スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★好きだからこそ挑戦し続けられる…★ 高橋大輔選手の挑戦

普段は選手個人だけについて単独のエントリーを書くのは控えようとしているのですが…

フィギュアスケート選手が故障や怪我が元で競技生活を断念してしまうケースが多い中で復活を目指し頑張る姿は多くの方の感動や自身の頑張る気持ちを奮い立たせる勇気に繋がります。

子供の頃から持ち続けた夢を実現させるために、どんなに苦しくとも立ち向かうひとりのアスリートとしての姿を観ると
挑戦していく強さを貰った気持ちになりますね。。。

田舎のリンクから大阪に出てきて、ひとりの師匠(正確には2人)と出会い、才能が開花していった…
決して初めからずば抜けた才能があった訳ではない…その多くは、努力によって培われたものだと思います。

リンクの閉鎖に何度も遭い満足に練習出来ない環境から、徐々に力をつけてきた。

幼い少年から、ひとりの男としての成長を見てきた関係者の方々は今回の怪我の後の彼の頑張りには感慨深いものがあるでしょうね。

YouTube - Daisuke Takahashi Montage - Un Ange Passe
http://www.youtube.com/watch?v=Jr2ArhpVJLs&feature=related



手元にある、西日本中小学生競技会の歴代記録を見ながら書いていますが
小中学生の頃から年齢の近い南里康晴選手や織田信成選手とは何度も競技会で顔を合わし戦っています…

平成7年は2級…
織田選手優勝・高橋選手2位・南里選手3位

平成8年は4級…
高橋選手2位・南里選手3位・織田選手5位

平成9年は4級…
南里選手優勝・高橋選手2位 織田選手は5級で優勝(出場1名)に上がっていてます。

平成10年は6級…
高橋選手は優勝(出場1名)5級で南里選手優勝・織田選手2位・大上選手3位など…

平成11年は不明(不出場)
6級で南里選手優勝・大上選手2位・織田選手3位

平成12年も不明(不出場)
6級で大上選手優勝・織田選手2位・南里選手3位

当然の事ながら、他の競技会でも何度も戦っているので
年齢が近く、級も近い選手同士はライバル関係を続けながら、階段を上がって行ってるのですね。

女子選手は選手層も厚く、競争も激しいですが…
小さい頃から常に上位ばかりを続けていくぐらいでないと、シニアでトップクラスに入っていけない印象です。

小中学生の頃から、常に1番だった選手では、手元の資料では太田由希奈選手が目立ちますねぇ…
安藤美姫選手や浅田真央選手も、中部地区ではダントツだったのでしょうね。

太田由希奈選手も大きな怪我が元で、その後の競技生活では苦しい思いをしていますから
スケーターにとっての怪我は、なんとも言えない気持ちになってしまいます。

怪我などや経済的理由など、選手生活には様々な問題が立ちはだかりますが…
そんな中でも、立ち上がっていくアスリート魂を感じる選手には応援したい気持ちが強いですね。
スケーター同士のライバル感情なども、相手が居るからこそ、自らのモチベーションも上がり、苦しい練習にも耐えられるものです。

その相手が居なければ、チャンピオンになれるかもしれないですが
そんな事を望むような考えは持ち合わせていないんですよね。

フィギュアスケーターとして、自身の技術に自信を持って競技に臨み、自己最高の表現をする為に戦うのです。
ライバルの存在は貴重な存在ですが、選手は己に勝つ事が一番大事に考えているはず。

応援する選手ばかりに目が行き、ライバル選手の動向や双方の欠点などを中傷しあったりしながら観るものではない…
自己の高みを目指し、精進する姿から学ぶべき事の方が多いと思います。

YouTube - Daisuke Takahashi Montage
http://www.youtube.com/watch?v=snloKVfb2DI&NR=1



今回は高橋大輔選手の事を中心に書きましたが…

フィギュアスケーターは少なからず、困難や壁に何度もぶつかり、それを乗り越え、ライバルに勝ってきた者だけが、最高の評価を受ける…
その為に目指す所がオリンピックであったり世界選手権であったりする訳ですが

そこにたどり着ける人間は、この競技の世界に入ったなかの1%にも満たない。
世界中から集まる、1%にも満たない最高峰の技術を持った者同士の競技です。

つまらない論争などに振り回されず、マスコミのスターを作らんが為の誘導などにも振り回されず
素晴らしいアスリートとしての純粋な心で臨むスケーター本来が持つフィギュアスケートが大好きだから頑張るという気持ちを、あらゆる選手を応援しているファンの方々も、同じような気持ちで見守って欲しいものです。

スポーツマンシップという言葉が使われる事が少なくなりましたが…
フィギュアスケートはコートやリングなどを隔てて戦う競技ではない。

ましてや、人間の主観が入ってしまう採点競技です。

採点競技故に、様々な論議を巻き起こすかもしれませんが
この競技としてのスポーツは、ひとつのリンクの中で個々に自己最高を求めるという独特の世界観があるのです。

YouTube - daisuke comb
http://www.youtube.com/watch?v=WSis0Pkz4G8

最後に…
高橋選手の最近の練習風景の映像だそうです…

3F+2Tを跳んだ映像ですが…

注目は彼の視線の先…
着氷跡をチェックしているようです。。。

高橋選手は回転不足になっていないか?確認してるんですよね…

跳びあがってから回転が加速する点など、以前のジャンプと同様な印象を受けます。
順調に回復しているように見受けられます…

2Tではなく、3Tのコンボを見ないとハッキリした事は言えないですが
簡単な2Tでは、軸を緩めるクセがあるのですよね…少しだけ巻き足気味になる点が気になります。

靭帯に影響する3A着氷などの映像があれば、回復度合いも判りやすいのですが間に合ってくる感じは十分にあります。

彼の怪我を心配する友人の方々には、怪我の手術を受ける前からオリンピックには十分間に合うよとは言ってましたが…
私も、ちょっと安心しましたね。。。


最後まで、読んで頂きありがとうございました。
皆様のフィギュアスケートへの理解が広がれば幸いです。。。

管理人のBlogスタイルに疑問をお持ちの方は、エントリー全部とは言いませんが
流し読み程度でも結構ですので、一度ご覧になって下さい。


★Figure Skating Guideline★ エントリー 一覧 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-109.html

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
Blog応援してね♪ 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title - くっこ - 2009年06月27日 22:59:39[ 再編集・削除 ]

sakuraさん、こんばんは。
高橋選手の記事、とても楽しく、嬉しく読ませていただきました。紹介された動画も、とても良いですね。
Sakura さんのおっしゃるとおり、大きな大会になるとものすごい観衆と声援、リンクには自分一人だけ。そんな状況で、ベストを尽くせるのは何よりも自分自身に集中し、気持ちの弱さに打ち勝つ精神力なんだろうなと思います。
ジャンプの画像、とても嬉しくもあり、また、転んだりしないかな、とどきどきしながら見ました。
一ファンの私でさえそうなのだから、ご本人にも不安はある事でしょう。でも、前向きに頑張る大輔君、本当に素晴らしい選手だと思います。今年、努力が最高の形で結果に出るよう願っています。

有難うございます。 - kママ - 2009年06月28日 00:52:59[ 再編集・削除 ]

Sakuraさん、
新エントリーご苦労様です。
心に思うことは沢山ありますがうまく言葉になりません。

今日のDOIの放送の映像がありました。
関東のみの放送だったので見ていない方が多いと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=V66t8a7R9zg

くっこさん、
お久しぶりです。
私も同じ気持ちです。



己の力のみ… - Sakura - 2009年06月28日 18:21:31[ 再編集・削除 ]

v-22くっこさん

おひさしぶりです。

フィギュアスケート競技会では大観衆の前でたったひとりで演技に入る。
誰も助けてくれないし、自身にかかるプレッシャーとの戦いですよね。
プログラムに入っているエレメンツも練習では8割成功していても本番では成功しない事も…

世界トップレベルの選手の中に入れば、ミスが命運を分けるといっても過言ではない。

選手達は『練習は本番のように、本番は練習のように…』平常心と緊張感の両方を自身の心でコントロールして臨むんですよね。

今回は高橋選手を題材にしましたが、どの選手も、自身の心に勝つように努力をしている。

誰でも望んで立てるような舞台ではないオリンピック…

そこにかける夢を実現させるために頑張る選手達には、悔いの残らないような滑走が出来る様に、今の時間を精一杯頑張ってもらいたいですね。

ありがとうございます。 - Sakura - 2009年06月28日 18:36:58[ 再編集・削除 ]

v-22kママさん

映像の紹介ありがとうございます。。。
長光コーチをはじめ、本田君・岡崎君もサポートして高橋選手の復活を後押ししていますね。

トリプル以上のジャンプは膝の爆弾を抱える高橋選手にとっては慎重に進めなければなりませんが
避けて通れないわけですから、回りの筋肉を鍛え、故障しない力をリハビリでつけたのだと思います。

高橋選手だけではなく、スケーターはどこか故障などの弱点を、ひどくしないようなケアをしながら練習しています。
弱音を吐いたら終わりだという事もわかっているでしょう。

そういった事を乗り越える力は、夢の実現のため、支えてくれた関係者やファンの方々の応援があるからこそですよね。

日本のスケーターだけに限らず、世界中のスケーター達は、想像もつかないような努力をして、上ってきているんですよね。

オリンピックを目指す、選手達は厳しいシーズンですが、どの選手も悔いの残らないような準備をしてもらいたいですね。

ニュース - kママ - 2009年07月13日 20:53:24[ 再編集・削除 ]

ファンサイトからの情報です。

今日、渡米したそうです。
トリプルAが跳べるようになったとのこと。
プログラムはSP「eye」FS「道」になったとのこと。

NHKニュースより。

ニュース映像より… - Sakura - 2009年07月24日 15:51:49[ 再編集・削除 ]

高橋大輔選手の近況が伝えられてますね。。。

YouTube - 20090723 Daisuke Takahashi
http://www.youtube.com/watch?v=PZMORKVo_34

YouTube - 20090723 Daisuke Takahashi News 4
http://www.youtube.com/watch?v=swAlR_Cls8g&feature=related


本人も伝えていますが、確実にステップやスピンが上達したと言ってる事は映像を見ても判りますね。

弱点だったキャメルポジションも良くなってます。

股関節の稼動域が大きくなる、ゆったり大きな動きが出来るというのは、織田信成選手のような柔らかな動きも習得した事になります。
当然、表現力もその特性を活かせば生きてきます。

怪我を克服し、スケートが本当に大好きだという事を再認識し
夢の舞台で頂点を目指す事に、新たなスケーティングスキルが身に付いたとも言えるのではないかと思います。

3A 4Tなどの成否がメダル獲得には必要になりますが
衝撃を吸収する、柔らかな足腰を獲得した事は、ランディングも決まりやすいはず。

ファンの方々には楽しみが増えましたね。。。

万感の思い - なつ - 2009年07月25日 00:18:33[ 再編集・削除 ]

Sakura様

高橋選手のファンにとっては1年間、本当に試練のシーズンでした。コーチのことも大きかったです。いろいろ気持の整理がつきかけて、いざ・・という時の怪我のニュースだったので。ファンも励ましあいながら乗り越えてきました。

そして・・・・・さらなる進化を遂げて帰ってくる高橋選手を見ることができそうで、今からどうしたらいいのかわかりません・・・。

もちつけ… - Sakura - 2009年07月27日 02:34:04[ 再編集・削除 ]

v-22なつさん

なつさんがハイテンションぢゃな~~~いっ!(吃驚)(爆)

って…何人かが思ったはず。。。

高橋選手も、随分回復してきましたが、ジャンプなどのエレメンツがほぼ大丈夫になってきたとはいえ
一番の問題は、4分半のプログラムを滑りきるだけの体力が十分に回復している事なんです。

スタミナが無くなれば、成功率は落ちるし、さらにプログラムがキツクなるという負のスパイラルが起こります。

そして、3枠を巡る争いも4~5名の中からの3枠になるでしょう。
落ち着いていられないかもしれませんが、応援するファンの方々は選手の持つ力を信じて見守るしかありません。

日本人選手達全てを応援する身の私は…
男女とも5枠にしてくれと思ってますが…ムリなんだよなぁ。。。

もちつけ? - なつ - 2009年07月27日 10:38:06[ 再編集・削除 ]

Sakura様、レスありがとうございます。

え~~っと、すみません、タイトルの「もちつけ」って何ですか?

「4分半のプログラムを滑りきるだけの体力」・・・・高橋選手もこれについては言及してますね~。

2年前のなみはやの全日本の男子の演技を観戦したのですが(そのときが生観戦はほぼ初めて)、普段TVでTOPの選手の演技しか見ていなかった私にとって、4分間演技しきるということがいかに体力を必要とするか、という驚きの発見がありました。

演技の後半には、「へろへろ」になっているのが痛いほど伝わってくる選手、最後のポーズをとれない選手、え?とまっちゃう?って感じのSTEP・・・・。普段、うっとりするような演技をTVで見ていたので感じなかったのですが、4分間演技しきることって大変なんだなあと感じました。(それでも全日本に出場する選手なので日本のTOP選手なのでしょうが。)

高橋選手の演技、かけら映像を見る限り良くなっているとファンの間では盛り上がっています。私もそう思います。通しのプログラムとして、どのように仕上がっているか、が問題なのですね。大ちゃん頑張れ!!

おちつけだった… - Sakura - 2009年07月27日 20:37:51[ 再編集・削除 ]

v-22なつさん

ごめんごめん…

男子の4分半にはね…
1ミス・2ミスが出ちゃうと後半電池切れ起こす選手が多いのよ。

現代のスケートには身体を休めるような部分が少なく大変です。

現役復帰してくるプルシェンコ選手やランビエール選手も問題はスタミナが持つか?
って所が最大の課題ではないかと思いますね。

ニュースなどなど - kママ - 2009年08月21日 18:08:27[ 再編集・削除 ]

韓国でも人気なんですよね。
スポーツニュースの割には好きな食べ物とか聞いちゃってるところがおもしろい(^^)
http://www.youtube.com/watch?v=PERTmyRO27U

昨夜、見逃しました。
ファンサイトの方からの情報です。
四回転練習してますね。。。
今日からショーの公開練習が始まり新しいプログラムを披露とのこと。。
FS「道」かな。。
そういえばEXはなんやろ??

http://www.youtube.com/watch?v=BcfnU7N9z2s

おっ! - Sakura - 2009年08月24日 02:52:15[ 再編集・削除 ]

v-22kママさん

高橋選手の練習映像ですねぇ。。。
3F+3Tと3F+3Loを練習してますね。

男子選手は高さと回転の関係でセカンドにループを跳ぶのは回転制御が難しいのにチャレンジしてますね。
3Tと3Loをコンボに入れられるとジャンプ構成に幅が出ます。

4Tが間に合わないケースも想定して練習してるのかな?
間に合わないと言う表現ではアレか…
4Tの成功率を勘案して、クワドレス構成のケースも想定している可能性があるのかもしれませんね。

ありがとうございます。 - kママ - 2009年08月25日 16:20:19[ 再編集・削除 ]

詳しい説明有難うございます。。
ジャンプしても何故そのジャンプの練習をしているかなんて考えたこともないのでなるほど~と感心してしまいます。
戦略っていうことになるんでしょうね。
何のスポーツにしても駆け引きは大切だし、どんな状況下でも成績を残せるように練習をしておかなくてはいけないのだと感じます。
コンマ何秒の世界の水泳や陸上なんかはどんだけ~っと思ってしまいます。

韓国のインタビュー動画はどうやら韓国での練習を高橋君がしていたようです。
理由は練習場所の確保が日本で出来なかったということですが、韓国のアイスショーも鑑賞したらしいのでその目的もあったんでしょうね。
(なんたってクワンさんを見れる機会だし~。)
その前後なんでしょうか福岡での合宿をしていたようです。
クルスさんの耳には入ってないかなあ~。

高橋大輔IN韓国。。 - kママ - 2009年09月04日 10:58:01[ 再編集・削除 ]

アニョハセヨ~。

関西テレビのニュース番組「NESWアンカー」での高橋君の特集を早くも投稿して下さった奇特な方がいてくださいました。

http://www.youtube.com/watch?v=bDX_NJF1fuM

4回転はまだ成功してないようですね・・・。
試合が近づくにつれ焦りが出てくると思いますがようは、バンクーバーまでに跳べる様になれればいいんだと思います。
個人的にはクワドにこだわりはないのですが高橋君が望む形になればよいな。。。
がんばれ!

えっ!?クワド挑戦??フィランデア杯 - kママ - 2009年10月02日 11:07:56[ 再編集・削除 ]

今月1日にNHK杯の記者会見があって昨日色々ネットでニュースを除いていたのですが、今朝のスポーツ紙のネットニュースをみてビックリしました。
調子が良いのはとても嬉しいのですが、まさかフィランデア杯でクワド挑戦をするとは思ってなかったので正直少し心配です。
でも、今から挑戦しなければOPで間に合わないのかもしれませんね。
それに試合で挑戦を公言していると言うことは練習でも何度か跳べているということなのでしょうから成功率をあげる上でも試合で跳ぶということはモチベーションをあげるきっかけになるのかもしれません。
兎に角、頑張ってほしいです。
(でも心臓に悪いゾウ~)

http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20091002-550584.html

4回転について「まだ確率は低いと思うけど、フィンランディア杯(9日開幕、フィンランド・バンター)で挑戦する」と明言した。4月に氷上練習を再開して半年。「けがは100%完治した。NHK杯(11月、長野)ではもっと確率を上げる。五輪の金メダルがほしい。それだけです」と話した。


http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20091001-OHT1T00331.htm

フィンランデア杯(9~11日)から大技の4回転トーループ挑戦を明言。だがスケート靴を替えたばかりとあり「フィンランドで成功するとは思わないので、NHK杯までに確率を上げたい」と話した

コメントの投稿


トラックバック

URL :

FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年06月 27日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ ★選手全般
  └ ★好きだからこそ挑戦し続けられる…★ 高橋大輔選手の挑戦
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。