたフォームになっています。ターンの瞬間、フリーレッグがスケーティングレッグのほぼ横にあります。そしてターン完了と同時にもう踏み切り姿勢が出来ています。ブライアン・ボイタノさんも同じように美しいフィリップでした。(ターンの前に先にフリーレッグを前に出す選手が結構いますが、あれは嫌いです)

真央さんのフィリップジャンプですが、モホークターンからの入りはアウトエッジを誘発しやすいです。モホークターンもきちんとやれば問題ないですが、モホークターン自体の質も低いです。だから、アウトエッジになるんです。
ルッツジャンプも2アクション(フリーレッグを引いてから、さらに上に持ち上げるような動作)ですね。

真央さんの批判をすると方々から突っ込まれそうですが
あえてします。彼女のジャンプは幼少の、そうですね、
小学生低学年くらいの子が、その身軽さ、器用さで、
トリプルジャンプが不完全(回転不足)ながらも飛べてしまった。そしてそのままフォームが固まってしまった。といった印象を持っています。だから、彼女は未だに回転不足気味です。もうこれは直らないでしょう。
身軽さで飛べていたものは体型が変わったら変調を来たします。

小学生低学年の方たちを見ておりますと、ダブルルッツ
などいとも簡単に飛んできますが、そのほとんどが、
エッジチェンジを起しています。つまりインサイドエッジで踏み切っています。

インストラクターは、将来性のある選手に対しては、親御さんの”ウケ”や”期待”にあまり神経質にならず、長期的な視野にたってきちんと指導してもらいたいものです。

フィィギュアスケートをやっていない方には、このあたりの細かいことはわかりずらいかも判りませんし、それは無理のないことですが、ISUはこのあたりを見逃さずきちんと見ていこうよ という方針を打ち出したのだと思います。

プレパレーション - あねもね - 2009年04月08日 22:01:11[ 再編集・削除 ]

自ら削除

勉強になります - 素人 - 2009年04月08日 23:05:45[ 再編集・削除 ]

選手にとって、ジャッジの方針に沿って練習の方向性を変えて行くのは大変ですね。

ある日試合にのぞんだら、プロトコルに謎のメッセージ。
前はよくて今回は認定されない理由は?となる。

コーチと対策を考えて、克服して練習して自分を高めていく競技では、良いペースで練習して成長できるわけでもないでしょうし、不安になると逃げ出したくなるし、
投げやりな気持ちにさせてしまうんでしょうね。

もしそんな流れで方向転換が行われたなら、
ひどく混乱したのでしょう。

急な方向転換ではなく、ISUの指針をもとに
今期はこんな点を見ていく方針らしいですとか、
登録選手に向けた講習会をしてサポートしてあげて欲しいです。
それでコーチと対策しながら練習して準備して、
さあ結果どれくらい認定されただろうか?
残っている課題はなんだろうか?
という流れで指導してあげられなかったのかと思います。

方針転換に急に振り回されたのならば、
早いうちにISUからのメッセージを現場におろして
若い選手を守ってあげて欲しかったです。

丁寧な指導ができるのは現場に携わっている方々だけなのですから。

基本の姿勢よりも多数の癖のあるジャンプをする選手を見てきた私には、
悪い癖=その選手の個性にしか見えていませんでした。
みんなが同じ姿勢から飛ぶのが望ましいって、初めて知りました。
ある選手はタメが独特だな~ぐらいのイメージでした。

この子だって頑張って自分なりにジャンプをものにしたのだろうに…。
それならもっと早くに指摘して教えてあげれば親切なのにな~
という感想もあります。

でもアスリートは壁を乗り越えて行くしかないんでしょう。
壁と向き合って頑張る選手たちを応援します。
私はどの選手も越えてくれることを信じて、
ただ、ただ応援するだけです。
乗り越えたら喜び、
ダメでもその努力を見せてくれただけでも十分です、
よく頑張った!と言いたい。
良い結果が出たら誇りに思うし、
どんな形であれスポーツを身近に感じられることが幸せです。

今の日の丸を背負った選手は、そんな子に育ってくれてて(私は勝手に)国の誇りだと思ってます。
大丈夫かな?と思って眺めていたら、
それなりに成長している選手もいるので、
そんな時は今期は花開いたな!と嬉しく思います。

何十年もフィギュアを見続けている方からは、
基本も知らないのに…なんて言われてしまうかも知れませんが、いろいろな応援の気持ちがあるんですね。

難しいですね - 素人 - 2009年04月09日 00:19:26[ 再編集・削除 ]

よく取れば個性、見方によっては癖というだけでなく、
やはりエッジやトレースなどの判定もあるので
色々な事を合わせて見て、点数がつくんですね。
そしてなるべく基本に沿っているのが好ましいのかな。
より多くの加点がつくようにするにはお手本に沿ったフォームが受け入れられるのでしょう。

全てを教科書に忠実にして育てていくのは、
限られた練習時間の中では難しかったのでしょうか…。
日本はフィギュアの層は厚くなったけれど、
その分丁寧な指導が行き渡らなかったのかな。

日本の選手は美しい動きを取り入れることのできると思うので
細かいことを今から修正して正確さを磨く必要がある中で
演技をまとめあげるのはそこそこ形にできるでしょうが、
さらに滑り込んで自信を持って表現するところまで…
成長した姿を見せてくれるのか…というところなのでしょうか…。

オリンピックまで時間は限られていますがそれでもベストを尽くしてほしいですね。

修正して3回転まわるのが大変なら、
きれいな形で飛べる2回転で飛んでほしいのがジャッジの思惑なのですね。
それでは基礎点に差が出てしまうから、
悩みながら今できる要素を上手に組み合わせて
ベストをつくされるんでしょうね。

コンパルソリーがなくなったり、
新採点方式に移行する時に抜けて行った基本的な要素を見直して、
今からまた採点に盛り込もうとしているのか…。
そして今度は難易度の高い技を回避してしまい、
同じような構成で点数に反映しやすい技の組み合わせやパターンの演技が
並んでしまうのではないかと心配する声も出てきているのが最近の話に繋がってくるんですね。
必要な議論ではあるのでしょうけれど、育っている途中の選手にとっては、
震度5の大きな揺れの後に続く余震がおさまらない不安と隣り合わせみたいな感じでいて、
自信を持つのは難しいのでしょうね。
(不謹慎なたとえでしたらごめんなさい)

何事も基本が一番難しいということですねぇ - hiron - 2009年04月09日 01:04:56[ 再編集・削除 ]

床の上で文章読み画像や映像見ながら真似をしてみました(笑)

以前のエントリー、「ジャンプに関する問題…解答編★」を読んで、まだ「?」が残っていたのですが解消されました。そして恥ずかしながら私のプレローテーションの認識が間違っていたことも判明・・・汗
少しずつ色々な選手のジャンプを見てさらに勉強させていただきます。


以下はあねもねさまのコメントに対するレスなので削除いたします。

なるほど~ - ミミ - 2009年04月09日 02:31:02[ 再編集・削除 ]

すごく参考になりました。
ステップだと「わ~素敵!」って私みたいな素人でも何となくわかる(ような気がする)のですが、ジャンプは見方が難しいです。こういうテクニカルな分かりにくさって、テレビの放映時にちょっと位時間を割いて、「一言メモ」みたいな形でやってくれたらいいのに・・・テクニカルな難しさって、面白さにもつながると思うんですけどね~

☆☆選手のループは素晴らしい、とか、〇○選手ののフリップはちょっと変わってるけど、スゴイ!とか、そういうのも管理人さんや、皆様からも聞いてみたいです♪

わかりやすかったです。^^ - りう - 2009年04月09日 02:58:25[ 再編集・削除 ]

今回の内容、自分にとっては非常にわかりやすかったです。
こういう視点から見た場合に、最近の試合の実例などを細かに観察したようなものがあると良いなと思いました。
自分はスケート経験がありませんから、滑っているところをパッと見て瞬時に判断できないんですね。
だから、「こういう部分をこう観察して、それをどう評価するのか?」という部分を新たに知っては、その基準で色んな選手の録画をスロー再生して見たりしています。
それを繰り返すことでだんだんと試合を見る目が変化してきたりしているんです。
最近の試合での例を...と思ったのは、そういう次第です。

☆Sakura☆さん、ありがとうございます。
次回も期待してます。^^

弟子は師に似る - どら@1492 - 2009年04月09日 03:38:25[ 再編集・削除 ]

sakusaさんのこのエントリーを読んで、セルゲイ・ヴォロノフ選手のクワドを初めてみたときのことを 思い出しました。
思わず、「ああ、ウル!(彼のコーチのウルマノフ)」と声をあげてしまったぐらい、踏み切りの動作の入り方や、肩から腕にかけての線、そしてフリーレッグの捌きかた等等がそっくりでした。
3アクセルその他のジャンプではさほど感じませんでしたから(でもやはり似てますが)クワドが、ウルマノフについてから身につけたジャンプだから、ということなのでしょうね。

このエントリーを読んでいると、コーチが選手に向かって技術論を噛み砕いて教えながら、1つ1つの動作をやって見せている、そして選手はコーチの一挙手一投足を見つめながら、一生懸命真似をし、そして自分のものにしていく・・・といった光景が浮かんできます。
そして、なにごとも基礎が大事、ということも。

食パンさん、私は長く見ているだけで、全くの素人ですが、浅田さんがシニアデビューしたとき、「この子は身体が大きくなったら伸び悩むんじゃないだろうか」と思ったのを覚えています。伊藤みどりさんのときには全く感じなかったのですが、浅田さんにはそれをとても強く感じました。なぜ、といわれても説明できなかったのですが。
食パンさんのコメントを読んで、その理由が少しわかったような気がします。

個性の伸ばし方 - kママ - 2009年04月09日 09:26:32[ 再編集・削除 ]

Sakuraさん、新エントリー有難うござます。
ハミルトン講師さんもご苦労様です(笑)
私も今回のエントリーはわかりやすかったです。
(どの程度理解してるかはおいといて・・・。)

ほとんどスケーティングスキルに関して理解していないので個人的な感想だけなんですが、結論から先に言うとあねもねさんと同じ意見です。
ヨナ選手の200点越えに関してはご祝儀袋的におもっているので驚きはありましたがあまりきになりませんでした。でも、あねもねさんの心情もわかります。(ここはエントリーに関係なくてすみません)

何にしても基本が大切だと私自身も思います。「読み書きそろばん」じゃないですが。
Sakuraさんがおっしゃるように基本をきちんと教えていくコーチの元で練習しているグループの全体のレベルが高いこともうなずけます。
学校などの教育指導でも同じことが言えると思います。

ただ以前障害を持つ方が「前は皆と同じことが出来ないことを悩みましが、今は自分の出来ること、好きなことを伸ばすようにしています」と言われたことが印象的でした。

数学者の秋山仁先生は小学校までの成績はさほどよくなく先生自身「算数はわからなかったし、好きではなかった」とおっしゃいていましたが中学の自由研究で多面体が五種類しかなことを証明したことで先生を驚かしたというエピソードがあってその人となりにあったやり方でもいいんじゃないかと思うのです。
こうゆう話は秋山先生だけに限ったことではなくいろいろな分野の方にも同じような話を聞いたことがあります。

真央ちゃんが基礎をびっちり教わっていたらよかったのかは私には正直わかりませんが今の真央ちゃんの技術力は個性を大切に伸ばしてもらった結果でもあるような気がします。
基本を忠実にさせることでもしかすると逆に伸び悩む原因になりいつも彼女が言っている「スケートが大好き」っていう気持ちにはならなかったのかもしれません。

あねもねさんがおっしゃるよう彼女自身高い評価を受けているのはたしかなので得意なものをのばしていって成績向上を目指してほしいと思います。
私も真央ちゃんの羽の生えたようなジャンプが大好きなので・・・。

カナダのスケーターは全体的に本当に綺麗だと思います。
チャン選手も毎日きちんとコンパルソリーの練習をしているらしいですし(好きっていう話も?)バッジテストでも厳しくされているようです。

ただ私の好みは個性的な人の方がどちらかというと惹かれるので綺麗だなというだけ印象のほうが強いです。
心が揺さぶられるプログラムはどの選手であってもあるのでヨナ選手の「死の舞踏」は好きですし、チャン選手の「タンゴ」も比較的好きなプログラムです。
フランスのプレオベール選手のスケーティングは決して綺麗ではないし、ジャンプも「なんであれで跳べるん?」って思うようなものなので結果評価もあがらないところですが私は結構好きなんですよねえ。

横道にそれてしまいましたが個性をのばしつつ基礎基本がちゃんと身につけることが出来るといいですね。

お礼… - ☆Sakura☆ - 2009年04月09日 15:26:53[ 再編集・削除 ]

v-22NorinoriTさん

ご丁寧に文章校正のアドバイス頂きありがとうございました。

ボ~っと 眠くて意識を失いそうになりながら打ち込んでいますので
他にも、誤字脱字があるかもしれません。(汗)
MyPCのIME君のせいにしとく。。。

選手名とかさ…ちゃんと覚えてくれないし(ブツブツ)

試行錯誤 - ☆Sakura☆ - 2009年04月10日 04:02:25[ 再編集・削除 ]

技術論 コーチング論

卵が先かニワトリが先か・・・

理想形追求型か個性(才能)を伸ばすのか…
永遠のテーマであります。

私自身は選手としては特異な部類(笑)でしたので、普通の選手の歩みではなかった。
コーチからの直接指導は極端に少なく、早朝練習のコンパル指導ぐらい。
フリースケーティング中はアイコンタクトのみ。

ほとんど自主練でしたから、自分で自分の身体の動きを修正していくパズルのような練習でした。
上手い選手の理想形をマネしていき、自分のものにしていく。

誰もやっていない練習もやってましたよ…
コレが結構、自身の技術向上に役立った。
周りには吃驚されたり、呆れかえってた人も居たけど…
普通の練習方法より、効果的だったけど、今やろうとすると
何かと準備が面倒だし、アホか!で終わらせられるかもしれない。(爆)
でも、コレをやり始めて(3級ぐらい)から、1年、2級進級ペースになったので
効果絶大だったと今でも思ってます。
それと…やっぱり、集中したコンパル練習です! ワンフット永遠コンパルも効果絶大。

コーチ達も、コーチングには常に悩み、試行錯誤なのですよね。
自らの経験と技術論の融合、自らの感覚だけではない部分への試行錯誤。


私が以前どこかに書いたことがあるけど…
ほんの少しの目線の動きなどが、全ての動作に連動していく感覚とか…
滑っている人々だけが感じる、微妙なエッジや身体の感覚部分。
そういった部分がジャンプの成功率に繋がったり、指導のポイントになったりするんですよね。

目線の感覚などは…
一般の方々に実感してもらえるのは、自転車やバイクで目線を動かした方向へ、いつの間にか動かした方向へ流れるのと同じですね。
まっすぐ走らせるのは遠い目線だし。スケートも同じです。

片足立ちをして、身体が揺れてフリーレッグが動きまくる感覚とか…
その時の足の指の感覚なんてのが実感できるかと思います。
バレエ・ダンスなどの経験者にも解りますよね。
ピタっ!っと、止める技術はスケートに通じます。


小さな子供には、ポイントを身体の位置で覚えさせ、言葉ではないコミュニケーションを…
手本と、教え子の悪い部分をマネして見せ、その違いを、根気よく教え続ける。

大きくなれば、それなりに伝わるようになりますが、メンタルの部分を成長させたり、何でもコーチ頼りからも、脱却させねばならない。

親御さんは結果を求め、目に見えやすい成果を求める。
スケーティング力などは、なかなか目に映りにくいし、時間もかかる。
競技成績向上への要求はもっと凄い。(笑)

テスト級をわざとゆっくり受けさせ、下位レベルのカテゴリーで表彰台をとか。
逆の場合で、進級を早くさせ、挫折とレベルアップの必要性を求めたり。

コーチが持つ本来の理想とはなれた現場だったりするのですよね。

ルールの変更は、わりと早めに伝わります。
私たちの時代も毎年SPの中身は変わったし、旧採点も大きく変化した部分はたくさんありました。
世界中同じ時期に伝わるのだから、不公平も無いし。
対応力が試されるのは今も昔も同じですね。

ルールはシニア選手達のためではなく、全てのスケート選手のために存在しています。
その中に織り込まれた、なかなか解りにくい部分も含めて、成長のために、選手は頑張り、コーチは支えるのですね。

こういったタイプのエントリーはわかりやすいですか…
時間がムチャクチャかかるのが難点だよなぁ…(泣)

余計な事が増えないことへの、ご協力もお願いしなきゃ。。。

- ぺぺ - 2009年04月10日 17:19:54[ 再編集・削除 ]

自分が褒められたコメントが多いエントリーをトップにもってくるんですね~管理人様は。

真央ちゃんを名指しで批判する人に注意はしないんですか?

回転不足ぎみのジャンプはもぅ直らない(笑)とか、基本がなってないとか書いてますよぉ。えらそうに!

真央ちゃんの関係者が読むと不快になると思います。幼少の頃からしてきた事を全否定してるんですから。

キムヨナやロシェットの事を名指しで批判すると…すぐに颯爽とやってきて注意を促す管理人様なのに(笑)

おかしぃですね~。

No title - すずらん - 2009年04月10日 18:19:26[ 再編集・削除 ]

承認待ちで良いと思います。
ブログが荒れないよう管理するのも管理人さんの務めです。

う~ん - りう - 2009年04月11日 00:54:53[ 再編集・削除 ]

こんばんは。りうです。
自分は疑問に思った事を素直に疑問として聞くだけで、特に自分の贔屓の選手に有利でないと云々とは思わないんですね。だから、疑問な時は質問しますし、理解できた時には「わかりました」と書いているつもりです。
滑っているのは選手なので、例を挙げたら選手の名前が出るのは仕方ないかなと思います。それが真央ちゃんだろうと、キムヨナ選手だろうと、安藤選手だろうと同じですよね。
(自分は真央ちゃんのファンではあるのですが)

という前提で書かせてもらうのですが、
ルールに疑問を持っている人を全部まとめてコメントしちゃうからおかしくなるのかな?って思ったりします。
きっかけは好きな選手の得点の高低なのかもしれませんが、せっかくルールや採点方法や基準にまで興味を持ってきているのに、それに対して論じることなく「某ブログに影響されている」的なコメントが先行してしまってはいけないように思います。多分、指しているであろうブログは自分も読んでいます。読んでいますが、どう影響されるかは、それぞれのブログ、掲示板の力なのではないでしょうか。
自分は☆Sakura☆さんのブログも経験者の方が書かれているという事で、貴重な情報源だなと見に来ています。が、ルールに関して意見を言う人に神経質な対応だなとは感じて見ています。
もっと鷹揚に対応されればいいのに…と思いつつ、直接お話できるわけではありませんから、こうしてコメントを入れることで会話しているわけです。

承認制にしちゃうと、会話のやりとりや議論の前に拒否されている印象を持たれてしまって逆効果な気がするのですがいかがでしょうか?

ブログの運営は確かに大変なこととは思いますが…意見はそれぞれですし、様々な人がいるんでしょうし…。

色んな意味で、コメントが荒れる要因を☆Sakura☆さんの対応が作っている部分も無くはないのだと思うのです。
ブログは☆Sakura☆さんvs大勢の人で作られていますから、自然とそうなってしまうのだと思いますが、あまり神経質になられない方が良いのではないでしょうか?

ひとつの提案として、こういうのはいかがでしょう?

・☆Sakura☆さんが書かれる各エントリーへのコメントは、ノーレスのまま放置してはどうでしょうか?
・で、なければ、各エントリーではコメントできないようにしてしまうとか…。
・☆Sakura☆さんと意見の交換がしたい方用に、ファン用BBSなどは、コメント可能として、☆Sakura☆さんの承認制を導入してはどうでしょうか?そこに書かれる方は、☆Sakura☆さんと前向きな会話をしたがっているんだと思うのです。

出すぎたコメントで申し訳ありません。

フィギュアという競技がこれほどまでに注目を集めているだけに、☆Sakura☆さんのブログも大切な存在なのだと思います。

一部削除処置を致しました - 管理人 - 2009年04月11日 03:28:56[ 再編集・削除 ]

該当した投稿は以下の、お願いを守って頂けなかった投稿に対して適用しました。

選手個人及び関係者 閲覧者・コメントを頂いた方々などへの記述には十分な配慮をお願い申し上げます。

個人選手・関係者・閲覧者など禁止事項に抵触する投稿は削除処置とさせて頂きます。

※ 選手個人及び関係者 閲覧者・コメントを頂いた方々などへの記述には十分な配慮をお願い申し上げます。

※ 雰囲気を悪くするものや違法行為・公序良俗に反するものは禁止です

※ スケーターや関係者・閲覧者の誹謗中傷は禁止です

※ 選手や関係者などのプライベート情報は禁止です

※ 誘導的な論議を醸し出すような内容は禁止です

※ 閲覧者及び関係者が不愉快と感じる文章表現は禁止です



管理者投稿以後も続くようでしたら、しかるべき処置を致します。

削除した、多くの投稿は投稿者名は違いますが wb**proxy**@ezweb.ne.jp からがほとんどでした。


当方は個人のBlogです。
選手などへの記述は出来る限り公平に、批判などにならないような注意を払い文章を書いています。

エントリーを楽しみに閲覧している方々には、様々な選手のファンもいます。
最低限の投稿ルールを守って頂けないと、せっかくの訪問者の方々も不愉快な思いをする事にもなります。

当Blogは一部のエントリーを除き、掲示板ではなく、一定の投稿ルールをお願いしています。

神経質な対応だと感じる方もいるでしょうが、エントリーとセットのコメント欄に不適切な投稿が並ぶのを消して欲しいという要望も多いのです。

誰もが気持ちよく閲覧できる環境を整えるのも管理者としての務め。
エントリーとは直接関係の無い特定選手の事だけを表現したい方や
選手の誹謗中傷など、自己の思うまま好きなように書きたいという方は、別の掲示板なり、ご自身でBlogを開設して、表現して下さい。

管理者として、多くの方に読んで頂ける事は幸せな事ですが
不適切投稿が続くようなら、閲覧制限する事も選択肢の一つです。

今回、禁止事項に抵触し削除対象予定の投稿者の方が、同じような行為を繰り返す場合があれば、閲覧禁止処置もやむを得ないと思っています。
禁止事項と書いている内容を無視しての、行動と判断できる場合は
当方も管理者として、対応させて頂く事になります。

社会通念上、最低限のルールをお願いしているだけなのに
一部の方々の行動が、数多くの方々に迷惑をかけるという事は看過できません。

最後に…
投稿の承認制を採用したのはやむを得ない判断です。
管理者としては、オープンなコメント欄に戻したいと思っています。
良心を持ち、閲覧している方々の多くは怖くて投稿できずにいます。
声無き閲覧者の方々と、最低限のルールを守りながら投稿してくれる方々、Blogの存続を願ってくれている方々のために、心苦しいですが、管理者の責務を果たします。

個人的見解として… - ☆Sakura☆ - 2009年04月11日 04:59:55[ 再編集・削除 ]

いくつかの、ご指摘・ご意見から、個人的見解として述べます。

食パンさんの投稿ですが、浅田選手に対する批判とのご指摘…

批判には当たらないと思います。

個人的に、選手個別の批評を述べる事は控えるようにしていますが
批判ではなく、そういった弱点の指摘部分もあるということでしょう。
当該ジャンプの入りに関しては、その様な見解を持つ専門家は多いと思います。
モホークターンがワンアクションではなく
エッジが変わる傾向があります。

短所の無い選手は皆無です。
世界有数のトップ選手ですから長所も多く、短所の部分を捉え、非難していると受け取るには無理があります。
当該部分の欠点を克服すればGOEの評価も上がります。

有り余るほどの長所も持っているのですから、一部分を捉えるだけでは選手を語れないほど、選手には特徴があるものです。

キム選手の場合も長所や短所があり、短所とされる部分は、評価が下がるのですし
選手達は、欠点克服も自覚を持って取り組んでいます。

型が出来上がったものを、競技ルールに合わせて、矯正するのは、浅田選手のみならず、その他の矯正に取り組んだ選手と同様に非常に難しいものです。

新しいジャンプを習得するより、解体・矯正は1年間競技生活から離れる覚悟を持ったとしても
その矯正が成功する保障はありません。

ですから、最低限、競技会で通用するレベルで自分のジャンプを壊さないように練習しているのです。
トップ選手は、その努力を人一倍しています。

 
ルールに関しての事前の告知とも言えそうな情報は、非公式ながら流れてくるようですよ。

5種類or6種類のジャンプにボーナス? なんて話は、そういう事を検討しているという噂がもたらすケースですが
眉唾物の噂というには信憑性が高そうだというものは、コーチやジャッジには、早めに伝わっている可能性があります。
(上記部分は個人的な憶測ですけどね。)


師弟関係にある選手の演技を観て、師匠とそっくりというのは、たくさんありますね。
ほとんどの選手は、最初のコーチの影響が一番大きいのですから
振り付けしてもらった程度や、1・2年の指導では、そこまで表れませんが…
関係者などは、スケートを見ただけで、○○コーチの弟子だと判るもんです。


りうさんのご提言なのですが…

エントリーごとに個別のコメント形式が採用出来ればいいのですが
全体の設定しか出来ないのです。

承認制は、あくまで臨時的措置のつもりです。
理想は、皆様と共に最低限のルールを守り、コメント欄はオープンにしたいと思っています。

守って頂けない場合は、クローズ形式で、承認された方しか見れないBlogという選択肢もあるでしょうが
それではBlogをわざわざ、オープンなWeb上で開設する必要も無く
以前から活動しているSNSで十分です。
SNSと違い、オープンな状況の外部Blogの運営は、物凄く大変です。

新採点システムで得点差がハッキリ出るようになるのは、競技として差を付け順位を明確にするという面では、良い部分と悪い部分の差を明確にしていく必要性の側面があると思います。

僅差ばかりでは、順位への混乱が増す可能性のほうが高いのではないかと思います。
マイナスとされる評価も大きいが、プラスとする評価も大きくする傾向がハッキリ出たような気がします。

旧採点方式の順位点

1・1・1・1・1・2・2・2・2
2・2・2・2・2・1・1・1・1

こういった事で大きな論議がつくケースより
得点差が割とハッキリ出る仕組みで、レベル認定・GOEの±などが存在していると考えも有ると思います。

今回のことにふれて - kママ - 2009年04月11日 10:49:00[ 再編集・削除 ]

私もりうさんと一緒で承認制になったことは残念なことと思ってます。

BBSでもふれましたが贔屓の選手を応援しているとても素敵なサイトにワールド後に同じ贔屓の選手のファンであるにもかかわらず、心を痛めるようなコメントを数多くいれ前からいたファンの人たちにも混乱が見られそのサイトが持っていた雰囲気を壊すことになってしまい結果そこの管理人さんの苦渋の決断で認証制にされました。

色々な意見を取り入れるためにも議論を活発にすることは良いことだと思います。

そして沢山の人がここにコメントを自由にいれることができたら本当によいことだと思います。
それはSakuraさんも望んでいることだと思います。。

けれど誹謗中傷や非難のコメントに対して議論を展開しても相手が聞き入れてくれいないのも事実です。
ただ一方的な非難のコメントは人の家の壁に落書きをすることと同じではないでしょうか。

非難のみのコメントをスルーすることはSakuraさんにもここにいる皆さんもできないはずです。

最近、勇気を出してエントリーにコメントをいれてくれ、新たな仲間になってくれた方のコメントを初めて読んだ時気づいたことがあります。

今までその方は一生懸命声をあげても無駄なんじゃないか・・そんな喪失感を感じていたんだと思います。
けれどエントリーが議論でないことで荒れ始め、それに見かねて震える心をおさえながらコメントしてくれました。

非難のみのコメントを入れる人ももしかしてある意味、聞いてほしいと声をあげているのかもしれません。

そんな風に感じているからこそSakuraさんは安易に削除もせず、待っていてくれたんだと思います。

認証制をすることで気軽にコメントが入れにくく、初めての方や今までコメントしていた人間にとって不自由でしばられているように感じるかもしれません。

公の場所にコメントをいれるということは私たちがきちんと考え責任をもっているはずです。
けれどたとえそれが議論であってもそこに関係の無い非難や感情の赴くままに誹謗中傷のコメントをいれることにはリスクがあるんだと今回思うようになりました。

自由の権利というものを履き違えないように、やってはいけないことにはっきりと自覚をさせることも大切だと思います。

認証制や削除対象はコメントを入れる私たち全部が同じリスクを背負っていくことなんだとおもうんです。

制限をされてしまうことは本当に悲しいことで今以上にコメントをいれることをためらう人もいるかもしれません。
そんな人のために今までコメントを寄せている私たちがきちんと議論していくことやフィギュアスケートを愛しているということわかるコメントを発信していくのも大切なのだ思います。


そして、まだコメントを入れていない人達もちょっとの勇気をだしてコメントをいれてくれたらなと思います。
難しいことはいえないからためらっている人や自分の意見に反論されたらいやだな思っている人。
専門の人が沢山いる小難しい場所ではなくフィギュアスケートを少しでも理解するためにある場所だと思ってほしいです。

ルールなどちんぷんかんぷんの私がここにいることが証拠ですから。

応援しながら - 匿名 - 2009年04月11日 11:49:56[ 再編集・削除 ]

ファンはルールや採点に詳しくなってるから世界選手権での得点に疑問ばかりが積もり不完全燃焼とゆうか…。選手の方はファンに良い演技を見せよう!と割り切る事が出来てもファンはどう解消したら良いのかわからないのです。今回の世界選手権でフィギユアスケートのファンが減った事は事実だと思います。うるさいファンでもお客さんです。

視聴者は素人 - 匿名 - 2009年04月11日 13:32:39[ 再編集・削除 ]

1位と2位の得点差に関してテレビでの何故どこが?との解説も不十分だったと思います。傷ついた人もいる事はわかってほしいです。選手同様にモチベーションが上がるよう頑張ります。

- あんこ - 2009年04月11日 14:29:39[ 再編集・削除 ]

こんにちは。sakura様の見解有難う御座いました。
そうですかぁ(^^:) 批判じゃなく弱点の指摘だったんですね。浅田選手にそういう弱点があったとは・・(^^:)

技術面での指摘は正解だとしても・・やっぱりその表現方法には問題があったんじゃないかと思うんですよね。

食パンさんは『彼女はいつも回転不足気味。もうこれはなおらないでしょう』と断定的に書かれてます。

sakura様もそういう見解ですか?これから浅田選手はジャンプのたびに回転不足なんでしょうか? こういう断定的な書き方をされるとファンの方もカチッときたんじゃないですか??

それと、エントりーでsakura様は問題が起こらないよぅに、過去のスケーターの画像を使い配慮されてましたよね。

なのに食パンさんは、いきなりキム選手と浅田選手の比較です。今①番デリケートな話題ですよね。食パンさんはいろいろつっこまれるのは承知で書かれてたようです。余計に悪質な感じがします。実際荒れましたし・・・

私の思った事を書きましたが、sakura様のお言葉を借りると私も『そうは問屋がおろさない方々』の部類に入っちゃうんでしょうね。このsakura様の発言を読んで少し悲しくなりましたよ。私もあのコメントを読んでカチッときた一人ですから。

これからはもっと大らかなファンを目指します(^_-)-☆

sakura様。ここ数日大変だったでしょう(^^:)無理なさらないように(^_-)-☆

- あんこ - 2009年04月11日 14:44:59[ 再編集・削除 ]

何度も失礼します。
私日韓のハーフなんです。今年日本の大学に通う為に日本に来ましたが・・ずっと韓国で育ちました。日本語はずっと習ってて、母親ともずっと日本語で会話してたので自分では自信があるんですが(^^:) 下手な文章だったらすみません。話すのと文章にするのは大違いですね(^^:) 祖母に指導してもらいながら投稿しましたが・・気を悪くなさらないで下さいね。


sakura様 不適切な表現などがありましたら、削除しちゃって下さいね。

弱点の指摘 - ミミ - 2009年04月11日 17:43:26[ 再編集・削除 ]

食パンさんのコメント、浅田選手のファンにとっては耳の痛いところですよね。私も「あいたた…」と思いました。でも、男子も女子も、回転不足気味の人は多いですよ。シーズン当初、男子も女子も、回転不足のDGの嵐だったじゃないですか。あのキム選手だって、時々回転不足気味?や、苦手なジャンプだってありますし。

「なおらないでしょう」、いやいや、「なおせるよ~」、「五輪に間に合うよ~」ってドンと構えましょうよ☆たぶん、こうしている間も、浅田選手はリンクで次はもっと高く、回転不足を取られないように、って飛んでると思いますよ!

ジャンプ編が落ち着いたら、スピン編もいつかお願いしたいです…スピンが得意な選手は、そうでない選手と何が、どう違うのかとか、知りたいです。ランビエール選手のスピンとか一体どうなってるんだろうって思います。


知るほどに複雑 - 匿名 - 2009年04月11日 19:48:42[ 再編集・削除 ]

突然お邪魔してすみませんでした。日本の選手がより向上した演技が出来るよう願います。また時々拝見して勉強させて頂きます。ありがとうございました。

単純ですか? - るり - 2009年04月12日 01:50:53[ 再編集・削除 ]

技術に詳しいわけじゃないし単純な発想かもしれませんけど…

別のエントリーに書かれている某選手たちの件なんですが、エントリーやコメント読んでて私は単純に一方の選手は「基本に忠実に飛んで質も良いから高得点なんだ〜」って思いました。
もう一方の選手は「フォームは癖はあるかもしれないけど、それを凌駕する部分があるから高得点なんだ〜」って思いました。後者の選手はある意味スゴイことなんじゃないですか?癖があっても加点をもらえるってそれくらい他の部分の評価が高いってことなんじゃないか?って。
ジャンプの採点はいろんな部分見ているからフォームとエッジだけでよし悪しを判断しても仕方ないかな〜って。それに今回のエントリーはフリップとルッツのフォームとエッジだけの話だし、これでジャンプの巻終わり!ってわけじゃないのかな〜なんて思ってます。

(エントリーが行ったりきたりしてるからわからない方にはごめんなさいです)

No title - 完全なルールは存在しない。 - 2009年04月12日 02:42:31[ 再編集・削除 ]

食パンさんの意見について
浅田選手のジャンプについて、彼女のトリプルは幼少のころから回転不足気味で、現在も回転不足気味、’もうこれは直らないでしょう。’と書かれていますが特定の選手を指して批判してると思いますよ。なぜなら完全な回転不足なしに跳ぶ選手はいないからです。どの選手も時に回転不足になることはあります。また、回転不足にならないように彼女は毎日懸命に努力し練習しています。直らないと断定するのは失礼極まりないと思いますが。なぜ、食パンさんのこのような発言に管理人さんが同調し批判ではないとおっしゃるのか理解に苦しみます。回転不足は全選手に起こることなのだから。

了解です。^^ - りう - 2009年04月12日 02:53:58[ 再編集・削除 ]

☆Sakura☆さん、了解です。
全体設定しか出来ないなら仕方ないですね。
コメントの中には偏ってるな…と思うものも無いではないですし…と、書いてる自分が偏ってる可能性があるのではという不安を抱きながら書いてもいるんですが。


☆Sakura☆さん
お願いがあります。

今回のエントリー、自分にはすごくわかりやすかったんですね。
で、今、フィギュアのファンの中には、トリノ五輪予選のGPファイナルの真央ちゃん優勝をキッカケにという人も多いはず。
(自分はもそっと古い人間なのですが…)

なので、女子フィギュアの各選手の演技を食い入るように見ている人って多いと思うんですよ。
これは、自分もそうです。死ぬほど繰り返し見てます。(笑

各選手のジャンプ、スピン、スパイラル、ステップなどなどいろんな形で詳細に見ながら皆で語るって出来ないでしょうか?

同じ選手の同じジャンプを試合ごとに比較したり
同じジャンプ(ジャンプ以外も)を色んな選手で比較したり
ひとつのエレメンツを今の世代の各選手と過去のお手本選手と比較したり…

以前、伊藤みどり選手時代(渡部絵美選手時代も)は、ジャンプの種類など気にせずにトリプルアクセルばっか見ていた自分が、最近はジャンプの種類やらエッジの角度やら回転不足やらを一生懸命見ようとしています。
最初は、わからなくて…、試合が終わるたびに審判の正式な採点結果を見ながら、ビデオを細切れに流しながら一つ一つ確認していたのが、最近は少しだけ以前よりマシになってきました。
それでも、やっぱりまだ分からないことだらけなんです。

もっとフィギュアを詳しく知りたいと思ってます。
きっと、そう思ってこのブログに来ている人は多いんじゃないかと思います。

がんばって興味深いエントリーをあげてください。
待ってます。^^

No title - あねもね - 2009年04月12日 06:43:26[ 再編集・削除 ]

私は食パンさんが仰っていた「ジャンプが全て回転不足ぎみ」というのが全く理解できませんでした。 前にコメントした時はその部分なんとなくスルーしてしまいましたが・・・
素人目に2Aも3Aも非常に美しいし、ループ・サルコウ・トウループも個性がありつつそれはそれで良いと思います。ルッツはもっと力まず跳ぶこととエッジの課題だけ。
納得いかないのがフリップジャンプ只ひとつです。これが分岐点でした。
詳しくは書きませんがジャンプの見分け方を必死で勉強して辿り着きたくないものの辿り着いたところがそれでした。
本当にフリップ、そこだけです。でもそこが大きい(すみません)。
正直スパイラルもスピンも姿勢の美しさはヨナ選手に勝っていると思うしステップの難度も高いと思います。
あとはスピンをしっかり何回回るか、スパイラルの姿勢を何秒保つか、それだけだと思います。
そこは対応できるはずです。

画像4以降の青字部分 - ☆Sakura☆ - 2009年04月12日 10:54:59[ 再編集・削除 ]

食パンさんの以下の文章表現に関しての事でコメントが多く寄せられていますが…

昨夜も、今夜といっても、もう徹夜明けの状態ですが、時間が無かったので、今ごろの投稿ですが
何故、問題が無いのではないかと書いたことの理由を述べます。


>トリプルジャンプが不完全(回転不足)ながらも飛べてしまった。
>そしてそのままフォームが固まってしまった。といった印象を持っています。
>だから、彼女は未だに回転不足気味です。
>もうこれは直らないでしょう。

上記文章には
>印象を持っています。
>未だに回転不足気味です。
>もうこれは直らないでしょう。

1 あくまで印象としての見解だと思います。 
私自身も子供時代のフォームが固まってしまったという様な印象を受けます。

2 この部分はエントリー本文中 画像4の後にある青字の記述部分を読んで下さい。
彼女の特徴のひとつに、回転しながら降りてしまうという部分を【回転不足気味】と表現したのでしょう。

開いて降りる選手と、回りながら降りる選手と2種類のタイプに分類されるのは事実です。

しかし、それを克服するための努力は人一倍取り組む選手でもあります。

3 開いて降りるという意味で捉えると、うなずけますが
一般の方々には、意味がちゃんと通じなかった可能性があります。

もう直らないではなく、直しにくいならば良かったのですが
回りながら降りるタイプという事は、ギリギリなのだという面で見れば、分析はあながち間違いではないという意味だと思います。

3F~4T以上は、どんな選手でも開いて降りてこれるほどの選手は、非常に少ない。
男子選手並の跳躍力が必要になるのです。

ここまで、細かく書いておけば、つっこまれずに済んだのかもしれませんが
食パンさんのエントリーではなく、一般コメントに、ここまで細かく丁寧に表現しなければ許されないのか?

そういう印象を持つのは不自然でしょうか?

私が問題のない範囲だと書いたのは上記のように受け取ったからです。
別に食パンさんをかばう意図があっての事ではなく、選手として客観的に文章の意味を推察した上での感想です。

食パンさんが、訂正なり、説明があれば、良いのですが
新エントリーでも、この事に触れましたが、過剰反応過ぎるのではないか? と、感じます。

もっと、問題のある投稿は、今まで数多くあったはずです。
完全なルール違反投稿を指摘せずに何故?と思いますよ。


このような反応ばかりだと、誰も経験者側の視点での選手の特徴などや技術的な事は書かなくなるでしょうね。

私の受け取り方が正しいとは限りませんが…

エントリー本文に関連したコメントだとしたら、青字部分について書かれたものとして整合性がありませんか?

以上が短い文章の中にある真意を経験者として読み取った感想です。

それと、ひとつ申し上げておきますが、エントリー本文中の記述には特定した選手を意図していると受け取られる方が多いのかもしれませんが
上記特徴を持つ選手達はかなりの数がいます。
浅田選手がその代表格という訳ではありません。

こういった部分でも、深読みし過ぎではないかと感じます。

- hina - 2009年04月13日 04:49:26[ 再編集・削除 ]

再度すみません。

>もっと、問題のある投稿は、今まで数多くあったはずです。
完全なルール違反投稿を指摘せずに何故?と思いますよ。


私は今回しか知りませんが・・指摘しなかったという事は、皆さん多少なりともルール違反してる人の気持ちもわかるって思ってたんじゃないですか?? いけない事としってても。 ほんの少~~~しだけ言いたい事わかるって思ってたんじゃないでしょうか。

そういうふうに考えれませんか?

あとSakura様のフォローがあって食パンさんの言ってる指摘が正しいってわかりましたが(表現は別)素人にはわかりませんから。≪何この人断言してるの≫≪何言ってんだか≫ってとられたかも。

食パンさんが経験者・指導者あるいは技術に精通した人ってわかってたら素直に耳に入ったかもですね。

今ネット上のフィギュアスケートって・・なんちゃって技術論者が多いですから。

そんな時代にこの元スケーターさんのブログは貴重なんだと思います。安心して読めますし。

まだ全部エントリー読んでませんが、また読ませて貰います。

ほんとにほんとにこれで失礼します。

No title - 完全なルールは存在しない。 - 2009年04月14日 01:42:25[ 再編集・削除 ]

あの..。管理人さんだいぶ怒ってらっしゃるようですが、私はここのブログにお邪魔したのは2回目で、過去にどんなやり取りがあったかは知らないんですが。色んな選手のファンがいるのでそれに配慮したコメントしたほうがいいと思いますよ。管理人さんのコメント読んでいると何でそんなに過敏に反応してるのかと逆に思うくらいです。色んな意見があって当然だし、そのためにコメント公開できるようにしてるのではないんですか?ここは日本だし浅田選手のファンも多いので今回は特に浅田ファンは過敏に反応するでしょう。その気持ちも、少しは理解してほしいと願っています。
回転不足になりやすいとかなりにくいとか、そういうのは素人ファンにとってそれほど重要ではないと思います。
ようは回転不足かどうか。プロのトップスケーターでさえ見分けることはできないものです。(肉眼、映像では。)
回転不足は選手にとって致命的なミスになります。常に回転不足になるジャンプは練習して克服していくしかないし、そうしています。なので、直らないという言葉は努力している選手に対して失礼だとコメントしました。(しかも名指しでしたからね)コメント欄が荒れていたというなら、なおさらコメントするときには注意するべきでしょう。どんな荒れ方だったのか分かりませんがこんな調子ではお互い様だったのかなと感じてしまいます。
わたしは全ての選手が全力を尽くし最高の演技をしてほしいし、それを昔からずっと願っています。選手を心から大切に思って応援している人がファンです。第三者がこんな人はファンではないと言う権利はどこにもないですよ。その言葉で傷つけられるファンもいることを忘れないでください。

コメントの投稿


トラックバック

URL :

FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年04月 10日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ ★ジャンプ
  └ ★ジャンプの判定で揉めない為に要チェック…★
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。