スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★スケーティング論 2軸と1軸 体幹の動き★

今回のエントリーはスケーティングについて書いてみます。

フィギュアスケートに限らず、スケーティングの動きは独特の身体の動きになります。
スケートという道具により滑走するための独特の身体の使い方が存在し
陸上で歩く・走るといった身体の動きとは異質のものですね。

出来るだけシンプルに身体の動きを説明する場合
他のスポーツの動きや乗り物などに例えて説明したりするのですがスケーティングは2軸の動きと1軸の動きを交えた動きと説明します。

前進滑走のストローキングはナンバの動き。
ナンバとは…日本古武道や飛脚の走り・歌舞伎・能・相撲などに見られる動きです。

人が歩く時は通常、右手と左足、左手と右足と言うように双方反対の手足を交互に出しながら進む。
ナンバの動きは、右手と右足、左手と左足が同時に出るような肩で風切る歩き方に近い。
スケーティングの蹴り出しもナンバや相撲のてっぽうやすり足のように滑り始めますね。
ボクシングのジャブの動きや竹馬で歩くのもナンバの動きです。

一時期、陸上界の末續慎吾選手や為末大選手などの走法で有名になりましたね。
忍者のようなすり足のような足の使い方が特徴の走法です。

重心が低く、膝の曲げ伸ばしを多用するスケートもその様な動きが見受けられる。
ナンバとは2軸の動きですが、そこからフリーレッグが氷から離れる訳ですから、そこからは1軸の動きに変化していきます。

スネーキングの動きも2軸になっており、フリーレッグを離せば1軸に変化します。

2軸の状態を感じてみましょう…
陸上で両足を肩幅程度に開き、両手を大きく広げ、左右の足に体重を交互に移動させてみましょう。
この動きがスケーティングの基本になります。
右足に重心を寄せれば、右足は深く曲がり、左足は伸びます、その逆もしかり。

エクササイズなどでも、こういった動きをしますよね。
左右交互に体重を移動させる動きがスネーキング、フリーレッグを離すように動くとストローキングになります。

両足スネーキングで外側の足を踏みしめるように力を込める事が氷を押すという意味で意識としては真横に押すような感覚が正しいスケーティングの蹴りになります。
相撲のはず押しで進む姿勢の蹴る動きです。(腰は割りませんが)

フィギュアスケートには捻る動きも重要な役目です。
フリーレッグと合わせ、捻る・捻り返す事と膝の上下動は密接な関係があります。
捻りと戻しの動きと膝の上下動の大きさはレベル差が如実に出ます。

上級者ほど、膝の上下動や捻りと戻す動作が大きく、効率が良いスケーティングで伸びがあります。
カーブを有効に使いフリーレッグの動きに連動し膝を使い、スケートを加速させる。
ターンで加速するか失速するかの差が技術差として現れますね。

伸びのあるスケーティングの習得させる練習が重要ですが、最も手抜きが多いと感じます。
こういった事は滑り込む時間が必要ですが、目先のエレメンツ習得ばかりに目が行きがちですよね。

初心者向きのような説明ですが、上級者にも、この部分はフィギュアスケートの土台になっており
初心者の内に習うレベルのエレメンツも、正しい認識で丁寧にする事が大事なのです。

以下のエントリーも参考にして下さい。

★自主練習の方法論★ 【スケーター向け】
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-82.html

★フィギュアスケートの特殊性★ 【スケーター向け】
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-73.html

フィギュアスケートは片足で滑っている時間が長く、2軸の動きは一瞬のケースが多いですね。

2軸の動きで重要なのはジャンプなど体幹のバランスで跳び上がる姿勢など
基本的な姿勢を滑りながら如何に正しく再現させていくかが重要です。

スケートのエッジには緩やかな前後のカーブが有り、前進時には後方、後進時には前方の位置に乗り
前後のターンや左右の足でアウトやインのカーブに乗り。1軸~2軸~1軸とめまぐるしく変化します。

パターン99

このように書けば物凄く難しい事のように思うかもしれませんが
普通に滑る事が出来れば、自然とそういったバランスの場所で滑っているのです。
ただ、レベルの差により、バランス感覚やスムーズさに差が出るだけです。

軸のズレを無くし、美しい姿勢で滑る事が出来る様に繰り返し練習し習得していくのです。

頭 首 左右の肩甲骨 背骨の左右にある背筋 左右の腰 左右の足
一直線上でくの字に折れたり、曲がる事が無い姿勢は意識する必要があります。

ターン類は1軸 モホークやチョクトーなど両足での動作は2軸の動き…

2本の体幹を感じ、その中に軸を作る…
ジャンプやスピン、ターンなどはこの体幹軸の感覚が重要です。

どの様なエレメンツでも無意識に出来る部分を積み重ねる事が重要です。

『私を見てっ!』
美しい姿勢で滑る姿勢をアピールするぐらいの気持ちが上達には必要になります。

美しいスケーティングを目指しましょうっ!

YouTube - expertvillage さんのチャンネル
http://www.youtube.com/profile?user=expertvillage&view=videos&query=Figure%E3%80%80Skating


最後まで、読んで頂きありがとうございました。
皆様のフィギュアスケートへの理解が広がれば幸いです。。。

★Figure Skating Guideline★ エントリー 一覧 
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-109.html

ぽちっとな♪(*・・)σにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
Blog応援してね♪ 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。   
お気軽にコメントも、お寄せ下さいね。

拙Blog記事を参考にして頂く事は大変光栄ですが
記事の引用や転載は、コメント欄で結構ですので連絡をして下さい。
Blog記事内容の無断転載・引用はお断りしています。

記事の紹介&トラックバックは大歓迎です。
リンク元URLをサイト内で明記して下さい。

画面の向こうには、数多くの閲覧者の方々がいらっしゃいます。
選手個人及び関係者 コメント投稿者・閲覧者などへの記述には
礼節や一般常識を守って頂けますようお願い申し上げます。

投稿は必ずパスワードを入力して、後ほど編集・削除が出来るようにして下さい。
ρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪ 【拍手ボタン】を押して頂けると喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

予習不足で・・・。(><) - kママ - 2009年08月24日 00:39:20[ 再編集・削除 ]

エントリー更新有難うございます。。

一年半ぶりのスケートなので氷の感触を楽しみに行ってるだけだし・・・とは思ったんですが少しはSakuraさんのブログで予習していけばよかったと少し後悔してます。
がっ、理解できてない私にはやっぱり難しいかも?(><)
自転車をゆっくりこぐように~はアタマにあったんですが・・。

ただ、今回のエントリーは先に読めたら参考になったような気がするので残念でした。。
日舞も武道も経験者なのでわかりやすいと思いました。

>『私を見てっ!』
>美しい姿勢で滑る姿勢をアピールするぐらいの気持ち>が上達には必要になります。
>美しいスケーティングを目指しましょうっ!

自意識過剰で極度の緊張シイなので「私を見て」とは絶対思うことは出来ましぇん
(T_T)
なので将来、大人スケーターを目指すのは無理かもしれません~。
でも、美しいスケーティングにはとてもとても憧れます。。
ゆっくり柔らかなスケートが出来るといいなあ・・・。
せっかちだから余計に憧れちゃうんです~。




フリーレッグと膝の動き - どら@1492 - 2009年08月24日 01:10:18[ 再編集・削除 ]

お久しぶりのエントリー、お疲れ様です、Sakuraさん。今回のも、とっても興味深かったです。
「スケーティングが美しい」といわれる選手たちのどこがどう、他の選手と違うのか、というのが噛み砕いて説明されていて、とても参考になりました。

国別対抗を観戦に行って、6分間練習の際に、小塚君とアイスダンスのアゴスト選手のフリーレッグの捌きに目を奪われたことを思い出します。

そして、このエントリーを読んで、一番に思い出したのがこの二人の演技でした。
まず、ペトレンコ。1992年ワールドのものです。
Viktor Petrenko LP 1992 World Figure Skating Championships
http://www.youtube.com/watch?v=b71SebZyFZg
スターティングポジションについて、すっと両手を広げるだけで、もう「私を見つめたまえ」オーラがビシバシ出ているんですが、曲が始まり、ちょっと膝を曲げるだけですぅーっと滑り出しそのまま加速していってしまう。
え?なんで?なんで?全然力入れてる様子ないのに?
よっぽど体重移動の仕方がスムーズなのかな、と思っていたんですが、今回のSakuraさんのエントリーで腑に落ちました。膝と股関節の滑らかな動きと、フリーレッグの捌き方が上手なんですね。
まるで一人だけ別の氷に乗っているようで、ホントに体重を感じさせない滑りでした。当時見ていて(テレビでしたが)本当に足元から目が放せなかったのを思い出します。

そして、ウルマノフ。彼は96-97シーズンのワールドでの負傷(FS棄権)が長引き、このシーズンはほとんど棒に振ってしまい、長野五輪も欠場、となってしまったのですが、そのなかで唯一、といっていい観客の前での滑りです。
アレクセイ・ウルマノフ 1997年 ロシアカップ エキシビション
http://www.youtube.com/watch?v=p1cySnqRvgY
氷上での立ち姿の美しさは天下一品、といっていい彼です。本当に体幹がまっすぐで、かといって棒を飲んだような硬さはなくて。
長身(180㎝)で手足が長くてプロポーションがよいから、それがさらに栄えるのかもしれません。
どんな選手にも立ち姿にはある程度の癖があって、それがまた魅力(遠く離れていても、「あ、○○だ!」とわかるような)だったりするものですが、ウルには全く、といっていいほどそれがなくて、まるでお手本のような、というか不自然なまでに(褒めてます)姿勢がいいんですね。
そして改めてこの演技を見てみると、膝の屈伸の際に、すっ、すっ、って感じで全く体重を感じさせずに加速していくのがよく分かります。彼と同時代のエルヴィスが力感あふれる(力む、という意味ではなく)滑りをしていましたから、ウルのすべりは本当に対照的ですね。そして、ウル、といえば独特の膝の動きをする振り付けが印象的でしたが、あれができたのも、この膝と股関節の柔らかさあってのものだったのでしょう。

また、長くなってしまいました・・・すみません。
偉そうなことかきましたが、あくまでも見るだけ人間の繰言ですので・・
経験者の方、それは違うよ!という部分があったら遠慮なくご指摘ください。よろしくお願いいたします。

マニアックなのに… - Sakura - 2009年08月24日 03:48:56[ 再編集・削除 ]

v-22kママさん

マニアックなエントリーにコメントありがとう。
もう少し早くエントリー書けばよかったですね。

肩幅程度に開いた両足に体重を移動させるだけでウネウネ進むのがスケートなんですよね。

日舞や武道など運動的には違う世界の様でも、足裁きの基本は共通点も多いですよ。
陸上では感じるには注意が必要ですが、足裁き(フットワーク)を使う動きでは、足の裏の重心部分が移動してるのですよね。

スケートでは1本のブレードの上ですのでシビアに反応するから難しいのです。
んでも、ずっと滑り続けて、地上と同じような感覚に慣れるようになれば、自由自在に滑れるもんなんですよ。

TOP選手達は… - Sakura - 2009年08月24日 04:00:57[ 再編集・削除 ]

v-22どら@1492さん

トップ選手達はマスターレベルですが、それでもスケーティングには能力差が出るもんなんですよね。

仰るように効率的に滑る能力の高い選手は膝を柔らかく使い
軸の移動やフリーレッグを巧みに使いスムーズに進みます。

ジャンプなどでも、クワドなどの高難度ジャンプで無ければ、必要以上なパワーは必要ないのです。
全然力を入れていないように見えても、タイミングだけで軽く身体を制御する。

ストイコ選手もイメージ的にはパワースケーターのように見えますが
それほど力んで滑ってる訳ではないと思いますよ。
マッチョな感じがパワーを使ってるように感じるだけかも。

ペトレンコ選手やウルマノフ選手と比べるとパワー使ってるなと感じちゃいますけどね。
省エネスケートじゃないと、5分持たないんですよ。。。

No title - どら@1492 - 2009年08月24日 04:35:14[ 再編集・削除 ]

早速のお返事ありがとうございます。

>ストイコ選手もイメージ的にはパワースケーターのように見えますが
それほど力んで滑ってる訳ではないと思いますよ。
マッチョな感じがパワーを使ってるように感じるだけかも。

たしかにそうですよね。エルヴィスのスケートは、ぐいぐいスピードアップしていく感じはあっても、両足使って漕いでるイメージはないです。
マッチョ、というかパワフルな感じがするのは上半身の動きのせいかな。

それと、話は変わりますが・・・

これらの動画見て思ったのですが、最近ジャンプシークエンスをする選手が減ったのは、ルールの縛り、ということだけでなく、ジャンプの着氷→連続のターン→へと、スピードを落とすことなく行える選手が減ってきた、ということもあるんでしょうか?
必ずしも多回転ジャンプじゃなくても、ステップやターンをはさんだバリエーションに富んだシークエンスもカッコいいものだと思うんですけどねぇ・・・・
HLをはさんだシークエンスをコンボのステップアウトによる失敗、とかいわれちゃうとカクッとしますですww

アドバイスありがとうございます。 - kママ - 2009年08月25日 21:59:36[ 再編集・削除 ]

Sakuraさん、
アドバイスはとてもわかりやすかったです。
ありがとうございます。

>肩幅程度に開いた両足に体重を移動させるだけでウネウネ進むのがスケートなんですよね。


なんとなく頭でわかっていたんですが、体が思い通りにならないので重心を片足に乗せるとフラフラして一瞬になってしまいます。
ので、いち(右足)にい(左足)膝曲げ両足(さ~~~~ん)の繰り返しでぐるぐるリンクを回ってました。


>日舞や武道など運動的には違う世界の様でも、足裁きの基本は共通点も多いですよ。
>陸上では感じるには注意が必要ですが、足裁き(フットワーク)を使う動きでは、足の裏の重心部分が移動してるのですよね。


とってもよくわかります。
ただ、足裁きの向きが違うのでどうしても日舞や空手のくせで内向き(内股)なってしまいます(汗)

>スケートでは1本のブレードの上ですのでシビアに反応するから難しいのです。
>んでも、ずっと滑り続けて、地上と同じような感覚に慣れるようになれば、自由自在に滑れるもんなんですよ。

ずっと滑ることが出来ればいいですが・・・。
とりあえず内向きのくせを地上で治せるよう頑張ります。
自由自在・・・なんていい響き~。
兎に角、転ばないように普通に滑ることを目標に!
なんたって年に一回のペースですから(><)

- 与作の女房 - 2012年05月20日 21:17:23[ 再編集・削除 ]

はじめまして 結弦君台風に巻き込まれて以来、さまよっているド素人のアナログ人間です  おかげさまでプロトコルもだいたい読めるようになりました
同じ「ダンス系」なのに見れば見るほどバレエやフラメンコなどと、フィギュアスケートの重心の位置がちがうと不思議だったんです 1軸と2軸、なるほど!ナンバの動き、はいはい、なーるほど!!納得しました ありがとうございました

重心ですか… - Sakura - 2012年05月21日 20:53:07[ 再編集・削除 ]

v-22与作の女房さん

ご訪問&コメントありがとうございます。
古い記事へのコメント嬉しく思います。

> 同じ「ダンス系」なのに見れば見るほどバレエやフラメンコなどと、フィギュアスケートの重心の位置がちがうと不思議だったんです 1軸と2軸、なるほど!ナンバの動き、はいはい、なーるほど!!納得しました ありがとうございました

スケートなどの滑走系スポーツは日常的には、道具が必要なので
なかなか、感覚的にも経験がないと実感しにくいでしょうね。

滑った上でじっと動かないのであれば、重心も普通の感覚でOKなのでしょうが…
カーブを使い、遠心力と膝の上下動を使って加速動作を伴う動きは重心位置を変化させている事になるんですよね。

日常にある動作の中で、説明するのは、経験がありそうな運動や動作で説明するのですが…
コレが意外と難しいんですよね。(^_^;)

コメントの投稿


トラックバック

URL :

FC2カウンター
Blog内記事検索

コメントを含める場合はチェックを入れて下さい。

プルダウンリスト
最近の記事+コメント
現在の位置
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
★Figure Skating Guideline★
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年08月 23日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ ★コンパルソリー&その他
  └ ★スケーティング論 2軸と1軸 体幹の動き★
by AlphaWolfy
Tree-CATEGORY
ぺそ リバーシ
フィギュアスケーター解析機Part3


キーワードを入力して [脳内分析]ボタンを 押してね♪

【Figure Skating Forum】

★Figure Skating Forum★

新規トピック作成はご遠慮下さい

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンクバナー
ランキングサイト

ランキングUPに…ご協力を♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

うるとらにゃん

Author:うるとらにゃん
★Figure Skating Guideline★
ご訪問ありがとうございます♪
Former Figure Skater Blog♪

閲覧者参加型Blogとしても
ヨロシクお願いしますね。

うるとらにゃん Twitter
★Open_Axel Feeder★
★Guideline★チャット

Guest名をHNに変更してお使い下さい


無料アクセス解析

マナーを守って使って下さいね。  文字数は最大50字程度です。

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
World-Word-翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。